2年前から、福岡に住んでいます。
 方言をとても新鮮に受け止めて、楽しんでいますが、とても気になる言い回しがあります。
 一見、敬語のようなのですが、東京では聞いたことのない言い回しです。例えば、
  
 ガソリンスタンドなどで雑巾を渡されて、
   「これで、中を拭かれてください。」
 
 何かの手続きなどで、
   「こちらを、読まれて、この用紙に書かれてくださ   い。」

 掲示板など、見るように促す時など、
   「見られてください。」
                    等々

 すごく違和感が、ありました。
これも、この地域でしか使われていない言葉だとしたら、立派な方言ですよね。
 学校の先生も使っているので、子供が敬語だと理解したら、嫌だな・・と思っています。
 最近では、なれてしまって、エレベーターで、中に乗っている人に、「先に行かれてください。」と自然に口から出て、すっかり馴染んでいる自分に驚いています。

 これって、方言ですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

こんにちは。

関西在住です。
間違ってますよね。ほんと、せなかがぞわっとします。
だんだん若い方を中心に定着してるようですが。
これも言葉の変化なのでしょうかね。そのうち辞書にものるのでしょうか。

私はこのような言葉は使いませんが、(きもちわるい!)
言うならこのように言うでしょうね。
「中をお拭きください」または「お拭きになりますか」
「お書きください」
「ご覧下さい」
「お先にどうぞ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 言葉は進化しますからね。怖いです。
 最近は、慣れてしまっている自分が怖いです。
 子供が風邪で休む と、学校に連絡を入れると、先生から「お大事にされてください。」と言われます。
 すごく丁寧に言ってくれている と感じますが、やっぱり、引っかかります。
 違和感を覚えるのが、私だけでなくて良かった。
 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 22:53

方言というより、言葉遣いが普通の日本語(NHK語)と少し違うのではないかと思います。

。。


1)ガソリンスタンドなどで雑巾を渡されて、
   「これで、中を拭かれてください。」・・・【これで、中をお拭きください。】
 
2)何かの手続きなどで、
   「こちらを、読まれて、この用紙に書かれてくださ   い。」 ・・・【こちらを読まれて、この用紙にお書きください】

3)掲示板など、見るように促す時など、
   「見られてください。」 ・・・【ご覧下さい】


・・・3)は、敬語の使い方自体、間違っているように思えます?。。。「見られる、、、」を使う事自体ですが!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 私も、そう思います。
 とっても、違和感を覚えます。
 最初に聞いたときは、驚きました。でも、みんな普通に使っているんです。年齢は関係ありません。
 丁寧に言おうとして、こうなってしまったのでしょうか?
 よくわかりません。
 回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 22:44

関西在住のものです


その言い方使いますよ♪だから方言ではないですよ。
関西弁と九州弁は違いますからね~

たぶん最近ありがちな、間違った敬語の使い方シリーズでしょう
私も違和感は覚えますが、他に良い言い方がないので使っています。
sawaswadaさんはこんなときどう言います?

結論として、方言ではないです!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えっ?
 関西でも使うんですか?
 ほかの地域でも使うんなら、方言とは呼べないですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q方言の語尾の違いと敬語表現

相手に対して、目上の方に同意する場合、
標準語では、「そうですね」と言いますが、
同年代では「そうだね」等と言います。

こちらでは(秋田県南部)、目上は「んだんしな」、
同年代は「んだな」と、それぞれ言います。

また、山形市の方では「んだずー」などと言い
「んだ」(そうだの意味)の後に続く語尾が変化しています。

全国で様々な、変化があると思いますが、他にはどんな
言い方がありますか?

また、なにが原因で変化が生じたと思われますか?

個人的には、環境の違い(気候や地形、日射量など)から
一番合理的な、言い方になっているのではないかと
感じているのですが、何か調査研究などご存知ある方
ございましたら、ご教授おねがいいたします。

Aベストアンサー

鹿児島です。(若い世代はあまり使いませんが)
そうですねのことを「じゃっど」と言います。
もっと省略して「じゃっ」と言う人もいます。

目上の人には使うかは定かではありません。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「~するも」などの言い回し

年配の人の文章によくでてくる『~を訪問するも不在』や『~を説明するも納得せず』というような言い回しは正しい日本語なんでしょうか?また、語源は『~ものの』なんでしょうか?

