在庫評価単価について意味と、またその使用例を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一つ前で期末評価単価の質問をされていましたね。


基本的には同じと考えてください。
(金属)商社のシステムという前提においてですが、方法としては。。。
(このとき仕入れたものはすべて同じ商品として考えてください。)

1.先入れ先出し法
仕入れた順に払い出すという前提においての単価設定です。
たとえば、倉庫に何もない状態を前提として、@¥10のものを100個仕入れて、その後に@¥15のものを200個仕入れたと仮定しましょう。その後に入った順から200個売り上げのために払い出したとして、締め日において在庫は100個あるはずです。このとき先に仕入れたものから払い出しているので@¥10のものを100個払い出し、さらに@¥15のものを100個払い出し事になりますよね。そうすると、締め日時点では@¥15のものが100個在庫があるはずです。このときに評価される単価が@¥15となります。ただ、これは管理が難しくシステム化する際にはかなりロジックが複雑になるようです。

2.後入れ先出し法
1とは逆にあとに仕入れたものから先に払い出すという前提です。倉庫に何もない前提として、@¥500のものを100個仕入れし、その次に@¥1,000のものを500個仕入れたとしましょう。その後に売り上げのため、100個払い出したとして、このときの在庫は500個あるはずです。後に仕入れた方を先に出したことにする評価をするわけですからこの場合の評価は、在庫500個のうち@¥1,000で仕入れたものの内100個は払い出している前提ですので、@¥1,000のものは400個在庫になるはずです。そして、@¥500のものは100個そのまま手つかずであると言うことになりますよね。すると@¥1,000×400個+@¥500×100個=450,000円となります。この方法はインフレ時等で評価品の時価が上昇中の時に用いられます。この場合もロジック的には1と同じく複雑になるでしょうね。

3.移動平均法
これは仕入れの都度に単価が移動する評価方法です。たとえば倉庫に何もない前提で@¥100のものを100個仕入れたとしましょう。その次に払い出しがないままに@¥200のものを200個仕入れたとしましょう。この時点で在庫の商品単価を移動平均によって評価します。この例では(@¥100×100個+@¥250×200個)÷300個=@¥200となります。その後売り上げのために100個払い出したとして、その後@¥170のものを100個仕入れたとして締め日を迎えたこととします。このときの評価は(@¥200×200個+@¥170×100個)÷200個=@¥190となります。この方法だと割と簡単なロジックになるのでしょうかね^^

4.総平均法
これは前期残高+総仕入高を前期在庫+総仕入数量で割り評価する方法です。たとえば前期の在庫高が¥10,000、在庫数が100個とします。今期の仕入れが@¥150×200個、@¥200×200個とします。そして、今期の払い出しが400個とします。払い出し単価は、(@¥100×100個+@¥150×200個+@¥200+200)÷500=@¥160となります。また、在庫に関しても同じ計算式で評価することとなります。この方法もロジック的には割と簡単で済むでしょうね^^
なお、私の会社(製造業)でもそうなのですが、通常月次決算を行う会社ではこの総平均の期間を1ヶ月として、月次総平均法による移動平均法としている会社が多いと思います。

5.最終仕入原価法
これは期末に一番近い仕入の単価を用いて評価する方法です。たとえば@¥100のものを100個仕入れ、@¥105のものを100個仕入れたとします。そのまま期末を迎え在庫の評価は最終仕入単価の@¥105を用いて@¥105×200個=¥21,000となります。この方法だとロジック的には非常に簡単ですが、ロット単位で仕入れ値が違う、仕入毎で建値が変わる等の時には在庫の評価精度が下がるという懸念があります。私の会社では、消耗品費にいったん費用化した消耗品等について、期末に未使用で残っているものを評価をするときにこの方法を採ります。すなわち、重要性が低いものについて私の会社では適用しています。

と上記のようにだらだらと書き解り辛いかも知れませんが、主に5つの方法が用いられるだろうと思います。(売価還元法という方法もありますが、これは主に食品のスーパーマーケット等に用いられる方法なのでここでははしょります。)
参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただきありがとうございました。
とても勉強になりました。またわからない事があればよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/23 19:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアットマークが打てません。

キーボードの入力変換?がおかしくなっています。
アットマークが打てないんです。
ですからメールも打てません。
どなたか助けてください。
アットマークの箇所を普通に押すと「←になります。
シフトで押したら{←になります。
そのほかアットマーク周辺のキーを押しても全然違った文字が表記されます。
どうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

