自分の感覚と、他人の感覚は、一致しないと思うのですが、それはどうやって説明するのでしょうか?それは、「内的な経験」っていうものにも関係があるのですか?実は、「内的な経験」もよく分からないです。未熟者ですみません。哲学には、詳しくないので、何か具体的な例をあげて教えていただけると嬉しいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

前回自分の考えを述べたつもりなので、hamachihamaguriさんの私の考えを教えてくれという要望にそってるか今一つ自信がないですが、一応補足してみます。



前回述べた通り私は、自分の感覚と他人の感覚が一致するかしないかと判断する時に他人が感じている感覚そのものを知る必要があるならば、一致するとか一致しないとかという判断をすることはできないと思っています。
しかし、他人の感覚を知るという事が、他人の感覚そのものを知る事ではないという事ならば話は別だと思います。常識的には「このコーヒー甘いね」「富士山は綺麗だ」「太陽が沈んでいく」等の発言を他人がした時、他人の感覚を知ったといえますよね。それは、それぞれの発言に応じた感覚を他人がもっていることを基本的には疑わないからこそ可能なことだと思います。この見解にたてば、自分と他人の感覚を容易に比較することできますし、自分の感覚と他人の感覚は一致しない(ことがある)という結論は妥当だと考えます。
私だってそういう常識を持っているので、自分の感覚と他人の感覚は一致しない(ことがある)と思っています。ただ、デカルトがやったようにあえてその常識を疑うことはできます。それはこんな具合です。ある人が「このコーヒー甘いね」と言っているが、本当は苦いと感じているかもしれない、その人が嘘をいっていないという保証はどこにもないように思える。そもそも、すべての発言に嘘の可能性はあるのだから、他人の発言を聞いたからといって他人の感覚を知ったことにはならないのではないか、と。
このように、他人の感覚を知る証拠(発言や振る舞い等)が信頼できないかもしれないと疑いはじめると、他人の感覚を確実に知る事が不可能なことのように思えてきます。それを避けるためには間接的に知るのではなく、直接他人の感覚そのものを知れば良いように思えますが、それは不可能に見え、その結果たどりついたのは前回のような結論です。

上でだらだら述べていたことで結局何が言いたかったかというと、他人の感覚を知るということをどういうふうに考えるかによって答えが変わる可能性があるということです。それをどう考えるかというだけで論争になって当然のテーマだと思いますが、今回それが主要な疑問になっていないので、便宜的に他人の感覚を知るという事に懐疑的な立場で意見を述べてみました。

これで私の考えを言った事になればいいのですが...

ところで、hamachihamaguriさんは大学の講義かなんかで哲学に触れたんでしょうか?
余談ですが私は人生の4分の1年程前に、大学で哲学専攻している、という域には達していない程度の学生でした。そういう人間のボンクラ哲学観ですから聞き流してもらって結構ですが、哲学好きな人が増えると嬉しいのでちょっと語っちゃいます。通常人の意見を尊重するというのは非常に大切な事だと思いますが、こと哲学に関してはそれよりもむしろ、相手の意見の弱いところを常に探すツッコミマシーンになるくらいの姿勢がちょうど良いと思います。相手が教授だろうがなんだろうがボケてんなと思ったら「ナニイッテンダカワカンネーヨ」「ンナ、ワケネーダロ」とツッコミをいれてあげれば、きっと顔を真っ赤にして喜んでもらえると思います(「サイキンノガクセイハオトナシクテツマンナイ」なんてのたまってる人多いから、悪意のない批判って結構受けがいいものです)。経験不足のうちはいくらツッコミいれても軽く返り討ちでしょうが、実力アップの最高の近道じゃないかと思いますし、やってて面白かったです(少なくとも私は)。ここで疑問をぶつけるのも悪くないとは思いますけど、やっぱり直に議論するのは面白いですよ、仲よくなるし。
とりあえず手始めに推定哲学六級のこの私をツッコミ倒して、是非六級の取得を狙って頂ければ幸いです。絶妙のツッコミをいれてもらえれば、私もボケ甲斐があるというものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのお返事、恐縮です。私は、哲学には、大学で初めて触れました。しかも、福祉の専門学校に通いながら、通信教育の大学課程を卒業しようというタイプです。だから、いつもは、専門学校に通っていて、そこで、講義(?)を受けるので、ディスカッションというものがなく、先生が、一方通行的にしゃべっているだけなので、倫理を習っていない私には、異次元の世界のようです。でも、クラスには、日常生活の会話からして、哲学っぽいことを話す男子が1人いて、対話すると、ちんぷんかんぷんです。彼は、実力的なツッコミをいれるので、先生は、いつも、たじろいでいます。私も、まだ、哲学の時間があるので、微妙なツッコミを入れられるように頑張ります。また、このサイトに寄ったときは、よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 21:20

