今度、セカンダリーカーとして軽自動車を購入しようと
考えています。候補として挙げられるのが、ワゴンRと
プレオです。AT(あるいはCVT)で5ドア、2WD
を現在検討中です。プレオは一生懸命調べたのでグレード
とかがわかるのでいいのですが、ワゴンRはグレードが
多すぎてよくわかりません。

そこでプレオのLM、ワゴンR(どのグレードでもOK)に
お乗りの方に質問です。(AT、2WD、5ドアの方)
以下の質問に答えていただけないでしょうか?
購入の参考にしたいので。

(1)車名とグレードと年式(ワゴンRの方はターボの有無も)
(2)乗ってからの期間
(3)燃費(いろんな場合のを教えてください)
(4)長所、短所、気になったこと(細かいことでもOKです)

ちなみに私は親戚のワゴンR(新規格の前のFXというやつ)と
レンタカーでプレオのLMというのに乗ったことがあります。
ワゴンRはNAだったので、かなり踏み込まないと
後ろに列を作ってしまうし、エアコンをかけて坂道をのぼると
減速してしまうという体験をしています。
新規格になってからは車重も増えたでしょうから
そこらへんってどうなってるんでしょうか?
プレオはスーパーチャージャー付き&CVTだったせいか
ワゴンRよりは乗りやすかった気がしましたが、
思ったよりパワーを感じませんでした。
こう書くと軽に対してあまりいいイメージを持ってないと
思われてしまいそうですが、維持費が安い、思ったより広い
視界がいいなどいい点も結構見つけてます。
(オーナーの方で気を悪くされたらごめんなさい)

みなさんのたくさんのご意見お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)プレオネスタG’99年式です。


(2)2年ちょいかな。
(3)ほとんど家内の買い物の足でチョイ乗りばかりなので
燃費も悪く、11km/lぐらいですね~。
(4)
-いいところ
室内外の作りはていねいでいいと思います。軽なので
「それなり」ではありますが、質感はありますね。特に
ステアリングやシフトレバーまわりに高級感があります。
ウインカーレバーのタッチなんか高級車のようでとても
気に入ってます。
動力性能も「マイルドチャージ」で十分満足できるし、
高速走行も苦にならず、100km/h前後でもこれが
思ったより静かで非常に快適です。
スタイルも気に入った点のひとつです。グリルのめっき、
デザイン、丸目ヘッドライトなども、「カ○ブ×ンカ」
なんていう悪趣味な車と同じメーカーの車とは思えない
ほど(笑)あか抜けていると個人的には思います。
(「○サ×ラ×○」オーナーの方、ごめんなさい)
-わるいところ
私が一番気になるのはブレーキの効き、タッチが甘い
こと。停車時ドライブに入れたままブレーキで停まって
いると、ほんの少し踏力をゆるめただけで「グググ」と
いう音がして滑りはじめます。あたりがつけば直るかと
思っているうちに2年が過ぎました。頻繁に比較的激し
いブレーキングをする車なら違ったかもしれませんけど。
リコールはウチの場合キーシリンダーがスタート位置か
ら戻らなくなる恐れがあるとのことで1度でしたが、こ
れはM社の一件があった直後だったこともあったと考え
ており、むしろ好感を持ちました。
ウチのネスタのCVTはある回転/速度域で「キーン」
という高周波のノイズが出るのも少し気になります。
あと、個人的にはエンジン回転数(音)が一定のまま速度
が上がっていく感覚が未だに気持ち悪いです(笑)。
コラムシフトのレバーでエアコン操作パネルが死角になる
のも少し気に入りません。ステアリングのホーンボタンが
小さくて、正立位置以外にあると探してしまうのも困りま
すが、これはマイナーでセンターパッド全体がスイッチの
ものに変わったようです。
エアコンと言えば夏場負荷が高いときのコンプレッサーの
作動音はセミの鳴くような耳障りな音でかなり気になり
ますね。
これはプレオではなくネスタに限ってかもしれないので
すが、ヘッドライトの配光が少し偏っていて(暗いわけ
ではない)、夜の運転で目が疲れます。フォグに至って
は点灯すると邪魔に思えるくらい配光が悪いです。

悪いところの方を細かくたくさん書いてしまいましたが、
全体的にはスタイル含めて非常に気に入ってます。某氏が
言うには軽自動車の中でベストだということですが、私も
ブレーキの件と夏場のエアコンコンプレッサーのノイズ
(これは個体差があると思う。ウチの会社のコンプレッ
サーもそうだから(笑))だけ何とかなれば、価格にして
は言うことなしの車だと思います。

