このカテゴリで合っているのか分かりませんが,教えてください。マンホールの材質がBMCって書いてある図面があったのですが,日本語で言うとなんて材料ですか?すみませんが,教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

不飽和ポリエステル樹脂をベースにガラス繊維を組み合わせた成形材料をBMC(Bulk Molding Compound)といいます。

この成形材料は、寸法精度、電気特性、難燃性に優れた性能を有する上、プレス成形ができることから作業環境にも優しく、さらに均一的な製品の生産が可能となりますので、住宅機器、自動車部品、電気、電子、通信機器部品などの材料として広く使用されております。
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「モリマー」
このページの左端で「用語集」⇒「BMC」をクリックして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://www.molymer.co.jp/index2.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大変申し訳ありませんが、どなたかNH4,NO3,CH,CO,PO4,S

大変申し訳ありませんが、どなたかNH4,NO3,CH,CO,PO4,SOの英名を教えていただけないでしょうか。
英語で化学の授業を受けるのに解りません。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ammonium (cation),
http://en.wikipedia.org/wiki/Ammonium
nitrate (anion)
http://en.wikipedia.org/wiki/Nitrate
methyne
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Methyne_group.svg
carbon monoxide
http://en.wikipedia.org/wiki/Carbon_monoxide
or carbonyl
http://en.wikipedia.org/wiki/Carbonyl
phosphate (anion)
http://en.wikipedia.org/wiki/Phosphate
sulfur (sulphur)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sulfur
or sulfide (anion)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sulfide

Q1,2,3,4,5,6ーヘキサクロロシクロヘキサン

1,2,3,4,5,6ーヘキサクロロシクロヘキサンの中で1番安定な立体配座はどれでしょうか…

Clの1,3ージアキシアル相互作用を避けたいのでClをできるだけエクアトリアルにしたいところですが、だからといってClをすべてエクアトリアルに持っていったりするとゴーシュ型で不利になりますよね…静電相互作用も働きますし…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全部エクアトリアルにすればいいんじゃないですか。

>だからといってClをすべてエクアトリアルに持っていったりするとゴーシュ型で不利になりますよね…
アキシアルにすれば隣のC-C結合とゴーシュになりますよね?そこまで気にする必要はありません。

>静電相互作用も働きますし…
???

QAl溶解用容器の構造,材質

 Al合金を約10kg,真空炉(溶解時には窒素100%,大気圧,1000℃)中で溶解することを検討中です.どのような構造,材質の容器が最適なのでしょうか?
 溶解後に他の容器に移すため,連続鋳造のタンディッシュのように,底部に穴を設け,ストッパーで開閉させることを考えています.
 鋼の連鋳のタンディッシュであれば,鉄容器に耐火レンガが敷き詰められ,不定形耐火物が吹き付けられていると思いますが,Alの連鋳やダイキャストではどのような容器を使用しているのでしょうか?
 そのような容器の製造メーカーもご紹介頂ければ幸いです.
 なお,溶解用容器は再利用可能としたく考えています.

Aベストアンサー

溶解時間からすると、鉄製容器は万が一を考えれば避ければいいと思います。
<小学校の理科の時間でアルミ缶のリサイクルの実験では、七輪の上に鉄の容器を乗せ,溶解実験をしているのを見たことがあります。缶表面の材料からのガス発生を懸念したら、おすすめできる実験ではありませんが...。>
テルミット反応は、酸化鉄とアルミの反応ですから、この条件ではあまり気にする必要はないでしょう。外部からの酸素供給がないとして。
お答えが遅れましたが、黒鉛ルツボかハイアルミナの耐火物の内張りということになります。これらの製造メーカーは、下記のカロス出版株式会社のサイト内のアルミニウム設備機器資材総覧というページを参照ください。
アルミ合金の溶解で1000℃は高いと思いますが、何か特殊な合金なのでしょうか?
その場合は条件が変わります。

参考URL:http://www.kallos.co.jp/setsu00.html

Qイオン化傾向はK,Ca,NaなのかK,Na,Caですか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、理化学辞典も参考にしなさいとアドバイスを受けていたので、もう一度理化学辞典を調べたところ、私が持っている第3版では、確かに先生がおっしゃったようにK,Na,Ca,Mg・・と記載されていました。

ちなみに化学大辞典を調べたのですが、こちらは高校の教科書通りの順番でした。

化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

私自身は、恩師の教えを今も信じています。
よって、私から見れば、高校の教科書、化学大辞典、その他ホームページの記載も間違いだということになってしまいます。

私が正しければ、イオン化傾向などの基本的な記述が何10年も(今もって)間違って教えられ続けていることになりますし、化学大辞典が正しければ、私が先生にだまされて何10年も間違った思いこみをしてきたということになります。

みなさんはどちらが正解だと思われますか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、...続きを読む

Aベストアンサー

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測定値が時代を追って変化し』,何処かの時点で逆転したのだと思います。

 この辺りの事は「IUPAC (International Union of Pure and Applied Chemistry)」のサイト(↓)に情報があるかと思いますが,残念ながら私には見付けられませんでした。「Site Index」の「Reports」辺りにあるんじゃないかと思いますが・・・。見付けられたら教えて下さい。

 そう言えば,むか~し(?)「かそかな,まあ当てにすなひどすぎる借金」って習った時に,「なんで,そ=ソーダ=Na じゃないんだ?」って疑問に思いましたね。

参考URL:http://iupac.chemsoc.org/dhtml_home.html

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測...続きを読む

Qニ、シ、ロ、ハ、ト。2,4,6,8,10。

日本では、身の周りにあるものを数へるときに、「ニ、シ、ロ、ハ、ト、」と、2個づつ、数へてゆく習慣があります。

生化学に目を向けてみますと、同様の現象が見られます。たとへば脂肪酸は、炭素数2個単位で合成されることが多く、結果的に、炭素数が偶数のものになります。(註)

この2個単位といふ、日本人の習慣と、生化学には、両者に共通する深遠な法則性があるのですか。


註:例示すれば、パルミチン酸は炭素数16、ステアリン酸は18。

Aベストアンサー

ソロバン文化でないヨーロッパでは、分数や12進法が発達しました。60分とか・・
 ベンゼン環は6個の炭素で出来ていて、meta,ortho,paraと1/3や1/2が良く登場します。炭水化物はC6H12O6で表されます。有機化学と西洋文化に共通する深遠な法則性があるのでしょうか??

 単なる偶然です。

 多分、植物が光合成でブドウ糖を生産できるようになった、これを代謝していく過程で有毒な副産物を精製しない2個単位での代謝--エタノール--アセトアルデヒド-->酢酸-->CO₂ H₂Oに都合が良い。奇数だとホルムアルデヒドが出来ちゃう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報