グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

暗記用ゼブラのチェックペンを日本から持ってきてもらおうと思っています。
サイトを見ていると赤マーカーで緑のシートを使うタイプと、緑マーカーで赤のシートを使うタイプがあります。サイトだけだと分かりにくいので、おすすめがありましたら教えてください。

学生の時赤マーカーしかなくて使ったことがありますが、赤がちかちかするのと緑のシートが暗い感じがしました。それからにじんだり、裏についてしまったり、字体によってはよく隠れない字もあったのを覚えています。

頻繁に買いにいけないので、専用のマーカーがなくなっても、蛍光マーカーなどで代用できたりする裏ワザ等も教えていただけるとありがたいです。

それから、もう一つお願いですが、海外在住なのでもし欧州やフランスでこの暗記セットを買えるお店のサイトなど、ご存知でしたら、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の記憶が正しければ、


赤は注意力が減少する。
青は集中力が増す。

ですので赤シートは使わないほうがよいのかな?と思いました。
確かに赤シートは目がちかちかしますね。

隠すという意味でも緑のほうが自分的には良いかも。
でも学生時代、周りの人は暗記にたいてい赤シートを
使ってた記憶があります;

結論的にはひとそれぞれの好みで決めればよいと思います。
裏技ということですが、赤やオレンジのボールペンで字を書けば、
赤シートをかぶせれば消せるのでこちらのほうがやりやすいかもしれません。

参考URL:http://memory1.blog21.fc2.com/,http://s1.shard.j …
    • good
    • 6

どちらのタイプがおすすめかといえば、緑マーカーで赤のシートを使うタイプでしょう。


なぜかというと…。
赤のシート(赤の下敷きでも同じ)は赤の水性ボールペンの文字を消す力を持っていて(水性ボールペンの種類によるけど)、緑のチェックペンでつけた箇所も黒くできるし、一石二鳥に使えるからです。

緑シート(緑の下敷きでも同じ)で緑の水性ボールペンの文字は消えません(今やってみた)
つまり緑シートは、赤チェックペンを黒くする使い道しかできないのです。

あとほかのマーカーで代用とかの話ですが、正直、色んなマーカーで実験あるのみではないでしょうか。専用マーカーと似たような色であれば、そこそこ黒くなると思います。蛍光ペンではちょっと薄くて、文字が隠れきらない感じです。
    • good
    • 5

両方使って


赤は単語(年号)
緑は意味(事件)
とかでやってるヒトもいますよ。

すくなくとも10年位前の製品は
緑のペンで緑のシート、
赤のペンで赤のシート
は隠れなかったので2色引いておいても大丈夫でした。

日本から持ってきてもらう手間を考えたら両方そろえておいたほうがいいような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
手間をかけないようにどちらか選びたいと思っているところなんです。。自分で帰国の際、二色買うしかないのかもしれませんね。

お礼日時:2006/01/25 07:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暗記ペン、オレンジペン、赤/緑シート・・・海外での反応

こんにちは、オーストラリアに在住中の中3の者です。
日本の中学生や高校生にとって暗記ペンやシートは考査勉強や試験勉強に欠かせないものとなっていると思います。皆さんもみててわかると思うのですが、朝の電車通学中の学生の子たちも、カフェで友達と勉強してる高校生の子たちも、みんな暗記ペンやオレンジ/ピンクペン、シートを使って勉強していますよね。私も実際に日本の中学校へ通っていた時はいつもオレンジペンとシートを使って試験勉強をしていました。しかしオーストラリアには暗記ペンやシートのようなものは存在しないようです。
オーストラリアの中学校に通うようになって、その学校で試験前になったので、日本の時から使っている赤い下敷きが偶然残っていたので、それとオレンジペンを活用して試験勉強をすることにしました。するとある日学校でそれらを利用して勉強をしていると、隣のオーストラリア人の子に「なんでわざわざ見えづらい薄いオレンジ色のペンなんかで文字を書くの?ブルーかブラック使えばいいじゃない、貸してあげようか?」と言われたので、「赤シートでこうやって文字を隠してクイズ形式にして覚えられるんだよ」と説明したのですが、ピンとこなかったらしく「なんで文字をわざわざ隠す必要があるの?そんなことしなくたって覚えられるじゃない。日本人は不思議な勉強の仕方をするのね。」と言われました。
勉強しようとするたんびに赤シートとペンを活用すると、いつも周りの人に不思議そうな目で見られるので少々恥ずかしいです(苦笑)

確かにオーストラリアの文房具というものは日本と違いシンプルな基本的なものしかなく、日本のように凝った勉強便利グッズやキャラクター文房具や暗記グッズなどは全然ない気がします。
このような凝った文房具や便利グッズは日本にしか存在しないのですか?オーストラリア人や海外の人は何か他の工夫をして勉強をしているんですか?
あと、オレンジペンとシートを使うと見られて恥ずかしいので、オレンジペンとシートを卒業して違う勉強方法に変えたいのですが、何かいい方法ありますか?

