痔になりやすい生活習慣とは?

今住んでいるアパートが木造で、
となりの部屋の音がうるさいので遮音性に優れたマンションに移ろうと思っています。

マンションの構造にはSRC造とALC造というのがありますね。
どちらも遮音性に優れているということですが、
実際どちらの方が遮音性にするれているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

RCやSRCのほうが遮音性が優れています。


RCは壁がコンクリートの20cm程度、ALCは軽量コンクリート10cmです。
音は重さに比例して遮音性が高まりますから、同じ厚さでもALCよりもRCのほうが遮音性は高いです。

SRCは、柱と梁に簡単な鉄骨が入っていますので、壁の性能はRCと同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それぞれで壁の厚さがちがうのですね。
重さでも遮音性が高まるとは知りませんでした。
とても参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/04/23 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QALC造マンション、上下階の音

 実家での戸建て生活が長く、今回初めて引越しをすることになりました。小型犬連れでの引越しのためなかなか手ごろで希望条件の合うものが無く、やっと先日決めることができました。
 ALC造マンションの最上階の3階です。
築20年弱です。
ALC造というのは耐震性はあるけれど遮音性はないとネットでは出ていましたが、不動産屋さんと下見に行った際窓越しに立ったところ、ちょうどお隣の部屋の母子の話し声がはっきりと聞こえ、音について担当者に尋ねたところ「ALCだから大丈夫、今日は暑いから隣の部屋が窓を開けているせい・・・」と言われました。
少し心配を残しつつも、やっと見つけた好条件の物件で決めました。
仮にお隣同士の音漏れが(下見したときほど会話の内容が筒抜けでは困りますが)あるのは、自分たちも隣に聞こえているかもと自覚でき、
どの程度気をつけたらよいか・・・など多少わかりそうですが、
私の借りた部屋は最上階のため上からの騒音はありません。その分階下の部屋に対し自分の出す音の程度やどんな動作で階下に響く音が出てしまうのかを計り知ることが出来ません。子供はいませんが、小型犬は来客や物音には反応し甲高く吠えますし、元気なので走ります。階下の方へどの程度の動作やどんな生活音が騒音として響きご迷惑になってしまうのでしょうか?椅子を引く音さえ響くと書かれていたりしますが、普通に生活できるのでしょうか・・・。
お住まいの方にはこのへんのことをお教えいただきたいです。
犬もいますし、自分もがさつなところがありますので気が付かずに音を響かせてしまいそうで少し心配です。
家賃もペット分の割り増しを差し引いても間取りや場所的にも相場価格で安い物件ではなかったですし、ペットOKマンション(古くなって条件を緩和した可能性もありですが)なくらいだから、多少は遮音性を考えて作られていると思いたいのでのすが・・・。

 マンションの構造はいろいろあるようですが、調べてみてもよくわかりません。RやRCなどもあるようで、ALCはその構造の一部なのでしょうか?鉄骨と鉄筋と鉄骨の差もよくわかりません。やはりALC造では不動産屋の言うこととは違い、左右上下ともに強い音漏れがあるのでしょうか?上下階との遮音と左右との遮音であればどちらのほうが優れているのですか?

ALC造マンションにお住まいの方、建築関係に詳しい方どうぞご意見アドバイスをお願いいたします。

 実家での戸建て生活が長く、今回初めて引越しをすることになりました。小型犬連れでの引越しのためなかなか手ごろで希望条件の合うものが無く、やっと先日決めることができました。
 ALC造マンションの最上階の3階です。
築20年弱です。
ALC造というのは耐震性はあるけれど遮音性はないとネットでは出ていましたが、不動産屋さんと下見に行った際窓越しに立ったところ、ちょうどお隣の部屋の母子の話し声がはっきりと聞こえ、音について担当者に尋ねたところ「ALCだから大丈夫、今日は暑いから...続きを読む

Aベストアンサー

大家してます

>ALC造では不動産屋の言うこととは違い、左右上下ともに強い音漏れがあるのでしょうか?

有ります

強いかどうかは個人の主観ですので何とも言えません

>多少は遮音性を考えて作られていると思いたいのでのすが・・・。

考えていません

特に音は下に聞こえます

http://www.saturn.dti.ne.jp/~nachan/ALC_page_2.htm

安く・軽く造れる割に遮音性が良い...

