「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

「先生のご意見をお聞きする」の文で
お聞きする→謙譲語ですが・・・
(1)ご意見→尊敬語?丁寧語?どちらですか。
お願いします。

あと、「絵がお好きな先生を~」の
(2)お好きな→尊敬語?丁寧語?のどちらですか。

あわせてお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

考え方だけ書きますね。

これだけでもわかると思います。

尊敬か謙譲かは、「御」(お、おん、ご)をつけた物や動作が誰のものなのか、と判断することでわかります。
その物や動作が目上の人のものであったら尊敬、自分のものであったら謙譲となりますね。

・お聞きする→ 私や私たちが動作主体なので謙譲ですね
・ご意見→ 誰の意見でしょう?
・お好きな→ 「好き」の動作の主体は誰でしょう?

丁寧語は上記で判断できないものと考えて構いません。
・今日はいい「お」天気ですね
・「お」さかなを「お」鍋にいれましょう
これらは、誰のものとも、誰が動作主体とも決められせん。

--余談
敬語には「付け足し型」と「言い替え型」があります。
「御」などの接頭語をつけるのが「付け足し型」で、
「聞く」を「うかがう」と別の言い方にするのが「言い替え型」になります。
一般的には言い替えのほうが洗練されています。しかし、「お聞きする」のように「お」を付け足しただけでも謙譲語であることには変わりありません。
    • good
    • 2

#3で「動作にかかわりなく、名詞に付くと丁寧」という説明は誤解を招いたようで失礼しました。



「動作にかかわりないかたちで名詞に付いている場合の『お』や『ご』は丁寧」という意味です。

むろん接続する品詞で尊敬や謙譲、丁寧を区別しているわけではありません。

oumasan2さんのご質問の回答は次のようになります。

(1)「先生のご意見をお聞きする」の「ご意見」は先生に対する尊敬表現、「お聞きする」は先生に対する謙譲表現です。

なお、「お聞きする」は「伺う」でも同じでどちらでも謙譲表現です。尊敬表現なら「お聞きになる」になります。

(2)「絵がお好きな先生を~」の「お好きな」は先生に対する尊敬表現です。
    • good
    • 0

airgroove2714様、補足を入れていただきありがとうございます。


大変勉強になりました。
自信がないならコメント出すな!と、思わず自分で『突っ込み』いれてしまいました。
また、質問者様には、いい加減な書き込みをしてしまい申し訳ありませんでした。
    • good
    • 1

始めまして。

NO,1さんの補足ですが確かに「お聞きする」は謙譲語ではありませんね。これでは先生の意見を聞いている人を敬ってしまいます。聞いている人は「先生」より下の立場になると考えるのが普通でしょう。「伺う」が本来でしょう。(1)はこれだけで考えるなら丁寧語でしょう。意見という名詞を丁寧に言っているのですから。しかし、この場合、意見単体を敬うわけでは無いので、「先生の意見を伺う。」で成立すると思いますが。これだけで先生の意見という語句を敬えるのですから。「先生」そのものも敬えています。(2)もこれだけ考えるなら丁寧語です。好きだという形容動詞を丁寧に言ってるわけですから。ただ、これよりも、敬う対象が明確になる「絵が好きでいらっしゃる先生を~」の方がいい気がします。「先生は絵がお好きだ。」と終止形で終わるなら成立する気はしますが。
    • good
    • 0

#2です。



#3様の「動作にかかわりなく、名詞に付くと丁寧表現」というご回答には語弊があります。

失礼ですが、尊敬語、謙譲語という概念と尊敬、謙譲の接頭語(または接尾語)という概念が厳密に区別なされていないのではないでしょうか。

それらの接頭語は明らかに名詞にもつきます。
 尊敬
   貴社、御社などの貴、御
   他に高、尊、賢など
 謙譲
   弊社、愚妻などの弊や愚
   他に小、粗、拙など

ひとえに「お写真」といっても、厳密には尊敬と丁寧(美化)とがあります。
誰が、誰の「もの」や「動作」を、誰に、
話しているかが問題なのです。

「先生のご意見をお聞きする」 の「ご意見」が尊敬なら、
「先生のご本を拝読する」 の「ご本」も尊敬です。
逆に前者が丁寧であれば後者も丁寧でしょう。

接続する品詞で区別するものではないと思います。
    • good
    • 0

「ご」や「お」が動作をあらわす語に付くと次のようになります。



a)尊敬表現…その動作をする人を敬う
例:ご連絡ください(連絡するという動作をする人を敬う)
例:お待ちになる(待つという動作をする人を敬う)

b)謙譲表現…その動作を受ける人を敬う
例:ご連絡する(連絡するという動作を受ける人を敬う)
例:お待ちする(待つという動作を受ける人を敬う)

