高知・落雷失明損賠訴訟のニュースで、「最高裁が高等裁へ差し戻し」といっていましたが、よくわからないので教えてください。
1「差し戻し」とはもう一度、下級裁判所で審議(言葉遣いは正しいですか)するよう に言うことですか。
2、もしそうなら、どうして最高裁でこの件で判決を下さないで高等裁にその裁判をもどすのですか。
3ニュースに「最高裁に上告受理」ともあったのですが、これは最高裁が、原告が高等裁の判決に納得できないという不服は正当だと認めたということですか。

基礎的なことで申し訳ありませんがわかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的なことから述べますと、最高裁は「法律審」としての役割を重点的に果たすように制度設計されており、原則として事実関係の調査は下級裁判所(三審制の下では1審・2審)の役割となります。


最高裁は、法律の解釈の誤りを正したり、法律解釈を統一したりするのが本来の任務ということですね。
これを踏まえて、以下お答えです。

1.
「差戻し」判決の効果として、高等裁判所がふたたび審理し、判決することになります。
この際、高等裁判所は、最高裁の破棄理由に拘束され、本件で言えば「予見可能性があった」という前提で審判しなければなりません。

2.
上記のとおり最高裁は、法律解釈を任務としますので、原則として新たな事実の取調べはしません(その例外性ゆえに、有名な事件では、最高裁で事実関係調査のための口頭弁論の実施決定それ自体がニュースになることがあります)。
本件では、高裁までの判決はそもそも損害賠償請求権が発生しないという前提で話を進めているため、損害賠償額を決定するのに更に事実を調べなければならないはずですから、もう一度高裁で審理をやり直すのです。
なお、法律解釈の変更だけで原審とは逆の結論を導ける場合や、訴訟の場に十分な事実が上がっている場合には、原判決を破棄して逆転判決をすることができます(自判)。
本件では、結論を出すには、事実の取り調べがまだ不十分だということですね。

3.
上告受理は、上告事件が多すぎて忙しすぎる最高裁の負担を軽減するために、平成8年の法改正(平成10年から施行)で、民事訴訟について取り入れられた制度です。
それまでは、上告理由を主張する限り(結果としては「(ちゃんとした)上告理由がない」という理由で却下されることになっても)何でも上告できていたのです。
しかし、法改正後は、憲法違反の主張等の例外を除き、「法定された上告理由がちゃんとあるかどうか」を確かめるために、最高裁の審理を始める前に上告を受理するべきかどうかを吟味する手続きが挟まれることになりました。
民事訴訟については、3審制から2.5審制くらいになった、と理解して下さい。
phantomoperaさんがお聞きになったのは、「原告が上告受理の申立てをした」あるいは「最高裁が、高裁判決に対する不服申立てにちゃんとした理由があることを認めて、不服申立て(=上告)を受理することを決定した」という内容のニュースだと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

<最高裁は「法律審」としての役割を重点的に果たすように制度設計されており・・・
漠然と、最高裁は最後に判決を下す所だと思ってたのでよくわかりました。

>最高裁の審理を始める前に上告を受理するべきかどうかを吟味する手続きが挟まれることになりました。民事訴訟については・・・
ニュースでは「最高裁は北村 さんの上告を受理した」と言っていました。ではやっと上告していいよということになったわけですね。ややこしいですね。裁判のニュースは一般人にも身近なことなのにとてもわかりにくいです。詳しいご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/03/14 11:33

1 原審で再審議をするように命じることです。


基本的に最高裁→高裁 高裁→地裁で差し戻されるのがほとんどです。
2 最高裁判所は「法律解釈」と「違憲審査(大法廷での審議を義務付けている)」をするところでしかありません。ですから、法律上特に定められていない事件は差し戻すまでしかできないのです。
 法律と照らして一方を排斥すれば選択肢が1つしか残らない場合(刑事事件)や憲法に明らかに違反し早急に上告人の救済に当たると判断された場合には「最高裁判所」
が破棄自判(原判決を破棄して自ら判決する)をすることができます。
3 最高裁の負担を軽減するために上告理由は厳しい基準でできています。また、上告理由を満たした上告は最高裁が受理しなくてはなりません。

