米国では国債のWI(When Issued)取引(発行日前取引)というものがあるそう
ですが、以下の点につき教えてください。

(1) WI取引というのは、『入札に直接参加できない投資家が、債券を確実に入手
  できるよう発行前に入札に参加できるディーラーへ「買い」を入れる行為』
  と理解してますが、この理解は正しいですか。
(2) WI取引に参加できるのは誰でしょうか(参加できるディーラーに制限があるのか)
(3) WI取引するのは機関投資家同士なのでしょうか。又、米国政府はWI取引に関与
  することはあるのでしょうか。
(4) WI取引と入札の両方に参加できる投資家はWI取引をしなくても発行時に入札に
  参加すれば国債を取得することができるのではと思いますが、なぜ入札だけ
  ではなく、WI取引をするのでしょうか。

まだ不勉強な点も多いので、変な質問になっているかもしれませんが
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>(1)そもそもWI市場というのは投資家どうしの相対取引なのか。



機関投資家を投資家と定義するならば、機関投資家同士の相対売買も存在しますが、区別し難いことから業者と定義することが自然だと思います。こう前提に立てば、業者と投資家或いは業者と業者の間で相対で行う取引と思います。


>(2)本には「需要を予め判断できるので入札が活発になる」と

入札前のWIに関しての記述ということだと思います。
例えば、同じ期間の既発行の債券から利回りが4.99%近辺が実勢だったときに5%というものの売り物を出して買われるかどうかという行為をディーラーが行う場合があります。0.01%分損することとなりますが、利率5%価格100円を購入するかどうかというスタンスが確認できるからです。この需要が大きいと言うことが判ったとすると、5%の水準で大量に札(札入れは利回り)を入れることができます。 逆に実勢よりも高い水準で買いを入れて売られるかどうかも試すことができることから価格の透明性が増し、入札が活性化するということだと思います。

>(3)入札後には「実勢価格で統一的に売買」されるのであれば、
>   入札後、発行日までにWI取引をする必要はないのではないか
>   入札で希望の札が取れなかった投資家が参加する位なのか。

発行日までの取引もWIと呼ぶだけです。この売買を行う必要はあると思います。経済情勢が変化することで、価格が変化するため入札価格よりも安くなったり高くなったりします。入札価格よりも安いならば購入しようという投資家も出てくるでしょうし、入札価格よりも高くなれば落札した投資家が売りに出ることも考えられます。むしろメインは発行条件が決まった後の売買にあると思います。

>(4)(つまらない話ですが)「WI」は同発音するのか
イニシャルをそのまま読むダブリューアイで良いと思います。

実際に業務を行えば感覚的にわかることなのですが、そのイメージを文章にすることは難しいと痛感いたしました。(ネット掲示板の難しさ、努力します)
    • good
    • 1

>(1) WI取引というのは、『入札に直接参加できない投資家が、債券を確実に入手


>  できるよう発行前に入札に参加できるディーラーへ「買い」を入れる行為』
>  と理解してますが、この理解は正しいですか。

WIの定義は発行日前に約定し、発行日の受渡で行う取引だと理解しています。
上記も勿論その部類に入りますが、狭義の考え方だと思います。

>(2) WI取引に参加できるのは誰でしょうか(参加できるディーラーに制限があるのか)

入札結果発表前のWIに関しては、利回りだけが決められており単価が決められません。このことから、一般的にはディーラー間の売買に限定されていると思います。尚、入札結果後であれば、一般投資家もこれに参加することは可能です。
尚、日本人が日本市場で受渡する場合、発行日2/15で2/15の受渡というものを行おうとすると、日本時間の2/15時点では厳密には発行前(米国時間では2/14なので)となってしまいます。このため、WIを行うことができず、一般的には日本時間2/16で受渡を行うこととなっているようです。

>(3) WI取引するのは機関投資家同士なのでしょうか。又、米国政府はWI取引に関与
>  することはあるのでしょうか。

米国政府は取引に対する関与はしません(発行体が関与することは許されないはずです)。取引に関しては前述2)の通りです。

>(4) WI取引と入札の両方に参加できる投資家はWI取引をしなくても発行時に入札に
>  参加すれば国債を取得することができるのではと思いますが、なぜ入札だけ
>  ではなく、WI取引をするのでしょうか。

