JRの駅でよく
「あぶないですから」
というアナウンスが流れて
いつもいつも不愉快に感じてしまうのです(笑)

これって
「危険ですので」か
「あぶないので」が
正しいのではないでしょうか?

国語に詳しくないので用語がわかりませんが
「~ですから」がくっつく言葉には
そういう法則があるのではないでしょうか?
私の漠然とした不快感w
誰かすっきり教えてくださいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

本当は文法に適っていませんが、


現代口語日本語の欠陥の筆頭格で、
です・ます体の中で形容詞を正しく使うことができないのです。
「です」は「だ」の丁寧な形ですから、
「日本語です」<「日本語だ」
「穏やかです」<「穏やかだ」
は正しく、
「危ないです」<「危ないだ」
は誤りなのです。

文語では形容詞の活用の不便さを補うために「カリ活用」が作られ、
「高からず」「高かりき」「高かるべし」「高かれ」
などの表現が可能になりました。
明治期に口語が確立する際にカリ活用が十全に継承されず、
わずかに未然形「高かろ-う」、連用形促音便「高かっ-た」が受け継がれるのみにとどまったのです。

「高かります」が無理なら、せめて一段階さかのぼって「高くあります」と言えば、文法に適うのです。
打ち消しの「高くありません」は共通語として使えるのに、「高くあります」が軍隊言葉か方言のようになってしまったのは痛恨の極みです。

カリ活用は慣用表現にかろうじて生き残っています。
「よからぬこと」
「一言有ってもよかりそうなものだ」
「楽しかるべき修学旅行が」
「幸多かれと祈る」「よかれあしかれ」

話を戻せば、「危ないですから」の場合は「危険ですから」という代替表現がありますが、
です・ます体の中では形容詞を使わず、すべて形容動詞で代替するというのは現実的ではありません。
やむなく「暑いです」「楽しかったです」などを許容しているのが実態です。

なお、「危ないので」は文法に適っていますが、「から」と「ので」はイコールではありません。
また「暑いです」を嫌って「暑いのです」と言うと、意味が変わります。
「穏やかです」「穏やかなのです」の前者に当たる言い方が欠けているのです。

「不快感」はまことにもっともなことですが、耐えて許容するしかないでしょう。
そうでないと、です・ます体では形容詞が使えないことになってしまいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ふーむ・・・
許容するべき範囲ということなんですねえ・・・
「危ないだ」が誤りというところはよくわかりますが・・・
「だ」が「です」と変化するときは許されるとは・・・

国語は奥が深いのですねえ・・・

お礼日時:2006/05/07 23:23

結論から言えば、現代日本語の文法には適っています。

間違いではありません。

ご質問の件は「ですから」の問題ではなくて「です」の問題だと思います。
「危ない」「おししい」など、「い」で終わる形容詞に「です」をつけた時に生じる違和感の問題です。

「い」で終わる形容詞に「です」をつけた「危ないです」「おいしいです」などの形は、以前は認められていませんでした。
戦後すぐ発行された国文法の本に、「おいしいです」ではなくて「おいしゅうございます」となっているのを読んだことがあります。
「おいしいです」も地域や年齢によっては使われていたのでしょうが、まだ市民権を得てはいなかったのですね。

そのため、年配の人の中には「危ないです」「おいしいです」に違和感を感じる人も多いはず。
また、地域によって「危ないです」「おいしいです」の普及度は違うだろうと思います。そのため、その人の居住地や出身地によって違和感の感じ方も違ってきます。

と、こんなあたりが質問者さんがお感じの漠然とした不快感の原因ではないかな?と思うのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ははぁ。たしかに「い」で終わっているから違和感があるのかもしれませんね。

私は35歳と、「ねんぱい」ではないはずwですが
九州出身なのでそういういわかんを感じるのでしょうか?
東京の人は違和感かんじないのでしょうか?
それはそれでかなりのカルチャーショックですな(笑)

お礼日時:2006/05/07 23:26

現代日本語は明治政府の富国強兵政策のもと、方言では軍の規律が保たれないと俄かに作られた欠陥だらけの言語なんです。

その歴史もまだ百年にも満たない。そこへ日本人のバカなご丁寧ご体裁指向による丁寧語や尊敬語、謙譲語などが加わり実にグロテスクな言葉になっています。

食べたい・です
美味しい・です
楽しかった・です
ありがとう・ございました(何で謝意が過去形なの?)

なんじゃこりゃ?

他にもオノマトペや賭博的屋用語の多用、反転表現、省略………

こんな稚拙な言語はそうありません。

まあ、言語は週間的なものなので仕方ないし、最近テレビで正しい日本語がどうのとかやっていますが、そもそも正しい日本語なんて存在しないんです。
    • good
    • 0

「あぶない」とは、自分の身に危険が及ぶかもしれない状態を指し、



「危険」とは、周囲に危害を及ぼしそうな状態をさします。

ニュアンスは近いですが、
用法は全く異なります。
    • good
    • 1

私も日本語の文法に詳しくはないですが、考えてみました。


「ですから」は「だからの丁寧な言い方」だそうです。(広辞苑より)

すると「まだ赤ちゃんだから何もできない」は丁寧に言うと「まだ赤ちゃんですから何もできません」になります。私はこれには違和感を感じません。

次に「だから」の前に形容詞が来る場合を考えてみると「まだ若いのだから・・」「まだ若いのですから・・」のように助詞の「の」が入ると違和感を感じません。
ところが「の」が入らない、「若いだから」は使いませんから「若いですから」もおかしいことになります。

