自動車教習所に通っていた頃、「キープレフト」という言葉をよく聞きました。

今、それがどういうことなのか、うろ覚えなんです。「なるべく左を走行すること」程度の解釈なんですが‥‥。
教習所では、路側帯の外側の白線ギリギリ、ちょっと怖いくらい左を走らされたような記憶があります。

本来(法規・法令的に)、車両は路側帯からどれくらい離れて走るべきものなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再び回答します。



道路交通法には、次のように書かれています。

――――――――――――――――――――
第18条
   車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を
  通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道
  路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、そ
  れぞれ当該道路を通行しなければならない。
第20条
   車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側
  端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
  ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定さ
  れた自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通
  行となつているときは、当該道路)に3以上の車両通行帯が設けら
  れているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その
  最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。
――――――――――――――――――――

つまり、18条によれば、普通自動車の場合は単に「左側に寄って」走ればいいわけで、決して「左側端に寄って」ではありません。

「左側に寄って」とは、「中央線をまたいだり右側を走ったりしないで左側を走れ」と解釈するのが自然でしょう。
路側帯ギリギリに走らなければならないと定められているのは、あくまでも「軽車両」だけです。
ですから、普通車の場合は堂々と車線の真ん中を走ればいい、というのが私の見解です。

また、複数車線の場合は左端の車線を走るのが原則だが、「政令に定めるところにより」右端以外の車線を走ることができる、とあります。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます!
よくわかりました。

お礼日時:2002/02/08 19:04

自分が交通の流れに乗って走っているのなら、何も路側帯を踏まんばかりに左端に寄って走る必要などありません。


そんなことをしたら、自転車や歩行者を引っかける危険が何倍にも増えるだけです。

1車線の場合は、普通に車線の真ん中を走っていればいいのです。
ただ、何かの理由(店を探しているなど)で、著しく遅い速度で走るような場合は、できるだけ左端に寄って走るのが礼儀というものでしょう。その場合、普段以上に左側に細心の注意を払うことは言うまでもありません。

2車線以上の場合は、右側は右折や追い越しのための車線で、普段は左車線を走ること…というのがキープレフトの趣旨だったように思いますが、これとて最近は、左車線は違法駐車の車がいたり、脇道からの出入りが多かったりで、左車線をスムーズに走り続けることなど不可能です。自分と周りの状況に応じて、適切な車線を選べばいいのです。

まあ、どの車線を走るにしても、車線の真ん中を走るというのが、安全運転の基本だと思います。法律がどうあろうと、私は安全を優先するためにそうしています。

P.S.
そもそも、キープレフトというのは、何が何でも左に寄って走るということではなく、“Slower traffic must keep left”つまり「遅い車は左に寄れ」という解釈が諸外国では常識だと聞いたことがあります。
仮に2車線の道路で全員が左車線を走るとしたら、2車線にした意味はほとんど無くなってしまいますよね?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ちょっと、整理しますね。

まず、私が知りたいのは、「法律」であり、それに準ずる「法規、法令、規則」なんです。安全な走行の仕方という問題は、今、私の知りたいことではありません。

で、私の疑問である「キープレフト」というのは、ysk6406さんのお答えで
「二車線の道路では普段は左斜線を走ること」という意味であると理解してよろしいですか?
「路側帯のそばを走ること」という私の記憶は間違いだったのでしょうか?そもそも「キープレフト」って、法律なのでしょうか。それともマナーのようなものなんでしょうか。

補足日時:2002/02/07 19:55
    • good
    • 0

自分が教習を受けた時に教官が言ってたのは


「自分が路側帯と中央分離帯の真中を通る様に」と教わりました
右ハンドルに限られますが運転者が道路の中央にいれば
車体全体として左に寄りますよね?あくまで目安です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>自分が路側帯と中央分離帯の真中を通る様に
確かに教習所では、真ん中より左を、と教わりましたね。

お礼日時:2002/02/07 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q路側帯の白線が消えてる場合とか、路側帯が狭すぎる場合

路側帯の白線が消えてる場合とか、路側帯が狭すぎる場合ってどこを歩けばいいんですか?
なんか車がギリギリ横を、ものすごい速度で走って行くし怖いんです

もしかして歩行禁止とかあるのかな?
車道に出ないで歩くにはせますぎるし、かといって車道に出ればクラクションの嵐だし
結構そういう道って多いですよね?そんなことない?
どっかに言えば広くしてくれるんですか?