入札の場合は、札を入れてから結果が出るまでに時間がかかります。この間、ディーラーは入る額を予想してヘッジ売り(先物などの売り)をしますが、予想通りになることの方が希でリスクが大きく、損失となるケースの方が多いと思います。この点から考えれば、WIの方がリスクも少なく手に入れられるため、そちらを利用した方が良いでしょう。そうならないのは何故かと言うと以下の3つが考えられます。
1.落札額の多い業者がプライマリービッターとなるため、この名誉と財務省からの情報が得られることを対価に前述の損失を支払う
2.入札後は、国債の実勢価格で統一的に売買されますから、入札前のWIと入札のどちらを多く行うかということになります。入札前のWIで購入する人がいたとしても反対側に売り手がいます。売り手は売却値段を元に入札に参加します。結果的には買手の行為が入札を促すことになります
3.投資家と呼ばれる人達は安く買おうと考え勝ちです。安く入れるために、投資家は、入札に入れば儲けものの札を入れて(ディーラーへの委託入札も含む)、駄目な時は、入札後の市場から購入すれば良いという手法を取ることが多いと思います。

私は以上のように考えます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
その後、また質問したいことが増えてしまいました。
ご教示頂ければ幸いです。

(1)そもそもWI市場というのは投資家どうしの相対取引なのか。

(2)本には「需要を予め判断できるので入札が活発になる」と
   書いてありますが、具体的にどのように需要が分かるのでしょうか。
   WI取引中の感触からどう分かるのでしょうか。

(3)入札後には「実勢価格で統一的に売買」されるのであれば、
   入札後、発行日までにWI取引をする必要はないのではないか
   入札で希望の札が取れなかった投資家が参加する位なのか。

(4)(つまらない話ですが)「WI」は同発音するのか

補足日時:2002/01/30 21:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大和証券と大和証券SMBCは、違う会社でしょうか?

IPOでは、よく大和証券SMBCが主幹事となっていることが
ありますが、これは大和証券のことでしょうか?

私は大和証券に口座を持っているのですが、ここから購入申し込み
をすれば、大和証券SMBCから申し込みをしたことになるのでしょうか。

初歩的な質問ですみません。
同じグループなのはわかりますが、調べても名前が似てて分かりませんでした。

Aベストアンサー

別会社です。

大和SMBC・・・ホール(法人、大口投資家を対象)

大和証券・・・リテール(個人、小口投資家を対象)

大雑把にはこんな感じです。

>大和証券に口座を持っているのですが、ここから購入申し込みをすれば、大和証券SMBCから申し込みをしたことになるのでしょうか。

直接はなりません。ただ、SMBCが主幹事なら大和にも相当の割り当てがありますので、他で申し込むよりは有利なのではないでしょうか。

Q10年国債や5年国債などの売買する場所と取引時間を教えてください

こんにちは、みなさん!!

Q.国債5年や10年物などを、取引する時間や、場所はどこでできるのですか?

理由:経済指標で、債権が買われ金利は低下など、ニュースがありますが、この債権はどこで、また、取引は何時~何時まで行われているのでしょうか?

Aベストアンサー

国債には「個人向け」とそうでない国債があります。
「個人向け」は金融機関でおおよそ3ヶ月に売り出しがあります。
個人向けでない、本来の国債は発行時に財務省が入札し、これを金融機関が応札で仕入れます。この仕入れた国債は個人がその金融機関から相対取引でで購入することになります。なおここまでの説明は新発債ですが、既発債も同様に金融機関から相対取引でで購入することになります。買えるかどうかは在庫があるかどうかで決まります。

参考URL:http://www.mof.go.jp/jgb.htm

Q米国国債の買い方について(大和証券)

大和証券で米国国債を購入しようと思っているのですが、今まで外国債券を購入したことがありません。
現在、大和証券に口座は持っておりまして、日本国債とかはインターネットで購入できるのですが、外国債券の取引窓口としては、「ダイワ・コンサルティングコース」の場合は「店舗」、「ダイワ・ダイレクト」コースの場合は「コールセンター」、というふうにホームページに載っています。
自分の場合は「ダイワ・ダイレクト」コースなんですけど、「コールセンター」経由でないと購入できないのでしょうか。
できれば電話ではなくて、直接店舗に行っていろいろ確認しながら落ち着いて購入したいのですが、「ダイワ・ダイレクト」コースだと店舗に行ったら駄目なんでしょうか。
すいませんが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
もし問題なければ、コンサルティングコースに変更したらいかがですか? 担当者がつきますよ。担当者は債券に強い人とか女性とかある程度は希望を聞いてくれるはずです。電話はいらないといえばそのようにしてもらえるはずです。

