ただいま就職活動を行っています。あるコンサルティング系の企業を受けております。そこでの2次面接で、あなたはある飲食店の経営者です。売り上げが落ちていますが、あなたは何を調べてどのように対策を打つか?ロジックツリーを用いて30分でプレゼンテーションしなさいと言われました。いったい何のことなのかよく分かりません。どなたかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

問題解決の手法の一つです。


現在課題となっている事実を起点に、その原因を横に持っていき、さらにその原因となる事象を横にと展開していきます。ひとつの課題に複数の原因が隠れていることもあります。
有名なのは、あれです。
「風が吹けば桶屋が儲かる」

やがて、直接的にある課題を解決できそうになくても、展開した先の問題を解決するといもづるで解決することがあるかもしれませんし、次の段階へ進むためには一定の条件が必要となる場合もあります。したがって、ツリーを展開する過程で、発生確率も考慮することがあります。事実、「風が~桶屋」の例では、砂が目に入って失明する人が増えるという論理に破綻がありそうです。

 売り上げが落ちている
 ↑           ↑
お客さんが入らない 利用単価が低い
 ↑      ↑     
立地が悪い 目玉になるメニューがない
        ↑
       どれも個性のない料理ばかりだ

といった具合です。
立地が悪いなら、同じ地区の他の店のリサーチ、客層調査、交通量調査なども対策になりそうです。
個性のない料理ばかりなら、同業他社の例を調べたり、
イタリアンに特化したお店にするなどの案も出てきそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。頑張ってロジックツリーを作成してみます。

お礼日時:2006/03/15 12:59

http://allabout.co.jp/career/swengineer/closeup/ …

に詳しくでています。
物事を因数分解していくやり方です。これはコンサルだけでなく、すべてのビジネスマンに有効な手法ですよ。私も良く使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/15 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング