プロが教えるわが家の防犯対策術!

画像や音声の信号を供給するための同軸ケーブルを電波供給と同時に通常のAC電源の供給源として利用することはできるでしょうか? 
ある機械(アンテナのついたもの)があり、アンテナでひろった電波を別の機器に伝えるための同軸ケーブルを利用しているのですがアンテナの周りにも電子機器が配置されており、機構簡略化のためそれらにAC100Vを供給するパワーコードとして同軸ケーブルを通常の利用できないものか(電波受信と周辺の機器は同時に稼動します)、ご回答ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

原理的には可能ですが、現実的には難しいです。


私の知る限りでは、実用的な商品は見当たりません。
(特別に製作されたものはあるかもしれない)

原理的には、AC100Vは50/60Hzで、音声・画像は一般にこれより高い周波数を利用していますから、
前者に対しては「ローパスフィルタ」、後者に対しては、「ハイパスフィルタ」を設けて、それぞれの
信号を分離することが可能です。

しかし、100VACに対して、音声・画像の信号は極めて微弱であり(数十mV)、これだけのレベル差のある
信号を分離するフィルタの製作はかなり難しいです。
耐圧や許容電流の問題もあります。
極めて高価なものになるでしょう。

一般には周辺機器への電源供給は、DCで送られます。
DCであれば、コンデンサで簡単にカットできます。
TVのブースターへの電源供給など、この方法が取られています。

なお、この方式も、いわゆる「ビデオ信号」と呼ばれるものは、DC成分を必要とするので、適用できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。基本的な知識が不足していたようで非常に参考になりました。

お礼日時:2006/02/24 08:53

電源重畳(ちょうじょう)といって、No.4の


ご回答にあるような方法や、ケーブルテレビの
同軸ケーブル上のアンプへの給電方法として
一般的に使われています。

 ただケーブルテレビでも10Φくらいの
ケーブルでAC30V、60Vです。

 ネット検索しましたが100V仕様のものは
見つかりませんでした。

 重畳ユニットといった名前で
検索してみて下さい。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/24 08:55

BSアンテナやブースタの電源供給に使用されています



ただし.、安全対策とか設備の関係で12V程度の供給が多いですね

AC機器の電源にするには電流容量が心配です、
どの程度の同軸ケーブルを想定しているのかわかりませんが、芯線はせいぜい0.7mm程度ですから
長さにもよりますが数Aが限度でしょう

また外側導体を接地側にすることや信号・電力分離回路を十分安全な物にするとかも必要です
AC100Vの配線ですと電気工事士の範疇ですから、その他の制約もあると思います

同軸ケーブルを敷設できるのですから、電源ケーブルを敷設した方がよろしいと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実は電流についても懸念があったのですが参考となりました。

お礼日時:2006/02/24 08:54

電取法に関しては十分ご注意頂くとして、


(自分にはわかりません)

少なくとも、屋内配線(設備基準違反?)を
することは出来ないと思います。同軸ケーブルは
法律上、商用電源を使用して良い電線ではないです。

以前のTV受信用ブースタ(増幅器)は
確か、AC24Vをテレビ信号を伝送
する同軸ケーブルにちょうかしてました。
(現在DC15V)

ただし、
小勢力回路(比較的安全な電圧)と言って、
60V以下?未満?は、使用電線の条件が
緩くなるようです。精密な事がわからなくて
すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実例も参考となりました。

お礼日時:2006/02/24 08:53

同軸ケーブルの耐圧、AC100Vと信号を分離する回路の性能、電源ラインからくるサージやノイズの問題、ですね。


それさえクリアできれば、特に問題ないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/24 08:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同軸ケーブルについて教えて下さい。

同軸ケーブルは高周波を伝送するために、一般的に用いられますが、
その使い方について質問させてください。


・同軸ケーブルが高周波成分を減衰させることなく信号を搬送出来るのはグラウンドとの寄生容量が小さいためであると思うのですが、高校の電磁気学では電極を近づけるほどその容量は大きくなると習いました。
同軸ケーブルのようにグラウンドを近接させてしまうと逆にローパスフィルタのようになってしまうと思うのですが、なぜそのようなことが起きないのでしょうか?

・50Ωの同軸ケーブルをテスターで測ってみると確かに50Ωと表示されますが、とすると電流を流すことは出来ないということなのでしょうか?
例えば、抵抗値1kΩのLEDに50Ωの同軸ケーブルを繋いでを点灯させることを考えると、ほとんどの電流はグラウンドに流れてしまい、かなりの電圧をかけないとLEDは光らないことになりますが、これは合っていますでしょうか?