以上、まとまりがなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

私もプレオは、ワゴンRやライフと比べると質はいいような感じはしていました。マイルドチャージも実用的なことを考えるといいかもしれませんよね。
ブレーキの甘さ、高周波のノイズは今の車でも相当なものなのでそんなに気にならないかもしれません。
ちょっとずつプレオに心が傾きつつあります(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 12:20

ワゴンR【MT、4WD、5ドア】に乗っています。


ちょっと条件が違いますが、参考までに。

(1)グレード:ワゴンR RR 平成12年前期
(2)使用期間:平成12年7月~
(3)燃費:街乗り(通勤距離20km):13.5km~14.5km
     高速道路使用時:110km/h走行で10km強

冬にスノーボードをやりますので、
それを考えて4WDにしたのですが、
そういう用途がなければまず2WDで大丈夫です。
かなり燃費の差が出ますし、冬以外ムダです(笑)
おそらく、リッター辺り2、3kmは違うはずです。
ただ、ATであれば差引ナシかもしれませんが。


ターボについてですが、
特に燃費を重視されないのであれば、
私は【ターボ付】をお奨めします。
以前、代車でNAを借りたことがありました。
平地・街乗りの分にはそう不満を感じないのですが、
急勾配、高速時にはどうしても不満が出ました。

ただ、RRでも高速道路でちょっと勾配があると、
べた踏みでも進まなかったりしますが、
その辺の割り切りは「軽」として多少なりとも必要です。


ワゴンRでやはり気になる点は、内装です。
年々改良が加えられて、徐々に質感は上がっていますが、
どうしても特有の安っぽさ・軽さは消せません。
2車種に絞られているところに、
さらに悩ますようで恐縮ですが、
【MRワゴン】はいかがでしょうか?

決してスズキの回し者ではありませんが、
今のワゴンRを売ってでも欲しい!と思ったほどです。
今までの積み上げがあるからだと思いますが、
かなり細かいところまで作りこんでありますので。
日常使う分には、ワゴンRより不満が出ないかと…。


言いたい放題書いてしまいましたが、
参考にしていただければ幸いです。

参考URL:http://www.suzuki.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。
ターボ、4WDなのに結構燃費がいいんですね。でも高速走行の方が悪いってのが気になりますが。NAだとパワーがない分、ターボよりも踏み込んでるから燃費って同じぐらいになるんでしょうか?
MRワゴン。。。どうも外装が気に入らなくて。でも外装にこだわっていても乗ってる時って自分から外装が見えないからあまり関係ないのでしょうが!MRワゴンも考慮に入れてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 08:30

平成10年の秋にプレオを購入しました。

当時中田選手(サッカー)のCMがかっこよくて「ぜひ、あの車を」ということで購入しました。ATですのでベンチシートだし後部座席のシートがあがるので子供には評判が良かったし、結構広いので満足していました。ところが3度に及ぶリコール。リコールのお知らせのハガキが来るたびにホント情けなくなりました。やっぱりカッコだけで選ぶものではありませんね。今まで軽自動車はダイハツ、三菱、スズキと色々なメーカーのものを乗ってきましたが、これらのメーカーのものは特に問題も有りませんでした。あまり参考にならないかもしれませんが・・・・経験者の意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プレオってリコールがあったんですね。初耳でした。格好よりも機能や中身が充実した方が安心できますからね。プレオを第一候補に入れていただけにちょっと悩みそうです。。。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QワゴンR(CVT)の燃費

こんにちは、honiyonです。
 ワゴンR FM(CVT)を購入された方、燃費どのくらい出ていますか?

 私もワゴンR FM(CVT)を乗っているのですが、同じオーナー様の燃費が気になりまして・・・(笑)
 私は最低で11.2km/L(購入初期), 最高で 16.7km/L(何故か街乗りでエアコンon状態)です。 平均して15km/L程度です。
 因みに走行エリアは埼玉と東京が主です。

 また、実際 CVTと4ATはどれくらい差が出るのか?ということで、ワゴンR 4AT車の実燃費をお伺いできたら幸いです。

 よろしくお願い致します。> CVT, 4AT車のオーナー様

Aベストアンサー

僕は、ワゴンRに乗っていませんが、iモードの公式サイト「e燃費」を参考に
されてはいかがでしょうか?
各オーナー個人の入力データから車種ごとのデータの平均とかが表示されます。
iモードでないのなら、ちょっと分かりかねます。
まずは、アドバイスまで・・・

参考URL:http://e-nenpi.com/i/

Q新ワゴンRのヘッドライトは旧ワゴンRに装着できますか?