RC(鉄筋コンクリート)に比較すればかなり劣ります

木造よりはましかな?...くらいでしょう

>犬もいますし、自分もがさつなところがありますので気が付かずに音を響かせてしまいそうで

基本的には「お互い様」の気持ちがないと共同住宅では暮らせません

対応するなら

・深夜は引き戸は使わない
・出来るだけ静かに暮らす
・イスなどはフェルトを貼る(100円屋に有ります)
・カーペットを敷く(念を入れるなら下に防音シート)
・窓を開けているときは出来るだけ静かにする
・TVのボリュームに注意する
・かならずスリッパで移動する
・窓に遮音カーテン
・境の壁に家具を配置する
・特に直下の部屋と仲良くしておく

書き上げればきりがありませんね

どこまでするかは貴方の考え方次第でしょう

一番は...「近所づきあいを親密にする事」

「顔見知りの方の騒音」は気になりませんが「嫌いな人の生活音」は気になります

「ウー、ワン・・・」...「お宅のワンちゃんはいつも元気ね・・・」

「キャン」...「お前のところの犬を啼かすな・・・」

えらい違いです

大家してます

>ALC造では不動産屋の言うこととは違い、左右上下ともに強い音漏れがあるのでしょうか?

有ります

強いかどうかは個人の主観ですので何とも言えません

>多少は遮音性を考えて作られていると思いたいのでのすが・・・。

考えていません

特に音は下に聞こえます

http://www.saturn.dti.ne.jp/~nachan/ALC_page_2.htm

安く・軽く造れる割に遮音性が良い...

RC(鉄筋コンクリート)に比較すればかなり劣ります

木造よりはましかな?...くらいでしょう

>...続きを読む

QRCと鉄骨ALCの防音性

今、賃貸で借りる部屋を探しているのですが、防音性を重視した部屋探しをしたいと思います。
同じ建物内の他の住民の声や音が聞こえにくいこと・自分の音や声が他の住民に聞こえないことが重要なのであって、外の音はあまり気にしません。

RC(鉄筋コンクリート造り)にも2種類あるんですよね?
骨組みが鉄筋コンクリートだけど壁や床は鉄筋コンクリートでないもの、壁や床も鉄筋コンクリートのもの。

防音性から考えたとき、この両者にはかなりの違いがあるものと考えたほうがよいですか。
この両者を見分ける方法はありますか。

鉄骨ALCは、防音は期待できないと思ったほうがよいですか。

ある仲介業者へ行ったら、新入社員らしき若い女の子が、とちりとちり
「入居をしている人は、みんな大家さんの審査を受けているから、そんなに騒ぐ人はいないと思いますよ。」
なんていうセリフを言っていました。
「そんなばかな!」と私は思いました。

Aベストアンサー

>RC(鉄筋コンクリート造り)にも2種類あるんですよね?

先の回答にあるように構造形式からすると壁式とラーメン構造があります。
ラーメン構造には純ラーメン構造と耐震壁付きのラーメン構造があります。

一般には壁式は低層、ラーメン構造は高さにかかわらず使用されます。遮音性能は構造形式では変わらないと思います。
一般には長手方向をラーメン構造、短辺方向は耐震壁付きのラーメン構造にすることが多いです。隣戸との界壁を耐震壁として利用するためです。

また工法から考えると現場打ちとPCa工法の2つに分けられます。
PCa(プレキャスト)は工場などで製作したコンクリートを現場で組み立てる方法です。
現場打ちのほうが一体化しているので、遮音性能が高いことが多いですが、プレキャストでも隙間なく施工してあればほとんど変わらないと言われています。

ALCはプレキャストが鉄筋コンクリート造なのに対して、コンクリート製品ではありますが、蒸気養生して空隙を多くして軽量にした物です、軽量のため遮音性の観点からすると劣る製品です。
一般に厚さが薄いものが多いです。

遮音性は重量とその厚さで変わりますので、重く厚い物ほど遮音性がよいと考えられています。

コンクリートブロックは中に穴があり軽量化していますし、ALCはコンクリートに比べて軽く、また薄いことが多いので、遮音性はかなり低いと考えられますが、賃貸でよく見られる壁を軽量鉄骨で枠を組んでボードを貼ったものよりはよいと思います(床はこのような仕様であることはまずない)。
おそらく壁厚を聞けばある程度判断できると思いますが、ボード貼りなどによっては見かけ上厚いですが中は空間だらけの場合もありますので、壁の仕様も確認する必要があります。