たびたびすみません。



自分と同じような考えのヒトがいないかなぁ と思って、いろいろ検索しました。

人によって色が違って見えるかも知れない。
http://www.geocities.com/law_shoumona/060.htm
人種によって色が多少でも違って見えるとすればちょっと驚きです。

物体に「本当の色」はないのでは。
http://homepage1.nifty.com/katte-genki/iro6.html
この方は色覚異常がある方のようで、そのため一層説得力があります。

やっぱり昔、こんなことを考えた哲学者がいた。
http://www.linkclub.or.jp/~y-kodama/html%83t%83@ …
ウィトゲンシュタインという超有名な哲学者だそうです。

やはり同じことを考えるヒトはいるものですね。
ウィトゲンシュタインは、ひょっとすると、hamachihamaguriさんの最初の質問
「自分の感覚と他人の感覚は一致しない」ということをいろいろ考えた人かもしれませんね。
私は哲学には本当に詳しくないので、恥ずかしながら初めて聞いた名前でしたが、哲学の先生は当然ご存じだと思います。彼の哲学を踏まえて質問したのかも。
いろいろ検索して調べて、先生に質問すると、良いツッコミになるのでは。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホームページまでかきこんでいただけるとは・・・。ウィトゲンシュタインさんとは、初めて知りましたが、私の最初の質問をいろいろ考えた人かもしれないということで、覗いてみます。たびたびありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 20:07

どうも。

管理者からはお叱りを受けそうですが、
現在のこの掲示板は自分にとってたいへんためになっているので
しつこくてすみませんが再度投稿します。

周波数の問題ではなくて、色のイメージの問題です。

>ただどんな赤かというふうに感覚の深い部分に入るとひとそれぞれでしょう

まさにその通りで、「赤いもの」を見て、「赤いね」「そうだね赤いね」と
一致しても、本当は「どんな赤か」というのはひとそれぞれでしょう。

ですから、極端な話、「自分にとっての赤い物」を、
他の人がどんな色に見ているかは分からないのです。
「深い赤」なのか「青っぽい赤」なのか、それとも実は「緑」なのか・・・

たとえ彼が、その色を私にとっての「緑」に見ていても、それは分かりません。
彼はその波長の光をきちんと区別できます。いわゆる「緑」と混同しません(彼は「緑」もまた別な色に見えているのです)。
そして彼は、その色を「赤」というように教わってきましたから、その色を
「赤」といいます。
「赤いね」「そうだね赤いね」両者の発言は絶望的に一致します。

繰り返しになりますが、この世の中の物体の色に、「本当の色」はありません。
私達はある波長の色を「赤」、別な波長の色をそれぞれ「緑」とか「黄」「青」
というふうに見なしています。

が、「赤い」物体は、別な生物から見たら「別な色」かも知れないのです。

繰り返しになりますが、紫外線しか出さない黒い物体の色は「本当は何色」ですか。
われわれ人間にとって黒でも、ある種の昆虫にとっては「きちんとした別な色」です。
物体に本当の色は無いのです。
わたしたちは、それを、その光の波長の違いを、
自分たちの目と脳で色のイメージとして区別しているのです。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「赤いね」「ようだね赤いね」両者の発言は、絶望的に一致します―――感覚は違っても、ちゃんと解釈できる。ってことですよね。多分。自分たちの目と脳で、色をイメージとして区別しているということは、精神と、脳のつながりもあるってことですかねぇ・・・。

お礼日時:2002/01/30 20:15

赤と緑について その2



●赤を緑と感じているかもしれない。
 ということは赤の周波数が脳のなかで緑にシフトしていると考えられます。
 わかりやすく周波数の低い「音」を例として考えてみましょう。

 Cの音(440hz)を聞いて脳のなかで441hzにトランスポーズ
 しているとします。そこで倍音のC880hzを聞くと
 脳の中では881hzにトランスポーズすることになります。
 440と880は心地よい和声ですが 441と881は不協和音になります。
 みんな心地よく聞いているということは
 脳の中ではトランスポーズされていないということです。

●このように 知覚情報が脳のなかで何らかの手がくわえられれば
 それによる感覚のちがいも発生するわけです。

 この設問は脳神経の研究者かバーチャルリアリティの研究者が
 詳しいと思います。
 哲学することの意味もあるとは思いますが・・・。
    • good
    • 0

赤と緑について



●感覚の集合の中の知覚としての赤と緑を考えてみましょう。

 もし赤の波長を知覚できなければその人にとっては赤は黒です。
 明度しか知覚できない人にとってはグレーです。
 赤を緑と呼ぶのはその人の自由ですが
 赤という波長は赤固有のものであって事実です。
 したがって赤という知覚の感覚は赤の波長を認識できる人々の間では一致します。