教えてくださーい^^

Aベストアンサー

 こんばんは。

>路側帯の白線が消えてる場合とか、路側帯が狭すぎる場合ってどこを歩けばいいんですか?
なんか車がギリギリ横を、ものすごい速度で走って行くし怖いんです

 #1さんも書かれていますが、路側帯は車の為に引いてあるもので、ここが道の端ですよという目印なんですね。歩道がなければ何処を歩いてもいいんですが、そういうわけにも行きませんから、出来るだけ端を歩いてくださいとしかいえないです。

>もしかして歩行禁止とかあるのかな?

 ご質問のような道には、ないと思いますよ。自動車専用道(高速道路などですね)は歩いちゃダメですが。

>車道に出ないで歩くにはせますぎるし、かといって車道に出ればクラクションの嵐だし結構そういう道って多いですよね?そんなことない?

 多いですね。今日、町内の当番で子供の帰り道の警備係りをやっていたんですが、歩道がない道でしかも路肩が半分ぐらい崩れているところがあるんです。通学路でもそんなところがいっぱいあるんで、不審者の見回りというよりは交通整理をしていました(苦笑)。

>どっかに言えば広くしてくれるんですか?

 道路の拡張は、ある程度の長さを拡張しないと、ボトルネックの場所ができて、かえって危険なこともありますから、沿線の民家全部の立ち退きをしてもらう事になります。交通事故でも多発すれば、道路管理者も何らかの対策を取ってくれると思いますが、立ち退きを待っていては何年かかるか分かりません。
 手法としては、一方通行にして防護柵つきの歩道を作る、コミュニティー道路(例えばジグザグにして)にしてスピードが出せないようにする、などの対策が優先されると思います。

 こんばんは。

>路側帯の白線が消えてる場合とか、路側帯が狭すぎる場合ってどこを歩けばいいんですか?
なんか車がギリギリ横を、ものすごい速度で走って行くし怖いんです

 #1さんも書かれていますが、路側帯は車の為に引いてあるもので、ここが道の端ですよという目印なんですね。歩道がなければ何処を歩いてもいいんですが、そういうわけにも行きませんから、出来るだけ端を歩いてくださいとしかいえないです。

>もしかして歩行禁止とかあるのかな?

 ご質問のような道には、ないと思いますよ...続きを読む

Q「目途」→めど・もくと、どのように読み、使い分け?

野田総理の答弁に「もくと」と言う言葉が良く出て来るのですが・・・期日や覚悟が明確でないのに安易に言葉だけが独り歩きで利用されている観がある。
それは、熟語に責任がある訳ではなく、政党や総理の感性や人間性、覚悟と実行力の問題だと思います。

そこで、質問ですが、貴方は「目途」を
◇どのように読みますか?
◇使い分ける場合には、どのような基準・意味合いの違いを持たしますか?

Aベストアンサー

 今会社で仕事中ですが、辞典が何種類かあるので調べてみました。

 「もくと」は誤読、とか、慣用読み、なんて記載があるかと期待したもので
(^^;

どうもそうではないようで、広辞苑や大辞林にもしっかり「もくと」という項目がありますね。


 が、「もくと」が実際に使用されているのは政界・行政界など、演説、講演等が行われる世界のみ、と言っていいんじゃないでしょうか。

 「めどとして」と早口で言ってみるとお分かりいただけるかと思いますが、「として」だけが耳に残るんですね。

 発言者は、あとで問題視されないように単なる「目途」であることを強調したいので、それでは困る。

 というわけで、公式の場では「もくと」という言い方をする、と考えた方がいいと思います。


 そういう場合の使い分けではっきりしているのは「首長」を「くびちょう」と発音する場合です。

 「各自治体のしゅちょうは」などと言うと、首長なのか、主張なのか、首相なのか、わからなくなります。

 「主張か首長のどっちだろうか」とか、「あれ、地方自治体に首相はいたか?」などと考え込ませると、あとの演説が耳に入らなくなるので、演説者にとって不利。

 それは困るという思いが「くびちょう」と言わせます。

 目途も同じような理由だろうと、研究したわけではありませんが、考えております。



◇どのように読みますか?

 私は「めど」です。近くに、普通の会話で「もくと」と言う人がいたら、間違いではないのは確認した今でも、笑うと思います。

 「・・・するもくとがたたない」なんて言われたら、逆にぽかんとしてしまうかも。


◇使い分ける場合には、どのような基準・意味合いの違いを持たしますか?