壁なら鉄筋コンクリート造で15cm以上、床なら20cm以上が分譲の場合の標準的な遮音仕様です(賃貸は遮音性のは考慮していないことが多いのでもっと薄いことが普通)。

なお、床に関してはボイドスラブという物があり、これは厚くても遮音性が劣るケースもありますので注意が必要です。

また、足跡のような音は床の仕上げにより低減できない騒音なので、床の構造でほぼ決まってしまいますので、床の仕上げがどんなに良くとも、床厚の確認は必要です。

また、古い物件に多いのですが、コンクリートの厚い壁を有していてもGL工法といわれるコンクリート壁にボードを貼った工法では、遮音性能が低下するので問題になることがよくあります。

ボードがあるかどうかは叩いてみると判断できます。

なお、賃貸は遮音性を考慮して設計することは先ずないので、賃貸物件で遮音性を重要視するのは無理があると思います(ピアノかとかいうちょっと割高なものならそれなりに考慮されていると思いますが)。

私は遮音性能以外について問題が多くあるので、薦めませんが、防音を重要視するのでしたら分譲賃貸のほうが優れていることが多いです。

なお、外部の音は気にしないといっていますが、窓の遮音性のが低いと回り込んできて隣や下の音がよく聞こえることがありますので、サッシの遮音性能も要確認です。これは構造に関係なくサッシの仕様でほぼ決まります。

>RC(鉄筋コンクリート造り)にも2種類あるんですよね?

先の回答にあるように構造形式からすると壁式とラーメン構造があります。
ラーメン構造には純ラーメン構造と耐震壁付きのラーメン構造があります。

一般には壁式は低層、ラーメン構造は高さにかかわらず使用されます。遮音性能は構造形式では変わらないと思います。
一般には長手方向をラーメン構造、短辺方向は耐震壁付きのラーメン構造にすることが多いです。隣戸との界壁を耐震壁として利用するためです。

また工法から考えると現場打ちと...続きを読む

QSRCとRCの違い

こんばんは。
昨日SRCタイプの賃貸マンションの内見をしてきました。
やはり鉄骨とは違い床もフローリングながら足音もしないし頑丈にできていました。
鉄骨はしょせんどんな対策をしてもプレハブにしかならないと実感しました。
で、そのとき不動産屋にSRCとRCの違いについて聞いてみたのですが、音に関してはどちらもさほど変わりはなく、耐震性に違いがあると言われました。
ということはRCタイプのマンションに住んでもSRCと同じくらい音がしないと言うことになります。
どうなのでしょう。RCタイプに住んでも大丈夫でしょうか?
来年完成予定のRCタイプマンションに住み替えをしたいと考えていまして、また今回のような失敗はしたくありませんので皆さんの意見をお聞きしたいです。
できましたら現在RCタイプのマンションに住んでいる方の意見を伺いたいです。

Aベストアンサー

この間鉄骨とRCの違いを質問された方ですね。

SRCとRCの違いは、No.1さんが書かれている通りで簡単に言えば高層階(10階建以上がSRCで、10階建未満はRC造だと思われればいいでしょう。

SRCは柱にも梁にも鉄骨が入っていて、その廻りにフープ(帯筋)やスタラップ(あばら筋)が配筋してあり、周囲をコンクリートで固めてあります。
柱の鉄骨は全階数の半分位まで入っていて、半分より上階の柱はRC造になっています。

なぜ鉄骨を入れるのかと言うと、RC造だけで高層マンションを作ると1階などの下階の柱や梁が非常に太くなる(場所を取ってしまう=部屋が狭くなる)からと、階高を高く出来る事や高層階に伝わる地震力に耐えられるようにする為です。
また梁に鉄骨を入れるとスパン(柱間隔)を飛ばせるので、広い空間を取る事ができます。

RC造は下階になる程、柱や梁が少しずつ太くなるように出来ています。
今世間を騒がせている姉歯氏の設計した建物は、高層マンション(ホテル)であるにもかかわらず、上階と下階の柱や梁の断面寸法が同じになっているという信じられない構造になっています。

