ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

コーヒーを淹れるのに、金属フィルタ(ゴールドフィルタ)を使っています。
最近、コーヒーを淹れる時に以前より時間かかかるようになってしまいました。
目詰まりかなぁ、と思っています。
それに、フィルタ自体に変な臭い(酸化したコーヒーのような臭い)が付いています。

金属フィルタは、どのように手入れすればよいのでしょうか?
知人からいただいたものなので、説明書などがありません。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

金属フィルタを使っていないので、外しているかもしれないのですが・・・。


コーヒーに含まれる脂分がこびりついてしまっているのではないでしょうか。

ガスレンジのまわりについた油汚れは紅茶ティーバッグで拭いてからあとはティッシュで拭くと、紅茶の成分が油を溶かして洗剤よりもずっときれいに汚れが取れるんです。
もしかしたら金属フィルタにも有効かもしれません。
使用後の紅茶のティーバッグを軽く絞って拭いてみたらどうかなあ、と思ったのですが。

熱湯を入れた鍋にしばらくつけておいて脂分を浮かしてからやってみるとより効果があるかもしれません。
    • good
    • 0

コチラを使用してみてください。



参考URL:http://www.kobayashi.co.jp/seihin/psj/

この回答への補足

説明が悪かったようです、すみません。
ポットのことではありません。

コーヒーを淹れる時、ペーパーフィルターの代わりに使用する、
金属製のメッシュになっているフィルターのことです。

補足日時:2006/04/06 21:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーヒープレスとドリッパーどちらのほうが美味しい?

コーヒープレスで作るコーヒーと、ドリッパーで作るコーヒーとではどちらがおいしいでしょうか?

Aベストアンサー

プレスとドリップにはそれぞれメリットとデメリットがあり、合わせる豆や求めるコーヒーのクオリティなどによっても変わってきます。どちらが美味しいかは好みだと思います。

まず、プレスコーヒーは日本では比較的最近になってスペシャルティコーヒーという新しいコーヒーの考え方とともに広まってきた方法です。スペシャルティコーヒーというのは、これまでブルーマウンテンやキリマンジャロなど、実際の味の美味さよりも銘柄にこだわってきたコーヒー業界を見直し、コーヒーの目利きがカッピングという方法を通してコーヒーの味や風味や香りなどを評価し、その点数の高いものに良い値段を支払うというコーヒーの流れです。いわばワインのようにコーヒーを味わおうとする考え方です。(ただスペシャルティコーヒーというのは新しい考え方なので、一概にこう、ということはできません)
なぜスペシャルティコーヒーにはプレスがよいかというと、プレスはそれぞれのコーヒー豆が持つプロフィールをそのまま味合うことができると考えられているからです。
メリットは:
コーヒー豆のもつ風味や香りなどのプロフィールがそのまま味わえること
コーヒーオイルが残るので、コーヒーオイル特有のコクや甘みが味わえること
抽出が手軽で誰でも均一な味にいれられること
冷めてきても酸味がまろやかであること
良質なコーヒーの味を損なわずに味わえること などです
デメリットは:
コーヒーのもつ風味がそのまま出る分、アクや不純物、エグミなどもそのまま出ること
スペシャルティコーヒーのような良質なコーヒーでないとアクや不純物などの泥臭さが際立つこと
コーヒーが全体に粉っぽくなること
日本人にはコーヒーオイルや粉っぽさを重く感じる人が多いこと などです

逆にドリップコーヒーは、日本ではよく使われている方法ですね。スペシャルティコーヒーの流れにいる人からは、不味いコーヒーの味をごまかすためのものなどというひどい言われ方もしますが、技術があれば結構美味しく淹れることもできます。
メリット:
淹れる人のテクニックで味が調整でき、技術があれば強調したい味を強調できこと
バランスのとれたコーヒーが抽出できること
ペーパーを通すことでコーヒーオイルやアク、不純物が取り除かれ、日本人好みのクリアな味にしあがること
(ドリップでも金属フィルターにすればコーヒーオイルを抽出できます)
ドリップの技術を訓練することもまたコーヒーの醍醐味であること
デメリット:
コーヒーの味が技術によって左右されること
ペーパーだと、紙の匂いがコーヒーにつき、逆にコーヒーの匂いは紙に吸われること
良質なコーヒーの場合、技術がなければコーヒーの風味を損なうだけになってしまうこと
コーヒーオイルは抽出されずクリアすぎる、またプレスに比べて平面的で均質な味になるようにも思います(これは私の主観です)
冷めてきたときに酸味が際立つこと などです

私はシングルオリジンのスペシャルティコーヒーを楽しみたいので普段はプレスですが、実家に帰った時などにゆっくり淹れるドリップもまた好きです。結局は、特徴的で複雑な風味が好きか、クリアでバランスのとれたコーヒーが好きか、といった違いのように思います。
ご参考になれば幸いです。

プレスとドリップにはそれぞれメリットとデメリットがあり、合わせる豆や求めるコーヒーのクオリティなどによっても変わってきます。どちらが美味しいかは好みだと思います。

まず、プレスコーヒーは日本では比較的最近になってスペシャルティコーヒーという新しいコーヒーの考え方とともに広まってきた方法です。スペシャルティコーヒーというのは、これまでブルーマウンテンやキリマンジャロなど、実際の味の美味さよりも銘柄にこだわってきたコーヒー業界を見直し、コーヒーの目利きがカッピングという方法を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報