 意味は、ほぼ同じ(私個人としてはまったく同じ)と理解しています。

 私の使い分けかたは、政党用のマニフェストでも作ったり、業界を代表して計画を発表したりする、ような、公式な立場で発言(質問を含む)する場合は「もくと」。

 それ以外は「めど」です。

 今会社で仕事中ですが、辞典が何種類かあるので調べてみました。

 「もくと」は誤読、とか、慣用読み、なんて記載があるかと期待したもので
(^^;

どうもそうではないようで、広辞苑や大辞林にもしっかり「もくと」という項目がありますね。


 が、「もくと」が実際に使用されているのは政界・行政界など、演説、講演等が行われる世界のみ、と言っていいんじゃないでしょうか。

 「めどとして」と早口で言ってみるとお分かりいただけるかと思いますが、「として」だけが耳に残るんですね。

 発言者は...続きを読む

Qバイクは路肩や路側帯にはみ出て走行してもいいですか?

バイクは路肩や路側帯にはみ出て走行してもいいですか?
ちなみに路肩と路側帯はどう違うのでしょうか?
歩道がある場合とない場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

走行してはなりません。
また危険な行為でもあります。

私も若かりしころに経験がありますが、悪質なドライバーや周りが見えていないドライバーに幅寄せをされ、ミラーに接触し、転倒したこともあります。

道路上の落下物などが、風や雨、振動などで路肩などへ寄っていることも多いです。パンクすることも多いでしょう。

バイクに限らず、路肩を走る車も多いですよ。特に高速道路の出口などでは・・・。バイクも車も取締りの対象となるでしょう。
ただ、白バイ(緊急時ではない)が路肩や路側帯を走っているのを何度も見たことがありますがね。

QGIFとJPEGの違い

GIFとJPEGの違いについて教えてください。使い分けをする時の目安とか。画質、サイズなど。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

GIFはパキっと色の分かれたイラスト、JPEGは写真に向いていると思います。
一番の違いは、使用できる色の数でしょう。

GIFは使用できる色の数が少ない分、ある程度ファイルサイズが小さくなってダウンロード(表示)する時間が短くなります。
ホームページ上で使用するアイコンやボタンを作るならGIFですね。
「背景を透過できる」というのもGIFの特徴の1つだと思います。

JPEGは使用できる色の数が多いので写真に向いています。
画像を圧縮する際に用いられるアルゴリズムの関係上、ドイツの国旗のように横に同じ色が続いているような画像が綺麗で軽く出来上がります。
(とはいえ、ドイツ国旗を作るなら、使う色が少ないという点でGIFの方が向いていると思います)

「GIF JPEG 違い」等で検索すれば、いくらでも出てくると思いますよ。
参考URLに、実際画像を表示してよってどちらが向いているのかを検証しているサイトを載せておきますね。

参考URL:http://www.dakiny.com/downsize/gjp.html

Q路側帯が狭い道路での自転車

通勤途中の国道で、毎朝中国人が道路の右側の歩道を自転車で数人から数十人固まって走っています。
その道路は片側1車線で、中国人らが向う方を見て左側は路側帯の幅が50cm程度あります。
右側は10cm程度しかありません。
左側の路側帯はギリギリ自転車で通行可能と思われますが、右側はまず不可能です。
このような道路の場合、自転車通行可の標識がなくても右側の歩道を走れるのでしょうか。

脇道から国道に出る際、右側の歩道を走られるとギリギリまで見えない上に、10m以上連なって走っているので非常に危ないです。
ただ、その国道沿いには交番があるのに全く取り締まる様子がないところをみると、法律上は問題ないのでしょうか。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>自転車通行可の標識がなくても右側の歩道を走れるのでしょうか。
●ダメです。(年齢による例外はありますが)
基本的に自転車は車道あるいは路側帯(条件あり)を走行しなければなりません。

>交番があるのに全く取り締まる様子がないところをみると・・・
●自転車の違反なんてこれに限らずいっぱいあります。
例えば右側通行、横断歩道通行、日没時不灯火、右左折時合図不履行などなどです。
取り締まっていないから合法ということじゃないです。

Q山スキーとテレマーク違いと用具

山スキーとテレマークの違いがよくわかりません。
目的の違い板の違いなどご教授頂けたらと思います。
今まではゲレンデスキーというかアルペンというか、それしか経験がないのですが、山スキーとテレマークは明確に区別されるものなのでしょうか。
これから初めて、用具など揃えるとしたらどちらがベターでしょう。用品店などでも山スキーとテレマークで売り場がわかれていたりする場合もあるようです(高田馬場のカモシカなど)。
ゲレンデスキーの場合には、身長マイナス10センチぐらいの板が目安と聞いたのですが、山スキーやテレマークの板の場合はどのぐらいのものを目安にしたら良いのでしょうか。
何シーズンか前のゲレンデスキー用の(カービング)板を流用できませんか?