こんにちは、オーストラリアに在住中の中3の者です。
日本の中学生や高校生にとって暗記ペンやシートは考査勉強や試験勉強に欠かせないものとなっていると思います。皆さんもみててわかると思うのですが、朝の電車通学中の学生の子たちも、カフェで友達と勉強してる高校生の子たちも、みんな暗記ペンやオレンジ/ピンクペン、シートを使って勉強していますよね。私も実際に日本の中学校へ通っていた時はいつもオレンジペンとシートを使って試験勉強をしていました。しかしオーストラリアには暗記ペンやシートのよ...続きを読む

Aベストアンサー

>凝った文房具や便利グッズは日本にしか存在しないのですか?
はい、ありません。

日本にあるような、アイディアにあふれやたらと便利で、それでいてとてもカラフルでファンシーな文房具は日本にしかありません。アジアは多少影響を受けて少しずつそういうものが出てきていますが、欧米にはほとんどそういうのが見られません。
なぜか、知りたければ、お礼に書いてくれれば次回書きます。(質問の趣旨と違うこと、長い文章になるので今は書けないです)

>オーストラリア人や海外の人は何か他の工夫をして勉強をしているんですか?
人によって、勉強の仕方が違うのであてはまらない人もいますが、日本ほど「暗記」を重視していない、というか「全体の流れ」のほうが重要である、という意識が高いのが欧米の勉強の特徴です(アメリカで現地学校に通っていました)

彼らの考え方では「テストのために暗記し、終わったら忘れるようなものは知識ではない」という考え方が主流です。ですから、ハイライトして文章の中で強調した事柄を意識して覚える、全体の知識の流れの中で覚えることを整理する、と言う方法が一般的である、といえます。

また、日本語と違って英語は26文字しかありませんから、そもそも「字を覚える」とか「単語を暗記する」という認識が薄いことも影響しているのだろう、と私は思っています。


>オレンジペンとシートを使うと見られて恥ずかしいので、オレンジペンとシートを卒業して違う勉強方法に変えたいのですが、何かいい方法ありますか?

質問者様にとっていい方法がなにか、というのは分かりません。また、質問者様の現地の語学力も分からないのでなんともいえないです。

質問者様が今のところ、テストにでる単語自体を「覚える」レベルで勉強してるなら、日本式のやり方があっているでしょう。ネイティブ並みに英語を扱え、現地の考え方ができるなら、友達に相談したほうがいいような気がします。

少なくとも現地のやり方に合わせるとすれば「何がポイントか」を常に考える訓練をするべきだと思います。日本だと「ここ出るぞ!」と言われてノートを取り、そこを覚えておくことで点数が取れますが、欧米のテストは必ずしもそうではない、と言う点が違うからです。

原因と結果、を意識するのが欧米流といえばいいのかもしれません。

>凝った文房具や便利グッズは日本にしか存在しないのですか?
はい、ありません。

日本にあるような、アイディアにあふれやたらと便利で、それでいてとてもカラフルでファンシーな文房具は日本にしかありません。アジアは多少影響を受けて少しずつそういうものが出てきていますが、欧米にはほとんどそういうのが見られません。
なぜか、知りたければ、お礼に書いてくれれば次回書きます。(質問の趣旨と違うこと、長い文章になるので今は書けないです)

>オーストラリア人や海外の人は何か他の工夫をして勉強...続きを読む

Q緑ペン×赤シートで消えないページがたまにある。

しょーもない質問ですけど地味に困ってるので助けてくださいm(*_ _)m



今まで世界史の教科書にゼブラのcheck pen αで線を引いて赤シートで隠して暗記していました。


それまで問題なく隠れて使えていましたが
今週に入って新しい範囲にマーカーをしてると
何故か乾くと色がいつもより薄くなります。


マーカーは変えていません。
強いて言うなら全く同じ
買いだめしてるやつを使ってます。


教科書は貰い物なので結構ボロボロで
ページが汚れてるのかな...
と思ったりするのですが、
今まで問題なく使えていたので
いきなり?!と困惑しております。


写真の左が今までの消えてたやつで
右が消えなくなったやつです。


右は赤シートを被せてもガッツリ見えます...。


暗記もままならず困っています。

原因、対策、予防策など
知ってる方おられましたら
教えていただけるとありがたいです(*_*)