 ただどんな赤かというふうに感覚の深い部分に入るとひとそれぞれでしょう。

 三角形も三つの頂点を線分で結んだ図形とするなら感覚は一致します。
 目のレンズにゆがみがない限りにおいて・・・。

 このように脳への入力情報という観点でみれば一致する感覚はあるものです。
 もちろん一致しない感覚も多くあります。
 個別に考察してみるのもおもしろいかもしれませんね。
    • good
    • 0

どうも。

「赤」と「緑」(別に他の色でも構いませんが)についての私見を。

赤い三角形があったときに、
物が三角形に見えることと、物が赤く見えることは少し次元の違う話です。
三角形は、だいたいそんな形をしたものでしょう。
でも、「赤」はその物体の「本当の色」ではありません。
確かに我々の目(と脳)は、物体から出るさまざまな光の波長の違いを
色(色相)として区別しています。

でも、どうでしょうか。
それは我々がその波長の光を区別するのに、勝手に「色」というラベルを
貼り付けているということではありませんか。

白黒の世界しか見えないある種の動物に、
「本当の色」が見えなくてダメだなあ、と言えますか。

人間の「赤」を別な色に見ている生物がいたら、その生物に
「本当はこの色だぜ」という自信がありますか。

ある種の昆虫には、紫外線が見えます。
その昆虫が、赤でも、橙でも、黄でも、緑でも、青でも、藍でも、紫でも、
あるいはそれらの中間色でもない、
「人間には思いもつかないまったく違った色」に紫外線を感じているとすれば、
その色を体験したいなあとは思いませんか。

紫外線しか出さない物体があれば、その物体は我々にとっては「黒」ですが、
その昆虫にとってみれば「きちんとしたある色」です。
その物体の「本当の色」とは何ですか。

種としての違いがあるとすれば、
同じ種に属する個体間にも多少の(場合によっては大きな)違いがないと
言い切れますか。

では。
    • good
    • 0

●感覚が合う人もいれば合わないひともいますよね。

なぜでしょう?

 感覚とは脳の処理であることに着目しましょう。
 情報が入ってくる既存の情報と比較してその入力を位置づけしている。
 例:夕陽→比較→音楽が連想された
 この比較の部分の比較する順番がミソではないでしょうか?
 それ以外になにか思い当たりますか?

 つまり比較する優先順位が似ている人とは感覚が合うということかな。
 無意識で比較は行われてますからしかも超高速ですよね。
 でも比較なしで甘いも辛いも感覚できないですよね。
 最低でもあるなしの二段階比較はありますから。
 このレベルなら感覚は一致するでしょう。あたりまえですよね。
 あるなしの感覚は一致しますよね。
 複雑な感覚はやっぱり比較の順位のちがいですね。たぶん。

 尚赤が緑に見えるという感覚の違いはありません。
 色は波長であるので 波長が脳のなかで変わるということはないからです。
 もし変わるのなら病気です。医学で証明可能な範囲です。
 (色盲は認識できるスペクトルが狭い病気です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あるなしの比較で考えると、理解しやすかったです。最低レベルで、お話していただけるなんて思ってもいませんでした。ちなみに、赤が緑に見えるという感覚の違いはあるのだと思っていました。医学で証明されるなら、確実ですね。間違った解釈をするところでした。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 21:28

坊主にくけりゃ袈裟まで憎い。


袈裟に責任はないけど、坊主に恨みがある人にとっては不快、良い経験のある人にとっては懐かしかったりありがたかったりします。

音楽が流れていて、うるさいと思うときと、リズムに乗りたいときがある。この感覚は人により、また、そのときの状態によって違う。
その曲によって、特に印象的な経験のある人には違った価値を加えて聞いている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいです。「内的な経験」についても分かりました。こんなすぐの回答、ありがとうございます。普通に考えればよいのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 18:02

哲学はよくわかりません。



高校の時、絵の授業で、みんなで同じモチーフで絵を描いていたら、
美術の先生が、「よく、見てごらん。白いポットの影の部分、
青っぽい色が隠れているように思わないか?」
そー言われると、影の部分が青いような・・緑のような気がしてきました。

レモンも単なる黄色ではなく、影の部分も、黒ではなく・・・。

そうこうするうちに、出来上がった絵は、みんなオリジナリティな色に富んでいて、同じモチーフの絵を描いても、色を感じる感覚の表現が、こーも違うものなのか・・と感心したことがあるのを思いだしました。

いろんな色をつかって、ポットを描いているんだけど、でも、
それは白いポットなんだろーな・・ってわかるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「白いポットなんだろーな・・・」って、思いますよねぇ。自分は、描いたものが「白い」と思っているのは確かだけど、みんなの、オリジナリティーにあふれる「白い」も、白なんですよね・・・。やっぱり、感覚は違うってことですよね。不得手な哲学なのでしょうけど、答えていただいてありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 18:08

