子どもがリンゴ病に罹ったようです。「治療はありません。」といわれますが,頬を痒がっていますので濡れタオルで冷やしたりしてよいのか教えてください。

A 回答 (2件)

yogamiさんこんにちは。



今、知り合いの先生に聞きました。
濡れタオルで冷やす分には全く影響ありません。
すぐされてください。

詳しいことは後の方にお任せします。
    • good
    • 0

次のことをすると、かゆみがひどくなるらしいです


・湯船につかる
・日光にあたる

また発疹が出ているようですので、もう治りかけみたいですね。
また、この状態では「治療の必要はない」ともかいてあります。
妊婦に感染しなければ大丈夫みたいです。
(下のウェブページの解説から)

参考URL:http://www2.starcat.ne.jp/~kanocl/child/ringo.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大人のりんご病の症状について教えてください。

職場の同僚がお子さんのりんご病をうつされて職場を休んでいます。潜伏期間が長く、伝染力が強いと聞きましたので、私にも感染していないか不安です。りんご病の症状、特に初期症状について教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは!
大人のりんご病は子供のようにほっぺが赤くならず、ほてった感じになります。
そして、それから2~3日後に手や腕等に赤い斑点が出てきます。
ほとんどの人が実際に手等に症状が出てこなければ、りんご病と気付かないかと思います。
大人は免疫を持っているので、子供に比べると感染する確率は低いですが、
大人の場合、重症になる事があるので気を付けた方がいいですね。
高熱が4~5日続くとかですかね…

りんご病は潜伏期間中に飛沫感染で拡散するウイルスになる為、
症状が出てからでは既にほかの人へ感染している可能性はありますね!
参考程度にして頂ければと思います。

Q妊娠中に罹ったカンジタについて

今年一月に出産しましたが、妊娠中にカンジタに罹ってしまいました。
妊娠中は塗り薬を処方されていましたが、出産後は特に何もしていません。
今現在は、特に膣が痒いなどの症状はありません。
自然に治癒したと思っていいのでしょうか。カンジタは自然治癒する場合もあるのでしょうか。
アドバイスなどありましたら、お願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

看護師をしています。
カンジダ菌自体は常在菌なので普通女性ならだれでも外陰部に「飼って」いるものですが、免疫で抑えているので感染はしていません。妊娠するとホルモンの関係で繁殖して感染することがあって、自然治癒ということはありません。これに対しては治療が行われて、塗り薬で数日程度、比較的簡単に治ります。その後かゆみがなければそんなに気にすることはないと思いますが、気になるようであれば一度婦人科を受診なさるといいと思います。もし繁殖しているようであれば性交渉でうつりますから、パートナーの方も検査・治療が必要なことがあります。

お大事になさってくださいね。

Q7才の男児、りんご病といわれたのですが症状が重いので心配です。

7才の息子が日曜日に37度5分の熱を出し、翌朝(月曜日)ほっぺが赤く、痒がったので、皮膚科につれていったところりんご病だろうということで特別な治療がないということでステロイドの塗り薬とかゆみ止めの飲み薬をもらいました。火曜日になると足と腕にも赤く蕁麻疹のようにでていたのですが、夜には体全身に赤くぽつぽつとでてきてしまいました。顔はほっぺだけなのですが、おしりからうでから背中から体中でてとくに脛はひどく熱をもった状態でかなり痒がります。りんご病ではないのではないかと心配しています。

Aベストアンサー

断言はできませんが、りんご病だと思います。
私は、大人になってからりんご病にかかり(珍しいと思います)、大変なめにあいいました。腕、脚にびっしりと発疹が出て、熱も出ました。痒いというより、とにかく全身「だるい」。皮膚科を受診したところ、症状が重いというので即、点滴でした。
子どもと大人では、もちろん違いますが、もし症状が悪化するようでしたら、もう一度皮膚科を受診されたほうがいいと思います。
それから、私の住む地域では、りんご病の児童は「はしか」や「水疱瘡」「風疹」などと同じ扱いで、出席停止です(欠席とは区別されます)。三学期が始まっているようでしたら、学校の養護教諭の先生に相談されてみたほうがいいかもしれません。