ただしダイレクトコースに比べて手数料が上がります。外債の手数料(とは言ってないが)は変わりません。

参考URL:http://www.daiwa.jp/service/consulting/

Q米国のFF金利上げによる米国債への影響

米国債を購入しようと考えています。FF金利は引き上げ傾向にあり、来年末には4.0%まで引き上げるという予測も出ています。この利上げに、米国債の利率は連動しているんでしょうか。利上げ途中段階の今は米国債を購入するのは得策ではないのでしょうか。購入しても、その後にFF金利が上がったら、価値は下がるのでしょうか。金利利上げが一段落してから米国債は購入するべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

●FF金利は景気、物価を制御するために中央銀行が動かす金利。 長期金利は、将来の長期的なFF金利の動きを予想して、市場が決める金利です。
市場は、将来もFF金利が上がると思えば、長期債を買うのを控え、その結果、長期金利は上昇します。将来FF金利が下がると思えば、今のうちに長期債を買って、金利が低下することに備えます。
結局、大雑把に言って、「今後10年間のFF金利の平均=今の10年債の金利」 が成立するように10年債の金利が決まると言うことです(リスクプレミアムだとか、難しいことは言わないことにしましょう)。しかし、今後10年間のFF金利の平均は、今の時点では予想するしかありません。市場がどのように予想するかで、今の10年債の金利が決まります。
●従って、長期債利回りがどうなるかは、今後のFF金利がどうなるかによります。FF金利はFedが決めます。Fedはインフレが起きないよう、デフレが起きないようにFF金利を決めます。
●エコノミストには、FFレートは4%以上まで引き上げられるという予想も多いようです。しかし、債券投資家は、必ずしもそうは見ていないようです。PIMCO(米国の債券投資で超有名な投信会社)のストラテジストは、FFはあと1回引き上げられたら、Fedは様子見に入るだろうと言っています。そして、実際の長期債市場もそういう動きをしています。
●ここから先は長期金利の予想に入っていくことになりますが、長くなるので省略します。
●最終的な結論は、あくまで私の見方(外れることが多い)ですが、今後米長期金利は大きく動かないと思います。従って、今、米国債投資をするかどうかは、債券金利の変動は気にせず、為替相場をどう読むかで決めていいと思います。私は、中期的なドル高に入りつつあると見ています。その前に、一度100円を割る可能性も50%以上あると思いますが、来年の今頃は、少なくとも今よりドル高になっていると思います。
これ以上は、質問の内容とは違ってきますので、省略します。

●FF金利は景気、物価を制御するために中央銀行が動かす金利。 長期金利は、将来の長期的なFF金利の動きを予想して、市場が決める金利です。
市場は、将来もFF金利が上がると思えば、長期債を買うのを控え、その結果、長期金利は上昇します。将来FF金利が下がると思えば、今のうちに長期債を買って、金利が低下することに備えます。
結局、大雑把に言って、「今後10年間のFF金利の平均=今の10年債の金利」 が成立するように10年債の金利が決まると言うことです(リスクプレミアムだとか、難しいことは言わない...続きを読む

Q大和証券を利用されている方

売却代金を手数料ゼロで出金することは可能でしょうか?
大和証券の店舗・大和証券のATMを利用しない方法で。

Aベストアンサー

コンサルティングにすればできますよ。
売却代金を手数料ゼロで出金できます。

「ダイワ・コンサルティング」コースをご指定かつ「ダイワの証券総合サービス」にご加入いただいているお客さまの振込手数料は、当社が負担いたします。
「ダイワ・ダイレクト」コースご指定のお客さまの振込手数料は、お客さまのご負担とさせていただきます。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/service/on_paymant/index-s.html

Q国債の入札状況のレポートについて 。 

『12月に行われた国債の入札状況を新聞記事などを用いてレポートしなさい。』
という課題が出たのですが、入札結果を書けばいいのか、何を書いていいのか
よくわかりません。 どういうことを書いてまとめればいいのか、アドバイスください。 お願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい、土日祝はこちらを見ていないことが多いので、レポートに間に合わないかもしれませんが、一応ポイントを書きますね。(最初からストレートな質問の方が良かったですね)

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/nyusatu/2001/resul061.htm
これは年末に行われた3年割引国債の入札結果ですが、
注目していただきたいのは、<価格競争入札について>の<応募額>と<募入決定額>です。
<応募額>1兆7,122億円、<募入決定額>893億円
ここで応札倍率を計算します。応札倍率=応募額÷募入決定額=19(倍)
この応札倍率が多ければ多いほど、債券を購入する需要が多いという基準です。
他のものも比較で計算なされると良いと思いますが、特にこの3年割引国債の購入需要が強かったと思われます。(私の記憶においては過去最高水準)