6年式のワゴンRに乗っていますが、新型ワゴンRのヘッドライトが気に入ってしまい・・・かと言って買えないので、ライトだけ交換したいと思うのですが、可能でしょうか?
実際にDIYされた方がいればインプお願いします

Aベストアンサー

H6年式って事は型式がCTもしくはCVですよね。
CT系にMC系(H10~)へのヘッドライト移植は出来ません。
もし移植するようであればボンネットからフロント周り、フェンダーまで
移植しないと無理だと思いますよ。
もちろん昨日発売されたMH系の物も移植は簡単には出来ないでしょう。
移植するとなったらかなりな金額になると思います。
#2さんも仰ってますが100万単位に限りなく近くなると思います。

ちなみに同じMC系でも21と22ではライト周りは異なるので
ポン付けでは移植できません。

諦めるかMC系に乗り換えるしかないですね。

QCVTとかATのオイルを交換しなかったら・・・?

CVTとかATのオイルを交換しなかったら・・・?

こんばんは。お世話になります。
この質問サイトでも見かけるのですが、CVTとかATのオイルを交換してなかったら、
下手に交換しないほうがいい、というのをよく聞きます。
その理由は、なんとなく、ですが理解できました。
でも、検索してもいまいち納得のいく回答がなかった事があるので、質問させてください。
自分の事ではなく素朴な疑問なので、例えが悪いかもしれませんがご了承ください。

たとえば、15万キロくらい乗っている車(CVTまたはAT)があるとします。
一度もCVT(AT)オイルを交換した事がありません。
交換したいと思ったけど、「やめた方がいいかも・・・」と言われました。
こういう場合、もうオイルを交換するのを諦めて、壊れるのを待つしかないのでしょうか。
申し訳ないのですが、ど素人にもわかる言葉で教えていただけると嬉しいです。

あと、10年かけて15万キロ乗った場合と、
2~3年で15万キロ乗った場合だと、どうなりますか?
この場合、年数は関係ないのでしょうか。
CVTとAT、両方の場合を教えていただけると嬉しいです。

まとまりのない質問だらけで申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

CVTとかATのオイルを交換しなかったら・・・?

こんばんは。お世話になります。
この質問サイトでも見かけるのですが、CVTとかATのオイルを交換してなかったら、
下手に交換しないほうがいい、というのをよく聞きます。
その理由は、なんとなく、ですが理解できました。
でも、検索してもいまいち納得のいく回答がなかった事があるので、質問させてください。
自分の事ではなく素朴な疑問なので、例えが悪いかもしれませんがご了承ください。

たとえば、15万キロくらい乗っている車(CVTまたはAT)があるとしま...続きを読む

Aベストアンサー

>>オイルの特性の一つに洗浄作用がありますが

>そうなんですか。
>オイルって、滑りを良くしたり、温度が上がりすぎるのを防ぐ(でしたっけ?)
>作用だけだと思ってました。

オイルが提供する機能には、潤滑、温度管理(冷却だけでなく保温もある)、洗浄のほかに、作動(動作伝達)機能があります。

ATやCVTの場合には、特に、動作伝達・作動機能が求められるために、潤滑油をイメージさせる「オイル」ではなく、「フルード(液という意味:ATFなど)」と表記することが一般的です。

ATFは、ミッション内の精密かつ複雑に入り組んだ回路を行き来することにより、変速などの動作を行いながら動力を伝達するのですが、僅かな不純物の混入で動作不良を起こすほど緻密な機械です。
フルードの劣化によって生じるスラッジでも、動作不良を起こしそうなものですが、ある程度の時間をかけて内部で発生したものですから、それなりに”折り合いをつけて”うまく動作しているようです。
過走行車両の場合、ATF交換でミッション内部の微妙なバランスを崩すことで、かえって動作不良に陥るリスクが高い(AT本体交換以外、修理方法がない)ことから、過走行でATF交換を避けるべきと言われているのです。
CVTフルードについては、知識不足でよく判りませんが、「潤滑と摩擦(作動)」という相反する作用を提供することが求められるそうですから、相当デリケートなモノと想像されます。

>こういう場合、もうオイルを交換するのを諦めて、壊れるのを待つしかないのでしょうか。
過走行の場合、見方によっては「すでに壊れかかっている」とも言えますが・・・「調子を見ながら、段階的に少量ずつATFを入れ替えたら、問題なくATF交換ができた」という話も聞きます。
が、イレギュラーな作業であり、手間もかかり、リスクも低くないことから、ディーラーや飛び込みで入った修理工場で対応してくれる可能性は低いでしょう。
「相談に乗ってくれる馴染みの修理工場がある」「ミッション交換(リビルド品で15万円~か?)の最悪の事態も想定している」などの条件が揃えば、試してみる価値はありそうですが・・・