単なる一般人ですが、思い付きを書きます。



「内的な経験」という言葉は何かの本で使われた用語でしょうか?
たぶん「太陽が沈んでいる」と発言した時に、その発言を引きだしたような体験そのものの
ことだと理解しますが、hamachihamaguriさんが言う自分の感覚と他人の感覚が一致しないと
いう時の「感覚」という言葉で表しているものと同じ意味でしょうか?
もし、同じ意味でつかっているならば自分の感覚と他人の感覚が一致しないと説明するのは
不可能だと思います。
自分の感覚と他人の感覚が一致しないと言うには、自分の感覚と他人の感覚を比べる必要が
あります。しかし常識的にいって自分が他人の感覚を体験することはできないのですから、
そもそも一致しているとか一致していないとか比較ができません。
他人の振る舞いや発言から、自分の感覚と他人の感覚が一致してないのではないかという推測
はできるでしょうが、それはあくまで推測であって、自分の感覚と他人の感覚が一致しない
という結論を導き出すことはできないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてみて、初めて気が付きました。「自分の感覚と他人の感覚が一致しないという結論を導き出すことはできない」ということを。そうですよねぇ。比較ができませんものね。答えは、いろいろある。ってことですかね・・・。もしよかったら、FFMANさんの考えを教えてください。

お礼日時:2002/01/28 18:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄のくじら、ヤマトミュージアム

3月の1日(土曜日)~3日(月曜日)まで広島に遊びに行きます

鉄のくじら、ヤマトミュージアムに行きたいのですが
日曜日にしようか? 月曜日に回そうかで迷っています。

混雑しているのでしょうか? 

滞在時間もまだ決めていませんが4時間ぐらいあれば十分でしょうか?
皆様の感覚、経験で結構ですので教えてください。 

Aベストアンサー

一時期の様に極端な混雑は無いと思いますが、ゆっくり見るのであれば月曜日が良いと思います。
 ヤマトミュージアム 2時間
 てつのくしら館   1時間  で十分だと思います

Q哲学に経験は無意味か?専門用語が不可欠か?哲学という学問の根本意義とは?

きょう削除されてしまった某氏の質問に絡んで、いろんな観点から問題が紛糾しました。回答者側とすれば最終的な決着をみてから削除してもらいたかったと管理者側の無粋を咎めたくもあります。
ところで質問者とのやり取り、また他の回答者の意見をみて改めて哲学とは何ぞや?という原点に思い至らざるを得ない感がありました。
私は、この分野の専門知識には、まことに疎いのですが、哲学というのは世間でよく言われるところの屁理屈をこね回す学問なのでしょうか。

Aベストアンサー

元哲学専攻の大学院生です。(専攻は近現代ドイツ思想付近)
「某氏の質問」とやらを拝見していないので、見当違いでしたら申し訳ありません。

私は、哲学とは「誰もが当たり前だと思っていることをもう一度考え直してみる学問」だと思っています。
たとえば「世界は本当に存在しているのか?」とか、「人を殺すのは悪いことなのか?」とか。

普通の人は「そんなの存在してるに決まってるじゃん」「殺しちゃ悪いに決まってるじゃん」と、特に根拠があるわけでもないのに思いこんでいますよね。そこをあえてもう一回、本当に正しいのかどうか論理的に証明してみよう、という試みです。

確かにこの証明のプロセスを「屁理屈をこねまわす」と言い表すことも出来ますが、屁理屈をこねまわす理由は決して自己顕示欲ではなく、純粋な知的好奇心です。

証明に成功したら、「やっぱり正しかった」と安心してこれから生活できます。万が一「正しくない」という証明になってしまったら、我々は手遅れになる前に根本的な物の考え方を改めなければいけません。どちらにせよ、無意味ではないと思います。

*

ところで上記の通り、哲学とは常識を疑う学問であり、それは根拠のない常識の上に安住している一般市民を不安がらせ、敵に回す行為にも繋がります。

時に哲学者が攻撃的な人物に見えて、普通の人から煙たがられることもあるのは、その学問の性質上、仕方ないのかもしれませんね。

元哲学専攻の大学院生です。(専攻は近現代ドイツ思想付近)
「某氏の質問」とやらを拝見していないので、見当違いでしたら申し訳ありません。

私は、哲学とは「誰もが当たり前だと思っていることをもう一度考え直してみる学問」だと思っています。
たとえば「世界は本当に存在しているのか?」とか、「人を殺すのは悪いことなのか?」とか。

普通の人は「そんなの存在してるに決まってるじゃん」「殺しちゃ悪いに決まってるじゃん」と、特に根拠があるわけでもないのに思いこんでいますよね。そこをあえて...続きを読む

Qナイトミュージアム2のDVDは?

これは、一応何処のHPでも良いんですが
ネットで『ナイトミュージアム2』のDVDを買う場合
何処で、どれを買えば良いんでしょうか?