動作にかかわりなく、名詞に付くと丁寧表現です。
例:「ご飯」「御殿」「お姿」「おトイレ」「姉御」
など。

したがって、(1)の「ご意見」は、先生が「意見する」ことに対して使われているので尊敬表現です。「ご英断」「ご宿泊」などと同類です。

(2)の「お好きな」も連体修飾の形になっているだけで(1)と同じです。先生がお好きでいらっしゃるという意味ですから尊敬表現です。「お気に入りの」「お気軽な」「ご執心の」などと同類です。
    • good
    • 0

自信はありませんが・・・


1)先生のご意見をお聞きする
この文章自体おかしいですよ。
「聞く」の謙譲語は「伺う」です(先生のご意見を伺う)
また、「ご意見」は「意見」に「ご」を付けることによって、敬意を表してるだけであって「ご意見」という敬語はありません。

2)絵がお好きな先生を~
「お好きな」・・・これも「お」敬意を表すものですが「お好き」と言う敬語はありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qご芳名・ご氏名・お名前のどれが正しい????

演奏会のスタッフをしているものです。
演奏会に来てもらったお客さんに次回の案内を送付するために、希望者に受付で記帳用紙を用意しています。
現在、「ご芳名」「ご住所」と書いているのですが、「氏名・名前・住所」ではいけないのでしょうか?
使い分けなどが全く分かりません。
記帳用紙にはどれを使えばいいのでしょか??
教えて下さい。

Aベストアンサー

本来ならば、お客様にお聞きして受付の者が記録するべきです。それをお客様に記入して頂くのですから、あらかじめ用紙に
(1)芳名※
(2)ご住所
と書いておくのが正しいですよ。

※「芳名」のみで敬語の意味を含んでいるので、「ご芳名」と書くと敬語が重複してしまいます。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q教授の研究室を訪ねたいときのメールの書き方

教授の研究室を訪ねたい場合はどのようにメールをすればよいでしょうか。
訊ねてもよいと言われている曜日に行こうと思っているのですが、一応時間帯など決めてアポをとっておきたいのです。
○時に行きたい旨を告げて、それがムリなら相手の都合に合わせて何時でも行けるので指定してほしいという内容にしたいのですが・・・。
教員の方にメールするのは初めてなもので、失礼の無い文章が書きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私だったらこう書きます。

○○科○年 ○○といいます。
○○についてお尋ねしたいことがあるのですが、
○月○日○時にお伺いしてもよろしいでしょうか。
ご都合が悪ければ、他の時間にも伺えます。
お手数ですが、ご返信宜しくお願いいたします。


教授は学生相手にそんなに立派な礼儀を
求めていないと思います。
質問者さんの敬語能力だったら
十分大丈夫ですよ。

よほど気難しい教授でない限り
簡潔で分かりやすい内容なら問題ないです。

Q「同封」って使い方合ってますか?

仕事で、荷物の中に、書類を入れて送ろうと思っています。
その旨をメールで、伝えようと文章を打っていまして、疑問に思いました。

・・・・「同封」?

さっそく、辞書で調べたら、意味は“手紙と一緒に入れる”みたいなコトが書かれていたのです。

荷物(段ポール)の中に入れるコトも、「同封」で合ってますか?

なにか、しっくりいかないのですが。
教えてください。

それと、このような場合に、意味から辞書をひけるようなサイトがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

ビジネスレターといっても基本は手紙文ですよね。
…って、勝手にビジネスだという前提で書きますが。

ですから、「お送りしました荷物には、○○と共に書類を入れていますので、ご確認ください」と書いてはいけないのでしょうか?

私は、できるだけ「同梱」とか「同封」という言い方(漢語)よりも、このように大和言葉で書くことがいいのではないか、と思っています。もっともこれは美意識というか、感じ方の問題ですが。

それこそ、しっくりしない言葉だな、とおもって、それに心を煩わせるて時間をついやすよりも、平易な言葉に心を込めるほうが、よほど相手との関係がよくなると、そう思います。


なお、サイトの件ですが、参考URLの回答の中に、類語辞典の参考URLがありますから、ご利用になれるかと思います。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=810955

Q先生に捺印をお願いしたいときにどう表現すればよいですか?

タイトルどおりなのですが、
先生や目上の方に、印鑑をもらいたいのですが、
どのように敬語を使ってe-mailを出せばよいのでしょうか。
(1)先生のご印鑑を頂きたいのですが・・・
(2)捺印をして頂きたいのですが・・・
などの表現で失礼はないですか?

