他人と自分が感じたこと(感覚)は、いっしょなのかどうか、と、同じことに対して感じたことをどう解釈したかとは、どのように違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

●あなたの質問の本意が良くつかめませんが


 仮に「感覚」と「解釈」の違いは?という設問だとするなら。

 感覚:本人に由来する。
 解釈:論理に由来する。 とすることができると思います。

●しかし 感覚であれ解釈であれ絶対的なものもあれば 相対的なものも
 ありますので それが他人といっしょかどうかは その命題それぞれの感覚・解釈を
 個別に分析してみるひつようがあります。

 ※一部のHPでは目に見える色はひとそれぞれに違うという考え方が
  あるらしいのですが。
  色の明度や彩度のちがいは当然あるでしょう(目の曇り汚れ・受容体の個性など)けれども。
  個々人が受容する色の持つ特定の周波数の違いはありません。
  だれでも同じ色に見えているのです。
  違う色に見えるのは病気です。赤にどんなフィルターをかけても赤は赤以外には
  なれないのです。赤に100パーセント緑しか通さないフィルターをかければ
  赤は黒になってしまいます。色のように絶対的なファクターを持つということは
  他人といっしょの感覚であると言えます。
  ただどのような赤か?という感覚になるとそれはひとそれぞれです。
  脳のなかの膨大なファイルのなかから比較対照して比ゆするわけですから
  命題が相対的な事柄に変わるわけでひとそれぞれになるのは当然です。

  ※なかなか理解できない方もおられるようなので繰り返します。
  視覚の明度や彩度は当然ちがう。が 色(周波数)は絶対的で
  変わらない。もし変わる人がいたらそれは障害で視覚に異常がみられる。
    • good
    • 0

「同じ」や「一致」という概念に惑わされない為に、それぞれの否定を考えてみるのが有効な場合があります。


「彼にはそれが私とは別様に見えた。」
「彼はそれを私とは別様に解釈した。」
と我々が言うさまざまな状況についての考察。
    • good
    • 0

色の感覚について



●参考URLによれば視覚情報は網膜により電気信号に変換され圧縮されている
 とのことである。
 つまりその圧縮後の情報が色の場合他人との間で同じであるかどうか
 ということになるでしょう。明度や彩度の情報は人によりちがうが
 色相(周波数)の情報は同じである。というのがわたしの持論です。

 だれかもう調べてるんじゃないか?とも思いますがその参考URLを
 見つけれませんでした。

 色相の圧縮された情報が人によりまちまちだということになれば
 そのことによる色がらみの視覚的個人差(色収差など)が発生するはずなのです。
 そんな個人差がないということはかなりの正確さで圧縮されている証拠です。
 もしどなたか そんな実験の結果などご存知でしたら 教えてください。

参考URL:http://muku98.ces.kyutech.ac.jp/Research/Experim …
    • good
    • 0

これは国語(もしくは論理学)の問題ですか?



>他人と自分が感じたこと(感覚)は、いっしょなのかどうか

他人の感覚=自分の感覚 or 他人の感覚≠自分の感覚

>同じことに対して感じたことをどう解釈したか

自分の感じたこと←解釈
他人の感じたこと←解釈

と図示できます。
    • good
    • 0

 十人十色、千差万別です。


 人生体験も知識も違いますから、当然、受けて捉える深さ等も違う筈であります。
 多少の違いは、あるかもしれませんが、ある程度の認識に対して共感することはあるでしょう。
 でも、どの程度、共鳴しているかは分かりません。
 如何ですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイエスはナザレで、どのように感じて、どのように考えて、どのように行動したのでしょうか?

こんばんは。

先日、こちらのサイトを拝見していたところ、次の一文を見つけました。

「聖書のイエスの逸話がこの例として有名です。
イエスが弟子を連れた教えを説いていたときに多くの町の人々に尊敬されましたが、
地元のナザレに戻ったときだけは、小さい頃のイエスを知られていたために
何を偉そうに言ってるんだと人々から反感をかい拒絶されたということです」

これは下記URLのNO,1の方の回答です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1698886.html


そのときの状況を、もう少し詳しく知りたいのですが、
そのような酷い扱いを受けたイエスは、どのように感じて、
どのように考えて、どのように行動したのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イエスはそこを去って、郷里に行かれた。弟子たちもついて行った。安息日になったとき、会堂で教え始められた。それを聞いた多くの人々は驚いて言った。「この人は、こういうことをどこから得たのでしょう。この人に与えられた知恵や、この人の手で行なわれるこのような力あるわざは、いったい何でしょう。この人は大工ではありませんか。マリヤの子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではありませんか。その妹たちも、私たちとここに住んでいるではありませんか。」
こうして彼らはイエスにつまずいた。イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、親族、家族の間だけです。」
それで、そこでは何一つ力あるわざを行なうことができず、少数の病人に手を置いていやされただけであった。イエスは彼らの不信仰に驚かれた。それからイエスは、近くの村々を教えて回られた。(マルコ6:1-6:6)

