かつて為替切下が行われていたようですが、
それが失業の輸出に結び付いたという部分がどうも腑に落ちません。なぜそういえるのでしょうか?
ついでながら為替切下競争というのは現代でも行われているのでしょうか?
詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もNo.1の方の言う通りだと思います。

あえて付け加えさせて頂くと、かつての金本位制では、通貨供給量が、金及び金に兌換できる外貨の量に連動していましたから、国内外で自国製品の競争力が落ちると、輸出入バランスの悪化は、金準備&外貨準備の減少→マネーサプライの減少に直接つながる為、他国の通貨切り下げの景気への悪影響の度合いは、今よりももっときついものだったはずです。

「為替切り下げ競争」という言葉には、「意図的に切り下げる」というニュアンスがあるので、為替の変動相場が一般的になった現在では、「これが切下げ競争だ」といえるような例は中々ありません。いわゆる「口先介入」や金利政策で、ある程度は為替相場を意図的に動かせますが、自ずから限度があるからです。

あえて探せば、

最近の円安に対して、中国が懸念を示していますが、これは、日本が円安容認発言」等で円安に誘導し、輸出競争力を増して景気の下支えを狙っているのではないか、と中国は考えており、それにより中国製品の競争力(特に日本市場でのそれ)が落ちる事をいやがっている、と理解する事ができます。

1997年のアジア通貨危機に於いては、タイバーツの切り下げをきっかけに、東南アジア諸国の通貨が連鎖的に急落しました。これは、タイが変動相場に移行し大幅にバーツが切り下がった事により、その他のアジア諸国がタイに比べて大幅に競争力を落とし、その結果として経常収支の悪化の可能性が高まった為、それを先読みした市場参加者が、各国通貨へ大量の売りを浴びせた結果、と考える事もできるでしょう。

最近のアルゼンチンの経済危機も、ブラジルの通貨切り下げで、ドルと完全にリンクしていたアルゼンチン・ペソが非常に割高になった事が、ひとつの大きな要因です。

上の例のうち、最初の「円の例」は、意図が働いているのかも知れませんが、一般論としては、変動相場では意図的に為替を動かせなくなったので、「通貨切下げ競争」ではなく、「市場による切り下げの連鎖」が起きるようになった、と考えたらどうでしょうか。
    • good
    • 0

「失業の輸出」という言葉は初めて聞くので、ずれた答えかもしれませんが・・・。


 日本の為替を切り下げる → 円安になる 
→ 円安なら、日本製品のドルベースでの価格が下がる
→ 日本製品の価格競争力が上がるので、日本の製品が売れる
→ その分、外国の製品が売れなくなる → 外国で失業者が増える
→ 失業が輸出された。

こんな感じでいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど分かりました。、ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/23 19:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q完全競争市場といえる市場は?

 こんばんは。
 
 私は大学の工学部3年生なのですが、今学期に「経済学」の講義を受けています。そこで「(完全)競争市場といえるような市場は何があるか。またそれらの競争市場の状態を具体的に解説せよ」という問題が出ました。

 私は農業や水産業が、多くの買い手と売り手が存在するなどの競争市場の条件を満たしていて競争市場といえるのではないかと思ったのですが、はたして合っているのでしょうか?また、他にどのような市場が(完全)競争市場といえるのでしょうか。

 経済学を初めて習うので知識が浅くて申し訳ありませんが、どなたか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

完全競争市場の条件を確認します:
1.参入退出が自由で、そのコストも無視できる
2.価格のみが取引指標である
3.規制や税金はないか、無視できるほどの程度である
4.取引情報は市場参加者に瞬時に行き渡る
5.市場参加者はプライス・テーカーであり、どの取引も市場全体に影響を与えるほどの規模はない