Aベストアンサー

どなたも書いていないようですので。

捺印をいただきたい、というより捺印を頂戴したいというほうがより丁寧ですし目上の方にお願いするようにこちらがへりくだって聞こえます。

私でしたら、「○○のような理由で先生の捺印を頂戴いたしたくお願い申しあげます。」

と書きますね。

QEXCELのセルが動かないです

普通は、矢印キーを押すと、セルが動きますよね。

今日、仕事中
矢印キーほ押してもセルが動かなくなりました。
画面は動きますがセルがついて来ないのです。
そのPCで使う場合どのエクセルも同様の動きです。

ツールバーあたりを設定する必要がありますかね。

Aベストアンサー

そのPCのScroll Lock (Scr Lk)キーが押されていませんか?

Q「お伺いします」は正しい?

行く の 謙譲語は 伺う ですが、伺いますという謙譲語にさらに接頭語を付ける形になる「お伺いします」は二重敬語のような気がするのですがどうなんでしょうか?

同じ理由で、「お伺いいたします」は三重敬語ではないでしょうか?

Aベストアンサー

「お伺いいたします」は二重敬語です。「ます」は丁寧語で、「行く」の敬語ではありません。よって、これは数えません。「行きます」の「行き」の部分を「お伺いいたし」と敬語にしているわけです。もとの形「行きます」は別に重複表現ではありませんよね。

以下、>>~●●は、先日(二月二日)に文化審議会から答申された「敬語の指針」からの引用です(多少、改行しました。)。文化庁HPからのコピーです。全文は参考URLでご覧ください。

「敬語の指針」では、二重敬語について、次のように定義しています。

>>「二重敬語」とその適否
一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という。
例えば,「お読みになられる」は,「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で,更に尊敬語の「……れる」を加えたもので,二重敬語である。
「二重敬語」は,一般に適切ではないとされている。ただし,語によっては,習慣として定着しているものもある。
【習慣として定着している二重敬語の例】
・(尊敬語) お召し上がりになる,お見えになる
・(謙譲語I)お伺いする,お伺いいたす,お伺い申し上げる●●

要するに、普通の言い方(敬語にする前の言い方)に直した(戻した)とき、一つの語になるものは二重敬語、ということです。上の例でいえば、「読む」という一語に「お~になる」と「れる」という二つの尊敬語が用いられている(=「お読みになられる」は「聞く」一語に還元される)ので、二重敬語なのです。(「~ますです。」は、丁寧語の二重敬語ですが、さすがにこれを使う人はいない(少ない)でしょう。)
また「敬語の指針」にはそういう記述がありませんが、二重敬語とは結果として(現象として)同じ敬語の種類において現れる、ということが敬語の研究書(「敬語」菊地康人 講談社学術文庫)に書かれています。「お伺いいたし(ます)」で言えば「伺う」「お~する」という謙譲語が、「お読みになられる」であれば「お~になる」と「れる」という尊敬語が、それぞれ重複しているのです。上に「結果的(現象的)」と書きましたが、それは、一語の敬語化において現れるのが二重敬語ですから、別種の敬語がそれにおいて現れるはずがない、ということです。なお、別種の敬語の複数使用を「敬語の指針」は「敬語連結」と呼んでおり、それについては下記で少し触れます。 

さらに、「敬語の指針」では、「お伺いいたし(ます)」を二重敬語であるが、習慣として定着している=使用が許容されている例(あくまで例外的な少数の例の一つ)、として上げています。それがまあ、国の現在の見解、ということでしょう。いきなり「習慣」といわれると、理屈っぽい私は文句を言いたくなりますが、敬語が数多くの慣習や例外的使用によって成り立っていることを思えば、また、それを拒否する明確な理論を私自身持っていないことでもあり、一応、国の言うことももっともであると首肯せざるをえないかな、と思います。

なお、「ご案内させていただき(ます)」は、「案内させて」「もらう」の二語からなっており、それぞれが「案内させて→ご案内させて」「もらう→いただく」というように、謙譲語になっています。また「いたしております」は、「して」と「いる」の謙譲語化ですね。これらは二重敬語ではありません。
このような使い方を、「敬語の指針」では「敬語連結」と呼んでいます。以下をどうぞ。