Q放射線治療 治療費用について

73歳になるおばちゃんが、
外陰癌の治療の為放射線治療を受けてます。
治療費や副作用など気になります。
放射線治療は一回の費用はどのぐらいでしょうか?
保険などの関係もあると思うのですが、だいたいの費用が知りたいです。
お願いします

Aベストアンサー

 NO1の補足に対する回答です。
 入院が何ヶ月になっても、1ヶ月37,200円の負担上限は変わりません。又、部屋代は保険適用ですので追加の負担はありませんが、個室を使用した場合や、希望により少人数の部屋を使用した場合の「室料差額」は、保険適用になりませんので、追加負担となります。例えば、1ヶ月入院して、医療費が30万円の場合は1割負担で3万円となりますが、50万円かかった場合は1割だと5万円になりますので、上限が適用され37,200円となります。

 この37,200円は、市町村民税が課税になっている「世帯」に属している老人の場合の金額で、「非課税」の場合は24,600円となります。又、入院時の食事代も課税世帯は780円ですが、非課税世帯の場合は650円(1日につき)になります。

 通院の場合でが、1ヶ月の1つの病院に対する負担は1割で上限が3,000円となります。どんな治療を受けても、上限は3,000円です。例えば、1日目に10,000円の診療を受けて、1割の1,000円を負担します、2日目も同じように1割を負担し、上限の3,000円まで負担して以後は自己負担がありません。ただし、1つの病院に対する負担上限ですので、1ヶ月の間に2つの病院へ通院した場合は、それぞれの病院に対して上限が3,000円となります。

 老人保健適用の方は、1ヶ月の負担上限が安くなっているため、一般の方が適用となる「高額療養費制度」がありません。

 NO1の補足に対する回答です。
 入院が何ヶ月になっても、1ヶ月37,200円の負担上限は変わりません。又、部屋代は保険適用ですので追加の負担はありませんが、個室を使用した場合や、希望により少人数の部屋を使用した場合の「室料差額」は、保険適用になりませんので、追加負担となります。例えば、1ヶ月入院して、医療費が30万円の場合は1割負担で3万円となりますが、50万円かかった場合は1割だと5万円になりますので、上限が適用され37,200円となります。

 この37,200円...続きを読む

Qりんご病について

小学3年生の息子がりんご病になりました。
昨日の朝方に頬が赤くなり、午後には範囲が拡がりました。
始めは暑さのせいだと思っていたのですが、真っ赤なうえに蕁麻疹のようにボコボコしていて痒がっていたので病院を受診しました。そこでりんご病だろうと診断されたのですが、今日になって本人が学校でみんなに気持ち悪いと言われ、ひどく落ち込んで帰ってきました。私もりんご病についていろいろ調べたのですが、顔がむくんで見えるほど蕁麻疹のようにボコボコするものなのでしょうか?このような特徴はどこにも書いてありませんでしたので本当にりんご病なのか疑問に思ってきました。心配している息子のためにも経験がある方や詳しい方がいましたら教えてください。「りんご病、すぐに良くなるよ」と言ったものの不安になってしまいました。それと、1歳3ヶ月になる娘にもやはり感染している可能性は大でしょうか?