そう考えると「ホームの端を歩くと危ない"の"ですから、白線の内側に・・」が正しいのかもしれません。

でも自分に対して「まだ若いですから大丈夫です」という表現をすることがあります。これはそれほど違和感がなくなってきています。

元々「です」自体が明治10年頃までは正しい日本語とはされていなかったそうですから(広辞苑)、今回のご質問も日本語が徐々に変わっていく、その一例なのかとも感じました。
    • good
    • 0

あぶないのは、電車だけではありません。



運転手、車掌、乗客と、全てあぶない人を見かけました。

「危険な電車。」
「危険な運転手。」
これは、いけない日本語です。
    • good
    • 1

No. 2 の方の紹介されたページによると、昭和27年の国語審議会で認めたそうですね。


私が口語文法を習ったのはその前で、明らかに間違いでした。「です」は用言の終止形には付かない、と教科書に載っていました。
しかし、「危ない」を丁寧語で言おうとすると適当な表現がないのも事実です。本来は「危のうございます」が正式なんでしょうけど、バカ丁寧ですね。
ただ、「危ないです」を普通表現に直すと「危ないだ」になり、多くの人はおかしいと感ずるでしょう。「危ないです」に不快感を覚えるのはそんな事情もあるのかも知れません。
なお、「です」は江戸時代は下賎な言葉だったそうで、明治時代になってから市民権を得たようです。「です」の使用法がこなれていないのもそこに一因があるのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~・・・歴史的背景があるんですねえ・・・

お礼日時:2006/05/07 23:20

答えになってませんが東海や西日本では「危険ですので~」とアナウンスされてます。



「危ないですから~」を聴くたび違和感を感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ああ、そうなんですねえ。私、九州出身なので、違和感もったんですかねえ。

お礼日時:2006/05/07 23:19

昔は間違いだったそうですが、いまでは正しい日本語として学校でも教えられているそうです。



参考URL:http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2004/11/110 …
    • good
    • 0

同じように不快に感じる方は大勢いらっしゃるようで,ネットには感想,考察が沢山あります。



過剰に丁寧にするあまりに,日本語として変な例は身近にも沢山ありますね。

http://72.14.203.104/search?q=cache:_z4r69_4vLgJ …
http://vip.vcd.kyushu-id.ac.jp/sensei/sato-co.htm

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclien …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やはり違和感もたれていたのは私だけではなかったのですね。

お礼日時:2006/05/07 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q山手線を一周の所要時間を教えてください。

友人からの何気ない問いでしたが、気になっております。お分かりになりましたら、ご回答の方を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

山手線は
大崎駅~五反田駅=2分
五反田駅~目黒駅=2分
目黒駅~恵比寿駅=2分
恵比寿駅~渋谷駅=2分
渋谷駅~原宿駅=3分
原宿駅~代々木駅=2分
代々木駅~新宿駅=2分
新宿駅~新大久保駅=2分
新大久保駅~高田馬場駅3分
高田馬場駅~目白駅=2分
目白駅~池袋駅=2分
池袋駅~大塚駅=3分
大塚駅~巣鴨駅=2分
巣鴨駅~駒込駅=2分
駒込駅~田端駅=2分
田端駅~西日暮里駅=2分
西日暮里駅~日暮里駅=1分
日暮里駅~鴬谷駅=2分
鴬谷駅~上野駅=2分
上野駅~御徒町駅=2分
御徒町駅~秋葉原駅=3分
秋葉原駅~神田駅=2分
神田駅~東京駅=2分
東京駅~有楽町駅=2分
有楽町駅~新橋駅=2分
新橋駅~浜松町駅=2分
浜松町駅~田町駅=3分
田町駅~品川駅=3分
品川駅~大崎駅=3分
となり、一周するのに64分程かかります。また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q「参考まで」という言い回しについて

「参考まで」「参考までに」といった言い回しを職場のメール等でよく目にするのですが、自分にはどうも違和感があり、使わないようにしています。そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が省略されています。

口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。

例:
「また明日(会いましょう)」
「それではまた(お会いしましょう)」
「お陰様で(元気です)」

また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。
例:
「友情のしるしに」
「感謝の気持ちを込めて」
「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。

以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。

特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。
例:
「ご参考までにお目通し下さい」
「ご参考までにご拝読下さい」

ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。

以上ご参考までに。(笑)

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が...続きを読む

Qエクセルでセル内に斜線を引くには

Excel97です。表を作成し、いくつかのセル内で斜線を引きたいのですが、どういう操作をしたらいいですか、ご教示ください。

Aベストアンサー

下記のURLを参照してください。
写真いりでわかりやすくなっています。

参考URL:http://www.excel-jiten.net/cell_format/ruled_line_change_slash.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q人身事故って自殺のこと??

素朴な疑問ですが、よく「人身事故がおきたので電車遅れます。」というアナウンスがたびたび山手線で起きますが、これは誰かが電車に飛び込んだということですか?「人身事故」ってなんなのかよくわかりません。

すべてがそうだとすると
電車での自殺される方はとても多いことになりますが・・・

Aベストアンサー

もちろん、飛び込んだ場合もそのような説明になるでしょうが、単なる列車と人間との接触事故でも人身事故は人身事故でしょう。走り出した列車に肩があたって怪我したりだとか、ホームと列車の間に挟まったりだとか。実際、もろに飛び込んだ場合、後処理が大変で、そんな簡単に復旧できないでしょうから、相当な遅れになってしまうのではないでしょうか。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報