あるカタログに花の写真を載せたいとします。
その花を撮ったカメラマンに この写真を買い取り、
著作は当社にあるといいたいのですが、
このような場合の契約書の雛形とかはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>kawarivさん


回答者間での議論の場ではないので、べつに切り返す必要は感じないですが・・・(^^;
「回答に対する自信:なし」ですし。

No.1の回答で主に言いたいのは、3行目です。
著作財産権については例えばGoogleなどで検索してみて下さい。一般に使われている言葉です。定義は、著作権のうち譲渡・放棄できない著作人格権を除く部分のことであり、はっきりしていると思います。
    • good
    • 0

著作権の譲渡契約になりますね。


市販の契約書式集に参考になるようなものがあると思いますので、「著作権譲渡契約」を探してみてください。
自治体の業務委託などでも同様の事例がありますし、このような書式へのニーズは高いはずです。
Webでも見てみましたが、さすがにあまり書式はないようでした。

留意点としては、単に「著作権の譲渡」と言っただけでは、「翻訳権、翻案権」及び「二次的著作物の利用に関する権利」については譲渡できないので、これらの権利も含めて譲渡を受けることを明示しておく必要があることです。
また、著作者人格権については、どのような契約によっても、譲渡することができません。そのかわり、実務では、「乙の利用について、甲は著作者人格権を行使しない」(文言は適当です)という旨の条項を入れることもあるようです。
    • good
    • 0

 それでは、平成4年(ワ)1958号の判決文が参考になるかと思います。



裁判所の判断:
 原告は、仮に●●(注・プロカメラマンの名前。一応伏せておきました)に何らかの創作行為が認められるとしても、●●は個々の写真の創作に関して原告の指揮監督を受けている以上、原告の義務に従事する者が職務上作成したものと認められると主張するが、プロのカメラマンとして本件写真を撮影した●●が原告主張のように原告に対して従属的地位にあったと認めるに足りる証拠はないから、右主張も採用できない。

 言い換えれば、「従属的地位にあるというはっきりした証拠があるならばともかく、そのような証拠がなければ、外部の者が著作者である場合は、法人が著作権者となることはできない」ということです。

 それに、外部の者と後々もめるよりは、契約書を交わしておくのが無難です。
    • good
    • 0

No.1で「会社の業務として依頼すれば自然と会社の著作物になると思います。

」と書いたのは、まさにkawarivさんのおっしゃる第十五条を念頭において書いたのですが、この条文は、法人と雇用契約がないと、ダメなのか、業務委託のような契約ではダメなのか、分からないので「自信なし」としたのですけどね。業務委託契約でも、指揮命令系統はあり得ると思いますし。
    • good
    • 0

>文章を何か書いてもらうか、署名してもえらえば、


>全ての権利を、当社が取得できるのでしょうか?

 カメラマンが貴社の従業員であれば、よほどのことがない限り特別な手続は必要ありません。が、第15条第1項をよくお読みになり、「よほどのこと」に該当する事項がないかをご確認下さい。

第15条第1項:
「法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を除く。)で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。」

 カメラマンが貴社の従業員でない場合、「著作権を譲渡する」という旨の一文が入った契約書を交わす必要があります。が、その雛形は、力になれなくて申し訳ありませんが、私は存じません。大きな書店の法律コーナーで探せば、「契約書面の作成マニュアル」というようなタイトルの本があるかもしれませんが・・・。
 カメラマンに支払うお金の話もそのときに書面で約束することになるかと思いますが、著作権に関してはどの程度が相場なのか、情報を持ち合わせておりません。重ね重ね申し訳ございません。

 これがわからないので回答しなかったのですが、最初のご回答の1行目に誤解を与えかねない表現がございましたので、とりあえずそこをキチンとさせておかねば、としゃしゃり出てきた次第です。

 それと、#2の「「著作財産権」というのが何を意味しているのか分かりませんが、」という一文は、「著作財産権」という言葉が存在しないような誤解をkurokurosi さんにも kazu-kun さんにも与えたようで申し訳ありませんでした。
 「著作権・著作財産権という同じ意味の言葉を同時に出すのがちょっと疑問なのですが? 著作財産権が著作人格権の書き間違いであれば、著作人格権は譲渡できません。」と書くべきでした。スミマセン。
    • good
    • 0