Aベストアンサー

原因はマークペンの溶液の劣化だと思います。

添付の写真で見てみると、左はシートを当てる以前に光が乱反射して、字がよく見えません。
右は、写真の時点で、文字がはっきり見えています。乱反射の度合いが弱いためと思われます。

重ね塗りしてみてもだめなようでしたら、マーカーを変えるしかないのではないかと思われます。

或いは、緑シートも添付されているようでしら、緑シートでも試してみて下さい。
左と右の写真で透過度を確認してみて下さい。

参考までに。

Q緑の下敷きで消えるペン

暗記に使う色付きの下敷きってありますよね?
私は緑の下敷きを使っているのですが、赤の下敷きと違って消えるペンって無いのでしょうか。
既に印刷されている文字に赤いペンでラインを引いて文字を消すのではなく、穴埋めプリント等に直接文字を書いて消したいです。
赤い下敷きの場合、赤・オレンジで消えることは分かっているのですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですよね。緑色用下敷きのペンって見かけませんよね;
私はうっす~ら見えるのですが、ハイテックの緑を使っています。

赤用の下敷きでは赤・オレンジ・ピンクで消えますが。
オレンジ・ピンクは「SARASA」のが一番効力を発揮しますね~

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q緑の暗記シート

ゼブラの赤シート・緑シートってありますよね。
ノートにオレンジ色のペンで書いて、赤シートを
かぶせると消えるんですが、緑シートでは何色が
消えるんでしょうか?

Aベストアンサー

私が受験生時代に使っていたのは、「蛍光黄色」のボールペンです。いまもあるかどうかわかりませんが…。だまされたと思ってやってみてください。お勉強頑張ってください!o(^-^)o

Q蛍光ペンは是か非か

昨日、ドラマ「ドラゴン桜」の特番で
「蛍光ペンは使うな」という件がありました。
理由は、たくさん塗っても塗ることで精一杯で実際はそんなに覚えていないからだそうです。

私は、参考書を二度目に読むときから線を引きます。
確かに、線を引きながら読むと読書スピードが格段に落ちますし、かといってちゃんと覚えているかというと疑問です。
それでも巷では、蛍光ペンを引くことが常識のようにたくさんの本で紹介されています。

普通の本を読む場合は、線を引いたりしないのですが
覚える単語・内容が多い学校勉強や資格勉強の場合
蛍光ペンでアンダーラインを引いた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

データハウスから出ている「『ドラゴン桜』を検証!!東大合格法」の186ページに、蛍光ペン使用の是非について論じられています。
その内容を参考にしながら、回答いたします。

まず、蛍光ペンを使う利点として、

1.緑のマーカーを引くと、赤いシートで文字を見えなくすることができ、それによって1問1答問題を作成でできる。
2.自分の間違った問題にマークをつけて、それによって簡単な問題を繰り返す手間が省ける。

という点が挙げられます。

1の方法は、私も採用していましたし、社会などの暗記科目を試験直前に詰め込むのに、ある程度役に立ったと思います。
2の方法は、私は使いませんでした。蛍光ペンでなく、鉛筆で印をつけておけば、すむことなので。

上記のように、蛍光ペンは固有名詞の暗記には便利ですが、内容を覚えたり、理解するには不向きです。

例えば、世界史の教科書に、
「フェリペ2世はレパントの海戦でオスマン帝国に破れた」
という文章があったとすれば、蛍光ペンは確かに
「フェリペ2世」「レパントの海戦」
といった名詞を覚えるには役に立つかもしれませんが、どっちが勝ったのか負けたのか、という歴史の流れをおさえるには、文章全体を覚えなければなりません。

また、英語でも、単語さえ覚えればいい場合は、蛍光ペンでいいのですが、きちんと文法・語法までおさえるためには、例文全体を蛍光ペンで塗りつぶすことになってしまいます。

