私の祖母の時代(明治)の女性の名前はほとんどカタカナです。マツとかウメとか。
それでふと思ったのは、そういえばその頃の手紙文もカタカナ(+漢字)をつかっていたような気がするのですが、実際ひらがなよりもカタカナのほうを多用していた時代というのはあったのでしょうか?そうだとしたら理由はなんでしょう?
なんだかあいまいな記憶のもとで質問してしまっていますが、ご存知の方いらっしゃいますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「カタカナ」は、漢字の一部を省略したり、簡略化したりしてできました。

「阿」→「ア」、「伊」→「イ」など。

「ひらがな」は、漢字の草書体をくずした草仮名が元になっています。現在は「あ」は「安」が元になったものを使っていますが、「安」のほかに「悪」「阿」などからきたものがあります。

ひらがなが現在の形に統一されたのは、明治33年(1900年)の文部省『小学校令第十四号』と『施行規則』によってです。それ以外の仮名は、排除されましたが、「変体かな」として残っています。それまでは、小学校でも「変体かな」を教えていました。当時は、「変体かな」ではなく、それも含めて「ひらがな」でした。
「変体かな」の一覧表でもないかと探したのですが、適当なものが見つかりませんでした。以下のURLに一部ですが載っています。
http://kan-chan.stbbs.net/word/hentai.html
http://www.dx.sakura.ne.jp/~kameno/omikuji/kana. …
「変体かな」は、今でも、「そば屋」の暖簾や看板で見ることができます。

「カタカナ」「ひらがな」とも、明治から戦前にかけての小学校で教えていましたが、より簡潔であった「カタカナ」を先に習っていました。これは、昭和22年に国民学校がなくなり、新しい学制がはじまるまで続きました。
http://s-lib.sap.hokkyodai.ac.jp/shiryou/kokutei …

法令などの公文書は、文語体(漢文調)で書かれ、漢文の訓読に使われて来たカタカナ混じりの文章でした。
新聞も同じ紙面の中で、堅い記事はカタカナで、柔らかい記事はひらがなで書かれていたものもありました。
http://pweb.sophia.ac.jp/~kuwaha-k/jaasi1.htm

参考URL:http://s-lib.sap.hokkyodai.ac.jp/shiryou/kokutei …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お詳しいんですねー。
いろいろな情報を教えていただきとても参考になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 18:48

歴史的事実については他の方にお任せしますが、自分の経験として、子供にひらがなとカタカナを教えてみると、圧倒的にカタカナの方が早く書けるようになります。

外国人でも同じです。曲線で構成されているひらがなは、うまく形を取れるようになるのに技術を要するようです。

こういう違いがあるので、戦前、なるべく短い時間で子供に読み書きを習得させるため、カタカナを使ったと聞いたことがあります。

カタカナだけの昔の文書は確かに読みにくいのですが、おそらくそれは慣れの問題で、本質的にひらがなの方が読みやすいということはないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カタカナのほうが覚えやすいとは、教えた経験ないとなかなかわからないことですね。
慣れの問題というのはきっとそうだと思います。今ひらがなに慣れちゃってるから読みにくく感じるんでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 18:55

うちの会社(一応、超大企業なんですけど...)では、昭和50年代まで、正式な文書は全て、ひらがなの代わりにカタカナを使っていました。

「速ヤカニ訂正スルコトヲ要ス」という具合です。
昭和50年代なんて、つい最近と言えばつい最近なのに...。
今、その頃の文書で今も保管されているのを読むと、とても読み辛く、何でこんなことしてたんだろうと不思議ですけど、その時は、それが当たり前だったみたいです。私もその頃まだ入社前だったので、詳しくは知りませんが、「カタカナを多用していた時代が、こんな最近もあった」という情報として、ご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

法律関係の文章ってカタカナつかうこと多いですよね。なぜなんでしょうね。
とても読み辛いです確かに。
昭和50年代まで、ですか。たぶんかなり昔からある由緒ある会社ではないですか?創立当時からの慣習のように思われますね~。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 12:34