>>オイルの特性の一つに洗浄作用がありますが

>そうなんですか。
>オイルって、滑りを良くしたり、温度が上がりすぎるのを防ぐ(でしたっけ?)
>作用だけだと思ってました。

オイルが提供する機能には、潤滑、温度管理(冷却だけでなく保温もある)、洗浄のほかに、作動(動作伝達)機能があります。

ATやCVTの場合には、特に、動作伝達・作動機能が求められるために、潤滑油をイメージさせる「オイル」ではなく、「フルード(液という意味:ATFなど)」と表記することが一般的です。

ATFは...続きを読む

QワゴンRとAZワゴン

お世話になっております。
車は全くの素人です。

常々疑問に思っているのですが、どうしても気になるので教えてください。
スズキの「ワゴンR」とマツダの「AZワゴン」。
これ、どっからどう見ても同じ車に見えるのですが、さらには「RR」なんていう
グレード名まで同じ。
いったいどういうことなんでしょうか?
性能も値段も同じなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ車です。(エンジンも)
マツダは、軽自動車を売りたいけど、設計から組み立てまで自社ですると莫大なお金がかかります。
そこで軽自動車には実績のあるスズキ自動車の車に、ちょこちょこっと手を加えて(エンブレム、内装など)、マツダ車として販売しているのです。
こういう事を、スズキからマツダへのOEM供給といいます。
マツダだけでなく、ホンダといすず、日産とスズキ、トヨタとダイハツなどもやっています。
少し前は、同じ車ではなく、スズキアルトのシャシーとエンジンに、ボディーだけを乗せ換えた、マツダキャロルなんかもありました。

QJC08燃費、CVT>5MT? 5MT>CVT?

JC08の燃費数値を眺めていて気が付いたのですが、小型車の多くでは、同グレードの比較において車両重量の重たいCVT車両の方が、より軽量な5MT版よりも、JC08燃費が良くなっています。

例:
Vitz RS 1.5L CVT 車重:1030kg JC08:19.6Km/L
Vitz RS 1.5L 5MT 車重:1020kg JC08:17.2Km/L

ところが、ダイハツのミラでは5MTの方がCVT版よりもJC08燃費が良いとあります。
Mira Van 0.66L CVT 車重:740kg、JC08:22.2Km/L
Mira Van 0.66L 5MT 車重:710kg、JC08:24.2Km/L

私的にはダイハツミラの性能差の方が自然に思えるのですが、CVTと5MTの燃費差はどのような原因で生じるのでしょうか?

自動車の燃費測定、とくにJC08の測定基準などに精通した方からのご説明を頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ちょっと国交省のJCO8燃費測定方法の等価慣性重量(フライホイール重量)に関する表(試験車両重量による区分け)を調べてみました。
ミラバンの場合ですが、
5MTの車重:710kg⇒等価慣性重量は680kg(車両重量が651kg~710kgの場合)
CVTの車重:740kg⇒等価慣性重量は740kg(車両重量が711kg~765kgの場合)
となり、5MT車の燃費測定試験のほうが、60kgも軽いフライホイール重量(負荷ともいえるでしょう)で燃費を測定できることになります。
私は、これで、ミラの場合はCVTと5MTの燃費が逆転したものと考えます。
同じ土俵(等価慣性重量)で勝負していないことになります。
これで、もし5MT車が711kgですと、一応は同じ土俵に乗ったことにはなるのですが。(ただし勝負した結果がどう出るのかは、わかりません)

それに対しヴィッツRSの場合は、CVT車(1030kg)も5MT車(1020kg)も、等価慣性重量は同じで1020kgとなります。(車両重量が966kg~1080kgの場合)

この等価慣性重量の区分けと車両重量の問題は、10・15モード燃費の時代から比べると、ずっと良くはなっておりますが、いまだに区分境界線上にある車や、同じ車でもグレードによって区分をまたいでしまっている車(例えば車両重量が10kg違うだけで表示される燃費が数km/L変わっている)の例はまだあるようですね。

一度、JCO8燃費と等価慣性重量区分の問題点なども調べてみると面白いかもしれません。
結構、いろんな記事が見られると思います。

こんにちは。
ちょっと国交省のJCO8燃費測定方法の等価慣性重量(フライホイール重量)に関する表(試験車両重量による区分け)を調べてみました。
ミラバンの場合ですが、
5MTの車重:710kg⇒等価慣性重量は680kg(車両重量が651kg~710kgの場合)
CVTの車重:740kg⇒等価慣性重量は740kg(車両重量が711kg~765kgの場合)
となり、5MT車の燃費測定試験のほうが、60kgも軽いフライホイール重量(負荷ともいえるでしょう)で燃費を測定できることになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報