以上より、最高裁の「差し戻し判決」をうけ高松高裁は「雷等の危険が予見できた」ことを前提に再審議しなくてはならなくなりました。おそらく原告逆転勝訴となるでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>ですから、法律上特に定められていない事件は差し戻すまでしかできないのです
なるほど、そういうわけですか。納得しました。
>最高裁の「差し戻し判決」をうけ高松高裁は「雷等の危険が予見できた」ことを前提に再審議しなくてはならなくなりました。おそらく原告逆転勝訴となるでしょう。
それで原告のお母さんはあんなに喜んでおられたわけですね。
No4さんと以前のご回答者の皆様のご説明で、裁判のニュースがわかりやすくなり、また今回の高知・落雷失明損賠訴訟の内容もわかりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/03/14 13:07

1その通り、「差し戻し」とは高裁でもう一度審理し直しなさい、と事件を戻すことです。



2最高裁は基本的に「法律の解釈」に関わる場合にのみ開かれると考えられます。(または、2審までを決定的に覆す場合の上告審。)
最高裁は司法機関の最上級です。毎日何百件と審理されている判決が全て「判決の導き方がおかしくない?」と最高裁が考えた場合、いちいち最高裁で審理するのは大変です。そこで、高裁に差し戻す。つまり、「その判決での解釈や当てはめ方はちょっと違うんじゃないの?」「その事実をそのように判断するのは違うのではないですか?」と言う無言の圧力です。
それによって高裁は「あれ?違ったかな?」と更に慎重に審理し直します。
各事件は交通事故でも全く同じ状況で起きない様に、個別バラバラで、裁判官も事件ごとに個別に判断します。
「大体このように考えて下さい。」的なものにそぐわないものが差し戻されます。
実際には差し戻し審では判決が「逆転」する場合が殆どです。
それによって他の何百件の高裁の過ちを未然に抑止しようとする狙いがあります。

3上告は2の冒頭に書いたように、「法律の解釈」を明らかにする場合や、解釈を変える場合、またそれによって判決が変わる場合。
例えば「猥褻物」とは何か?何が「猥褻」で、「物」には電子的な情報(JPGなどの電磁的記録のデータ)も「物」と言えるのか?とか、殺人の「人」はどこから「人」なのか?頭が出たら?全部出たら?へその緒を切ったら?等々です。
または、1・2審の時点では無かった、判決を覆すほどの重大な事実が判明した場合も審理して貰えるはずです。
ですので、最高裁で「事実(の受け止め方)」を争うことはほぼ出来ません。それは1・2審での役割です。上告受理はその論点が法律の解釈を軸にした場合となります。

因みに最高裁で法解釈が変わるような場合は「大法廷」が開かれます。
最高裁裁判官全員集合の、いわば多数決です。
また、通常は「無罪とする。~(判決理由)」となりますが、「判決理由(主文)」が先に来た場合は「死刑判決」の場合です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

簡単な言葉でのご説明ありがとうございました。
とてもよくわかりました。裁判の記事が少し読みやすくなりました!
>因みに最高裁で・・・
もぜんぜん知りませんでしたので、とても参考になりました。

お礼日時:2006/03/14 11:19

1.そうです。


2.これは最高裁に「上告」していたからです。
 裁判所の判決に「不服(分かりやすく言って文句)がある」時、それより上級の裁判所に「裁判のやり直し」を頼むのが「控訴」、
 裁判所の判決に「法的に誤りがある(と思う)」時、それより上級の裁判所に「判決の変更」を頼むのが「上告」、
 です。
 上告の場合判決の法的妥当性のみの審議ですから、上級の裁判所から新たらな判決は出ません。
3.いや、審議自体は上告が あれば必ず行われます。
 それで正当なら「差し戻し(間違ってるから)」、不当なら「棄却(訴え破棄)」となります。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
「控訴」と「上告」があるのですね!
>上級の裁判所に「判決の変更」を頼むのが「上告
1ここでおっしゃる「判決の変更」とは、上級裁判所が下級裁判所に「判決の変更」をしなさいと言うことですか。そしてこのことを「差し戻し」というのですか。
2そうであるならば上告とは「差し戻し」してもらうよ頼むこと、 とも言い換えられますか。
お手数ですがよろしくお願いします。

補足日時:2006/03/14 10:57
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q差し戻しとは?