Aベストアンサー

お答えします。
目的とは両者とも同じです。基本的には雪山をシールを付けてスキーで登り、時にはスキーを背負って登り、スキーで滑り降りてくる事。その他、山の恵を頂きにいくとか秘湯に浸かりに行くとかの目的は各自のオプションですね。
板の違いについては、テレマーク用の板っていうのは売っています。最近ではバックカントリーというカテゴリーで売られている板に、テレマークのビンディングをつける人もいるし、山スキービンディングをつける人もいます。このビンディングの違いこそが滑り方の違いなのです。ヒールフリーかヒールフィックス(?)か。テレマークターンなのか普通のターン(?)なのか。
ゲレンデ用の板を流用されたいのであれば山スキーから始められては?
私はビンディングをディアミールに取り替え、シールを板の大きさに合わせてあつらえて始めました。(私はこの時、エッジまでカバーする事をお勧めします!シール登行のラク差が全然違います。)ブーツも普段のアルペン用のブーツを使用しています。
春の締まったオフピステなんて広いゲレンデかと思うぐらいに滑る事が出来ますし、ゲレンデでのスキーも山に行く練習だと思えば再び身が入るようになります。
何か新しいコトを始めたい、とか新しい技術をマスターしたいというコトならばテレマークターンに挑戦するのもいいと思います。
参考に山スキーのメーリングリストのサイトをのせます。こちらに質問するとすごい勢いで返事が頂けるでしょう

参考URL:http://www.interq.or.jp/ski/hasegasj/xy-welco.htm

お答えします。
目的とは両者とも同じです。基本的には雪山をシールを付けてスキーで登り、時にはスキーを背負って登り、スキーで滑り降りてくる事。その他、山の恵を頂きにいくとか秘湯に浸かりに行くとかの目的は各自のオプションですね。
板の違いについては、テレマーク用の板っていうのは売っています。最近ではバックカントリーというカテゴリーで売られている板に、テレマークのビンディングをつける人もいるし、山スキービンディングをつける人もいます。このビンディングの違いこそが滑り方の違いなの...続きを読む

Q高速道路の出口で渋滞し路側帯にて

高速道路の出口で車が並び、路側帯に止まることは、法律上は大丈夫なのでしょうか。

よく見かける光景だとはおもうのですが、学科試験に問題として出題されて迷いました。

正か誤では、どちらになりますか。

Aベストアンサー

誤です。

路側帯は白線から、路端(道路の端)までは歩行者や自転車以外は通行禁止です。
本線が渋滞してるからと言って、路側帯を通行して出口に出た場合、運悪くパトカーや覆面が居れば追いかけられ違犯切符切られます。

テストでは誤なんですが、実際は前の車に続くべきだと思います、テストと暗黙のルールは違うんですよ、難しいですがね、因みに高速道路の場合は本当は路側帯では無く車道外側線と言います。
歩行者や自転車が通らない高速道路の路側帯の目的は故障車や緊急自動車用の通行するためにあるので、特に通行を禁止する必要があり、一般道路と同じ路側帯と名前がついています。
よく自動車専用道路には駐停車禁止の標識があるのに高速自動車国道には駐停車禁止の標識はあまり見かけません。理由は高速自動車国道はその道路の禁止事項として駐停車の禁止が盛り込まれているから、わざわざ標識は必要ないのです。このことは、一方通行の標識についても同じです。


回答は【誤】なんです、納得して頂けましたかね。

Q音質の違いを聴く 曲やソフト

 スピーカー自作を趣味にしています。

 音質の違いを聴くのにTVの音声やCMを目安にしていますが良いソフトが欲しいと思っています。

皆さんが音の違いを聴く曲やソフトなど、紹介又はご意見して欲しいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

私もスピーカー工作が趣味の一つ、という者です。

確かに昔はNHKのニュースや天気予報を聞き流して、自然で言葉がはっきりと聴き取り易い、という指標を持った時代も有りました。

近年の放送音は、かなり音の加工度が高いので、あまり「指標」にはしない方向だったりします(笑)