 ひらがなは平安時代に、その多くが漢字からの崩し字から出発したため曲線で構成されることが多く、そのため女性的だと見なされていました。



 一方カタカナは同じく平安時代仏典の解釈と教育の必要から、その行間に読み方や注釈として書き込む記号に端を発していると言われます。明治から昭和初期にかけての富国強兵が叫ばれていた時代、男性的精神の高揚が喧伝された社会的雰囲気の中、女性的とされたひらがながさらに出番を失い、より男性的で禁欲的と思われたカタカナを使うことが生活の中でも推奨されたのだと想像します。江戸時代までに関しても日本独自の文字といえばカタカナの方が正式で一般的なようでした。

 ではなぜ今ひらがなを主に使うかという疑問は、逆にカタカナを使わないかという疑問とおなじことですが、終戦直後GHQと米教使節団が、恐らく軍国主義的だという理由で平仮名とアルファベット(ローマ字)の使用を勧告(強制)したことが出発点かと思います。

 数十年前までは漢字のことを本字というほど、万葉がなのように日本の言葉を漢字で書くことが正当とされていた時代がながく続き、その補助文字として使われたカタカナの方が地位が上だったのだと思います。

 今では擬態語、外来語、日本語であっても学術用語(ヒト、コメなど)一部の技術用語(ネジ、バネなど)にカタカナの使用は限られますが、そうではない時代の方が遙かに長かったということですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ひらがなやカタカナの成り立ち、日本語の歴史など興味深いお話でした。
カタカナを使った時代の方が長かったんですね。意外でした。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 12:13

 やっぱり戦前じゃないでしょうか。


 現在のカタカナの使い方は、戦後にマッカーサー元帥が教育指導要領の簡素化のために作ったものです。
 それ以前の日本語ではカタカナの使い方が現在と違っていたので、おそらくそれが期だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんな質問に回答いただけるかなと思いましたが、有難いです。
>戦後にマッカーサー元帥が教育指導要領の簡素化のために作ったもの
初めて知りました。
何から今回の質問の答えを得られるかわからなかったので、取っ掛かりができました。自分でも調べてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 11:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふと 思ったのですが 現在 切腹の介錯をしたら殺人罪にとわれますか? 日本刀所持とかそういうのはおい

ふと 思ったのですが 現在 切腹の介錯をしたら殺人罪にとわれますか? 日本刀所持とかそういうのはおいといて、殺人罪についての事だけ考えてでお願いします

Aベストアンサー

殺人にはなりません。

被害者の承諾があるので、承諾殺人罪という
犯罪になります。

{自殺関与(自殺幇助罪)及び同意殺人(承諾殺人罪)}
刑法 第202条

人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を
受け若しくはその承諾を得て殺した者は、
6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。

Qひらがな・カタカナ のサイト

外国人に日本語を教えることになりました。
ひらなが カタカナ の一覧サイトを探しております。
印刷して利用したいのですが、調べる時間がなく、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「Hiragana And Katakana」とか英語でGoogle先生に聞けば調べるまでもなく結構見つかります

http://www.okayama-u.ac.jp/user/int/study/gakusyu/index.html
このサイトではstroke order(筆順)も述べられていますね。

#もしかして同時に載っている奴が欲しい?

Qカタカナとひらがなについて

仕事柄たまに法律の条文を読むことがあるのですが,戦前の条文は漢字とカタカナになっています。
この当時は日常的にカタカナが使われていたのでしょうか?
もしそうならなぜその後,ひらがなに変わったのでしょうか?
(条文に限ったことではなく,日常的な使用自体の変更が意図的に行われたのかという意味です。)
ご存知の方,ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 戦前でも普通の文章、たとえば新聞、小説、雑誌などはひらがなでした。しかし、法律文、公用文は漢文訓読体が用いられたため、漢文訓読体はカタカナで書かれるという常識のため、カタカナになったようです。1885年ごろまでは候文、ひらがななど混用された頃もあったようです。また、カタカナの方が覚えるには楽だろうとする配慮から教科書にも使われた様です。
 下はWORDでも読めます。

参考URL:http://www.zenkankyo.gr.jp/gakujutu/q002.htm

Qひらがなとカタカナの発明

ひらがなやカタカナはだれが発明したのでしょうか?それとも不特定多数の人々の合作なのでしょうか?これらの起源などについて教えてください。

Aベストアンサー

発案者はわかりません。何せ平安時代のことですから。

ひらがなもカタカナも、すべて漢字から作られています。下記に詳しい解説があります。

http://homepage1.nifty.com/snap/room04/c01/nihon/nihon04.html

Qひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」の違い

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「ヘ」って、形はどうちがうのでしょうか。

あくまでも、手書きするときの話で、活字での違いを聞きたいわけではありません。

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「へ」の区別を習った記憶はありません。
みなさんは区別を習いましたか?