・上記のことが正しいとするとLEDを100kHzで点滅させたいとき、同軸ケーブルを使うとうまく電流が流れないため、普通の導線を使う必要があると思うのですが、
となると一つ目の質問でもあるように、導線は高周波を搬送することが出来ないため、高周波電流を搬送することが出来なくなってしまうように思うのですが、どうなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

同軸ケーブルは高周波を伝送するために、一般的に用いられますが、
その使い方について質問させてください。


・同軸ケーブルが高周波成分を減衰させることなく信号を搬送出来るのはグラウンドとの寄生容量が小さいためであると思うのですが、高校の電磁気学では電極を近づけるほどその容量は大きくなると習いました。
同軸ケーブルのようにグラウンドを近接させてしまうと逆にローパスフィルタのようになってしまうと思うのですが、なぜそのようなことが起きないのでしょうか?

・50Ωの同軸ケーブルをテ...続きを読む

Aベストアンサー

いくつか誤解があるように思います。
>50Ωの同軸ケーブルをテスターで・・・
どのように測ったのでしょうか? 何キロメートルのケーブルですか。
 同軸ケーブルの50Ωというのは、特性インピーダンスを言います。
中心導体と外側導体の間をテスターで測って、50Ωにはならないと
思います。終端を解放して測ったら、ほとんど無限大。短絡して測った
らほとんど導線の直流抵抗(これは小さい)となります。
特性インピーダンスZoは、ケーブルの単位長さ当たりのインダクタンスをL、
キャパシタンスをCとすると、ほぼZo=√(L/C)で与えられます。
これが50Ωです。テスターでは測れません。
ふつうの同軸ケーブルでは導線の抵抗と誘電体の漏れ抵抗は小さい。
同軸ケーブルでは、通常の電気回路(集中定数回路)と違って、分布定数回路としての
取扱いが必要です。回路方程式は、偏微分方程式で与えられます。
要するに、ケーブルの端からの距離と時刻により電圧や電流が変化します。電磁波がケーブル内を伝播していると考えてよいわけです。
導線の電気抵抗と絶縁体の漏れ電流は小さいので、信号は減衰は小さく、遠方まで届きます。また、非常に広帯域です。
そのため、テレビのアンテナのケーブルとしても、海外通信のための海底ケーブルとしても使われているのです。
 ケーブルの終端はそのケーブルの特性インピーダンスと同じ抵抗を接続します。(インピーダンス整合といいます)そうすると、始端からみたケーブルのインピーダンスも50Ω(抵抗)となります。したがって、ローパスフィルタにはなりません。
電気回路学の中の分布定数線路理論を勉強してください。

いくつか誤解があるように思います。
>50Ωの同軸ケーブルをテスターで・・・
どのように測ったのでしょうか? 何キロメートルのケーブルですか。
 同軸ケーブルの50Ωというのは、特性インピーダンスを言います。
中心導体と外側導体の間をテスターで測って、50Ωにはならないと
思います。終端を解放して測ったら、ほとんど無限大。短絡して測った
らほとんど導線の直流抵抗(これは小さい)となります。
特性インピーダンスZoは、ケーブルの単位長さ当たりのインダクタンスをL、
キャパシタン...続きを読む

Qテスターを使って、bsアンテナの同軸ケーブルの電気を調べたいです。

テスターを使って、bsアンテナの同軸ケーブルの電気を調べたいです。

bsアンテナを付けたのですが、映る気配がありません。
そこで、自宅にあるテスターで同軸ケーブルに電源が通っているのか確認したいと思っています。
しかし、問題は兄貴のテスターなので使い方が分かりません(兄貴も留守です)。
どなたか、初心者の私に、確認方法を教えてください。
赤いコード、黒いコードを同軸ケーブルのどこにあてれば良いのでしょう?。
助けてください。

Aベストアンサー

A.No.1 さんの方法は芯線と外被其々の導通を測る方法です。

先ず、A.No.2 さんの方法で最初にブースターのアンテナ端子で電圧を測って
見ましょう。   A.No.2 さんの指摘通りの結果が出ればブースター電圧は
OKでしょう。次に同軸を接続し、壁際のアンテナ接栓の処で同様にブースター
出力を測り、上記通りの結果が出れば問題無し、と言う処ですが。 

 テスターがデジタル方式ならば、テスターレンジはDC(直流)位置、
赤コードは(+)ソケットに差し芯線に当て、黒コード(ー)はコンモン
マイナスに差し、外被網組に当てます。
   
