本日、普通預金口座に12円の受取利息が入金されていたのですが、
その仕訳として、
受取利息 / 諸口     15
諸口   / 普通預金   12
諸口   / 国税      2
諸口   / 地税      1
としました。
細かい話ですが、 12÷0.8=15
         15×0.15=2.25 →2
         15×0.05=0.75 →1
でいいでしょうか?
受取利息額が少ないと地税が0になることもあるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はい、「租税公課」ではなく「法人税等」で処理しないと会計処理としては誤りです。


日本税理士会連合会、日本公認会計士協会、日本商工会議所、企業会計基準委員会の4者が共同で発表している「中小企業の会計に関する指針」(下記URLでダウンロードできます)の税金費用・税金債務の項にも明確にされています。
なお、付け加えれば、現在は損益計算書の表示としては「法人税等」ではなく「法人税、住民税及び事業税」です。「法人税等」は平成11年の税効果会計導入前に使われていた科目名です。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/pdf/shishi …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

明快な回答ありがとうございます。
勉強になりました。
経理の実務経験がまだ半年の素人な私にでも、
ctaka88さんのような専門家の方からお返事を頂けたことは、
薄い期待はしながらも、半信半疑なことでした。
感謝しております。
これからも日々精進しますので、本サイトでぜひお力を
お貸しいただきますよう今後共よろしくお願いします。

お礼日時:2006/02/16 18:43

違います。


この場合、円未満の端数は、四捨五入ではなく「切捨て」となりますので、
国税 2 、地方税 0 となります。
0になることはあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり私が間違っていたと確信しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/17 16:14

算出税額が1円未満は切り捨てになります。


したがって、住民税利子割は0円です。

なお、預金利息にかかる源泉所得税、利子割税は法人税、法人住民税から控除できますから、勘定科目としては販管費の「租税公課」ではなく、「法人税、住民税及び事業税」の内訳科目として処理すべきです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
算出税額が1円未満切捨てということは、
受取利息14円、源泉所得税2円、利子割税0円ですね。
「なお、・・・・・(以下省略)」が勉強不足で判らないのですが、
使用している会計ソフトの勘定科目に「法人税等」があります。
「租税公課」でなく「法人税等」で処理したほうがいいのでしょうか。

補足日時:2006/02/15 19:58
    • good
    • 0

もしかして、国税と地方税の科目も作っておられるのでしたら、



諸口    15  /  受取利息  15
普通預金  12  /  諸口    12
国税     2  /  諸口     2
地方税    1  /  諸口     1

になるんですけど
公租公課は損益計算書の借方、受取利息は貸方になりますので注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご指摘どおり、借方と貸方が逆でした。スイマセン。
注意いたします。。。

お礼日時:2006/02/15 19:46

受取利息なので普通預金は借方ですね。



諸口    /  受取利息
普通預金  /  諸口
公租公課  /  諸口

公租公課の摘要欄に口座No.と国税・地方税の明細を明記しておけばいいと思います。もちろん0になることはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/21 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞納賃料の利息計算

滞納賃料の利息計算

たびたびの質問で恐縮です。
滞納料の利息の計算ですが、念書では期日を指定し合計金額を提示しました。
年14.6%とのことで計算しますが・・・
指定した期日からの利息の計算になりますか?
それとも、滞納のあった月からの計算でしょうか?
滞納賃料は8ヶ月におよびます。
たとえば昨年の8月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・
9月の賃料は10月1日から6ヶ月・・・
とだんだん利息の計算の額が変わってきます。

よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

滞納のあった月からの計算で良いと思いますが・・・

実際には8月分の家賃は7月中に入れる、というのがほとんどの契約だと思います。
ですので
8月の賃料は、8月1日から8ヶ月
9月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・と、なると思います。

Q普通預金利息と貸越利息どっちが高いか悩んでいます。今月普通預金利息がつ

普通預金利息と貸越利息どっちが高いか悩んでいます。今月普通預金利息がつく銀行が多いと思いますが貸越利息(自分の定期預金から借りて普通預金がマイナスになっている)を取られるより他の銀行の普通預金を崩して貸越へ埋める方がお得でしょうか?調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。ご伝授頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。
 借り越しをするためには担保が必要であり、借り越し可能額は担保額の○○%と取引約款に書いてあります[預金通帳の裏面とかに概要が書いてある]。更に、○○預金が担保となっていれば、○○預金の利率+0.25%程度が借り越し利率と書いてあると思います。
そうではなく、「カードローン貸し」みたいになっていたら、住宅ローンの金利より高く設定されていますから、1日の借入利息は幾らになる事やら。とおもったら、定期預金担保でしたね。脱線してしまいました。