>>「敬語連結」とその適否
二つ(以上)の語をそれぞれ敬語にして,接続助詞「て」でつなげたものは,上で言う「二重敬語」ではない。このようなものを,ここでは「敬語連結」と呼ぶことにする。
例えば,「お読みになっていらっしゃる」は,「読んでいる」の「読む」を「お読みになる」に,「いる」を「いらっしゃる」にしてつなげたものである。つまり,「読む」「いる」という二つの語をそれぞれ別々に敬語(この場合は尊敬語)にしてつなげたものなので,「二重敬語」には当たらず,「敬語連結」に当たる。
「敬語連結」は,多少の冗長感が生じる場合もあるが,個々の敬語の使い方が適切であり,かつ敬語同士の結び付きに意味的な不合理がない限りは,基本的に許容されるものである。
【許容される敬語連結の例】
・お読みになっていらっしゃる
(上述。「読んでいる」の「読む」「いる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたもの。)
・お読みになってくださる
(「読んでくれる」の「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたもの。)
・お読みになっていただく
(「読んでもらう」の「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語Iにしたもの。尊敬語と謙譲語Iの連結であるが,立てる対象が一致しているので,意味的に不合理はなく,許容される。●●

以上です。

「お伺いいたします」は二重敬語です。「ます」は丁寧語で、「行く」の敬語ではありません。よって、これは数えません。「行きます」の「行き」の部分を「お伺いいたし」と敬語にしているわけです。もとの形「行きます」は別に重複表現ではありませんよね。

以下、>>~●●は、先日(二月二日)に文化審議会から答申された「敬語の指針」からの引用です(多少、改行しました。)。文化庁HPからのコピーです。全文は参考URLでご覧ください。

「敬語の指針」では、二重敬語について、次のように定義して...続きを読む

Q"ご参考になされましたら幸いです。"と"ご参考になられましたら幸いです。"どちらが正しい?

敬語の質問です。
"ご参考になされましたら幸いです。"と
"ご参考になられましたら幸いです。"
どちらが正しい?もしくはどちらも間違い?

妻と論争になっています。

Aベストアンサー

こんにちは。

2つとも誤りです。

「ご参考になりましたら幸いです」(#2様のご回答)
あるいは、
「ご参考になさってください」(柔らかい命令)
が適切です。



"ご参考になされましたら幸いです。"
  ↓
文法的には合っていますが、こういう敬語表現はありません。
理屈云々ではなく、型として誤りであると考えてください。
私の個人的見解では、この表現は押し付けがましく、くどい語感があるように思います。
(ちなみに、省略されている部分を足すと、
「あなた様が○○をご参考になされましたら、私は幸いです。」
となります。つまり、文法的には合っています。)


"ご参考になられましたら幸いです。"
  ↓
これも文法的には合っていますが、敬語としては明らかに誤りです。
省略されている部分を足すと、
「○○がご参考になられましたら幸いです。」
となります。
ここで○○は、自分が提示した物・情報等です。
「○○がご参考になられる」という表現は、○○を尊敬していることになります。
それでは変ですよね?


以上、ご参考になりましたら。

こんにちは。

2つとも誤りです。

「ご参考になりましたら幸いです」(#2様のご回答)
あるいは、
「ご参考になさってください」(柔らかい命令)
が適切です。



"ご参考になされましたら幸いです。"
  ↓
文法的には合っていますが、こういう敬語表現はありません。
理屈云々ではなく、型として誤りであると考えてください。
私の個人的見解では、この表現は押し付けがましく、くどい語感があるように思います。
(ちなみに、省略されている部分を足すと、
「あなた様が○○をご参考になさ...続きを読む

Q「会えてうれしかった」の敬語表現

目上の人を紹介されたときに「会えてうれしかった」気持ちを表現したいのですが、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

敬語はお相手との距離間なので、実際に会った印象で
自然に自分の口から出てくる言葉で宜しいのですよ。

「お会いできて嬉しゅうございました」ですが

何度か口にしてみてください。
想定される目上の人との場面を思い浮かべた時に
違和感があるなら「お会いできて嬉しかったです」で十分です。

Q「ご回答頂きありがとうございます。」は変?

ここの教えてgooでご回答頂いたときに使う機会があると思いますが

「ご回答頂きありがとうございます。」と言うのは変な日本語でしょうか?

「ご回答下さりありがとうございます。」が正しいでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

変ではありません。

NHKの「ことばおじさん」こと梅津アナウンサーが、テレビで
「相手から依頼されたがごとく謝意を示すことで、謝意を強める」
というような解説をされていました。

以前、NHKの「気になることば」というサイトがあり、それに各回の放送内容のログが書かれていましたが、残念ながら今はなくなってしまいました。
上記のことも、それに書かれていたのですが。


人気Q&Aランキング