一応、DMMでも見たんですが
『ナイト ミュージアム2 <特別編>』
『ナイト ミュージアム2 ブルーレイ&DVDセット』
等が書いてあり

どれが、どうなのかが分かりません

Aベストアンサー

<特別編>・・・これが何なのか判り難いですよね。

DMM.comや、TSUTAYAオンライン、amazonn.co.jpにて、確認・比較してみました。

【ナイト ミュージアム2 (特別編)】
 ↓↓↓
 DVDディスク1枚=DVDプレーヤー専用

【ナイト ミュージアム2 blu-ray&DVDセット】
 ↓↓↓
 blu-rayディスク1枚=blu-rayプレーヤー専用
 DVDディスク1枚=DVDプレーヤー専用
※つまり違うタイプのディスクが1枚ずつのお得セット品
※初回生産限定品・・・在庫が売切れれば終わり

【ナイト ミュージアム2 blu-ray】
 ↓↓↓
 blu-rayディスク1枚=blu-rayプレーヤー専用

質問者さんのお宅のプレーヤーが、
「DVDプレーヤー」か「blu-rayプレーヤー」かで、
いずれかを選択します。
※DVDプレーヤーではblu-rayディスクは再生できません。

ちなみに。
DVD版:DMM2952円、TSUTAYA3192円、Amazon2775円
セット:DMM3692円、TSUTAYA3991円、Amazon3517円
blu-ray版:TSUTAYA3991円
※配送料無料(現時点で)

<特別編>・・・これが何なのか判り難いですよね。

DMM.comや、TSUTAYAオンライン、amazonn.co.jpにて、確認・比較してみました。

【ナイト ミュージアム2 (特別編)】
 ↓↓↓
 DVDディスク1枚=DVDプレーヤー専用

【ナイト ミュージアム2 blu-ray&DVDセット】
 ↓↓↓
 blu-rayディスク1枚=blu-rayプレーヤー専用
 DVDディスク1枚=DVDプレーヤー専用
※つまり違うタイプのディスクが1枚ずつのお得セット品
※初回生産限定品・・・在庫が売切れれば終わり

【ナイト ミュージアム2 blu-ray...続きを読む

Q他者(意識)の存在が分からんは哲学の未熟?

唯心論とか天上天下唯我独尊とか言いますが

お釈迦様は偉かったと思いますが

感覚的には他者がいて他者にも意識があって 世界中に意識ある人間が数十億いる

と言うのが十分想像出来 その人間たちが平和に未来に向かって存続進化(文化文明も)

していくのが人間の望むところだと思うのですが

哲学はそのような常識に追いついていないと思いませんか?

幾ら哲学的に真実・真理の追求だと言っても 現実と合わなければ機能しない

「哲学は難しくて、何を言っているのか分からない」と言われる所以です

唯物論がいいのだとは言いませんが 現実を捉えきれない哲学は何とかしなければ

「私以外の人は一人も生きてないのでは?」と言うような疑問が出てくるのは困ると思いませんか?

Aベストアンサー

 ★ お釈迦様は偉かったと思いますが
 ☆ をみとめない人間ですが。


 ★ 幾ら哲学的に真実・真理の追求だと言っても 現実と合わなければ機能しない
 ☆ 《現実と合わない》なら その合わなさを説明するのが 哲学です。

 人間の意志行為には 次のような二つの種類があり 第二の種類にはその派生形態が起きています。

 1.有効な意志行為
  
    抽象的ですが 自分を活かし他人(ひと)をもその意志を
   重んじることで活かされてあることをねがうかたちで互いの
   マジワリを持つという基本にもとづくもの

 2.無効な意志行為
    自分のおよび相手の意志またけっきょくその存在をないがしろ
   にするもの

    存在をないがしろにするだけではなく そのことをするという
   オドシによって ことを運ぼうとする行為

 3.無効な意志行為が社会力学じょう有力となってはびこっているもの
    無理が通れば道理が引っ込むと言うごとく・また悪貨は良貨を
   駆逐すると言うように 無効であるにもかかわらず生命ないし社会
   的生命を人質に取って その無効行為を有力としてしまったもの



 ☆ 要するに 意志を重んじない行為 意志を 自分のでも相手のでも ないがしろにする意志行為は 意志〔の自由〕の自殺として 無効です。

 無効の行為は その行為がおこなわれる前の状態つまり原状を回復させることが 至上命令です。ですが モノやおカネでつぐなえる場合を除けば 二度と戻り得ない場合もあります。