すなわち、蛍光ペンは、単語を覚える程度には役に立ちますが、内容をきちんと理解しようとすると、結局教科書全体が塗りつぶされることになり、意味がないということです。

私は大学受験には、ある程度蛍光ペンを使いましたが、司法試験に向けて勉強している今では、全く使用していません。司法試験では、ただ条文や言葉を覚えればいいというのではなく、法律の解釈や判例の捉え方など、きちんと内容を理解することが必要だからです。
(中には、本全体を蛍光ペンで塗り分けしている人もいますが、意味があるとは到底思えません)。

ちなみに、私が参照した本は、現役東大理III生が、ドラゴン桜の勉強法や受験テクを検証する、というもので、ドラゴン桜に登場した受験勉強法に興味がある方には、オススメですよ。

参考URL:http://www.data-house.co.jp/book/8323.html

データハウスから出ている「『ドラゴン桜』を検証!!東大合格法」の186ページに、蛍光ペン使用の是非について論じられています。
その内容を参考にしながら、回答いたします。

まず、蛍光ペンを使う利点として、

1.緑のマーカーを引くと、赤いシートで文字を見えなくすることができ、それによって1問1答問題を作成でできる。
2.自分の間違った問題にマークをつけて、それによって簡単な問題を繰り返す手間が省ける。

という点が挙げられます。

1の方法は、私も採用していましたし、社会...続きを読む

Q暗記の小道具

試験で暗記をするときチェックペンを使っているのですか。しみがうらについてしまいます。テ-プ用のものがあるのですが、これだと消しゴムのあとがついてしまいます。なにかいい方法あるいはチェックペンに変わるものはないですか。

Aベストアンサー

たびたびすいません。
昨日思いついて試しにやってみたのですが、チェックテープをお使いなら、消しゴムでなく、セロテープを使うといいです。
細かい部分は難しいですが、消しゴムのクズがベタベタ残りません。
更紙などのプリントだと破れてしまいますが、教科書や参考書だと紙の質がいいので、きれいに剥がれます。
(1)短く切ったセロテープを使う
(2)全部ベッタリ貼らないで、端を右手の指でつまんだまま、左手の爪で剥がしたいチェックテープの上からこすり、チェックテープをセロテープに転写する
(3)垂直方向ではなく、水平方向にゆっくり剥がす
のがコツです。
消しゴムと使い分けてはどうでしょうか。

Q中学の勉強の仕方、理科と社会に限って教えて下さい!

中学の勉強の仕方、理科と社会に限って教えて下さい!
今度中2になる娘の母親です。
5科目のうち、特に理科と社会が嫌い&苦手です。
もちろんテスト範囲は教えて頂けるのですが、ポイントを絞りきれないというか、暗記しきれず点数につながりません。
ノートまとめは得意な方ですが、何か結果、理解につながる良い勉強方法やお勧め参考書などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

私は中学のとき社会がかなり苦手でした。中1のとき30~50くらい。中3には80越えをコンスタントに出せるようになりました。


以下私の勉強方法です。

社会は暗記だけで8割取れます。なのでわからないことや忘れてしまった内容を教科書で調べたり、じっくり考えてひねり出す行為は時間の無駄です。即答えを見て下さい。もちろんノートに1つ1つまとめるのなんて本当に時間の無駄です。最悪と言ってもいい勉強方法ですね。なぜならノートにまとめる行為をするとたった1回それを書いただけなのに覚えた気になってしまうことが何より危ない。教科書をただ模写しただけ。ノートまとめがうまい、これはきれいに様々な色ペンを駆使して作っているのでしょうか?効果ははっきり言って薄いです。


私は問題集などにまず答えを全て書きます。もしくは解答の冊子の方を初めから使います。これをテスト範囲などに合わせて初めから読みます。例えば問題集の1~10ページまでがテスト範囲になる場合、問題を読んですぐ答えを読む。というのを10ページまでやり、また1ページに戻り同じように繰り返します。ノートにまとめる時間があればこれを5周以上することが可能です。単調な作業に思えますが効果は絶大です。7周くらいしてくるとだいたい答えが即答できてきます。10周もすれば『3ページ目の5番目のやつはあの問題で、、答えはあれ』というよに問題を見なくても問題と答えをセットで覚えているはずです。


高速反復。飽きるほどの繰り返しこそ暗記の王道であり最短ルートです。自信持ってオススメします。必ず高得点につながります。10周してから答え見ずにやってみればどれだけ覚えられたかわかるはずです。そしてそれが本人の大きな自信につながると思います。

私は中学のとき社会がかなり苦手でした。中1のとき30~50くらい。中3には80越えをコンスタントに出せるようになりました。


以下私の勉強方法です。

社会は暗記だけで8割取れます。なのでわからないことや忘れてしまった内容を教科書で調べたり、じっくり考えてひねり出す行為は時間の無駄です。即答えを見て下さい。もちろんノートに1つ1つまとめるのなんて本当に時間の無駄です。最悪と言ってもいい勉強方法ですね。なぜならノートにまとめる行為をするとたった1回それを書いただけなのに覚えた気になっ...続きを読む

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q塾講師の方に質問!中3の夏期講習って必要?