 若し、電圧0ならば、A.No.1 さんの図示の通り、ケーブル両端を其々開放し、
テスターレンジを(抵抗)又は(Ω)位置とし、芯線の導通をチェックすれば
芯線が断線か否か、判明するでしょう。 尤も、芯線の断線等も滅多に
有りませんが,  外被の方も断線と言う事は考えられませんが、チェック
して見ても良いでしょう。

 芯線等の断線も無くて電圧0ならばアンテナブースターの不良?。電源部の
接触不良?。 等が考えられますが。   
  もっとマシな方の回答が有るかと思います。  取敢えず、質問者さん
より少し・・・?な回答者でした。

  遅くなりました。 芯線、外被とは質問者さんの理解通りで結構です。
 

A.No.1 さんの方法は芯線と外被其々の導通を測る方法です。

先ず、A.No.2 さんの方法で最初にブースターのアンテナ端子で電圧を測って
見ましょう。   A.No.2 さんの指摘通りの結果が出ればブースター電圧は
OKでしょう。次に同軸を接続し、壁際のアンテナ接栓の処で同様にブースター
出力を測り、上記通りの結果が出れば問題無し、と言う処ですが。 

 テスターがデジタル方式ならば、テスターレンジはDC(直流)位置、
赤コードは(+)ソケットに差し芯線に当て、黒コード(ー)はコンモン
マイナ...続きを読む

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q監視カメラなどをITVって呼ぶけど何の略?

監視カメラなどをITVって呼ぶけど何の略でしょうか?
わかる方教えてください

Aベストアンサー

industrial television の略称です。
工業用テレビジョン、または産業用テレビジョンと言う訳になります。

近年、街角で使われて居て本来の使われ方とは違った使い方をしていますが、工場のシステム監視や落石等の危険を関しする時に使用されているものとして名称が付けられています。

Qアナログ映像信号にカメラ制御信号・電源を重畳する方法

最近の監視用カメラには、
BNCケーブルに電源やカメラコントロール信号を
多重化させて電源線や信号線が不要なものが
ありますが、
これはどういう技術で実現しているのかどなたか
ご存知ないでしょうか?
専用のICなどがあるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

電源ですが、電源に映像信号を重畳します。
5Vを送るとしたら、5Vにクランプをかけて映像信号を乗せます。
制御信号はVのブランキングに乗せます。
位置の特定には、Hをカウントします。

Q同軸ケーブルと電源ケーブルの同居

天井から、VVFケーブルで床近くに、露出コンセント(ケーブルは、モール内に納めてある)があります。
そこに、天井から、同軸ケーブル(S5C-FB)を下ろそうと思います。
室内から見た場合、モールは2本縦に並んだ状態になります。
電源ケーブルは、同軸ケーブルに影響を与えますでしょうか?
多分、離してやった方が良いと思いますが、テレビを設置して、ノイズが出なければ、OKというか、安全なんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤解招くので訂正
一般住宅の低電流低雑音では、同軸のマッチンぐ取れてれば問題無い

出来れば成るべくF型接線で接続しましょう。

Q"PAL"と"NTSC"って何ですか。

"PAL"と"NTSC"って何ですか。
これってビデオかなんかの規格ですか。
結構いそいでます。教えて下さい。

Aベストアンサー

テレビの規格で、解像度や電波送信の方法などが違ってきます。
日本ではNTSCですが、ヨーロッパ、中国はPALになっているそうです。
何らかの変換をしないと両者の画像は交換できないみたいです。

コンピューターで見れば大抵PALかNTSCかの選択が出来るようなので問題ないかもしれません。

参考URL:http://www1g.mesh.ne.jp/aloha/tushin/oubun/a69.htm

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む

Qビデオ信号と電源1本の同軸線で同時に送る方法教えてください

市販小型カメラのビデオ信号を約50m先に送りたいんですが、1本の同軸ケーブルでカメラの電源とビデオ信号を同時に送ることができるのでしょうか?
テレビのブースターなんかは電波信号と電源を同時に送っているみたいですがビデオ信号でも可能でしょうか教えてください。

Aベストアンサー

一応可能です
参考URLのシステムは音も多重させています。

ただ、技術的にはちょっと難しいです。
というのは、ブースターと違って、TVカメラは
もともと直流に近い周波数まで使っているからで、
一番低いスペクトラムは30Hzとなります。
(PAL、SECAMだと更に低くなる)
30Hzと直流を、きっちりと分離するフィルタ技術が必要です。
(このとき、30Hzの位相に影響を与えてはいけません)

参考URL:http://www.jvc-victor.co.jp/products/pro/VR-500.html

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む


人気Q&Aランキング