Aベストアンサー

昔から使われている表現ですので,正しいかといわれれば,正しいと答えてよいと思います。
ただ,いささか古風な感じはありますね。
お示しの「~を説明するも納得せず」のように,「○○すべし」「○○ならん」などが出てくるような,文語体,またはそれに近い文体には良く似合いますが,「~を説明するも納得しなかった」となるとちょっとアンバランスです。
逆接の意味の接続助詞ということができるでしょう。「ものの」の他に「~とも」「~(し)ても」などと言い換えられる場合もあります。
例:「本日に至るも返事無し」「遅くも○○日までにご返答あられたし」

語源はきちんと調べないと分かりませんが,「ものの」の省略形ではなさそうな気がします。
どちらかというと,「~とも」と関係が深そうです。(「板垣死すとも自由は死せず」の「とも」です)
おそらく,「かばかりになりては,飛び降るるとも降りなむ」(=ここまで降りてきたのだから,飛び降りたって飛び降りられるだろう。徒然草より)のように,もともとは逆接の仮定条件の意味で使われていたのが,次第に仮定の意味が失われていったのかなあ,と思っています。
(今の例でどこが逆接かというと,高いところから飛び降りたら,こけたりケガをしたりする,という話が前提としてあるわけです。そこで,飛び降りるとしたらそういう結果を招くと予想するかもしれないが,そうではなくって…という逆接になるんですね)
もっと語源をさかのぼれば,接続助詞「とも」自体が「と」+「も」に分解されそうですが,ご質問の「も」の用法の話からずれてきましたので,このへんにしましょう。

昔から使われている表現ですので,正しいかといわれれば,正しいと答えてよいと思います。
ただ,いささか古風な感じはありますね。
お示しの「~を説明するも納得せず」のように,「○○すべし」「○○ならん」などが出てくるような,文語体,またはそれに近い文体には良く似合いますが,「~を説明するも納得しなかった」となるとちょっとアンバランスです。
逆接の意味の接続助詞ということができるでしょう。「ものの」の他に「~とも」「~(し)ても」などと言い換えられる場合もあります。
例:「本日に至...続きを読む

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q敬語について。 今月点検作業において設備の漏水が確認され… 上記の「され」は敬語になるのでしょうか

敬語について。

今月点検作業において設備の漏水が確認され…
上記の「され」は敬語になるのでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

敬語にはならない。
基本的には、「(ら)れる」は主語に敬意を表す。
「社長が漏水を確認された。」
これなら、社長に敬意を表している。

「設備の漏水が確認された」
漏水に敬意を表しているとは考えにくいから、ここでは受動の意味。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q『とてもじゃないけど、○○できない。』の『とても』って??

「とてもじゃないけど、○○できない。」
「とてもじゃないけど、△△じゃない。」
という風によく言いますが、この時の「とても」ってどういう「とても」なんだうう??
何が「とても」?「とでも」って何にかかるの??と急に疑問というか、自分が意味を理解できていないまま使っていたことに気づきました。
気になってしまって...解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下は大野晋先生の意見です。

まず、程度がひどいことを表すものに、「~なんてもんじゃない」という表現があります。例えば、とても痛みが激しい時に、「痛いなんてもんじゃない」「痛いどころじゃない」というような場合です。つまり、「痛い」という言葉では表せない、それぐらいひどい激しさであるという意味で、言葉の表現能力を否定することで、それ以上の激しさである、というニュアンスを込めているわけです。

次に、「とても」について。これはもともと「とてもかくても」の省略形で、否定語をあとに伴って、「どのようにしても(できない、だめだ)」という意味の言葉です。

大野説では、「とてもじゃないが」というのは、上のふたつの言葉をあわせた「とてもかくてもなんてもんじゃない」という表現がもとにあって、それが省略されて「とてもじゃない」という言い方に定着したのだろうとされます。
つまり、「とてもかくても、なんていう言葉では言い表せないくらいの事なのだが」というのがその意味だということになります。もちろん、程度の激しいことを表現する言葉ということです。

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q「一見さんお断わり」について書かれている本・論文を探しています。

「一見さんお断わり」について書かれている本・論文を探しています。

こんにちは、大学で社会学を勉強している学生です。

このたびゼミ論で、京都の老舗などに見られる「一見さんお断り」の制度について
調べたいと思ったのですが、なかなか参考文献が見つかりません。

なぜ「一見さんお断り」をするのか、また、ネットなどで見られる
「一見さんお断り」の風潮などについて書かれている
本や論文、WEBページなどがありましたら教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

根本的にはこういうことです
http://www.gnavi.co.jp/kanetanaka/sinbasi/ichigen.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報