購入需要が多かった理由(推定)
1.11月末にMMFが元本割れし、MMFなどの債券投資信託から預貯金に大量の資金移動が発生した。この預貯金を受け入れた銀行などが運用の必要に迫られて購入に動いた
2.ペイオフ解禁を控えて大口預金者(例えば地方自治体)には預金を比較的短期の国債に移す需要があります。期間2年の国債も対象ですが、価格が100円より上で償還時に損が発生することと利回りが約0.07%と預金金利との比較して差が少ないことからこれよりも少し期間の長い3年を好んだ

上記は新聞記事に完全に載っているものではありませんが、私が3年割引国債の入札結果が出た時に新聞記者の取材に答えた内容です。

ごめんなさい、土日祝はこちらを見ていないことが多いので、レポートに間に合わないかもしれませんが、一応ポイントを書きますね。(最初からストレートな質問の方が良かったですね)

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/nyusatu/2001/resul061.htm
これは年末に行われた3年割引国債の入札結果ですが、
注目していただきたいのは、<価格競争入札について>の<応募額>と<募入決定額>です。
<応募額>1兆7,122億円、<募入決定額>893億円
ここで応札倍率を計算します。応札倍率=応募額÷募...続きを読む

Q大和証券の株主優待

大和証券の株主になっていると、3月と9月に株主優待がいただけると思います。1000株で2000円相当の品物あるいはダイワポイント2000ポイントを年に2回いただけると思います(2017年3月実績)。このポイントを他人に譲渡することは可能でしょうか。知り合いが大和証券の株主ですが、ポイントを全く使用していないようです。株主ではない自分のポイントに移動登録することはできませんでしょうか。

あるいは家族などの身内が株主であった場合、そのポイントを自分のポイントにすることは可能でしょうか。大和証券の株主の方、あるいは株主であった方で、ポイントを取得し、大和証券のオンライントレードにポイントを移したことのある方おられたら教えてください。

Aベストアンサー

ダイワのポイントプログラム利用規約13条には、
交換ポイントの第三者への譲渡等できないとかかれてます。
http://www.daiwa.jp/service/point_program/
http://www.daiwa.jp/service/point_program/pdf/kiyaku.pdf
お問い合わせ先として、
ダイワのポイントプログラム専用ダイヤル
0570-000086(平日10:00-17:30)

株主優待品全部(カタログ品など)についても
Q&Aに、下記のように書かれてます。残念ながら、無理そうです。

優待品を知人へ贈りたいので、株主優待品カタログを知人の住所へ送ってもらえませんか?
優待品は株主さまご本人以外の第三者へ譲渡することはできません。
http://www.daiwa-grp.jp/faq/faq_05.html

Q米国口座から米国債の直接購入(UBOC)

ユニオンバンクオブカリフォルニアの(saving)口座から
米国債を直接購入することは可能でしょうか?
このとき、日本で証券会社を通じて購入するより
当然有利ですよね?(手数料等)

Aベストアンサー

 多くの銀行はstockやfund、国債のbrokerage業務をしていますから、自分の口座がある銀行を通しての売買は可能だと思います。ただし、そのため(国債売買用)の口座を新たに開設する必要があるかもしれません。

 新規発行のものであれば財務省から直接国債を購入することができます。こちらのほうがメリットが多いと思います。

    http://www.treasurydirect.gov/indiv/indiv.htm

Q大和証券

大和証券は一株から取引可能でしょうか?またほかに一株から取引できる証券会社はありますでしょうか?

Aベストアンサー

売買単位が1株以外の銘柄ですよね。
大和證券はミニ株を扱っており、通常の売買単位の10分の1から取引できる制度があります。
1000株単位でしたら100株で、100株単位でしたら10株で買えます。
お尋ねの1株で買える場合ですが、10株単位の株でしたら、1株で買えます。たとえば日本テレビは10株単位なので、10分の1の1株となる分けです。
それ以外は無理だったと思います。

1株での購入でしたら、イートレードが便利かと思います。

Q米国債の入札日は毎月~日とか決まって無いのですか?

 教えて下さい。
米国債の入札日の予定を知りたいです。
いろいろ調べましたが、毎月第何の何曜日とか
決まって無いのでしょうか?

 指標発表と重なると意外と大きく動く事がありますので
憶えておきたいと思っております。
もし、決まっていないのなら今年度分の入札日カレンダーでも
結構ですので教えて下さい。

 あと、入札時間は
夏時間21:30(日本時間)
冬時間22:30(日本時間)
で良いのでしょうか?

リンク等あれば教えて下さい。
よろしく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

   http://www.treasurydirect.gov/indiv/products/prod_auctions_glance.htm

   view upcoming auctionsで決定した日がわかります。
   また、press releaseやtentative scheduleなどいろいろリンクを確認してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報