これらを全て満たす市場はほとんど存在しないと思われます。
ただし、近似的には金融市場が最も競争市場に近いのではないでしょうか。たとえば、外国為替市場・株式市場・商品市場です。これらの市場では価格の動向は需給に強く影響され、個々の取引参加者の影響度は低く、情報は全世界を瞬時に行き渡ります。計量経済学的な実証分析でも、株式市場の取引には「弱い効率的市場仮説が成立する」とされています。効率的市場仮説とは、「市場の取引は情報を完全に織り込んでいる」ことを主張するものです。詳しくはファイナンスのテキストの入門書を参考にしてください。
しかし実際には情報の内容は必ずしも一定ではなく(不完全情報)、各国に資本規制や税制の無視できない違いがある場合も少なくないでしょう。金融市場以外では、中東や東南アジアなどにみられるバザール(大規模な生活品市場)などが競争市場の例として取り上げられることがあります。

完全競争市場の条件を確認します:
1.参入退出が自由で、そのコストも無視できる
2.価格のみが取引指標である
3.規制や税金はないか、無視できるほどの程度である
4.取引情報は市場参加者に瞬時に行き渡る
5.市場参加者はプライス・テーカーであり、どの取引も市場全体に影響を与えるほどの規模はない

これらを全て満たす市場はほとんど存在しないと思われます。
ただし、近似的には金融市場が最も競争市場に近いのではないでしょうか。たとえば、外国為替市場・株式市場・商品市場です。これ...続きを読む

Q現代資本主義における競争と独占について

難しい質問ですいません.現代資本主義における競争と独占についての意見,ありましたら教えて下さい.

Aベストアンサー

経営的な観点からお応えします。
なぜ自由競争が行われると、独占が起こるかということです。

1)大きな設備投資が必要な産業(重工業など)では、規模の経済、またはスケールメリットによって、大きなシェアを獲得したところが低コストとなり、また再投資の資金をライバルより多く得ることが出来るという、良循環が働くからです。重工業ではなくとも、電力・ガスのような公益会社に地域独占を認めているのも、設備投資が大きいからです。また宅配便のようなサービス産業でも、スケールメリットは働きます。ですからヤマトは独占状態です。

2)特定の顧客や高度な技術の製品に特化した場合でも、独占状態となることが多いです。それはスケールメリットに加えて、ライバルよりも顧客情報が多く入り、さらにニーズにあった製品が開発できるからです。京都にそういう企業が多いです。海外では、例のウィンテルが好例でしょう。これには特定地域への集中も入ります。企業規模が小さくても、レストランや小売りにも地域独占が見られます。

3)独占を打ち壊すもっとも中心的な戦略は、イノベーション戦略です。例えばダントツのシェア60%を持っていたキリンを、10%のシェアのアサヒが、なぜ追いついたか?それはスーパードライという、プロダクト・イノベーションを起こしたからです。つまりいままでにない味の、ドライビールを発明したからです。

自由競争下、つまり現代資本主義では、独占→イノベーション→独占→イノベーションのダイナミックな連鎖によって、経済は発展していきます。

経営的な観点からお応えします。
なぜ自由競争が行われると、独占が起こるかということです。

1)大きな設備投資が必要な産業(重工業など)では、規模の経済、またはスケールメリットによって、大きなシェアを獲得したところが低コストとなり、また再投資の資金をライバルより多く得ることが出来るという、良循環が働くからです。重工業ではなくとも、電力・ガスのような公益会社に地域独占を認めているのも、設備投資が大きいからです。また宅配便のようなサービス産業でも、スケールメリットは働きます。...続きを読む

Q市場経済と市場競争について

大学の宿題で悩んでます。
「「市場経済」は自給率アップの武器だと言う政治家の発言は間違いである」と、教授が言ってます。教授が言うには市場原理によって自給率は伸びていない、との事です。
市場競争が入ると自給率が上がるのは分かるのですが、イマイチ市場経済という意味自体からよく理解できません。
どうか分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

市場経済の定義に付いては他の方がすでに書かれているので、ここでは教授の意見について書きます。

まずこの教授は、市場経済と開放経済を混同していますね。市場経済=開放経済ではないです。別に経済鎖国状態でも国内が市場経済を採用しているという場合も理論上は十分成り立ちます。