つまり、担保扱いになっている定期預金の利率と借り越し利率のイメージは
 定期の利率0.4% ⇒借り越し利率は0.65%
 定期の利率1.0% ⇒借り越し利率は1.25%
このような感じになります。

定期預金の利率が普通預金の利率より低いなんて事は、通常はありえません。
一時的な借り越しであっても、他の口座に借り越しを解消できるだけの普通預金残高があるのであれば、直ぐに資金移動してください。

尚、普通預金の利息計算は、省略した書き方をすると、毎日、次の計算を行なった結果の総計となります。
 本日の残高×その日適用されている普通預金の利率÷365

> 調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。
 借り越しをするためには担保が必要であり、借り越し可能額は担保額の○○%と取引約款に書いてあります[預金通帳の裏面とかに概要が書いてある]。更に、○○預金が担保となっていれば、○○預金の利率+0.25%程度が借り越し利率と書いてあると思います。
そうではなく、「カードローン貸し」みたいになっていたら、住宅ローンの金利より高く設定されていますから、1日の借入利息は幾らになる事やら。とおもったら、定期預金担保でしたね。脱線してし...続きを読む

Q25年以降の利息の税金計算方法

H25年1月1日以降の、普通預金利息の国税、地方税の求め方について教えて下さい。

25年1月1日以降に受け取る利息から計算方法が変わるという事ですか?
預け入れ期間に関わらず?

入金額÷79.685%=利息
利息×15.315%=国税
利息×5%=地方税

この計算で合っていますか?

Aベストアンサー

あってますよ。
復興特別税がかかるので、受取利息の割戻し計算はそうなります。
利子に対しての源泉徴収は支払日で判断しますので、預け入れ期間は無関係です。

http://www.mizuhobank.co.jp/oshirase/hukkouzouzei.html

なお個人の場合は源泉分離課税ですので、受取の際には事業主借勘定を使うため計算の必要がありません。
平成28年1月からは、法人のもつ預金への利子割りが廃止されますので、割戻しの計算をする必要がなくなります。

Q預金利息197円時の国税、地方税及び受取利息額の算出方法

預金利息197円の場合の受取利息額、国税額及び地方税額を以下の通り算出(矢印「⇒」以下が算出額)してみたのですが、これでよろしいかコメント願います。
・預金利息197円
・受取利息=197÷0.8=246 ⇒ 245(検算額を反映)
・国税=246×0.15=36.9 ⇒ 36(小数点以下切捨)
・地方税=246×0.05=12.3 ⇒ 12(小数点以下切捨)
 検算=197+36+12=245

Aベストアンサー

確かに、間違いありません。

ただ、利息がそれ1件だけでしたらいいのですが、数が多いと手計算では、時間の無駄です。

エクセルに詳しいのでしたら、数式を立ててみることも考えてみては・・・

なお、私は、エクセルにて、半自動計算を行っています。(切り捨て、1円の過不足も考慮した数式を作成済み)

Q定期預金の利息計算方法

こんにちは。海外在住です。
実は定期預金の利息の計算方法を教えてほしいのです。口座を作ったのですが、どうも私の想像していた利息と、銀行側の言う利息が違うのです。私の計算が間違っているのだろうとは思うのですが・・・。
1ヶ月の利息が17.5%の場合、150ドル(例えばですが)次の月に受け取る利息はいくらになるのでしょうか。計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

1ヶ月で17.5%増えると思っていませんか?それは間違っています。
17.5%は年率です。1か月分は12分の1です。

150×0.175=26.25→1年分の利息
150×0.175÷12=2.1875→1か月分の利息

これは簡単に計算しているので、正確なのは銀行がやります。
預金金利は、満期の期間にかかわらず年率で表示することになっています。また、利息から源泉徴収税20%が引かれます。

例えば、よくあるパンフレットは、
「只今、外貨預金おためしキャンペーン、ニュージーランドドル17.5%」と大きく書いてあり
(期間1ヶ月、経過後は通常の利率を適用します。)、、、。と小さな字で書いてある。