基本的にRCもSRCのマンションも遮音性能は同じです。
RC造でも全く問題ありません。
むしろ、遮音性能を気にされるのであれば戸境壁(界壁)がコンクリート造なのか、それともブロック造なのかの違いの方が大きいと思います。

この間鉄骨とRCの違いを質問された方ですね。

SRCとRCの違いは、No.1さんが書かれている通りで簡単に言えば高層階(10階建以上がSRCで、10階建未満はRC造だと思われればいいでしょう。

SRCは柱にも梁にも鉄骨が入っていて、その廻りにフープ(帯筋)やスタラップ(あばら筋)が配筋してあり、周囲をコンクリートで固めてあります。
柱の鉄骨は全階数の半分位まで入っていて、半分より上階の柱はRC造になっています。

なぜ鉄骨を入れるのかと言うと、RC造だけで高層マンションを作ると1階などの下階の柱...続きを読む

Q鉄筋コンクリート造りと重量鉄骨造りはほとんどかわらない!?

こんにちは。教えてください。
不動産屋さんは上下間の音は鉄筋コンクリートより重量鉄骨造り(防音ALCと記載がありました)のほうがきこえにくく、左右間の音はほとんどかわらないと言っていました。こちらでみさせていただいていると鉄筋コンクリートのほうが良さそうだと思うのですが、分譲タイプのような高級マンションでない限りそうなのでしょうか。やたらと鉄骨のマンションをすすめられます。重量鉄骨はただの鉄骨マンションより防音性がいいともききました。
鉄筋コンクリート≧重量鉄骨>鉄骨>軽量鉄骨>木造。実際あってるんでしょうか。。。

現在木造アパートの2Fに住んでいて生活音・近隣の学校の騒音などに悩まされていてマンションタイプの物件を探しています。そこまで神経質ではないのですが、近隣に恵まれなくて音の問題で(毎日早朝から掃除機をかける、夜中に大声で歌を歌うetc…。)引越しを繰り返しています。次に住むところは長い間住みたいと思っているので慎重に探しているのですが不動産屋さんによって言われることが違うので困ってしまいます。どうか教えてください。よろしくお願いいたします。

こんにちは。教えてください。
不動産屋さんは上下間の音は鉄筋コンクリートより重量鉄骨造り(防音ALCと記載がありました)のほうがきこえにくく、左右間の音はほとんどかわらないと言っていました。こちらでみさせていただいていると鉄筋コンクリートのほうが良さそうだと思うのですが、分譲タイプのような高級マンションでない限りそうなのでしょうか。やたらと鉄骨のマンションをすすめられます。重量鉄骨はただの鉄骨マンションより防音性がいいともききました。
鉄筋コンクリート≧重量鉄骨>鉄骨>軽量...続きを読む

Aベストアンサー

床の遮音性能のうち足音など重量物による衝撃音(重量衝撃音)は梁で囲まれた面積と床の重量(一般に床の構造は単一材料ですので、密度一定のためその厚さ)でほぼ遮音性は決まってしまいます。

鉄筋コンクリート床とALC床は同じコンクリート製品ですが、ALCは気泡の多く入った工場製品ですので、一般に軽量です(その分運搬などがしやすいというメリットがある)。
また現場打ち鉄筋コンクリートだと施工が難しくほとんど造られない薄さの100mm程度の製品がALC床版では主流です。

防音ALCというのがどんな製品なのかよくわかりませんが、一般にALC床の遮音性は悪いです。
これを改善するためにALCにモルタルなどを縫って厚さと重量を増して改善することが行われていますが、同じ厚さなら重量が大きい鉄筋コンクリートのほうが大抵は遮音性がよいです。

また、ALCは工場製品のため接続部分が発生します。この部分の処理が悪いとずれにより音が発生することもあります。

床の厚さとALCの密度を確認した方がよいと思います(鉄筋コンクリートは2.3程度です)。
また遮音性がよいというのなら床の重量衝撃音の性能を確認してみるとよいでしょう。
LH-いくつという数字で性能が表示されます。
数字は小さい方が遮音性能がよいです。