うちには中学3年の子供がいますが、この夏の夏期講習の生徒募集の広告が新聞折込みでよく入ってきます。
うちの子は基本的にマイペースなので自分独自の勉強をしている子なのですが塾に行きたがりません。

でも友人の多くは夏期講習に行くようで親としてはあせりも有りますし、行かせてやりたいとは思っています。
でもなんとなく親心をくすぐる塾の上手い商法であおられている気がしないでもありません。


塾講師をされている方や経験のある方に伺いたいんですが、夏期講習ってそんなに効果ありますか?

最初意欲の無かったお子さんでも効果的な例を見た方は居ますか?

どうか塾関係者の方の本音をざっくばらんに聞かせてください。

Aベストアンサー

塾講師兼経営者です。

はっきり申し上げて自学自習できる子に塾は必要ないと考えています。

私も中3のとき4月から6月まで通っていたときは5教科で100点UPしました。

これは塾のため?と思ってしまいますが、ふつうに勉強できる子がふだんから勉強するようになれば、塾の善し悪しに関わらず点数は簡単に上がるものです。だから、塾の広告で「点数がUPしました」という声は本当であるものの塾のおかげや先生のおかげなんかではなくその子のもって生まれた才能と努力の賜に過ぎないのです。

私は夏期講習も嫌々行きましたが、点数の上げ方と自学法を知った私には塾は不必要なものとなりました。一度、上がるとそれ以上はそんなに上がりませんし。

私の大学受験時代、いまよりも予備校に行かないと大学に受からないと言われていた時代です。

私は完全独学で市販の参考書のみで偏差値を(30くらいから?)70まで上げました。自分がなにが足りないのかわかっていたので予備校で(自分にとって)くだらない授業を聞いている時間はありませんでした。ただ、自分が足りない部分を勉強するだけです。

いまは塾を経営していますが、予備校や塾で学力が伸びない子が増えている現状を目の当たりにしています。

また、頭いい子は塾に入ったものの自分の実力に合わない(意味がない)とわかるとサッと辞めていくものです(うちの塾ではありませんが)。それでも地域で一番の公立高校にちゃんと受かっています。

>でもなんとなく親心をくすぐる塾の上手い商法であおられている気がしないでもありません。

さすがですね。塾の商法をするどく見破っています。塾の商法はみんなが行くから私も行くという不安心理をうまく付いたものです。

いまお子さんが自学自習できて、それなりの成績を維持しているなら逆に塾に通わない方がいいですよ。塾に通ったがために成績が落ちる子も少なくありません。塾では本人に不必要なこともやりますから。

ただ、これだけは気をつけてください。初めての受験は試験範囲が相当広いです。いつ、なにを、どこから手をつけていいのか中3生が面を食らいます。9月か10月には、普段の勉強と並行して1,2年の復習(受験勉強)を始めたほうがよいでしょう。

いまは本当にビジネス目的の塾が乱立されているのでもし行かれるとしてもそんな塾に捕まらないよう気をつけてください。講師の学力が低いなんてことはざらです。特に株式公開している塾は危険です。

>最初意欲の無かったお子さんでも効果的な例を見た方は居ますか?

意欲がない、くらいだったら楽ですよ。自分の時間を削って(自己犠牲心で)たくさん教えてあげれば学力がつきます。

私の塾にはもっともっと大変な子が来るんです。プロとしてはそんな子の学力を上げるため日々悩んでおります。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/CARETAKER/index.htm

塾講師兼経営者です。

はっきり申し上げて自学自習できる子に塾は必要ないと考えています。

私も中3のとき4月から6月まで通っていたときは5教科で100点UPしました。

これは塾のため?と思ってしまいますが、ふつうに勉強できる子がふだんから勉強するようになれば、塾の善し悪しに関わらず点数は簡単に上がるものです。だから、塾の広告で「点数がUPしました」という声は本当であるものの塾のおかげや先生のおかげなんかではなくその子のもって生まれた才能と努力の賜に過ぎないのです。

...続きを読む


人気Q&Aランキング