Aベストアンサー

小学生は、思ったことをすぐ口にだすので、息子さんもかわいそうでしたね。  りんご病は伝染性紅班といい、パルボウイルスというウィルスにかかるとなるお病気です。両側のほっぺたが鼻、口のまわりであかく腫れてくるので、りんご病とよばれますね。ほっぺたの腫れは、人それぞれですので、単に紅くなるお子様もいれば、息子さんのように腫れてまだらになったりするお子様もおられます。かゆがることも多く、腫れてかゆがる場合には塗り薬にて対応することもあります。肩から下の腕にも紅いまだらなものもでてきますが、こちらはそんなに腫れることはありません。症状的には一般的には1週間くらいで治ってきます。ほっぺたを少し冷やしてあげても気持ちよくなるお子様もいます。ウイルス感染なので、お嬢様にもかかる可能性はあります。お熱が高くでるお子様もいますので、その場合には水分を十分にとらせてあげてください。お大事に

Q抗癌剤治療と放射線治療について

私はすい臓癌患者ですが、現在、抗癌剤治療と放射線治療を行っていますが(5週間)現在4週目に入っていますが比較的副作用が少なくて助かっていますが下記の疑問に教えてください。
(1) 副作用が少ないと治療効果がないということなのでしょう
(2) よく切除するとがん細胞が散ると聞きますが、具体的には、がん細胞が切  除したときに散らばりそこから転移すると言うことでしょうか
(2) すい臓の場合、抗癌剤治療と放射線治療を行うとがん細胞が散ると聞きま  したが転移する可能性があるのでしょうか

Aベストアンサー

(1)「副作用がない=効果がない」ではありません。副作用がなく、十分な治療効果が得られている患者さんもいれば、副作用が強くでても、効果に乏しい患者さんもいます。副作用は癌細胞以外のところに抗癌剤が作用するために起こります。癌細胞への効果とは別の問題です。
(2)(3)何処で言われたのでしょうか?資料があれば挙げて下さい。伝聞であれば、あなたにお話しした方に資料を見せてもらって下さい。通常、手術で切除する際は腫瘍と正常部の境ギリギリで切除するわけではなく、マージンを取って切除します。また、化学療法にせよ放射線療法にせよ癌細胞を壊死させたり、増殖を抑制する方向に作用します。大体、これらの治療で転移が促進されるようなら、害になるだけです。そのような治療を医師が選択すると思いますか?

Qりんご病で保育園にはいけない?

こんにちは、
3歳の子供を預けている母です。
先日兄弟がりんご病にかかりました。それと同時にこの子もほっぺが赤くなってきました。わたしも、保母に「もしかしたらりんご病かも・・・」なんてフライングしてしまったのですが、その翌日保育園に連れて行くと、「りんご病だったら他の子にうつるのでつれて帰ってほしい。でも、医者にかかってないのでなんともいえない・・・」なんていわれてしまい、医者に連れて行くと「唯の乾燥です!」といわれました。
皆さんにお聞きしたいのは、
医者はりんご病は通園していいとのことでしたが、通われている保育園ではいかがでしょうか。ちなみに息子の通う別の園では、赤くなる頃にはもう感染力がないので熱さえなければ出てきていい、とのことでした。

Aベストアンサー

りんご病は正式には伝染性紅斑といいます。
多くの場合、りんご病は学校保健法の出席停止にはなりません。
ほっぺが赤くなっているときにはウイルスを排出していないので、ほっぺが赤い子からはうつることはないんですね。
ただし、それ以前に接する機会があれば、うつっている可能性があります。

保育士さんがしらなかっただけなのでしょう。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~tanken/sick/si-epi.htm

Qはり治療ってどういった原理で治療するのでしょうか?

 最近坐骨神経痛らしき症状があり、はり治療しており気になった事があるので質問させて頂きました。
 風邪は抗生物質等を飲み、風邪の菌を殺す事により治療しますが、はり治療はどういうプロセスで治療するのでしょうか?
 神経痛は神経が筋肉や骨や軟骨に引っかかって刺激される為に生じる症状であると認識しております。
 神経にはりを刺すと神経が麻痺するので痛みが取れるのでしょうか?もしそうだったとしたら抜本治療とならないのではないかと思い質問させて頂きました。
 はり治療の原理や、メリット、デメリットについて教えて頂きたいです。
 また、はり治療によってとんでもない症状が出た事のある方がいらっしゃいましたらそれも教えて頂きたいです。
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
治療内容に不安を感じている様子なので、少しだけ補足をします。