こうのに釣られたらいけないのですよね、、、。

Q受取利息、有価証券利息、受取配当金は同じ科目で処理していいか

私が以前、質問したhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1670388
の質問にて、もう一つ質問がしたいです。
回答NO.3にて「法定監査の対象会社でなければご質問のとおりで構わないと思います。」と述べておられますが、法定監査の対象会社の場合には財務諸表規則の適用会社であるからダメなのでしょうか?
どのような会社が財務諸表規則の適用会社になるのか、財務諸表等規則とは何なのかイマイチ解りません。
もしよろしかったらどなたか教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

証券取引法第百九十三条
 この法律の規定により提出される貸借対照表、損益計算書その他の財務計算に関する書類は、内閣総理大臣が一般に公正妥当であると認められるところに従つて内閣府令で定める用語、様式及び作成方法により、これを作成しなければならない。
連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(この略称が「財務諸表規則」)
 証券取引法 (昭和二十三年法律第二十五号)第百九十三条 の規定に基づき、連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則を次のように定める。

となっています。
つまり、証券取引法の適用を受ける上場会社はこの規則にしたがって財務諸表を作らなければ違法ということです。
上場会社以外でも、税務申告や、金融機関が融資する条件として財務諸表規則に従った決算書を提出するよう求められるのが一般的でしょう。規模の大きくない会社であれば、ある程度は簡略化は許されると思いますが。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S51/S51F03401000028.html

Q利息再計算時の遅延利率

過払い請求する為に利息を再計算しています。
返済期日が遅れた為、遅延利息が発生した場合、利息再計算する場合はどのようにして計算すれば良いのでしょうか?

また、利息制限法に基づいて、遅延利息も計算する場合、遅延利率は何%になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅延損害金は無視して、遅延した部分も、通常の法定利率で計算してかまいません。

元金がマイナスになる前であっても、契約に比べて過剰な返済をしているのですから、違法な利率に基づいて計算された返済額・返済期日に遅れたからといって、直ちに遅延とみなせるか疑問があります。

そういったことを考慮すると非常に面倒なことになるので、貸金業者も通常、遅延損害金の主張はしません。

Q普通預金の受取利息について

11円の利息と13円の利息が各口座につきました。

普通預金/受取利息
租税公課 

というように仕分けをするようにと税理士さんから指摘をうけたのですが端数が・・・

(11円の場合)
11円÷0.8=13.75
国税 13.75×0.15=2.0625
地方税13.75×0.05=0.6875

の端数はどうなるのでしょうか・・・

普通預金11円/受取利息13円
租税公課2円
でよろしいのでしょうか??

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

預金利息の通知の有無は金融機関により異なると思います。

私の場合は端数は四捨五入で処理しています。決算のみスポットで依頼している税理士さんはいますが、指摘を受けたことはありません。

Q預金の利息の計算方法について

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたびに税金を引いた額を元金に組み入れて計算して、最終的に得られる利息は
(A)+(B)+・・・・(○)というように計算するのか、

あるいは、
半年後につく利息は
100万×0.045×182/365=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}+0.045×183/365=(B)

というように、計算して、
(A)+(B)+・・・・(○)の合計に対して国税15%と地方税5%を引くのでしょうか。

おそらく前者だと思うのですが、実際はどうなのでしょうか。


分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたび...続きを読む

Aベストアンサー

定期預金の利息にかかる税金は、満期または中途解約の時にしか取られません。
したがって、後者です。

なお、銀行によっては「付利単位」というものが定められています。
利息を計算する場合に、元本の 100円未満、あるいは 1,000円未満は切り捨てられてしまいますので、お書きの計算式どおりでは不十分といえます。

100万×0.045×182/365= 2,243 円ですが、
一年後につく利息は
{100万+2,243}+0.045×183/365=
ではなく、
{100万+2,200}+0.045×183/365 + 43=
または
{100万+2,000}+0.045×183/365 + 243=
となります。
100円で足切りか 1,000円で足切りかは、銀行によって違います。

Q預金の受取利息を仕訳するときに

預金の受取利息を仕訳するときに
受け取った都度税金を認識するのか
1年分まとめて認識するのか
どっちが正しいですか?

Aベストアンサー

その都度やります。きちっと1円単位で数字が出ているので、まとめてやると誤差が出てしまいます。
利息から逆算するにも1円がどっちに入るか判りにくいことがあるので、その時々に書類を見て仕分けしています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報