中古ゴルフクラブに、「差し戻し」と有りますが、具体的には何をしているクラブなのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

>差し戻ししたクラブの性能は、変わるものですか?
シャフトが変わるので当然変わります。
差し戻しの殆んどは
 クラブを買い換えたいが、シャフトは今と同じ物を使いたい。
 次回、買うクラブに抜いたシャフトを入れよう。
です。(カーボンシャフトは結構高価です)
市販品を“+-0(ゼロ)”とすると、リシャフト後のクラブが
+になるか-になるかは、使用する人によって変わります。
そう言った意味で市販品は、無難なシャフトが入っています。
市販品が入った差し戻しなら「性能は元に戻った」です。

修復履歴・・・は、似たような物ですね。自分で修理した車は、自分で所有している
間は気にならないが、車を買い換える時に気になるのと同じです。

数年後に・・・は、#1で書いた様に、シャフトに傷が入っていたら?
を考えると当然ありえる事です。 

Q裁判員制度と(落雷事故訴訟--高松高裁差し戻し審)

 はじめまして。来年から裁判員制度が始まると新聞で読み何がなんだかわからない所です。この前に新聞で載っていた「落雷事故訴訟--高松高裁差し戻し審」が、とてもわかりずらくもし裁判員になったらこういう裁判の意見も言わなくてはならないのでしょうか?裁判では本音を言いたく思ってましたが、この裁判を調べていた所、原告側のテレビでの報道、新聞記事での報道、更に支援する会、署名活動、約6億5000万円の損害賠償などで学校側の一教師に対してあまりに度をすぎた行動をされての裁判ゆえそのような行動が被害者側であっても許されるのか疑問に思いました。もし、自分がこの教師であったらたぶん生きてはいけないんではないかと思いました。裁判とはそんなに大変な事だと今回の件で分かりもし、裁判員制度で同様な事で意見を言った場合、恨みを
かってしまうので本音は言えないと思います。そのような制度は必要なのでしょうか?とても怖いです。できるならやりたくないと思いました
---------------------------------------------------
判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080929134846.pdf

いろいろな方の考え
http://seisakuhoumu.blogspot.com/2008/09/blog-post_9054.html
http://konamidayo.blog93.fc2.com/blog-entry-293.html
http://www.polymer-ringer.com/sum-2ch-a/archives/10579
http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/blog-entry-365.html
http://news.goo.ne.jp/hatake/20080918/kiji2363.html
http://pub.ne.jp/akatsuki/?entry_id=92316
http://blogs.yahoo.co.jp/ilike_happyending_2/56157002.html
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10141126881.html
http://d.hatena.ne.jp/zaw/searchdiary?word=*%5B%BA%DB%C8%BD%5D
http://dailytopics.cscblog.jp/content/0000425437.html
http://calculation.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-5d77.html
http://www.rescuenow.net/one_point/39_thunder.html
http://shosdiary.blog.so-net.ne.jp/2008-09-19
http://nagoyazin.cocolog-nifty.com/kazu/2008/09/post-46d4.html

恨みがある方
http://blog.goo.ne.jp/rakuraijiko
--------------------------------------------------
できれば、この裁判について弁護士さんや裁判官さんの意見も聞きたいです。裁判員制度の意義もできれば、よろしくお願いします。

