「春夏冬二升五合」と言うのはお店でよく見ます。「商い益々繁盛」と読む事で納得していましたが、ある店に「一斗二升五合」と書いたひょうたんが飾ってありました。店の主人に聞いても判りませんでした。
「一斗」はなんと言う読み方をするのでしょうか。

A 回答 (3件)

こんばんは♪



「ごしょうばい、ますます、はんじょう」のようです。

参考URL:http://www.remus.dti.ne.jp/~jintani/doyouknow/12 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。
なるほど。すっきりしました。
店の主人もわからないと言うので、よほど世間に知られていないものと
思い込み、検索まで頭が回りませんでした。お恥ずかしいです。

お礼日時:2002/02/08 05:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
店の主人もわからないと言うので、よほど世間に知られていないものと
思い込み、検索まで頭が回りませんでした。お恥ずかしいです。

お礼日時:2002/02/08 05:22

「一斗」は「五升」の倍ですから、「一斗」=「ごうしょうばい」となり、「一斗二升五合」=「ごしょうばいますますはんじょう」と読めるわけです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
納得です。
店の主人もわからないと言うので、よほど世間に知られていないものと
思い込み、検索まで頭が回りませんでした。お恥ずかしいです。

お礼日時:2002/02/08 05:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春夏冬二升五合の読み方

「春夏冬二升五合」なんて読むのですか?
意味は商いますます繁盛ですよねぇぇ。
読み方だけでなく意味など、この言葉にまつわる何かをお知りでしたら教えてください。
宜しくお願いします☆\( ^ ^)/~〃。.:*:・'°

Aベストアンサー

春夏冬…四季で考えると秋がないので「商い」。
二升…升が二杯分なので「ますます」。
五合…一升は十合、つまり五合は半升なので「繁盛」。

昔の商人が、商売繁盛の願いをこめて看板などに書いた文です。今でも酒屋さんや居酒屋の額などに見られます。
知人の酒屋は、これをのぼりにしたものを店先に飾っていますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報