同様の記述がマタイ13:54-58にもあります。


素のままのイエスではなく、ナザレ人ヨセフとマリアの息子であり大工であるという属性の上でのイエスとして彼を見ていたのでしょう。素のままの自分としてはどうも受け入れられないらしい、と判断して、故郷を離れたのではないでしょうか。

イエスはそこを去って、郷里に行かれた。弟子たちもついて行った。安息日になったとき、会堂で教え始められた。それを聞いた多くの人々は驚いて言った。「この人は、こういうことをどこから得たのでしょう。この人に与えられた知恵や、この人の手で行なわれるこのような力あるわざは、いったい何でしょう。この人は大工ではありませんか。マリヤの子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではありませんか。その妹たちも、私たちとここに住んでいるではありませんか。」
こうして彼らはイエスにつまずいた。イエ...続きを読む

Q同じ星座でも生まれ月が違うと違う種類の星座になる

んですか?星座って12個だけではなかったんですか?

Aベストアンサー

生まれ月の「星座」というのは、その時期に太陽がある位置
(昼間は星は見えませんが、太陽はその星座に位置している)
星空の中を、一年をかけて太陽は一周します(実際は、地球が
太陽の周りを一周しているのですが)。
その折に通過する星座を、360度を30度ずつに分けると、
だいたい12星座の場所になるのです(正確に言うと13個目の
へびつかい座も入れたい感じなのですが)。
そして、星座の割り振りをする時に、暦としての役割を重視して、
実際の星座の領域とは多少ずらして、春分と秋分を基点として
分けたので、春分・秋分がカレンダーの月と一致しないように、
星座もずれているのです。

Q他人に良いことをすると、良いことが帰ってきますか?

他人に良いことをすると、良いことが帰ってきますか?

例えば、ニコ生で、乞食でお金募集している人にお金をネット送金したら、

そのお金は帰ってきたりしますか?

Aベストアンサー

場合によりけり、人によりけりですが、他人に良いことをしたという満足感を味わうことが出来ます。

損したとか、見返りが無いのであればやりたくないという気持ちが少しでもあるのであれば何もしないことです。

Q仏陀とキルケゴールでは人生のプロセスにおける快楽主義について考えどのように違うのでしょうか?

仏陀とキルケゴールでは人生のプロセスにおける快楽主義について考えどのように違うのでしょうか?
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仏陀とキルケゴールでは人生のプロセスにおける快楽主義は、質問者さんの「ソクラテスVSエピクロスの問答」と同じですね。
仏陀、釈尊もゴータマ・シッタダの時代は妻帯をしラーフラという男児をもうけています。当時のインドでは跡継ぎを残せば出家してもよいというしきたりがあったからですね。釈尊ははっきり明言していますね快楽におぼれた生活の中にも自分を痛めつける苦行の中にも真の悟りはないとね。これが苦楽の中道ですね。つまり快楽主義も自虐主義もそれにとらわれるとだめといってるんですね。すべてを否定してるわけじゃないんですね。
一方、キルケゴールはどうでしょう。キリスト教的罪悪思想が刷り込まれた人生だったんでしょう。結婚などは罪悪だったんでしょうねでも好きな人はいるという自虐を快楽とするしかないという人生かな。これは苦を快楽とするものですね。立場は違えどもエピクロスとおなじでしょう。仏陀もソクラテスも彼ら(エピクロス、キルケゴール)には同じことを言うでしょうね。無知の知とね。

Q人間は「無→対自→対他」と成長していくそうです。対

人間は「無→対自→対他」と成長していくそうです。対他の次の成長ってなんだと思いますか?これは哲学です。

Aベストアンサー

質問というより、人を試している感が強いような気がしますが違いますでしょうか?

私も最初、人の成長段階かなと思いました。
もしそうであれば、謎かけと言うか「なぞなぞ」に属する類いと思います。
「朝は足が4本・・・」に「次なんだ」を足したもの。

サルトルからの引用でしたら、無が先にあるというのは
意味が分かりません。


しかし、サルトルもハイデガーも自分と向き合うと言う過程を経て
それをどう捉えて表現したかを知ることができましたので
質問は参考になりました。

で、なぞなぞの答えは何でしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報