どうして多細胞細胞は単細胞から進化したのでしょうか?これには何かメリットがあったのでしょうか?もちろん生物の目的は遺伝子の保存なわけですが原核生物のような単細胞でもきちんと繁栄してますよね。多細胞生物になって複雑なネットワークを作り上げるといいことあるのですか?単にこれは進化のランダムな方向の一つであるに過ぎないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おおよそ思いつくことを・・・



メリット
○保険
単細胞の場合、その細胞の死は文字通り個体の死を意味します。多細胞の場合、修復可能、置き換え可能な細胞であれば個体の死を意味しません。また次のメリットにも関わるのですが、一番重要な部分を守る構造を作れます。
○特殊な細分化
単細胞の場合、役割はひとつです。たしかにその役割は幅広いのかもしれませんが、少なくとも本人は生き残らなければならないため、動物の皮膚細胞に見られるような『盾』の役割に徹することはかないません。多細胞であれば目的に応じた細胞組織を作る/獲得することで多様な環境に適応できます。原始スープから陸上に上がり適応していく上で有利であったとはこの理由だと思います。
○個性の出現
遺伝子の多様性は担う情報の量に比例するといえます。
多細胞であればそれぞれの器官・組織に応じて遺伝子の多様性がうまれ、それによって環境の変化などで種を残すのに有利であったろうと考えられます。
デメリット
○統制の難しさ
統御する情報が多ければそれだけエラーも多くなります。そのエラーを見つけてつぶすための機構もあわせて必要となります。
○再生の難しさ
一部の種では再生能力が発揮されていますが、前記制御のためと組織の複雑さから、多くは再生能力が犠牲にされています。また単為生殖なども難しくなっています。
    • good
    • 0

限られた地球の資源(太陽エネルギーを含め)を有効に活用するためには、多様な生物がいた方がいい、ということでしょうか。


どっちがメリット、といえば、単細胞のほうがメリットが多いかもしれません。しかし、たとえば、地表の上空何メートルまで使おうとすれば、木のような大型生物が効率的だし、それを食用とする動物なども。それによって、微生物も助かっていることになります。

(ウィルスは代謝をしていないから、「生物」ではないですね。)
    • good
    • 1

おもしろそうな御質問ですので僕にも一口かませて下さいね。


僕はeelsさんの様に生物分野に特別造詣が深く無いのでいつも自分で考えている単純な内容になってしまいますのでお許し下さい。
では私見を一つ。
全ては環境の変化に対して細胞一つ一つがどうすれば適応して生き残る事ができるか?という問いに対して出した結論の違いだと思います。
一つの道としてウイルスのようにより単純な構造となってどんな環境になっても生き延びられるようにと考えた細胞もいるでしょう。これは今でも適応力が凄いですよねー。
また自分の中に小器官をたくさん作って何でも屋の様になれば生き残れると考えた細胞もいると思います。でもこれは何でも自分でやるから大変だし効率があんまり良く無さそうな感じですね。
またみんなで助け合っていけば生き残れると考えた細胞もいると思うのです。これが多細胞生物でしょう。自分の得意な分野だけ生かしてみんなで細胞どうし助け合う・・・。一番楽だし効率よさそうだと思いませんか?
弱い物が助け合って厳しい環境に適応していく・・・。まさに人間という動物が繁栄した理由そのものと言った感じですね。
と言う訳で多細胞生物のメリットは弱い細胞どうしの助け合いによる生き残り戦術では無いかと思います。
やっぱり自然は楽して生きられる方向に流れるように出来ているんじゃーないでしょうか?
    • good
    • 0

私たちの祖先の細胞は、約40億年前に地球上で生命が誕生して以来、酸素が少ない環境でわずかなエネルギーを生産してひっそり暮らしていました。

しかし、約15億年前に酸素を使ってエネルギーを生産できるバクテリアを自らの細胞の中に取り込んだ結果、莫大なエネルギーを手にすることができたのです。このエネルギーを利用して我々は、遺伝情報の蓄積と複雑化、単細胞から多細胞への進化、そして高度な中枢神経系の発達を導きました。しかし、それと引き換えに細胞は常に酸化ストレスにさらされるというリスクを背負ったのです。多細胞であることの利点は、単細胞生物において、細胞内で行われている様々な化学反応が、多細胞生物においては分業可能になったということです。細胞内の反応を分担、特化することによって、より効率よくエネルギーを生み出せたり、反応がスムーズになったりします。また、多細胞であることで、より複雑な生命形態を構成することができるようになり、結果としてそれは、現在の生命の多様性へとつながっているのです。