 はじめまして。来年から裁判員制度が始まると新聞で読み何がなんだかわからない所です。この前に新聞で載っていた「落雷事故訴訟--高松高裁差し戻し審」が、とてもわかりずらくもし裁判員になったらこういう裁判の意見も言わなくてはならないのでしょうか?裁判では本音を言いたく思ってましたが、この裁判を調べていた所、原告側のテレビでの報道、新聞記事での報道、更に支援する会、署名活動、約6億5000万円の損害賠償などで学校側の一教師に対してあまりに度をすぎた行動をされての裁判ゆえそのような行動が...続きを読む

Aベストアンサー

貴方様のような問題提起をする方が出始めたことが、訴訟文化の成熟化を促す甲であると思います。
仲が良くても堂々と主張をして議論して表決をしてそれに従う。というのが民主主義です。良くても悪くてもです。
現在は参加していない事で損をする事が無い 専門家に任せる的ナ
姿勢態度が日本人の文化ですが、行政が自己責任社会などと改革されましたので、どちらも反省している暇も無く戦わなくてはいけません。それなのに戦ったことを責める風潮があることが話をおかしくします。善良な人を追い込む結果になるのに、法廷は法律の世界に逃げ込んで、究極の責任転嫁制度である裁判員制度を作りました。

また、こんなにマスコミなどを使って署名運動などを行う事で、公益性を判断する材料になり、現に判決に影響を及ぼすという現状がある限り、このようなことはなくならないでしょう。
(弁護士費用2400万ですからね弁護活動なんですよやった事は)
本質には、使用者責任としての公益性=金額の高さもあって今後何人も同じ被害者が出ないことを求める判決と言う事で、必要性も 許容性も認められたということだと思います。

逆に言えば公益性が認められなければ、とてつもない損害賠償の対象になりかねません。
現にテレビで懲戒請求を呼びかけた橋本府知事は敗訴しました。

 戦えない相手を守る法整備や主張の有無 主張や議論じゃ無くて単なる圧力としての運動、行き過ぎたバッシングや不法行為への見逃し、など、冷静に人権を掛けて主張して争える環境が無い事は 職場などの自治の関係も含めて皆無ですからこの国は。
 
 困ったもんです。

ちなみに、私見ですが、裁判員制度なんて現状は機能しませんし無駄が指摘されてかなり改定を余儀なくされると思います。
国民にコンセンサスがまったくありません。必要性も理解できません。

貴方様のような問題提起をする方が出始めたことが、訴訟文化の成熟化を促す甲であると思います。
仲が良くても堂々と主張をして議論して表決をしてそれに従う。というのが民主主義です。良くても悪くてもです。
現在は参加していない事で損をする事が無い 専門家に任せる的ナ
姿勢態度が日本人の文化ですが、行政が自己責任社会などと改革されましたので、どちらも反省している暇も無く戦わなくてはいけません。それなのに戦ったことを責める風潮があることが話をおかしくします。善良な人を追い込む結果にな...続きを読む

Q差し戻し控訴審とは・・・。

皆さん こんにちは 

先日、山口県光市での母子殺害事件で、
最高裁が広島高裁へ差し戻しを命じ、
広島高裁により死刑判決が出ましたが、
そもそも、最高裁で差し戻し控訴審を命じた時というのは、
元少年や弁護士、検事も出廷して決めたのですか?

Aベストアンサー

最高裁に上告された場合に、高裁(控訴審)の原判決を取り消すか破棄する際は、最高裁が自ら判決を出す場合と、審理をやり直させるために原審(高裁)等へ差し戻す場合とがあります。
前者が「破棄自判」で、後者が「差戻し判決」です。今回は後者に当たります。これは、判決の一種ですから、当然、当事者である被告側と検察側が出廷した上で言い渡します。

最高裁が高裁の無期懲役の判決を差戻したということは、最高裁としては死刑が望ましい旨を黙示しているわけです。

Q山口県光市の母子殺害事件で最高裁が差し戻し判決について

この事件で、最高裁にまで上告しているにもかかわらず、最高裁は、なぜ判決を高裁に差し戻したのかよくわかりません。

最高裁では判断ができないんでしょうか??