>いたずらに神経や筋肉を傷つけてよい物なのだろうか?と不安に思っております。
治療に用いる鍼の直径は髪の毛ほどです。
微小の傷を作る事で、その部位を治そうとする力(自然治癒力)を引き出してあげるのが鍼灸治療の基本です。

傷ついた筋肉の回復は早いので心配ありませんよ。
また、神経にはまず刺さりません(もし刺さったらとても耐えられないと思います)からご安心下さい。

>腰に鍼をさされたのに、足や足の指先までもが痺れたので、特に不安が増幅しました。
これは「経絡感伝現象」だと思われます。
解剖学的には比較的大きな神経の近くへ鍼先が到達した際に起こる神経の興奮現象とされています。
東洋医学的には経絡(気の流れ道)に沿って気が通ったと考える事ができます。
中医学的な治療をする先生は、この現象や得気(鍼の響き)を重視して治療する場合が多いものです。

ちなみに、日本式の鍼灸治療ではこれらの現象を出さずに治療する事ができます(気が至る事を目的としており、患者に気を感じさせる事が目的ではないためです)。
鍼の感覚がどうしても気になる場合は、術者に伝えておくと良いですよ。

効果が続かないようですが、これは施術者の技術不足か病位の深襲、病期の長期化が原因だと思われます。
技術不足であればどうしようもないですが(笑)、ある程度病が深い場合や慢性化している場合はとても1回や2回の治療で完治させる事は困難です。

僕等は『気』という一般の方には理解しにくいものを治療の対象としているためか、どんな病でもすぐ治ると思っている方が以外と多いんです。

焦る気持ちもわかりますが、鍼灸もきちんとした治療理論の上に成り立っている治療法です。
僕等も神様ではないので、過剰な期待をせずにじっくりと腰を据えて治療に望んで頂ける事を切に願います。

でも、鍼灸以外にもいろんな治療法の選択肢はありますから、これだけにこだわらずにいろんな方法を試してみるのも良いと思いますよ。
一番納得できる治療法を選択する事もまた、早期回復への近道になると思いますから。

#2です。
治療内容に不安を感じている様子なので、少しだけ補足をします。

>いたずらに神経や筋肉を傷つけてよい物なのだろうか?と不安に思っております。
治療に用いる鍼の直径は髪の毛ほどです。
微小の傷を作る事で、その部位を治そうとする力(自然治癒力)を引き出してあげるのが鍼灸治療の基本です。

傷ついた筋肉の回復は早いので心配ありませんよ。
また、神経にはまず刺さりません(もし刺さったらとても耐えられないと思います)からご安心下さい。

>腰に鍼をさされたのに、足や足の指先...続きを読む

Q大人のりんご病について教えてください><

初めまして。教えてください(涙)

私の母(60歳)のことなんですが、

2週間前に、倦怠感・寒気の後に38度~40度の熱が丸3日出ました。
医者に行き、その時は、喉が少し赤いし、レントゲン撮ったら軽く肺炎?ぽいと言われましたが
とりあえず風邪だろうと言われ、薬を処方されたようです。
その後熱が下がりましたが、怠さなどは消えず、たまに頭痛も伴いましたが
普通に過ごしてきたようです。

そして昨日の朝、起きたら、顔だけが熱く、鏡を見たら、おでこと頬が日焼けしたように真っ赤で、
夜、お風呂に入ったら、お腹と、内腿に湿疹があったようです。(多少の痒みも)

何週間も続く、倦怠感で可哀想です。

ちなみに、私が疑ってるのは、「りんご病」です。
私の息子(4歳)が、3週間前にりんご病にかかってました。
今も周りでチラホラ流行ってるようです。

これは、りんご病が移ったのでしょうか?
大人のりんご病の症状はこんなに辛いんですか?