 私も議論する気はないですが、契約書面に関することで kurokurosi さんが誤った認識を持つといけませんので。

。。

 著作権法第17条:「著作者は、次条第1項、第19条第1項及び第20条第1項に規定する権利(以下「著作者人格権」という。)並びに第21条から第28条までに規定する権利(以下「著作権」という。)を享有する。」

 多分、HPには、
    「著作権」=「著作者の権利」
         =「著作財産権」+「著作人格権」+「請求権」
などと記載されているのでしょうが、著作権法でいう著作権とは、第17条で定義されている通り、著作財産権のことです。
 つまり、厳密には、
 「著作者の権利」=「著作権(著作財産権)」+「著作人格権」+「請求権」
なのです。

 要するに、「全ての著作権・著作財産権は当社に帰属するものとする」というのは重複であり、契約書面でそんなダブリがあると、「じゃあ、ここでいう著作権って何?」ということになります。

 このとき、譲受人が「この著作権というのは、著作人格権も含めた広い意味だよ」というと、著作権法第59条に反することから、「公序良俗に反する契約である」として、無効にされる可能性が極めて高くなります(根拠は民法)。

 なので、普通は、契約書に「問題となってしまうような事項」は書き込みません。

 では、どのような形式がよいのか、というのは、私は著作権の譲渡契約書面を見たことがないので申し訳ありませんが回答できません。

 もう1つ。
 著作権の譲渡は当事者間の契約だけで有効ですが、譲受人が第三者に権利を主張するためには、文化庁への登録が要件となります(第77条)。

それにしても・・・。
 法律に関することなのに、条文も調べずに回答しているのですか?

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
お聞きしたいのは
文章を何か書いてもらうか、署名してもえらえば、
全ての権利を、当社が取得できるのでしょうか?
ただ、それがしたいだけなのですが、

あとで、この写真が有名になり価値が上がったときに私が撮ったので、報酬とは別にお金を払ってくれと言われないような書式です。

補足日時:2002/01/28 10:12
    • good
    • 0

 すみません、kurokurosi さんに誤解があってはいけませんので、下の回答をちょっと修正します。



 あ、でも、「日本は判例主義だし、判例がないので、そんなことは裁判にならないと分かりません」と切り返されるのかな!?
                         ↓
 あ、でも、「日本は判例主義だし、判例がないので、そんなことは裁判にならないと分かりません」と他の回答者に切り返されるのかな!?

 2箇所とも同じです。申し訳ありません。
    • good
    • 0

>会社の業務として依頼すれば自然と会社の著作物になると思います。



 自然にはなりません。
 これに関係するのは、著作権法第15条ですが、指揮命令関係のない部外者にはこの規定は及びません。あ、でも、「日本は判例主義だし、判例がないので、そんなことは裁判にならないと分かりません」と切り返されるのかな!?

 契約書の具体的内容に関しては、貴社の顧問弁護士に考えてもらうのが一番宜しいかと思います。こういう契約内容は、通常、秘密裏ですので公表された雛形はないと思います。

 あと、「著作財産権」というのが何を意味しているのか分かりませんが、「著作人格権」のことなら譲渡はできません(第59条)。あ、でも、こうして条文に明記されていることでも、「日本は判例主義だし、判例がないので、そんなことは裁判にならないと分かりません」と切り返されるのかな!?
    • good
    • 0

会社の業務として依頼すれば自然と会社の著作物になると思います。


「写真(作品)」を依頼するのではなく、「写真撮影業務」を依頼するということです。
「全ての著作権・著作財産権は当社に帰属するものとする」との一文を入れておけば問題ないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q写真館で撮った写真の著作権について

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1435316

写真館で子供の写真を撮ったが、ネガがほしいと言ったら「所有権はうちにある」と断られた、という質問を読みました。
その質問に対する答えで、撮影してもらった客が持てるのは「写真を受け取る権利」のみで、ネガの所有権や著作権は写真館にあるという文章がありました。
ネガの所有権は、焼き増しの際に自分の店を利用してほしいでしょうからまあ仕方ないと思いますが、著作権が写真館にあるとするなら、自分の写真を勝手にショーウィンドウーに掲示されても文句言えないということなのでしょうか。
写真館を利用する時点で、いわば「さらしもの」になることにも同意しているという解釈になりますか? 個人情報の開示に当たらないのかなあと疑問です。掲示される人の承諾が必要とされているのでしょうか。