お使いのパソコンがWindowsとしてですが。

キーボードのドライバに何か異常があるのかもしれません。
ドライバを更新してはいかがでしょう。

「コントロールパネル」→「システム」→「デバイスマネージャー」
で「キーボード」を選んでお使いのキーボードを選択。

そこに「ドライバ」のタブがあるので、選択して右下にある「ドライバの更新」
でドライバを入れ替えます。

思いつく原因はコレぐらいですが。。(^^ゞ

Q在庫の評価単価に関して

在庫明細で使用する単価の算出したいと考えていますが、先入れ先出し法、移動平均法等
いろいろあるかとは思われますが、システム(計算)を構築する上で一番簡単な最終仕入原価法を採用
しようとしています。

つまり、評価時点で一番直近の仕入単価をもってそのものの金額を在庫金額とする。

その際に、当月、あるいは評価する時点に近い仕入が存在すれば良いですが、かなり以前の
仕入しかなく、その仕入以降に単価が変更されていた場合、そのものの評価はどのようにすれば
良いでしょうか?

仮に単価が変更されていたとしても、在庫の評価単価は変更せず、そのままで評価すれば良いのか?
新しく変わった単価で洗い替えのような事をしてやらなくてはいけないのでしょうか?

教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>総平均法や移動平均法の場合、やはり仕入データが膨大な場合は、その都度計算しなくてはならず、また、求められた単価が本当に正しいかという検証も時間がかかるという事で不採用になったらしいです、、、


いずれにしても入力は正しくしなければいけないですね。当然そうなれば買掛金も同時に計上されますから、万が一入力が間違えば支払いが間違うはずですね。それは必ず仕入先からクレームが来ます。したがって総平均法や移動平均法であろうと最終仕入れ法であろうと正しい入力の必要性は同じことなのです。
まさか仕入れ金額だけ入れて買掛金の管理はしないと言うシステムではないですよね。

一度正しい入力がされればその後はプログラムをどう組むかだけの話で人間の手間は同じです。期末までどうなるかわからない最終仕入原価法よりも、月次単位で答えの出る平均法や移動平均法の法が実務上は使いやすいと思うのですが。
どうも貴社の判断は少々上記の事情をお分かりでないように思います。
もしまだ議論の余地が残っているのであれば是非上記の事情を力説される方が良いと思います。少なくとも最終仕入原価法はある程度以上の規模の会社で採用する例は少ないと思いますよ。
(かつて上場企業で原価計算を含む基幹システムの構築に参加したことのある者です)

これは仕方ありませんが、資産の評価の原則は取得原価であり、最終仕入原価法ならば実際に最後に仕入れたときの単価(それが何年前でも)を適用すること、これが原則です。

>総平均法や移動平均法の場合、やはり仕入データが膨大な場合は、その都度計算しなくてはならず、また、求められた単価が本当に正しいかという検証も時間がかかるという事で不採用になったらしいです、、、


いずれにしても入力は正しくしなければいけないですね。当然そうなれば買掛金も同時に計上されますから、万が一入力が間違えば支払いが間違うはずですね。それは必ず仕入先からクレームが来ます。したがって総平均法や移動平均法であろうと最終仕入れ法であろうと正しい入力の必要性は同じことなのです。...続きを読む

Qアットマーク

ウインドウズXPを使用しています。
数日前から アドレスを入力する時に半角英数入力は入力 出来るのですがアットマークが入力 出来なくなりました。
キーボードのアットマークの所を押すと 「 が出てしまいます。
シマンテックのセキュリテイを入れなおしてから調子が悪くなりました。
何が原因でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

キーボードが英語キーに変わってしまったのかも知れません。その確認は
・「コントロールパネル」「キーボード」「ハードウエア」です。

・これを本来の日本語キーボードに直す方法は
》http://support.microsoft.com/kb/880943/ja

Q「売上単価」、「仕切単価」、「販売単価」の違い

販売管理に詳しい方へ質問です。

システム開発の会社に就職し、
初めて販売管理システムに携わることになりました。

正直なところ、まったくの無知で恥ずかしい質問なのですが・・・
売上単価、仕切単価、販売単価の違いが
いまいちよく分かりません。

分かり易く解説していただけると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

【売上単価】実際に売った値段。回収できた値段。
【仕切単価】小売業者へ卸売りするときの値段。
【販売単価】売りたい値段。「売上単価」と区別付かない場合もある。

Qアットマークが正常に教示出来ない→[ です。

アットマークがこの記号になって困ってます。→[です。IBMのwin2000
です。

Aベストアンサー

 試しに、Shiftキーを押しながら「2(ふ)」キーを押してみてください。@が入力できませんか? もしそうだとすると、何らかの原因でキー入力デバイスが英語キーボードとして認識されているのだと思われます。たいへんポピュラーなトラブルです。
 参考URLの情報をもとに、日本語キーボードとして認識させればキー刻印どおりに入力できるようになるでしょう。