 拉致という無効の行為は 拉致する寸前の原状に復帰させるのが 絶対の要件ですが 過ぎていった時間は戻せません。

 無効の行為が 社会的に有力となって はびこることがありえます。有効な意志行為が 非力であり無力であるというのも 現実です。




 ★ 「私以外の人は一人も生きてないのでは?」と言うような疑問が出てくるのは困ると思いませんか?
 ☆ 話し合いをすれば 済みます。

 話し合っても なおそのまま同じことを言いつづけているなら 放っておくしかありません。だいじょうぶです。それでも その独我論者も 社会的に生活しています。

 《生きていない人といっしょに社会生活をいとなんでいる》と思っているのなら そう思わせておくしかありません。要は 生活共同が出来ているかどうかです。出来ていれば 互いに人間として生きているわけです。

 そのことの証明をいちいちわざわざ哲学はおこないません。わたしがわたしであり わたしがわたししているとき それ以上の存在の意義をさがしたり 存在の証明をしようとしたりしません。しようとしても 自由ですが。

 哲学が《常識に追いついていない》のではなく 要らぬ哲学を持って理論づけもしくは理屈づけをしようとする《常識》派が出て来ただけです。

 《自分以外は生きていない》ではないかと ほかの人びとに――その人びとはたぶん生きているであろうと思ったからこそ――たずねています。そこまでして 《常識》の確認をしたいのでしょう。

 ★ お釈迦様は偉かったと思いますが
 ☆ をみとめない人間ですが。


 ★ 幾ら哲学的に真実・真理の追求だと言っても 現実と合わなければ機能しない
 ☆ 《現実と合わない》なら その合わなさを説明するのが 哲学です。

 人間の意志行為には 次のような二つの種類があり 第二の種類にはその派生形態が起きています。

 1.有効な意志行為
  
    抽象的ですが 自分を活かし他人(ひと)をもその意志を
   重んじることで活かされてあることをねがうかたちで互いの
   マジワリを持つと...続きを読む

Qたこ焼きミュージアムについて

宜しくお願いします。
来月、大阪観光に行くのですが観光場所の1つにたこやきミュージアムに行こうと思っています。
1つ教えていただきたいのですがたこ焼きミュージアム内に何店舗かお店がありますが本店と味は変わらないのでしょうか?
やはり、本店で食べた方が美味しいのでしょうか?
たこ焼きミュージアム内と本店、それぞれ食べた事がある方がおりましたら情報宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>本店で食べた方が美味しいのでしょうか?

全部が全部食べ比べたわけではないのですが、
基本的にはそん色ないと考えてもいい程度には
レベルは高いです。

こういうのは、やはり自分の舌で
確かめてみないと。

Q『言行一致の勇気ある実践哲学者が、なぜ現代情報化社会に生まれてこないの

『言行一致の勇気ある実践哲学者が、なぜ現代情報化社会に生まれてこないのか?』

 ネット苦手人間なので リニューアル後のタイトル文(上記のような)を書く場所が解かりません^^。

あとで重複箇所が出来てしまう場合は 取り消せるなら上記の部分を消すことにしてともかく書いてみますね。

私はアカデミックな哲学の世界にたいへん無知な人間なのですが 現在 アカデミックな哲学の世界に失望しています。

なぜ、 諸学問を統合して、 人間に役立つ論理の構築をしてくれないのでしょう。

同じ生涯の意識内の世界であるならば、すべて学問はすべて有機的なカタチで結びついているはずです。 それをより生き生きと 私たち人間の生涯に役立つように総合的に考察して そこに その礎(いしずえ)となるような精神的バックボーンを与えてくれ、そこに、現代の問題がいかに大きく複雑でも それを解決する糸口や見通しをつけるべく、すくなくとも その実践のための土台を提供し、 そこにコミュニティなり 社会なり 政治なりに実践をともにしてくれる哲学が、    なぜ、 いままでの哲学を多く総合的に学んでこられた方の中から出てこないのだろうか?

それが、アカデミックな過去の哲学への 私の疑問です。

現代は情報化時代であり、 昔より多くの人間の問題を よりリアルに認識し、考え抜き、迷い、解決の糸口を求めつづける端緒が私たちの生涯の意識の中には、 そこから目をそらさない人であるかぎり、 育ち膨らんでくるということもあるかとは思います。(昔の哲学よりも、現代から生まれつつある哲学を重視しようという考えです)

が、そのための、学問の総合化への意思を、 哲学の質疑に、今のところは見出せないでいます。

建築の図面を描けば、それは建築物を作るときに役立ちます。 その建築が どのように私たちの生涯と関っているのか、より大きく関れるのかを分析すること(哲学すること、総合的に現代の諸学問、科学を活用して考えること)は、さらに役立ちます。  それだけよりよい図面を描けるようになるからです。   が 同時に そこに人間に役立つ諸学問、諸学問の成果とは関係ない、 無数の線を引いてその意味?を問い続けることもおそらく論理的には可能でしょう。  でも 哲学ってそれでいいのですか?

 痛みや、幸せへの希求の世界が私たちの意識の内奥にこんなにも 痛々しく、せつせつとして流れているのが現代文明社会なのに、  なぜ、経済を 苦しみをできるだけ少なくしてさらに発展させる産業や商品アイデアの基盤を総合的に誰も哲学者は考えてくれないのでしょう?