できれば(写真館の好意や商売上の損得ぬきで)法的な説明をいただけると有り難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作権はなくても、写真に写っている人には「肖像権」がある!……と言いたい所です。

しかし、実はまだこの「肖像権」というものは、日本ではまだきちんとした法律的な裏づけがなく、裁判所の判断に任されているようです。

詳しいことは、文化庁の「著作権なるほど質問箱」のトピックスの「肖像権の保護」(ページの半ば辺りにあります)をご覧ください。

↓文化庁の「著作権なるほど質問箱」

参考URL:http://www.bunka.go.jp/c-edu/tpx.asp

QAと私が遊んでいてAが私をスマホで写真を撮りました。その時、私は写真を撮ってもいいけど公開しないでと

Aと私が遊んでいてAが私をスマホで写真を撮りました。その時、私は写真を撮ってもいいけど公開しないでと言いました。
しかし、Aは私の知らない所で画像をBに渡してました。Bは、その画像を公開しました。

これは、法律的にどうなりますか?

Aベストアンサー

あなたには、肖像権があります。

写真の内容(あなたがハッキリ映っているかどうか)によりますが、その写真をネットにアップしたBは、肖像権を侵害しています。

また、『写真を撮ってもいいけど公開しないで』と言われた画像をBに渡したAは、状況によっては、肖像権の侵害の共犯~幇助を問われるかもしれません。

【肖像権|人物の撮影→公表は肖像権侵害になる|差止・損害賠償請求】
http://www.mc-law.jp/kigyohomu/4984/

「肖像権 - 知的財産権」
http://www.iprchitekizaisan.com/sonota/syozoken.html

Q書籍の人物写真をHPに載せるにあたっての著作権?

地域文化に関する書籍に掲載されている人物写真(既に逝去されている方)の写真を自分のホームページ載せても著作権侵害にあたらないでしょうか?写真の人物は過去の人物なので当人には著作権の問題は発生する余地もないのですが、ここで気になる問題は、
(1)特定者が著者として成立している書籍に載せている写真。
(2)その著者がその人物の親族などから借りて、また許可を得て掲載している可能性がある場合。
(3)掲載した場合、その著者、またはその写真の持ち主に対して、法的に侵害をあたえないか?
(4)書籍の掲載や引用自体が著作権を侵害しないか?
なお、当方のホームページへの掲載は写真の人物を中傷するようなものではなく、この地域にこのような人物が存在していたことを紹介しようとするものです。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「地域文化に関する書籍に掲載されている人物写真」の著作権については,その写真の撮影者の著作権と,その書籍の著作権がかかわります.これは,撮影された人物がすでに逝去されていることとは無関係です.
肖像権に関しては,その逝去されている人物がある程度の知名度を持つような場合に,パブリシティ権が認められる場合があり,逝去後もその権利を遺族や何らかの管理組織が保有していることもあり得ます.
たとえば,その人物の肖像を商標化して,商品に表示したり宣伝・広告などに利用することもあります.

引用というのは,著作権法32条1項に,著作権の制限(例外扱い)の一つとして規定があります.引用には,一般に認められた著作物の使用条件が定義されており,それらを守れば可能ですが,現実には「引用」ではなく単なる「複製」に過ぎないことが多いようです.その場合,複製権の侵害や,公衆送信権・公衆伝達権の侵害の可能性があります.

まずお勧めは,その書籍の出版社から,著者を紹介してもらうか,著作権者を見つけ出し,許諾を得ることです.それで許可があれば簡単なことです.

Q写真をレジュメに載せたいのですが、著作権に違反しますか?