また、りんご病じゃない場合、どんなことが考えられますか?

経験した方や詳しい方、どうか教えてください。

支離滅裂な文章ですみません(涙)

初めまして。教えてください(涙)

私の母(60歳)のことなんですが、

2週間前に、倦怠感・寒気の後に38度~40度の熱が丸3日出ました。
医者に行き、その時は、喉が少し赤いし、レントゲン撮ったら軽く肺炎?ぽいと言われましたが
とりあえず風邪だろうと言われ、薬を処方されたようです。
その後熱が下がりましたが、怠さなどは消えず、たまに頭痛も伴いましたが
普通に過ごしてきたようです。

そして昨日の朝、起きたら、顔だけが熱く、鏡を見たら、おでこと頬が日焼けしたように真っ赤で、
夜、お風呂に入った...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

別のお医者様に診て貰っては如何でしょうか?

リンゴ病の場合大人と子供では発症が違うようです。

1~2週間が潜伏期間で、それを過ぎると3~4週間治ってくるみたいです。
ただ大人の場合は、ぶり返したり治ったりが多いようです。

症状だけでは何とも言えませんので、
再度別の病院へいかれたほうがいいかもしれません。

呼吸器科アレルギー科がいいようです。

どうぞお大事になさってくださいね。

ご参考になれば幸いです。




http://www.senpukukikan-navi.com/expression/infectious-erythema.html#s07

http://www.miyake-naika.or.jp/03_katei/otona_ringobyo.html


http://allabout.co.jp/gm/gc/302544/

http://matome.naver.jp/odai/2138475899714689201

http://www.kenko-s-net.com/b-hihu_ringo.html

こんにちは

別のお医者様に診て貰っては如何でしょうか?

リンゴ病の場合大人と子供では発症が違うようです。

1~2週間が潜伏期間で、それを過ぎると3~4週間治ってくるみたいです。
ただ大人の場合は、ぶり返したり治ったりが多いようです。

症状だけでは何とも言えませんので、
再度別の病院へいかれたほうがいいかもしれません。

呼吸器科アレルギー科がいいようです。

どうぞお大事になさってくださいね。

ご参考になれば幸いです。




http://www.senpukukikan-navi.com/expression/infectious-ery...続きを読む

Q千葉県内の膝関節症治療で注射による治療をされている久保田医院(病院?)

千葉県内の膝関節症治療で注射による治療をされている久保田医院(病院?)さんについて、教えてください。
 母親が変形性膝関節症と診断され、現在治療中です。
 医師からは手術療法を用いても、治癒する可能性は50%と言われ、手術にも踏み切れずかといって、痛みも取れずという日々を送っております。
 たまたま母親がとあるところから、千葉県内で久保田医院(病院?名前が多少違っている可能性もあります。)という病院で注射を使った治療をしており、その注射を受ければ1回の治療で治るような話を聞いてきました。
 この久保田医院さん、並びにそこで行われている注射療法についてご存じの方がおられたら、その治療方法や内容等(ステロイドでしょうか?)を教えてください。
 よろしくお願いいたします。
 (ちなみに、ネット上にて調べては見ましたが、同名の医院の住所等まではわかるものの、そこがその注射療法を行う病院なのか、またどういった治療内容なのかなどまではわかりませんでした。)

Aベストアンサー

詳しいことはわかりませんが、一般的に膝関節に用いる注射はヒアルロン酸(アルツ、スベニール)、ステロイド(ケナコルト、デカドロンなど)、プラセンタ(ラエンネック、メルスモン)などです。

一回でという即効性を考えるなら、ステロイドの可能性が高いと思います。しかしこれは関節の動きに高度な障害があるときは、効果は望めないかもしれません。場合によってはあくまでも対症療法です。私は多少時間はかかっても、まずはヒアルロン酸をお試しになられた方がいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報