この回答への補足

返答ありがとうございます。
しかし酸化的リン酸化のない生物も環境に適応して立派に生きてるし単純な構造のウィルス(生命体とは言いがたいが・・)もヒトを脅かす存在です。 
多細胞化することは種を保存することに有益なものだから進化したのでしょうか?
でも染色体が直鎖状分子になって、テロメアなんかはリスクとしてかんがえられますもんねえ。
メリットとデメリットのバランスなのかな。
もしかしたらこれは多様化する生命のある一つの結果であって理由なんてものはないのかも・・・。

補足日時:2002/01/23 11:28
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメリットのシャンプー

こんにちは♪
早速本題に入らせていただきます。
私は市販のシャンプーが好きで、家に7種類ほどボトルキープしています。
その中にメリットがあるのですが、昔「メリットはすごい体に悪い」と言われていたようですね。
私自身、普通に洗ってもさらさらになりますし、香りもいいな~と思っているので別に使わないわけではないんですけど、今のメリットってもう昔のような悪いイメージのシャンプーではないですよね?
シャンプーもノンシリコンになっているので、私は使っているのですが・・・。
皆さんの意見がききたいです!どうぞ回答お願いします!!

Aベストアンサー

子供が居るのでメリット使用してます。

私も市販されてるシャンプーはだいたい使ってみましたが

今のメリットは泡立ちが抜群に良く、髪がサラサラになるので、気に入って使っています。

私が子供の頃、メリットのCMは「フケにはメリット」と言った感じで、独特の香りもあり、メリット使っているイコールフケがある人みたいに言われていました

今はかなり改良されて私もお気に入りです

Q原核生物から真核生物への進化

すいません質問させてもらいます。
原核生物から真核生物への進化の過程を「別系統の細胞の共生」の観点から説明をお願いします。

Aベストアンサー

質問文の意味がいまいちよく分りませんが、何か入試問題か何かの問題文でしょうか。そうであれば細胞内共生説の概要を求められているのだと思います。

原核生物(原核細胞)に、
好気性細菌が侵入・共生⇒ミトコンドリアになる
ラン藻類が侵入・共生⇒色素体(葉緑体)になる
という過程で、真核生物(真核細胞)が誕生した…という話です。

そういう仮説が考えられた根拠として
・ミトコンドリアや葉緑体は独自のDNAを持ち、蛋白合成を行える
・ミトコンドリアや葉緑体は二重膜構造を持つオルガネラである
といった事実が知られています。

あとは「共生説」で検索すれば色々関連サイトが出てくるかと思います。

Qノンシリコン

最近よくノンシリコンと聞くのですが、やはりシャンプーはノンシリコンの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

シャンプーにシリコン・オイルが配合されていると、髪をすすいでも毛髪にシリコンの薄い被膜が残って、ツヤが出たり、乾燥を防いだり、ブラシ通りがよくなったり、髪が落ち着いたりします。しかし、髪質によっては、ベタつきを感じたり、髪型がペタッとなってしまったりすることがあります。特に細くてコシのない髪の方は避けたほうがいいでしょう。
シリコン自体は安全なオイルなので、心配することはありません。髪質に合ったものを選べばいいでしょう。

Q多細胞生物の中で最も細胞が多い生物とは?

多細胞生物の中で最も細胞が多い生物とは何なのでしょうか?

高校の宿題で調べることになったのですが
インターネットで検索しても答えが見つからなくて。
よければ、ほんの少しの情報でもいいので
あれば教えてください!!

Aベストアンサー

厳しいことを言います。

質問者様は調べる気があるのですか?
インターネットで検索したとありますが、どのサイトを使ってどのように調べたのでしょうか?
この程度の情報を調べるのくらい、googleさんで「最も大きい生物」
といれれば簡単にでてくる問題です。わざわざここで質問する問題でもないように思います。また、「調べる」という行為は数をこなさなければうまくなりません。
インターネットはせっかく膨大な情報がほぼ自由に得られるのに、質問者様のレベルでは宝の持ち腐れです。

私が回答させていただいた答えは候補の1つであり、高校の先生が考えてらっしゃる答えとは違うかもしれません。数ある情報から本物を見つける力もつけれるようにがんばってください。

もう1つの候補として「竹」があります。

Qノンシリコンのリンスを使った後。。と、髪の毛が絡まる。

いろいろ調べて、ノンシリコンのシャンプー・リンスを探して
使ってみたのですが、とにかくリンスの後髪の毛を梳くのがとても
大変です。
ノンシリコンのシャンプーはいいとして、リンスもノンシリコンの方が
本当にいいのですか?
それと、私は特に髪の毛が絡まりやすく、髪の毛の襟足の部分が
すぐくちゃくちゃに団子みたいに絡まるんです。
痛みがひどいので静電気だと思うのですが。。
どうしたら絡まらないようになりますか?
同じ経験の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