さて、教授が「「開放経済」は自給率アップの武器…」と言ったとして、この見方が正しいかどうか。一般には正しいと見てよいでしょう。開放経済を採用すると、長期的には、当該国の競争力に関係なく貿易依存度((輸出+輸入)/GDP)は高まります。例のリカルドの言うところの「比較優位」が働いて、貿易量は拡大しますから。ただ、これはマクロの見方です。産業レベルなどミクロでは「開放経済」の導入がその産業の競争力を向上させ、結果として自給率アップにつながるということはあります。このあたりをきちっと書けば、教授も文句は言えないはずです。

では頑張ってください。

Q不完全競争に関する問題

ある財の市場において、需要関数はx=100-pによって与えられ、xの生産のための費用関数はC(x)=20xによって与えられているとする。

(1)この財が独占企業によって供給される場合の独占価格および生産量を求めなさい。

(2)この財が同質的な2つの企業によって競争的に供給されている場合のクールノー均衡(数量競争が行われる場合の均衡)およびベルトラン均衡(価格競争が行われる場合の均衡)を求めなさい。

(1)は何とか、p=40、x=60と答えがでたのですが、(2)の方が分かりません。
どなたか分かる方がいれば、教えていただけると助かります。
また可能であれば(1)の答えがこれで正解かも教えていただけると助かります。
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

(1)独占企業はMR=MCで生産量を決定するので
100-2x=20 ⇒ x=40 ・・・(A)
(A)を需要関数に代入してp=60とでます。

(2)クールノー均衡
2つの企業を企業1、企業2とします。
そしてそれぞれの生産量(x)をx1、x2とし、費用(C)をC1=20x1、C2=20x2とすると
需要関数はx1+x2=100-p ⇒ p=100-x1-x2(逆需要関数)となります。
なので利潤関数はπ=100x1-x1^2-x1x2-20x1=80x1-x1^2-x1x2 (x1^2とはx1の2乗を表します)
x1で偏微分してイコール0とおくと80-2x1-x2=0 ⇒x1=-1/2x2+40・・・(B) (企業1の反応関数)

同じように企業2の反応関数を求めるとx2=-1/2x1+40・・・(C)
(B)と(C)を連立させてx1=80/3、x2=80/3となります。


ベルトラン均衡についてはそれぞれの価格をp1、p2とおいて計算します。
簡単に書きましたがわからなければまた聞いてください。

Q完全競争市場と完全雇用の違い

完全競争市場と完全雇用の違いを教えていただけませんか?
完全競争市場が達成されると完全雇用になるのでしょうか。違いが分りません。
どなたか回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

完全競争市場というのは、
モノを売っている企業がたくさん居る市場です。
例えば、洋服やレストランは、いっぱい存在しますよね?
もちろん、買う人もたくさんいます。

ただ、これだけだと「完全」とは言えなくて、
単に「競争」しているだけになります。
「完全」に「競争」するには、
例えば、
(1)売っている商品が、どの企業でも全く同じであること
(2)競争したい!と思ったら、すぐにその市場に参入できること

などのいくつかの条件をすべてクリアした場合にのみ、
「完全競争」市場と呼びます。

この「完全競争市場」とは、「達成する」という言い方はしません。
完全競争市場であるということと、
「完全雇用」になるということは、
原因→結果、
ではありません。

「完全雇用」になるためには、働きたいと思ったヒトを
全員雇えるだけの、「GDP(国民所得)」が達成されなければ
なりません。
例えば、働けば50万円ほしいヒトが100人居たとして、
この人たち100人全員雇うためには
5,000万円の所得が必要です(50万円×100人)
「働きたい」と思ったヒトを全員雇うために達成されなくては
ならないのは、「完全雇用GDP」といいます。
GDPはわかりますか?

ちなみに「完全競争市場」とはミクロ経済学のテキスト
「完全雇用」はマクロ経済学のテキストに出てきます。

こんにちは。

完全競争市場というのは、
モノを売っている企業がたくさん居る市場です。
例えば、洋服やレストランは、いっぱい存在しますよね?
もちろん、買う人もたくさんいます。

ただ、これだけだと「完全」とは言えなくて、
単に「競争」しているだけになります。
「完全」に「競争」するには、
例えば、
(1)売っている商品が、どの企業でも全く同じであること
(2)競争したい!と思ったら、すぐにその市場に参入できること

などのいくつかの条件をすべてクリアした場合にのみ、
「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報