もっとも、文脈でどちらか判断できることが多いため、区別がどうであれ、実際にはあまり困ることはありません。

でも、私だけが知らないのかもしれません。

今 手元に小学校のときの「かきかた」の本がある(すべてがそろっているわけではないですけど。)のですが、見た範囲だと、ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」の区別について触れているところはないようです。

「かきかた」の本なので、ひらがな・カタカナの見本はあります。
それに見ると、確かに微妙に両者は異なります。

・ひらがなの「へ」のほうが(ほんの少しだが)角が丸みを帯びている。
・見本は正方形の枠の中に書いてあるのですが、枠が縦の点線と横の点線で十字に区切られています。ひらがなの「へ」の左端(始点)は横の点線に触れているが、カタカナの「へ」の左端は横の点線に触れていない。

しかし、たまたま違っているだけで、区別ではないのかもしれません。

それとも、ひらがなの「へ」とカタカナの「へ」というのは同じ文字で、それをひらがなとして使ったり、カタカナとして使ったりしているのでしょうか。(まさか!)

(ついでの質問)
数式を書くときにzに線を入れて数字の2と区別することがありますが、ひらがなの「へ」とカタカナの「へ」にもこのような区別の仕方はあるのでしょうか。

#この文章を入力したときに、ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」を混同している可能性があります。コンピュータでの文字入力で区別があるのは間違いないようです。

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「ヘ」って、形はどうちがうのでしょうか。

あくまでも、手書きするときの話で、活字での違いを聞きたいわけではありません。

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「へ」の区別を習った記憶はありません。
みなさんは区別を習いましたか?

もっとも、文脈でどちらか判断できることが多いため、区別がどうであれ、実際にはあまり困ることはありません。

でも、私だけが知らないのかもしれません。

今 手元に小学校のときの「かきかた」の本がある(すべてがそろっているわ...続きを読む

Aベストアンサー

とても興味深い問題ですので、いろいろな回答を楽しみにしていたのですが、以外にも少なくちょっと残念です。
 私の記憶では、違いを習っていません。
忘れただけかもしれませんが、その代わりに残っている記憶としては、カタカナのへは憶えなくて良いから楽チンだ、という事です。ですから、ことさらに、区別についてはうるさくは言われなかったのだろう、と推測いたします。
 違いについては、まったくわかりませんが、参考URLでは、へのひらがなとかたかなの書き順をQUICK TIMEでMOVIEにしており、ここでは、形がまったく一緒です。
 また、ビートルズのヘイ・ジュードのシングルレコードのジャケットが手書きだったような気がしたので見てみたのですが、手書きではなく、デフォルメされているカタカナで、へは、右側の斜面が上向きに反り返っています。
 次に、実際に自分で書いてみると、区別がつきません。どちらのへも、山頂部が丸まってしまうし、直線になりきっていません。
 最後に息子が使っていた2年生の"新しいしょしゃ"の本を見たところ、カタカナの「へ」の左端は横の点線に触れています。かいてある事は、"ひつじゅんに気をつけよう"と"にているかん字とかたかなに気をつけよう"です。
 ひらがなのへとの区別については、何も触れていません。
 従いまして、もしへのひらがなとカタカナで区別をしなければならないのであれば、この気をつけようの所に出ていてもおかしくないだろう、と思います。
>でも、私だけが知らないのかもしれません。
以上の推測から、これだけは言えます。知らないとしても、aabbccddeeffさんだけではありません。


 

参考URL:http://www.brise.org/gahoh/homej.html

とても興味深い問題ですので、いろいろな回答を楽しみにしていたのですが、以外にも少なくちょっと残念です。
 私の記憶では、違いを習っていません。
忘れただけかもしれませんが、その代わりに残っている記憶としては、カタカナのへは憶えなくて良いから楽チンだ、という事です。ですから、ことさらに、区別についてはうるさくは言われなかったのだろう、と推測いたします。
 違いについては、まったくわかりませんが、参考URLでは、へのひらがなとかたかなの書き順をQUICK TIMEでMOVIEにしており、ここで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報