なぜ、医療がこんなにも矛盾の内に存在を余儀なくされて医療自体すらも苦しんでいる時に哲学は何も答えられないのでしょう?

いくらでも 切々とした問題は山済みですが、本来総合的な力を持った思索の世界が 言行一致した実践ととにもあるというのならば、哲学は、この現代にこそ必要な学問(思索)だと思うのですが、

それとも、 例えば事実とか現象とか言う言葉で それを語るのに難しく考えようとすることにこだわっているのが現代哲学者ということであるというのならば、 もはや、わたしは哲学者たちには期待しないで済むのですが(かなり皮肉となってしまいましたが)

みなさんは、 このへんをどうお考えですか?

実践派なので^^、 ゆったりとしていられず、 『すぐに回答を!』を選ばせていただきます。

宜しくお願いいたします。

『言行一致の勇気ある実践哲学者が、なぜ現代情報化社会に生まれてこないのか?』

 ネット苦手人間なので リニューアル後のタイトル文(上記のような)を書く場所が解かりません^^。

あとで重複箇所が出来てしまう場合は 取り消せるなら上記の部分を消すことにしてともかく書いてみますね。

私はアカデミックな哲学の世界にたいへん無知な人間なのですが 現在 アカデミックな哲学の世界に失望しています。

なぜ、 諸学問を統合して、 人間に役立つ論理の構築をしてくれないのでしょう。

...続きを読む

Aベストアンサー

>社会を変えてゆける企業。
企業は社会を変えています。しかしその方向性は善ではない。鰤ジストンが今の首相を作り出したように、ト与太は、アメリカに、三とおりーは、フランスに別荘地帯を作り上げています。世界有数の「日本企業の富」が国民に行き渡っているかと問えば、答えは簡単に出ます。否です。

もっとわかりやすい例で見ると、航空機部門でしょうか。日本は70年代以降中型航空機を含め製造さえしておりません。現状としては、「わしは、飛行機の扉を作ったことがある」と名乗りを上げた企業が、経験者としてしゃしゃりでてきて、数兆円を受け取っています。こういう幼稚な段階です。

日航関係・航空機開発事業関係をご観察ください。利権の奪い合いです。お金を払うのは誰か?お金をもらうのが誰か?を見てゆく必要があります。

しかし企業側の弁解として、企業は、あくまで私企業であります。法的にも営利目的を持ち、税金を払っています。金を稼ぎすぎたらどうだということは、個人的には、ぜんぜん問題ではない。

ここで、強調するべきこととしては、税金を払いたくないのが、贈与される側であるということなのです。
また、税金の浪費をしているのが誰かということです。

国を破壊したのは誰か?答えは、寄生虫です。誰がビックバンしろと頼んだのか?わたくしでは、ありません。ご注意ください。これはおじじの仲間が関与しています。金融恐慌の只中にあって、W大が、スポーツ経済経営に興味を抱いて、変なアメリカ人を講演者として呼ぶという現象が、なぜ起こるかということを考えるべきなのです。

訂正
誤(光-科学変換)
正(光-化学変換)

>社会を変えてゆける企業。
企業は社会を変えています。しかしその方向性は善ではない。鰤ジストンが今の首相を作り出したように、ト与太は、アメリカに、三とおりーは、フランスに別荘地帯を作り上げています。世界有数の「日本企業の富」が国民に行き渡っているかと問えば、答えは簡単に出ます。否です。

もっとわかりやすい例で見ると、航空機部門でしょうか。日本は70年代以降中型航空機を含め製造さえしておりません。現状としては、「わしは、飛行機の扉を作ったことがある」と名乗りを上げた企業が、...続きを読む

Q浜名湖・六甲 オルゴールミュージアム

以前 夫婦で六甲のオルゴールミュージアムに行き、とてもよかったので、今度は4歳の子連れでオルゴールミュージアムに行きたいと思っています。

また六甲でもいいのですが、浜名湖のオルゴールミュージアムに旅行がてら行くのもいいなと思います。

そこで、浜名湖のオルゴールミュージアムの規模ってどんな感じですか?
六甲と同じぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

六甲ほど本格的なものでは有りません。

観光のついでなら良いですが目的地として行くとがっかりすると思います。

Q「自我の目覚め」の具体例を教えて

 「自我の目覚め」の具体例を教えて
 例えば、私は上司や会社の批判をして、事実上退職になりましたが、その批判とは「社会のため」を思ってのことで、人格を批判したりはしなく逆に面白い上司だったりします。ちなみにその上司はH自動車の請負のH梱包会社の所長です。私は、部長に「所長の解雇または降格」を具申しましたが、案の定、却下されました。
 私は、目覚めているといえますか?
(ちなみに、先日お伝えしたような私の口腔内の異常は「口腔セネストパチー」と正式に診断されました。今後も、大学病院で研究対象になる模様。また高機能自閉症の疑いを多くの人から受けております。)