就職活動先の会社の面接官に、自分の考えた企画のレジュメを提出するんですが、
その中に、ある商品の名前がいくつか出てきます。
名前だけでは非常にわかりにくいので、その商品の販売元のHPから画像を取ってきてレジュメに貼り付けて紹介する。
っていうのは著作権違反…でしょうか。

Aベストアンサー

>「引用」って、もしかしたら文のみが対象なのかなと思っていました。

引用は「すべての著作物」について使えますので、もちろん写真などの画像もOKですよ。

引用する時は、「改変しないこと」が求められるので、その点だけは注意してくださいね。

↓著作物にはどんな種類がある?
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html
 ※社団法人 著作権情報センターより

↓引用に際し、著作者人格権に関して注意することはありますか。
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000306
 ※文化庁 著作権Q&Aより

↓著作権者の了解を得ずに著作物が利用できる場合にはどのような例がありますか。
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000563
 ※文化庁 著作権Q&Aより


また、No2さんのおっしゃるように、質問者さんが利用しようとしている商品の写真自体が著作物として認められない場合もあります。その場合には、著作権だ何だと考えずに自由に利用することができます。

もともと実用デザインなどは著作物として認められないことが多く、それらをただの商品として撮影した写真も、著作物として認められない傾向があるからです。

↓自動車メーカーが売り出しているファミリーカーのデザインは著作物ですか。
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000060

↓アクセサリーのデザインは著作物ですか。
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000004


ただし、商品の写真とのことなので、その商品の登録商標がとられているを可能性があります。

最もその場合でも、登録商標の妨害とみなされるのは、類似の商品などを販売orサービスする時なので、企画書のレジュメで該当の商品を紹介するために使用する分には何も問題はないと思われます。

>「引用」って、もしかしたら文のみが対象なのかなと思っていました。

引用は「すべての著作物」について使えますので、もちろん写真などの画像もOKですよ。

引用する時は、「改変しないこと」が求められるので、その点だけは注意してくださいね。

↓著作物にはどんな種類がある?
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html
 ※社団法人 著作権情報センターより

↓引用に際し、著作者人格権に関して注意することはありますか。
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000306
 ※...続きを読む

Q街で撮った看板の写真をHPに掲載すると著作権違反か

■どなたかお教えいただけると喜びます。
■Q1:街角で撮った写真にはしばしば看板やポスターが写っています。そうした写真をHPに掲載すると、ポスターや看板(やその中の写真)の制作者の著作権を犯すことになるのでしょうか。
■Q2:また、街角の看板に興味を惹かれて、とくにその看板の写真を撮影して、「面白くて素敵な看板があったよ」などとHPに掲載することは、著作権違反なのでしょうか。
ご助言お願いいたします。

Aベストアンサー

Q1
スナップショット程度であれば問題ないと思われます。明らかにポスターの複製に当たるような場合(実質的にポスターしか写っていないような場合)は別として、街頭の風景を撮影した中にたまたまポスターが入っている程度であれば、特段の問題はないものと思います。

Q2
著作権法32条に定める引用に該当する可能性はありますが、引用というためには原則として「何も手を加えずに」行うことが必要です。翻訳して引用することは法43条2号において、要約して引用することは裁判例において、それぞれ認められていますが、これを超えて手を加えること(翻案)は認められていません。
また、著作権とは別に、著作者人格権という権利があり、その中に作品の同一性を保持する権利があります(法20条)。
したがって、これらに該当するような場合は、掲載が認められない部分が出てきます。

なお、肖像権に関してはおよそ問題ないものと思われます。肖像権というのは、人が自らの肖像をみだりに公開されない権利ですから、ポスターに写っている人物(モデル)は、すでに自らの肖像画公開されることに同意しています。

また、パブリシティ権といって、著名人が自らの氏名肖像のもつ経済的価値をコントロールする権利もありますが、経済的な価値に関係しないような利用方法であれば、これも問題になりません。

Q1
スナップショット程度であれば問題ないと思われます。明らかにポスターの複製に当たるような場合(実質的にポスターしか写っていないような場合)は別として、街頭の風景を撮影した中にたまたまポスターが入っている程度であれば、特段の問題はないものと思います。

Q2
著作権法32条に定める引用に該当する可能性はありますが、引用というためには原則として「何も手を加えずに」行うことが必要です。翻訳して引用することは法43条2号において、要約して引用することは裁判例において、それぞれ認められて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報