まさか、自分で判断したくない・・・って訳じゃないですよね???

高裁に差し戻して、判決に不服な場合、また最高裁に上告するんでしょうか???

疑問が膨らむばかりです。この裁判はこの先どうなるのでしょうか???

Aベストアンサー

今回のケースでは最高裁がとる手段としては、破棄差し戻しか破棄自判(最高裁が死刑を言い渡す)があります。
最高裁は、判決に憲法違反や法律解釈の誤りがあるかを中心に審理をする法律審の役割をしています。法律審である最高裁は法律審では証拠調べを行うことができないため、事実審である高裁で必要な審理を尽くす必要があるから破棄差し戻しをしたのだと思います。
今回は最高裁が死刑が妥当であるとの見解を示しているので、高裁で審理を再び行うときに、この最高裁の見解に沿った判決(死刑)が被告に言い渡される可能性が極めて高いです。

参考URLがかなり分かりやすいですよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%91%8A

Q「最高裁から高等裁へ差し戻し」とは

高知・落雷失明損賠訴訟のニュースで、「最高裁が高等裁へ差し戻し」といっていましたが、よくわからないので教えてください。
1「差し戻し」とはもう一度、下級裁判所で審議(言葉遣いは正しいですか)するよう に言うことですか。
2、もしそうなら、どうして最高裁でこの件で判決を下さないで高等裁にその裁判をもどすのですか。
3ニュースに「最高裁に上告受理」ともあったのですが、これは最高裁が、原告が高等裁の判決に納得できないという不服は正当だと認めたということですか。

基礎的なことで申し訳ありませんがわかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的なことから述べますと、最高裁は「法律審」としての役割を重点的に果たすように制度設計されており、原則として事実関係の調査は下級裁判所(三審制の下では1審・2審)の役割となります。
最高裁は、法律の解釈の誤りを正したり、法律解釈を統一したりするのが本来の任務ということですね。
これを踏まえて、以下お答えです。

1.
「差戻し」判決の効果として、高等裁判所がふたたび審理し、判決することになります。
この際、高等裁判所は、最高裁の破棄理由に拘束され、本件で言えば「予見可能性があった」という前提で審判しなければなりません。

2.
上記のとおり最高裁は、法律解釈を任務としますので、原則として新たな事実の取調べはしません(その例外性ゆえに、有名な事件では、最高裁で事実関係調査のための口頭弁論の実施決定それ自体がニュースになることがあります)。
本件では、高裁までの判決はそもそも損害賠償請求権が発生しないという前提で話を進めているため、損害賠償額を決定するのに更に事実を調べなければならないはずですから、もう一度高裁で審理をやり直すのです。
なお、法律解釈の変更だけで原審とは逆の結論を導ける場合や、訴訟の場に十分な事実が上がっている場合には、原判決を破棄して逆転判決をすることができます(自判)。
本件では、結論を出すには、事実の取り調べがまだ不十分だということですね。

3.
上告受理は、上告事件が多すぎて忙しすぎる最高裁の負担を軽減するために、平成8年の法改正(平成10年から施行)で、民事訴訟について取り入れられた制度です。
それまでは、上告理由を主張する限り(結果としては「(ちゃんとした)上告理由がない」という理由で却下されることになっても)何でも上告できていたのです。
しかし、法改正後は、憲法違反の主張等の例外を除き、「法定された上告理由がちゃんとあるかどうか」を確かめるために、最高裁の審理を始める前に上告を受理するべきかどうかを吟味する手続きが挟まれることになりました。
民事訴訟については、3審制から2.5審制くらいになった、と理解して下さい。
phantomoperaさんがお聞きになったのは、「原告が上告受理の申立てをした」あるいは「最高裁が、高裁判決に対する不服申立てにちゃんとした理由があることを認めて、不服申立て(=上告)を受理することを決定した」という内容のニュースだと思います。