自分で、長い事好きで聞いている曲、それも数種類などを、比較試聴の音源ソースとしています。
近年は、コンピューターを音源機器としているので、コンピューターにあれこれと音源を貯め込んでいます。
さらに、コンピューターを利用した生録、編集などの方面にも手を出していますので、一応、外に持ち出すための、サンプル音源CD-Rを造ってあります。

あくまでも、私個人のセレクトですが、交響曲、バロック、クラシック系のソロ楽器音、ジャズ系も多数、波の音、ガラスの割れる音、小鳥の声、ラジオニュースのアナウンス、ロック、ポップス、アニソン、などなど、数十秒からせいぜい2分程度の音源を組み合わせて、試聴用音源を10年程前から利用していたります。
(CD-Rに、トラックNo。と内容、時間を書き込んでいますと、オーディオ店等に持込んでも、拒否される事は少ない、なお、アニソンはアニメタイトルが付かない曲目を選んで置くと、店員さんはアニソンとは想像出来ずに鳴らしてみたら、え!っていう時も有ったりします。笑)

大まかな再生バランス(帯域バランス)なんかは、-20dBのピンクノイズ再生で、おおよそ想像はできます。あとは音味、個性がどのような感じなのかを、実際の音楽表現等で感じたり、自然音(アナウンス含む)で、感覚のリセットなんていう使い方もしていますよ。

まれに、自分の声で、、、という人も居るようですが、私は自分の声を聞きたくは無いので、却下しています(爆笑)

人間の声が不自然なら、明らかに失格、と言う考え方、私も同感ですので、この点では、御質問者様の手法を、強く支持いたします。

はじめまして♪

私もスピーカー工作が趣味の一つ、という者です。

確かに昔はNHKのニュースや天気予報を聞き流して、自然で言葉がはっきりと聴き取り易い、という指標を持った時代も有りました。

近年の放送音は、かなり音の加工度が高いので、あまり「指標」にはしない方向だったりします(笑)


自分で、長い事好きで聞いている曲、それも数種類などを、比較試聴の音源ソースとしています。
近年は、コンピューターを音源機器としているので、コンピューターにあれこれと音源を貯め込んでいます。
さらに、コ...続きを読む

Q車道外側線と路側帯の違いについて

少し前に同じような質問をさせていただきましたが保険屋さんの話では路側帯は車両が立ち入ってはいけない場所で車道外側線の場所は車両の立ち入りが許されている場所、違いとしては外側に縁石と歩道が設けられていて店舗や市場などの入口などに設けられている場合が多く、ここに立ち入ってはいけないというのは不合理ということでした、以前の質問の回答としては車道外側線も法律上は路側帯と同じでそこに立ち入ること自体に問題があるという回答でした、どちらが本当なのか法律に詳しい方の回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

路側帯は、道路交通法には
歩行者の通行の用に供し、又は道路の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によって区画されたものをいう。
とあります。(道交法第2条第3の4項)
実際には幅等の設置基準がある為、歩道の無い路端付近に引いてある白線でも路側帯ではなく、車道外側線なのもありますが、「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」によりこの様な車道外側線(実線のみ)も路側帯を表示する道路標示とみなされています。
路側帯は路端から白線までの幅を持つ道路の一部分なのです。
歩行者と軽車両(法17条の2による)の通行に使われ、車の通行は禁止ですが、ある条件下以外では車は路側帯に入って駐車又は停車をしなければなりません。(複雑で細かいので条件や駐車方法の説明は省きます)
普通の路側帯の他に駐停車禁止路側帯、歩行者専用路側帯(軽車両通行不可)があります。

車道外側線は、単なる区画線です。
車道において、端に寄り過ぎると危ないから、車はこの線の右側を通ってください程度の目安を示すもので、線の路端側も車道です。
路側帯は路端から線までの幅を持つ道路の一部分でしたが、車道外側線はただの線です、線の右も左も車道です。

路側帯は、道路交通法には
歩行者の通行の用に供し、又は道路の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によって区画されたものをいう。
とあります。(道交法第2条第3の4項)
実際には幅等の設置基準がある為、歩道の無い路端付近に引いてある白線でも路側帯ではなく、車道外側線なのもありますが、「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」によりこの様な車道外側線(実線のみ)も路側帯を表示する道路標...続きを読む


人気Q&Aランキング