地域通貨を、実験的に始めているのですが、現在運用中のもので企画・運営
など大学生が深く関わっているものや、学生が参加することを最初から、特性
の一つ(地域内の幅広いひとたちが参加することは、もともとの特性でしょう
が)としているような地域がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

仙台の東北大学を中心に活動している「アーバンネット」があります。

1999年に発足、まちづくり活動に参加した人に「まちづくりチケット」を発行しています。

下記サイトより引用:「アーバンネットは学生が中心となって作った非営利団体です。事務局の住所からもわかるように、(東北)大学内に事務局を置いていますので、ご安心していただけるでしょう。スタッフには大学生、大学院生をはじめ、中学生、高校生もいます。」

参考URL:http://page.freett.com/urbannet/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、ありがとうございました。参考にさせていただきました。
しかし、大勢の方から反応があるかと思ったのですが・・・。地域通貨
は問題性も指摘されてきていますが、ホットな話題だと思っていました。
 書いていただいてありがとうございました。

お礼日時:2002/07/05 15:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日のレート、ドル、ユーロ 主用通貨

をわかりやすくリストにしたサイト(銀行?)
はないでしょうか?

よろしくどうぞ

Aベストアンサー

下記サイトはいかがでしょうか?

但し、実際の銀行の両替レートではないので、実際両替をする際には
各銀行のホームページ等でチェックしてみてください。

参考URL:http://markets.nikkei.co.jp/kawase/crossrate.cfm

Q地域通貨が発達すると?!

現在いろいろなところで地域通貨というものが使われていますが,これが発達してその地域で生活する限り衣食住に不自由がなくなると、円の価値も変わってくるように思うのですが・・・(?)

Aベストアンサー

通貨の価値に影響を与えるほど発達した場合、政府によって規制されると思われます。
なぜなら消費税・所得税などが徴収できなくなり、政治制度が根底からひっくり返ってしまうからです。

Q為替レートを動かせる金額は通貨ペアによって違うのか

ドル/円やユーロ/ドルは他の通貨ペアと比較して非常に取引量が多く、100万ドル売買して1pip動かすのがやっとだと聞きました。

ではポンド/円や豪ドル/円などの比較的取引量の少ない通貨ペアに関しては、メジャー通貨と比べて少ない金額でレートを動かせるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

それはそうです。プールで波を起こすより風呂場で波を起こすほうが簡単です。
あと、他の方と同じで、100万ドルでは1pips動かないと思います。日本政府が1兆円超えの介入して数円(数百pips)だったのではないでしょうか。

Q土浦の地域通貨について

土浦の地域通貨きららを、実際に使われている方はいらっしゃいますか。
1きららが円換算で幾らになるのかなどの情報を教えてください。

Aベストアンサー

・キララちゃん→コミュニティバス(NPO運営のまちづくり活性化バス)
 上記のコミュニティバスで利用できる(乗車券として代用できる)→地域通貨「キララ」
・地域通貨「キララ」車内で発行している当日乗車証明券をの額面表示は100、
 活性化バス「キララちゃん」の1人1回の運賃(100円)として利用できる・・それ以外の用途には使用不可
・コミュニティバス「キララちゃん」に乗車→当日乗車証明券をもらう→事業の協賛店舗で1000円以上の買い物をする→地域通貨「キララ」が1枚貰える→有効期限内にコミュニティバス「キララちゃん」に乗車して運賃として利用
http://www.t-koutsu.jp/kirara_bus/index.html
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/pdf/022_tsuchiura.pdf

Q主要通貨の対ドル為替レートがのってるサイトはないですか?

今ある統計をドルに直したいと思って主要通貨の対ドル為替レートがのってるサイトを探しているのですが、何か良いサイトはありませんか?探したい対ドルレートはカナダドル・イギリスポンド・ユーロ・ロシアルーブルの4つです。英語のサイトでもかまわないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろな国の通貨が載っており、重宝しています。

参考URL:http://finance.yahoo.com/m3?u

Q地域通貨がもたらす影響について

最近、「エンデの遺言」と言うTV番組を見たのですが、海外では地域通貨が一般に普及していて、「地域通貨はお金と違って暖かいホットなマネーである。」と紹介されていたのですが、地域通貨が未来にもたらす影響とはどれほどのものと思いますか?