参考までに記述すると、コンクリートならだいたい厚さ130mmで60、150mmで55、180mmで50程度となります。ALCだと厚さ100mmで65~70です。


なお、床の遮音性能は椅子を引きずるような軽量物による音は軽量衝撃音といいこれはLLで表され、床の構造よりも床の仕上げ(フローリング、絨毯、畳等)により変わる数値ですので、仕上げ次第と言うことになります。

また、一般に鉄筋コンクリートの壁は鉄筋コンクリートのことが多いですが、鉄骨の場合はALCなら良い方で、軽量鉄骨枠組みにボードを貼った程度の使用のことも多く、重量がないので遮音性能が悪く、隣戸間の音が問題になることが多いです。

ちなみに日本建築学会の遮音性能基準では、鉄筋コンクリート構造とその他の構造として大区分していますので、木造、軽量鉄骨、重量鉄骨の性能は大差なく、その仕様による差があるだけと考えた方がよいと思います。

なお、鉄骨の重量・軽量の差は柱・梁の差であって遮音性能に関係する壁や床の仕様とは関係のないものです。

床の遮音性能のうち足音など重量物による衝撃音(重量衝撃音)は梁で囲まれた面積と床の重量(一般に床の構造は単一材料ですので、密度一定のためその厚さ)でほぼ遮音性は決まってしまいます。

鉄筋コンクリート床とALC床は同じコンクリート製品ですが、ALCは気泡の多く入った工場製品ですので、一般に軽量です(その分運搬などがしやすいというメリットがある)。
また現場打ち鉄筋コンクリートだと施工が難しくほとんど造られない薄さの100mm程度の製品がALC床版では主流です。

防音ALCとい...続きを読む

QRC造の物件はどれくらい防音・遮音を期待できますか?

現在木造アパート2階角部屋に住んでいます。
隣・階下の足音・物音・声・震動に悩まされています。
RC造4階建てマンションの4階角部屋に引っ越そうかどうか考えています。
下からの物音、そしてこちらの物音はどれくらい響くものでしょうか?
ミシンを使ったりしたいのですが、可能でしょうか?
物件を見にいったところ、隣と接している部屋の壁はコンコンと音がしたのでコンクリートが入っていないように思いました。
今住んでいるアパートでは、自分の音も他の部屋の人の音も気になってしまい、落ち着いて生活が出来ない状態です。
神経過敏になっているとは思いますが、落ち着いて暮らせるところに引っ越したいです。
「音を気にするなら、重量鉄骨造がいいよ」と友人に言われたのですが、
「RC造」と「重量鉄骨造」ではそんなに違いがあるものでしょうか?
RC造のマンションでは階下・隣の物音(足音)は響きますか?

Aベストアンサー

「重量鉄骨造」より「RC造」のほうが防音・遮音はずっと優れています。
なぜなら、防音・遮音の性能というのはその材料の重さ(密度)に左右されるからです。コンクリートのように重い材料は音が来てもそれに従って振動することが非常に少ないのです。これにくらべて石膏ボード壁のような軽い材料は振動(音)が伝わりやすいので遮音効果が低いのです。
RC造でしたら、隣の部屋は階下の部屋の物音はまず聞こえません。TVをよっぽど大きな音でかけたりすればかすかに聞こえる程度でしょう。上階の音もほぼ同様です。
ただし、コンクリートに直接振動を与えるような場合(床で跳ねたり、重い荷物をドシンと落としたり)するとさすがに下に響きます。ミシンを使われる場合にはミシン台の足にクッションを張るなどの対策をすれば、このような振動音が伝わる心配は減少します。

QRC造なのに音が筒抜けのマンション

先日賃貸マンションに引越ししたのですが、生活音が筒抜けで参ってます。

RC造で築20年・最上階で角部屋です。 家賃は高めで見た目はしっかりした作りです。

主に下階からの水周りの音・話し声・足音・トイレの音・ドア開閉音など。
パソコンを起動する際の音楽まで聞こえます。

昼間でも下階の話し声が丸聞こえの状態で、深夜だと余計に声が響きます。

水周りも水道を出したり止めたりする音が全部筒抜けです。
止めるときなどはガクンという音が鳴り響きます。

今まで生活音など気にしたことはなかったのですが、あまりにもひどく家にいても落ち着きません。

以前住んでいたマンションは3つとも築年数は同じくらいでしたが、
騒音に悩まされたこともなく、水周りの音などしませんでした。

今回のようなマンションは構造自体に欠陥があるのでしょうか?