基本的なことから述べますと、最高裁は「法律審」としての役割を重点的に果たすように制度設計されており、原則として事実関係の調査は下級裁判所(三審制の下では1審・2審)の役割となります。
最高裁は、法律の解釈の誤りを正したり、法律解釈を統一したりするのが本来の任務ということですね。
これを踏まえて、以下お答えです。

1.
「差戻し」判決の効果として、高等裁判所がふたたび審理し、判決することになります。
この際、高等裁判所は、最高裁の破棄理由に拘束され、本件で言えば「予見可能...続きを読む

Q取消訴訟勝訴から国賠訴訟提起までの最大期間は

表題のとおりですが
現在取消訴訟中です そこで勝訴した場合
既判力が働くので 国賠訴訟を考えています
その際
取消訴訟の勝訴から 国賠訴訟の提起まで
最大どのくらいの期間が可能でしょうか?
(空いても)
直ぐに提起は当然ありですが
1年~2年~3年
とか どんなもんでしょうか?

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

国賠請求というのは、損害賠償です。
何かの損害を受けたのですか。
そうだとすれば、その損害が発生した時点(=損害を発生させた行政の行為の時点)が消滅時効の起算点となります。

取消訴訟がいつ確定するかとは無関係です。

Qフィードバックとは???

フィードバックという言葉を
「結果を原因側に反映させて、原因側を改める」という風に理解しています。

ですが、ネットの辞書以外で調べると
http://www.interq.or.jp/ox/self/self/sai-co/cou-11.htm
と「相手の言ったことを、自分の言葉になおして相手に返す」という意味が出ています。

本当の意味をわかりやすく教えてください。
と、使い方もお願いします。

Aベストアンサー

 フィードバック(feedback)とは、もともと自動制御の分野での専門用語で、この単語自体は元々は「差し戻し」といった意味のものです。

 ただ、今日で言うフィードバックとは、お書きのように「結果を原因側に反映させて、原因側を改める」ということ、つまり、「何かを実行したその結果を自動的に元の実行段階に反映させて、結果の程度を調整すること」と言えばいいのかな。

 もっと分りやすく言えば、車の運転で、カーブに差し掛かったのでハンドルを回した、その結果、車は思ったよりも小回りをしそうになった、そこで少しハンドルを戻した、そして丁度ぴったりでカープを通過するようにした・・・・・この一連の動作での「そこで少しハンドルを戻す」、これがフィードバックです。
 こうしたたシーンでは切り過ぎたハンドルを戻したり、戻し過ぎてまた切り足したり、また少し戻したりと、フィードバックと調整(入力)を細かく繰り返して、丁度良い「曲がり方」という結果を得ているはずのものです。

 最近では、この言葉も一般社会でよく使われますが、たとえば会社で何かを企画しているシーンなどで、「素案に沿って○○してみたが、実際には思ったほどの効果がみられなかった、だから、今度は、もう少し○○を強化してみよう」などといったこともよくあるシーンです。

 フィードバック(feedback)とは、もともと自動制御の分野での専門用語で、この単語自体は元々は「差し戻し」といった意味のものです。

 ただ、今日で言うフィードバックとは、お書きのように「結果を原因側に反映させて、原因側を改める」ということ、つまり、「何かを実行したその結果を自動的に元の実行段階に反映させて、結果の程度を調整すること」と言えばいいのかな。

 もっと分りやすく言えば、車の運転で、カーブに差し掛かったのでハンドルを回した、その結果、車は思ったよりも小回りをしそう...続きを読む

Q最高裁の審理差し戻しについて

山口県光市の母子殺害事件で、最高裁は、広島高裁の無期懲役判決を破棄し、審理を高裁に差し戻したと、ニュースで知りました。
なぜ、最高裁で判決を出さずに高裁に審理を差し戻すのでしょうか。
最高裁で判決を出すのと高裁に差し戻すことの法的な違いは、何なのか教えてください。

Aベストアンサー

 最高裁に於ける審理と判決は、あくまでも憲法等に対する違法性を問うものであり、刑事事件の判決を直接下すものではない、というのが原則だそうです。
 従って、各証拠や証言内容に関する審理は高裁までである、ということから本件は差し戻しとなった様です。

Q顎の骨吸収が見られる。とは、どういう状態ですか?