Aベストアンサー

限定的だと思います

有効範囲を地域に限定することにより富の流出や偏在に抵抗できるのが地域通貨の特色ですが、逆に言えば閉鎖的で自己完結した経済の中でしか普及できないということにもなります
かといって有効範囲を拡大していけば利便性とともに法定通貨の持つデメリットまで引き込むことになってしまいますので、普及が限定的にとどまることを運命付けられていると言えるかもしれません

また、標準価格の成立しにくさも、普及の足かせになるかもしれません
個人間の直接取引きが主たる使用環境ということになると思いますが、普及すれば普及するほど煩瑣な取引が増え、消費を停滞させる恐れもあるでしょう

企業間の取引には、法定通貨との兌換性がない以上、ほとんど使われないと思いますが、もし、あなたの勤め先で『今月から給与の半額は地域通貨で支給します』なんてことを言い出されたら容認できると思いますか?

Q海外の店を使ってネットでカード決済をした場合の通貨レート

海外の店を使ってネットでカード決済をした場合、通貨レートってどうなってるんでしょうか。たとえばページ上では通常、××ドルとか○○ユーロとかしか書いていないですよね。ちなみに私は、これまではネットでのカード使用そのものが不安で、たとえば洋書などを取り寄せるときも、割高ですが日本の書店を介してやっています。

Aベストアンサー

海外在住者♂です。
海外でカード決済した場合は、(カード会社によって多少異なりますが)、使用日の営業日2-3日後の為替を使用するケースが殆どです。
使用した時に支払い金額(円貨)が判らないと言う気持ちも判りますが、別に損する事だけではないですから・・・。また銀行&カード会社も小さな小さな利益で、会社としてもイメージを損なう事はしませんよ。ちゃんと規定に則って処理してますから安心してください。

むしろ日本の書店等を介した方が、彼らの手数料が含まれますので、割高になると思いますよ。

Q地域通貨はデフレ脱却の妨げにならないのでしょうか?

近年限定された地域のみで通用する貨幣(もどき)がおおはやりです。

しかし今の日本は、デフレ脱却なくして国の発展はない
至上命題です。

つまりマネタリーベースを増やさないとアカンのに
地域限定通貨はその思想に反すると思うとります。

地域通貨は、禁止すべきものではないでしょうか?

Aベストアンサー

要するに、日銀がマネタリーベース増やさないから、地域でやってやろうと。
日銀がきちんと金融政策してくれたら地域通貨なんて必要ないのですが、
日銀がきちんとやってくれないから、国民が困ってるわけですねぇ。

地域通貨を禁止するよりも先に日銀法改正した方がいいでしょう。

Qどれがユーロ切換え通貨なのでしょう?

海外旅行に行って持って帰ってきたヨーロッパの紙幣がいくつかあります。ユーロに切り替えた通貨は二月末までに両替しないともう両替できなくなると聞いているのですが、ヨーロッパの通貨のどれがユーロ切換え通貨なのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ユーロ切り替え対象の通貨は参考URLをご覧下さい。各国通貨の交換期限も紹介されています。(国によって少しずつ違います)

流通期限は2002年2月まででも、交換期限はもう少し先にしているところが多いようです。市中の銀行の期限がやや早く、それを過ぎたら各国の中央銀行に持込むことになります。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8033/kiken.htm

http://jpn.cec.eu.int/japanese/general-info/5-5-6-1.htm

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8033/kiken.htm

Q地域通貨について

地域通貨について、教えてください。このマネーが街の人々にとって、どういうメリット、デメリットがあるのか、地域通貨が今後広がっていく可能性があるのかなど、また、この通貨を使ったことがある方など、いろんな意見が聞きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。ちょうど本日16日付けの日本経済新聞のエコノ探偵団というページで地域通貨について書いてありました。
あと、エンデの遺言 根源からお金を問うこと NHK出版
           ISBN4-14-080496-3 1500円
という本がありますので参考にして下さい。

参考URL:http://www3.plala.or.jp/mig/index-jp.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報