LL45等級の防音・吸音カーペットを敷けば少しは軽減できますでしょうか?
あと家の中が恐ろしく寒いです。断熱材も入ってないんじゃないかと思ってしまうほどです。


部屋に置いてるオリーブオイルやホホバオイルが固まってしまいます。(今まで固まったことは一度もない)

あと次に引っ越す時参考にしたいので、
欠陥構造の騒音マンションを避ける方法等あれば、教えて頂けるとありがたいです。

今度は失敗したくありません・・

RC造でもこのような筒抜けマンションがあるとは知りませんでした。

やはり築浅の物件が良いのでしょうか・・

安ければ仕方ないと思えますが・・ハズレクジを引いた気分です。

アドバイス宜しくお願いします。

先日賃貸マンションに引越ししたのですが、生活音が筒抜けで参ってます。

RC造で築20年・最上階で角部屋です。 家賃は高めで見た目はしっかりした作りです。

主に下階からの水周りの音・話し声・足音・トイレの音・ドア開閉音など。
パソコンを起動する際の音楽まで聞こえます。

昼間でも下階の話し声が丸聞こえの状態で、深夜だと余計に声が響きます。

水周りも水道を出したり止めたりする音が全部筒抜けです。
止めるときなどはガクンという音が鳴り響きます。

今まで生活音など気にしたことはなかったの...続きを読む

Aベストアンサー

RC造で下階の話し声が聞こえるのはかなり床スラブが薄いのかと思います。
最近のマンションは床厚が20cmくらいが標準ですが、一昔前は18cm、もっと前は16、15とかがあったみたいです。
築20年だと、ひょっとするとかなり薄いかもしれません。
20cmでまぁまぁ、子供の飛び跳ねる音以外は何とか、というレベルなので、15とかだと絶望的かと。

小梁の入り方も騒音に大きく影響します。自分の部屋の小梁を見てみるといいとおもいます。

断熱も、20年のマンションだと悪いと思います。
屋上外断熱が始まったのはここ10年くらいだと思いますので、20年のマンションだと屋上内断熱で結構寒そうです。
最悪、工事の手抜きで断熱なしの可能性もあります。部屋が外気温と同じくらい寒いなら、断熱されていないと考えたほうがよさそうです。ふつう、RCマンションなら部屋温度は外気温+5~10度くらいあります。


マンションの選び方ですが、賃貸マンションは構造が悪くなりがちなのでできれば避けたいです。
分譲マンションを賃貸として出している分譲賃貸のほうが、防音断熱ともに良いです。

立地等の観点でどうしても賃貸マンションを選ぶ場合は、築浅を選んでください。
新しいほうが構造はよいです。

また、寒さ暑さがこたえる場合は最上階角部屋を避けるべきです。
一般に中部屋のほうが、周りの部屋が断熱材になってくれるので断熱性能がよいです。

騒音が気になる場合は最上階角部屋になりますが、それと最低限床スラブ厚の確認と、断熱構造を確認すべきです。
最低でも床厚、戸境壁がRC18cmであることが望まれます。

注意するべきなのが、よく安いRCマンションであるのですが戸境壁がRCでない、木造(乾式壁といいます)である場合があります。この場合隣の部屋の音が結構響きます。叩いてみればすぐにわかります。


あと、防音カーペットなどの件ですが、あれは自分が出す音を防ぐためのものなので、周りの音を防ぐ効果は一切ありません。


私も音に苦しめられたので結構必死に調べました。
でも構造がいくら良くても、結局は周りの住人次第なので、難しいところです。

RC造で下階の話し声が聞こえるのはかなり床スラブが薄いのかと思います。
最近のマンションは床厚が20cmくらいが標準ですが、一昔前は18cm、もっと前は16、15とかがあったみたいです。
築20年だと、ひょっとするとかなり薄いかもしれません。
20cmでまぁまぁ、子供の飛び跳ねる音以外は何とか、というレベルなので、15とかだと絶望的かと。

小梁の入り方も騒音に大きく影響します。自分の部屋の小梁を見てみるといいとおもいます。

断熱も、20年のマンションだと悪いと思います。
屋上外断熱が始まったのはここ1...続きを読む


人気Q&Aランキング