シリコンは
髪の毛の周りをコーティングしてくれる役目をしています
毛の周りに油で膜を作る。。。ような感じです
それで 艶がでたり。。手触りがよくなったりします
また シャンプーに入っているのは 
髪を洗っている時に摩擦で髪を傷めないようにというような意味で入っています

美容師にも色んな意見があるのですが
私的には 使い方次第だと思います

絡んでいるのは
そのシリコンの特性がなくなったからだと思います

Q【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」 質問: 進化のデメリ

【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」


質問:

進化のデメリットの例を挙げてください。

Aベストアンサー

人間の「スギ花粉症」なんか、その典型でしょう。

Qロクシタンシャンプーはノンシリコンですか?

ロクシタンシャンプーはどのシリーズもノンシリコンでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

全部ではないようですね
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1073098805

http://sekiraraalice.jugem.jp/?eid=108

http://lifeyurari.exblog.jp/16481130

Q細胞壁は原核細胞に存在する?(センター生物Iの質問です)

旧課程履修者です。

生物IBで「細胞壁は植物細胞のみに存在する」と習い、今日まで来ました。

代ゼミライブラリー「センター・マーク標準問題集 生物I」 大堀求/著 という問題集で、

「細胞壁は、植物細胞と原核細胞に存在する」

と解説しています。初耳です。

しかし、参考書で文英堂「理解しやすい生物I・II【新課程版】」 水野丈夫・浅島誠/編著 では、「原核細胞は細胞膜を外側の構造として持ち...」と書いてあり、イラストもありますが細胞膜が外側の構造となっていて、細胞壁は描かれていません。

また、学研 「きめる!センター生物IB」(田部眞哉/著)は、旧課程ですが「細胞・組織」のところは一緒ですので参照したところ、文英堂「理解しやすい生物I・II【新課程版】」と同様に、「細胞壁は植物細胞にのみ存在する」とし、原核細胞は「細胞膜」を持っていると書かれています。

大堀氏の解説が間違っているのでしょうか?堂々と赤字で強調しています。新課程版の参考書と齟齬があるので困っています。

Aベストアンサー

原核生物も細胞壁を持ちます。アオカビから発見されたペニシリンという抗生物質はご存じですよね。これは細胞壁を作らせないことで細菌の繁殖を防ぎます。ヒトの細胞には細胞壁はありませんから,選択的に効果が出るわけです。この様な話は,授業で出ませんでしたか?

○下記URLはベニシリンのお話です。
http://www.keddy.ne.jp/~scitech/medicine/medicine/how_to_work.htm

参考URL:http://www.keddy.ne.jp/~scitech/medicine/medicine/how_to_work.htm

Qノンシリコン

ノンシリコンシャンプーを使い始めたら、何種類か変えても、髪はきしんでパサついてゴワゴワになりました。本当にノンシリコンの方が髪によいのでしょうか?

Aベストアンサー

そうとは限りません
またシリコン使うことが悪いことでもないです
悪いのはシリコンを使わないとバサバサになってしまう質の悪いシャンプーです
ラウレス硫酸やラウリル硫酸、アルキルエーテル系どっぷりの強脱脂シャンプーだと頭皮の脂を不必要なまでに脱脂して、髪にもダメージを与えてしまうので手触りを良く誤魔化すためにシリコンが使われる場合がありますがこれは良くないです
頭なんて実際は毎日洗わなくてもいいんです(ただ洗わないと気持ち悪いんで洗いますがw)
それくらいのことなのでシャンプーはシリコンの有無を気にするよりも主剤(アニオン界面活性剤)の質、また自分にあってるかどうかを気にする方が良いでしょう

Q原核生物の細胞呼吸について

原核生物の細胞呼吸の過程について
こんにちは

・原核生物において1分子のグルコースC6H12O6が細胞呼吸で代謝される3つの過程で生成する、二酸化炭素、水、ATPの理論的な純生産量を分子数で表したとき、A~Eを埋めよ。

という問題で、写真のような表を完成させるのですが

解糖系・C6H12O6→2C3H4O3+4H+2ATP

クエン酸回路・2C3H4O3+6H2O→6CO2+20H+2ATP

電子伝達系・6O2+24H→12H2O+34ATP

ですよね。

よってA=0、B=2、C=6、D=12、E=34

となるはずなのですが、表のH2O分子数があわないため不思議に思いました。

なぜ解糖系で2分子の水が生成され、クエン酸回路では6分子ではなく2分子しか水分子を使わないのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えぇと, 少なくとも Wikipedia によれば, 解糖系では 2分子の水ができるしクエン酸回路でも 2分子しか水を使わないんだけど....


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング