市販品の絶縁抵抗計で絶縁抵抗を測定する場合に、充電部にー電位を印加して測定していますが、その理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

絶縁抵抗計での測定目的は、抵抗体や導体の抵抗値の測定ではなく、絶縁抵抗の測定に有ります。


絶縁ですから理想的には、抵抗無限大が理想なのですが、現実には、電圧を印加すると絶縁体の表面や内部を多少の電流は流れます。
これは、その絶縁物の材質や形状・大きさ、絶縁距離、沿面距離、汚れ、変質、吸湿、温度などに関係しますが、いずれにしても電圧を上げていくと漏れ電流は、増加していき、有る電圧になると絶縁が破壊されます。
この絶縁を評価する目的で測定するので、対象になる機器や線路や配線、或は、絶縁材料、部品により使用電圧又は定格電圧から決められた値の電圧を印加して測定します。
その為、絶縁抵抗計は、その対象目的ににより、250V、500V、1000Vなどが市販されています。

絶縁抵抗を既知抵抗の電圧計や既知容量のコンデンサーと検流計などで測定する場合でも電圧は、印加して測定します。
    • good
    • 0

関西電気保安協会


http://www.ksdh.or.jp/hoan/28_1.html
測定法のQ&A
http://www.toyo.co.jp/keithley/faq/sokutei.html

参考になりそうなのを見繕いました!
参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.ksdh.or.jp/hoan/28_1.html,http://www.toyo.co.jp/keithley/faq/sokutei.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶縁抵抗計の測定について

絶縁抵抗計の測定について電気回路の知識が乏しいため、理解出来ない点がございます。
添付図に示すように、回路Aでは20V電源のGND(グランド)がEARTH(アース)につながっており、
回路Bでは、20V電源でEARTH(アース)はなくGND(グランド)のみです。

この場合、回路AではGNDがEARTHにつながっているため、図の赤点線で絶縁抵抗計で測定しても
測ることができない?とのことなのですが、なぜなのでしょうか?(回路は正確でないかもしれません)GNDがEARTHにつながっているため、浮いてしまっているらしいのですが、浮いているとなぜ
測れないのか分かりません。

また、絶縁抵抗計は電流計と何が違うのでしょうか?

素人質問で申し訳ございませんが、できるだけ詳しくご教授お願いします。
可能であれば数式もあるとありがたいです。
わがまま言って申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 >GNDがEARTHにつながっているため、浮いてしまっているらしいのですが、浮いているとなぜ測れないのか分かりません。

浮いているという表現は良く分りませんので、私なりにお答えしたいと思います。
まず添付されている回路では説明できないないので、修正させていただきます。
・負荷が回路中にないので接続し、実際の回路に近づけます。
・電源が接続されていると、絶縁抵抗計の電圧以外に不要な電圧が回路にある為、正確な絶縁抵抗測定できないので回路から切り離します。

そして、絶縁抵抗測定とは、電線、機器に使用されている絶縁体の性能を測る事だという事を理解してください。
その為には、回路導体を絶縁体で切り離している状態にする必要があります。

添付図の(1)、(2)を見てください。
質問者様が添付されている図では、電線間でも、対地間でも回路ができている為、負荷抵抗を通り過ぎ、
 絶縁抵抗 = 負荷抵抗
となってしまいます。
特に対地間では、回路アースの取る位置が負荷側なので、この問題がおきています。

その為、通常の回路アースは、電源側に接続します。(添付図 (3)(4))
そして、電線間での測定では、負荷を切り離し、対地間の測定では、負荷を接続し回路全体とするか、+、-を短絡して回路全体として測定します。

ちなみに実際の回路に近づける為、回路外側に接地帯を書き入れてあります。


 >また、絶縁抵抗計は電流計と何が違うのでしょうか?

これについては、メーカーの人間なので明確なお答えはできません。
ただ、抵抗を測定するには、電流を直接利用する方が良いので、内部抵抗は直列接続。
電流を計測するには、過大な電流は不要なので、内部抵抗は並列接続になろうかと思います。

 >GNDがEARTHにつながっているため、浮いてしまっているらしいのですが、浮いているとなぜ測れないのか分かりません。

浮いているという表現は良く分りませんので、私なりにお答えしたいと思います。
まず添付されている回路では説明できないないので、修正させていただきます。
・負荷が回路中にないので接続し、実際の回路に近づけます。
・電源が接続されていると、絶縁抵抗計の電圧以外に不要な電圧が回路にある為、正確な絶縁抵抗測定できないので回路から切り離します。

そして、絶縁抵抗測定とは、電線...続きを読む

Qメガー(絶縁抵抗計)の測定手順がわかりません。

楽器用のシールド(フォンケーブル)の絶縁抵抗値を計測したいのですが、赤の端子をどこに、黒のワニ口をどこに接続すれば計測出来る・・・などの具体的な手順が分かりません。

色々と調べてみて、家庭用電化製品などの計測はネット上で見つけたのですが、ケーブルとは勝手が違い情報が見つけられず困っています。

誰か教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 電線の絶縁測定を行う場合、片端は開放してください。
端子が小さくて取り扱いが面倒ですが、自分が感電しないよう
注意しながら絵のように接触させ計測します。
 その結果が、1MΩとすれば、その程度の絶縁抵抗値と
なります。なお、本来はもう少し高い値が計測できると思いますが、
デジタル絶縁抵抗計とすれば、読み取り誤差もありませんし、
計測値として間違いはないと思います。

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Q物理の電位差計の問題で悩んでいます。抵抗値を変化させて検流計に流れる電

物理の電位差計の問題で悩んでいます。抵抗値を変化させて検流計に流れる電流がゼロになる理由が分かりません。ゼロにならない時はどのような状態になっていてゼロになったときはどうなっているかイメージできません。電池の起電力と向かい合った抵抗部分の電位差が等しいから流れないというのが分かりません。流れるような気がします。単に電池に抵抗を接続した場合も電池の起電力と抵抗両端の電位差は等しくなってますよね。

Aベストアンサー

電位差つまり電圧Vのあるところに抵抗rをつなげば電流i=V/rとなるというオームの法則に過ぎません。もっと正確に言うと回路上の点Aにおける電位をEa、点Bにおける電位をEbとすれば2点間の電位差Vab=Ea-Ebということです。検流計がつながっている2点間に電位差が生じない状態になるように抵抗を変化させているわけです。要はブリッジ回路です。回路をよく見て考えてください。

Q絶縁抵抗計計のワニ口について

絶縁抵抗計計のワニ口についての質問です。
絶縁抵抗計計のワニ口とプローブ間には、直流電圧が印加されます。
極性はワニ口がプラスなのですが、なぜ、プラス極を接地側に接続するのでしょうか。
どなたかご存知の方が、おられましたお教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その理由は絶縁抵抗計の取説に書いてあります。
測定器を使うときは、先ず取説を読むとゆう癖を付けた方がエエですよ。
時間の節約になるし、故障防止にもなりますから。

例えば、ここのp.3-13には
http://www.kikusui.co.jp/kiku_manuals/T/TOS7200_V2_J1.PDF
一端が接地された被試験物に対しては、大地に+極を接続した方が測定値が小さくなるのが普通だから、絶縁不良を検知するには適切であるとか書いてあります。
詳しくはJISC1302-1994の解説にあると思います。
接地されていないときは、+でも-でもどっちでも良いとか続けて書いてありますね。

参考URL:http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=tos7200


人気Q&Aランキング

おすすめ情報