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/880026/ja

Q材料在庫の評価法について

製品をつくるための材料在庫に対しては固定資産税などのかかる税金はないことは過去の質問の検索で理解できました。ここでお伺いしたいのは材料在庫を金額評価する上において、同じ会社内で全く同じ材料を、例えば使用用途とかによってそれぞれ異なった価格で評価しても法的には問題ないでしょうか。(同じ材料で同じ仕入先から購入しているのに複数価格で管理すること。)キャッシュフローの評価等に関連して社内のルールで決めておけばいいことでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

材料の在庫の評価については1取得時の評価(取得価額の決定)2売上原価と次期繰越高との配分3期末時の評価の3段階で問題となる。
このうち質問者が問題とするのは2と考えた。

まず専ら社内の管理上の要請であり会社法に基づく計算書類(ないし金融商品取引法に基づく財務諸表、連結財務諸表等)及び法人税法に基づく申告書に影響させないのであれば法的問題は何ら生じない。
他方計算書類(財務諸表、連結財務諸表等)又は申告書に影響させるのであれば次のとおりとなる。

会社法上は会社計算規則3条により一般に公正妥当と認められる企業会計の基準その他の企業会計の慣行を斟酌しなければならない。
ここでいう一般に公正妥当と認められる企業会計の基準には棚卸資産会計基準が含まれると解されている。
従い会社法上は上記2については同基準6-3項により事業の種類、棚卸資産の種類、その性質及びその使用方法等を考慮した区分ごとに選択し継続して適用することになる。
よって会社法上は上記2については事業の種類、その使用方法等が異なれば評価方法を異ならせて構わない。

金融商品取引法に基づく財務諸表、連結財務諸表等であれば財務諸表等規則1条2項、連結財務諸表規則1条2項等により同じ結論が導かれる。

また法人税法上は上記2については同施行令29条1項により事業の種類毎且つ商品又は製品、半製品、仕掛品、主要原材料及び補助原材料その他の棚卸資産の区分ごとに選定するものとされている。
この定めは棚卸資産会計基準に連動して置かれたものであるから明文の定めはないが棚卸資産の使用方法等が異なる場合でも同項の趣旨に反しない限り評価方法を異ならせることが出来るものと考えられる。
よって法人税法上も上記2については事業の種類、その使用方法等が異なれば評価方法を異ならせて構わないものと考えられる。

なお法人税法施行令28条1項1号イに基づき個別法を選択するか又は同号ヘに基づき売価還元法において通常の差益の率の異なるごとに区分すればその種類、品質及び型の異なるごとに区分する税法上の義務はない。

材料の在庫の評価については1取得時の評価(取得価額の決定)2売上原価と次期繰越高との配分3期末時の評価の3段階で問題となる。
このうち質問者が問題とするのは2と考えた。

まず専ら社内の管理上の要請であり会社法に基づく計算書類(ないし金融商品取引法に基づく財務諸表、連結財務諸表等)及び法人税法に基づく申告書に影響させないのであれば法的問題は何ら生じない。
他方計算書類(財務諸表、連結財務諸表等)又は申告書に影響させるのであれば次のとおりとなる。

会社法上は会社計算規則3...続きを読む

Q「@」(アットマーク)の無いメールアドレスなんてあるんですか?

自分の所に送られてきたメールの中で
「@」(アットマーク)の無いメールアドレスが差出人として送られてきました。
初めて見たんですが、
これはどういう場合に使っているアドレスなんでしょう?

Aベストアンサー

二通りあります。

1.同じドメインのユーザである

たとえば、gooのフリーメールで私からbunbunstさんへ送るとき、
@mail.goo.ne.jpを省略することは別におかしいことではありませ
ん。この場合私がToに"bunbunst"と指定すればbunbunstさんへ届く
わけです。

2.From詐称

これは悪質な場合です。自分の本当のアドレスを分からなくさせ
るためメールアドレスでないメールアドレスを書くことがあります。
これはやってはいけませんよ。

Q原価差額について(在庫評価)

よろしくお願いします。
こちらに質問するのは間違いかもしれませんが、どこに(誰に?)聞いたらわかるのか混乱してきてしまいまして。どうぞよろしくお願いします。

原価計算についての質問です。
電子部品の開発・製造・販売をしている会社に勤務しています。業績不振で税理士さんとの契約をやめてしまい、この決算・税務申告等を自分達でやろうということになってしまいました。とても小さい会社です。(規模縮小で、社長以下パート・アルバイト2名のみ)

問題は在庫評価についてで、これについて全くわかりません。
前期前々期のものを見てみましたが、差額をあげているんですが、そもそもどういう理由でその金額がでるのか見当も付かなくて...
棚卸は仕入の状態別に製品個々を数えていますし、加工費等(外注)も含んでいますので、あとは何を考慮すればいいのでしょうか?開発費でしょうか?
教科書上(?)の評価方法を当てはめるにも、実際『○○円で仕入れた品が××個売れた』のでいくらのものがいくつ残っているとわかるので、これもどうなのかと。
一般的にはどうするのがよいのでしょうか?
前にやっていただいた税理士さんに聞くのが一番なのはわかるのですが、そうもいかないらしいです。
在庫評価をせずにいるのはいけないですよね。
評価をするほどの製品の動きはないんですけどね...