中学二年の男子を持つ母です。最近息子が歯医者へ行き歯のレントゲンを撮ったのですが、下顎の骨吸収像が見られるので口腔外科で診てもらってくださいと、紹介状を渡されました。左側の奥歯の奥に、本来なら白く骨が映っているべき場所に骨が映っていません。(右側には骨が映っています)
ネット等で調べても詳しいことがわかりません。
近々口腔外科へ行く予定ですが、行くまでにどんな病気が考えられるのか、知っておきたいです。
どなたか詳しくおわかりになる方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%96%E5%9A%A2%E8%83%9E%E6%80%A7%E6%AD%AF%E5%8E%9F%E6%80%A7%E8%85%AB%E7%98%8D
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
原因となる組織がエナメル上皮腫とは異なります。

・歯牙腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E7%89%99%E8%85%AB
実際には腫瘍ではありません。内容物に歯の出来そこないのような
組織が詰まっていることが多いようです。

・侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)
http://www.ha-channel-88.com/sisyuubyou/sinnsyuuei-sisyuuenn.html
若年者に見られる急激に進行した歯槽膿漏。
難治性なので、もし該当するなら専門病院の受診を強く推奨します。
歯の動揺や歯肉出血などの自覚症状がなければ違います。



もし、エナメル上皮腫のような歯原性腫瘍なら、大きくなる前の
処置が望ましいので、担当医としっかり相談してください。

おだいじになさってください。

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%...続きを読む

Q最高裁 差し戻し

最高裁に上告して高裁で差し戻しの判決ということは、高裁としてもここは死刑にしないとダメってことですか?もう一度高裁で無期懲役だった場合、最高裁にケンカ売ってるって感じになりますよね?
もしもう一度高裁で無期懲役になって最高裁に上告して、またさらに差し戻しになって、、、、って延々に繰り返しはできるのですか?回数制限みたいのないのですかね?

Aベストアンサー

何の事件のことか書いていないので想像で答えるしかありませんが…

>最高裁に上告して高裁で差し戻しの判決ということは、
>高裁としてもここは死刑にしないとダメってことですか?

判決文見ないと確定的なことはいえませんが、通常の差し戻しの例からすれば、
「今の材料だけでは死刑を回避する理由としては不十分。もっとよく審理するように」
ということでしょう。
結果が問題なのでなく、「この結果を導くには、判断材料不足なんじゃない?」ということです。

ただ、最高裁の本音は「この内容なら死刑が適当じゃないか?」の可能性が高いですけどね。

>もう一度高裁で無期懲役だった場合、最高裁にケンカ売ってるって感じになりますよね?

結果ではなく「結果に至る理由」に問題あり、というのが最高裁の指摘のはずですから
(そうじゃなきゃ、刑事訴訟法413条但書にしたがって最高裁が自ら判決するでしょう)
再審理した量刑判断が適切なものであれば、別にケンカ売っていることにはならないでしょう。

>最高裁に上告して、またさらに差し戻しになって、、、、って延々に繰り返しはできるのですか?

法律上は可能です。
確か3回か4回くらい行き来した事件があった記憶があります。
(記憶あやふやですが。再審が絡んでいたかもしれない…)

何の事件のことか書いていないので想像で答えるしかありませんが…

>最高裁に上告して高裁で差し戻しの判決ということは、
>高裁としてもここは死刑にしないとダメってことですか?

判決文見ないと確定的なことはいえませんが、通常の差し戻しの例からすれば、
「今の材料だけでは死刑を回避する理由としては不十分。もっとよく審理するように」
ということでしょう。
結果が問題なのでなく、「この結果を導くには、判断材料不足なんじゃない?」ということです。

ただ、最高裁の本音は「この内容な...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報