Aベストアンサー

オタマさんこんばんは。

小っ恥ずかしい話ですが、

私は先天的な内分泌の障害を抱えていて、若い頃には親に向かって「てめぇがこんな体に産んだんだろうが」とか言って泣かしてたわけです。
三十になって、給料で両親を京都に連れて行きました。散策の折り、少し先行した私は、二人が追いつくのをのんびりと待ってました。
その時、
どういうわけか、思っちゃったんですね。
「オレ、この人たちのことが好きなんだ」
て。

これが私にとっての強烈な覚醒体験です。
遅いですか?
恥ずかしいなぁ。

そうそう
全く興味無いかもしれませんが、漫画の話をさせてもらって良いですか?
ジャンプ連載のハンター×ハンターでも、そうした覚醒の物語が描かれていて、今まさにそのクライマックスなのですが、こちらは恋による覚醒です。

オタマさんは、
大切なものを感じたことがありますか?

Qディズニーランドから横浜アンパンマンミュージアムへの行き方

一日目はディズニーランドに行き二日目に横浜アンパンマンミュージアムへ行こうと計画しております。(宿泊はパーム&ファウンテンです)
舞浜から横浜アンパンマンミュージアムの行き方を乗り換え案内等…で、検索したのですが、細かい点が分からないので教えてください。

・大人二人と(4歳2歳の)子供二人連れですので、乗り換えのときにあまり徒歩移動の少ない方法や、乗り換え回数の少ない行き方が、良いのですが… 
(舞浜から横浜アンパンマンミュージアム最寄駅までの行き方)

・横浜アンパンマンミュージアムを見た後は新幹線で帰るのですが、高島町から新横浜に行く方法が乗り換えなしでいけますか?

・ツアーの関係で、東京まで戻らないといけない場合は、どのルートで東京まで戻るのがよいでしょう?

上記のような質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

まず舞浜~横浜間の移動はバスが便利かと思います。
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/japanese/plan/access/yokohama_time.html

横浜駅からは市営地下鉄を利用し、新高島で下車するのが便利かと思います。
ミュージアム近くの地図
http://www.yokohama-anpanman.jp/access/index.html

横浜駅構図
バス発着所(東口ですね)
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/japanese/plan/access/yokohama_bus.html
JR
http://www.jreast.co.jp/estation/stations/1638.html
地下鉄
http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/sub/kounaizu/20.html

高島町~新横浜の移動は市営地下鉄で新横浜まで乗り換えなく移動できます。
また東京迄戻らなければならない場合はJR東海道線か横須賀線(横浜駅7,8番線若しくは10番線)で「湘南新宿ライン」以外にご乗車下さい。

蛇足ながら東京から新幹線利用ならば東海道線の方が乗り換え距離が近いと思います。(横須賀線は地下に潜る為)

こんばんは。

まず舞浜~横浜間の移動はバスが便利かと思います。
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/japanese/plan/access/yokohama_time.html

横浜駅からは市営地下鉄を利用し、新高島で下車するのが便利かと思います。
ミュージアム近くの地図
http://www.yokohama-anpanman.jp/access/index.html

横浜駅構図
バス発着所(東口ですね)
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/japanese/plan/access/yokohama_bus.html
JR
http://www.jreast.co.jp/estation/stations/1638.html
地下...続きを読む

Qアリストテレスの考える中庸の具体例で疑問があります

参考書では、中庸の具体例として

不足←中庸→過度
のようにあらわすと


臆病←勇気→無謀
鈍感←節制→放埒
卑屈←自尊心→虚栄


がありますが
節制は逆じゃないですか?

欲望の制御が不足すれば放埒になって
過度になると鈍感になるのではないのですか?


それとも、この解釈は
節制をしすぎた生き方はかえって大量の欲望をうみだし放埒な生き方をしかねないからよくない、ある程度節制を緩めて、ある程度の欲を満たすような生き方がいい

節制が欠けた生き方では、既存のあらゆる欲が満たされてしまい、新しい欲に鈍感になりがちだからよくない、ある程度は節制して欲を生み出した方がいい

よって中庸が好ましい


…と自分なりに考えましたが
どのように考えるのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

徳の項目がないからいけないのです。

勇気は、「恐怖と平然」に関する中庸です。
節制は、「快楽と苦痛」に関する中庸です。

ですから問題ありませんね。
「快楽と苦痛の不足」が鈍感で
「快楽と苦痛の過多」が放埓です。
その間の節制と抽象化される状態にするのが美徳なのだと。


しかしながらあなたの説や解釈はなかなかでした。

何事も具体性が大事です。具体性によって思索に節度が伴います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報