どうかよいお答えをおねがいいたします。

よろしくお願いします。
こちらに質問するのは間違いかもしれませんが、どこに(誰に?)聞いたらわかるのか混乱してきてしまいまして。どうぞよろしくお願いします。

原価計算についての質問です。
電子部品の開発・製造・販売をしている会社に勤務しています。業績不振で税理士さんとの契約をやめてしまい、この決算・税務申告等を自分達でやろうということになってしまいました。とても小さい会社です。(規模縮小で、社長以下パート・アルバイト2名のみ)

問題は在庫評価についてで、これについて全...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく青色申告の適用を受けていると思いますが、棚卸資産の評価方法は何で届けていますか?
会社設立時の税務署への届出資料に書いてあるので、それを見てください。
その方法で計算することになります。
在庫品の水準や構成が大きく変わらないのなら、売価還元法というのが安直なんですけどね。

差額というのは「前期末在庫高と当期末在庫高の差」のことだと思います。
バランスシートがあるはずなので、前期末と当期末の棚卸資産の差を計算して見てください。
損益計算書の在庫増減に一致すると思いますけど…。
それとも「原価差額」というのは、標準原価計算における価格差異とか標準差異のことかな?
そうなら、少し複雑な計算をしているかも?

Q「???★mail.goo.ne.jp」→「★をアットマークに変えてください。」……これって意味あるの?

よく、ホームページなどに、下記のようにメールアドレスを掲載し――

“???★mail.goo.ne.jp”

「★をアットマークに変えてください。」などと、追記している人がいますが、
これは、意味のあることなのでしょうか?

よく、これがスパムメール対策になると聞きますが、
こんなのがどう対策になっているのか、わかりません。

変な話、前述の場合だと、たとえメールアドレスの“@”を“★”にしていても、
「アットマークに変えてください。」に従って、“@”に変えたメールアドレスで、スパムメールを送られてしまえば、おしまいですし……。

本当に意味があるのか、疑問です。
理由をご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

★の部分が@だと
業者は一括で取得して、@の前後を含めメールアドレスであると判断し、一方的にメールと送ってきます。
これは、人が手動で★を@へなおしているのではなく、ソフトを使って一括処理されます。

それ以外の文字である場合、★などは通常の文章でも使われるため
メールアドレスとの判断を自動的に行うことが難しくなります。
あらかじめ★とわかっていれば処理できますが
それが人によって☆だったり○だったり@(全角)だったり
するので、自動的に認識できません。

だからスパム対策に効果はあるのです。

Q在庫評価について初歩的質問

初級シスアドの勉強をしています。質問カテゴリーをどこにしようか迷いましたが,お分かりの方,教えてください。商業系の勉強をきちんとしたことが無いので,困っています。

期首の在庫量,期間中の入庫量および期末の在庫量が与えられたとき,在庫(金額)の評価法として,
1.先入れ先出し法
2.後入れ先出し法
3.平均原価法
4.個別法
とがあるそうですが,
平均原価法の説明を見ると,
「仕入れた商品の平均原価にもとづいて期末棚卸商品の在庫評価を計算する。」とあります。
期間中に仕入れた商品について平均値を計算すればよいのですか?
期首在庫分と期末在庫分は計算に入れるのでか?
その商品が期末に在庫になっているか否かに関係なく計算するのですか?

たとえば,次の数値例でご説明おねがいします。
     個数  単価
期首在庫 3個 10円
4月仕入 1個 11円
6月仕入 2個 12円
7月仕入 3個 13円
9月仕入 4個 14円
期末在庫 8個 

Aベストアンサー

個別法だけは1個1個の商品の動きを個別に管理します。
あとの3つは商品は個別に管理しませんが帳簿上は出入り順を管理します。

さて平均原価法ですが、

>期間中に仕入れた商品について平均値を計算すればよいのですか?

期首在庫と期間中の仕入れの平均を取ります。

>期首在庫分と期末在庫分は計算に入れるのでか?

期首在庫は平均の計算に使います。期末在庫は数量を使います。

>その商品が期末に在庫になっているか否かに関係なく計算するのですか?

最初に書いたように個別法以外は商品1個1個を識別しません。どの商品も同じ扱いです。
商品管理の手間を省くためです。

それでは計算です。
平均原価=(10×3+11×1+12×2+13×3+14×4)/13=12.307692
期末在庫評価=12.307692×8=98.461536≒98.5円


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング