最近思うのですが、スポーツ選手のルックスがとても良いように思うのです。少し前では考えられないほどに、女子選手は美人で男子選手は二枚目の選手がそれもほとんどですね。とくに私は男性なので女子選手に目がいくのですが、オリンピック代表の、里谷選手、上村選手、岡崎選手、三宮選手、大菅選手、フィギアの代表選手、もちろん他の選手もそうです。どうしてなのでしょう。昔はこれほどきれいな選手はあまりいなかったのではないでしょうか。

A 回答 (4件)

sinzimata さん こんにちは



そうですね、最近のスポーツ選手のルックスは以前と比べたら格段にUPしているようですね。推測ですが、依然と比べ皆さんおしゃれで(高橋選手etc)で化粧をする選手が増えたこともその原因のひとつかもしれませんね。また、昔と比べTVに良く出演しています。特に女性は人から注目されるとどんどん美人になっていきます。芸能人が良い例えですね。

選手の年齢層も原因しているかもしれません。最近の若い方は自由奔放で自己表現能力(プレゼンテーション能力)が豊かな方が多いと思います。TVで見ていて、昔の選手はまじめな顔をしてまじめな回答される方が多かったと思いますが、今ではニコニコ笑顔で回答されています。この様な昔には無かった笑顔が彼女たちを美しく見せているのかもしれませんね。笑顔に勝る者なしでしょうか?

それでは by クアアイナ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 11:26

原因として2つ考えられるんじゃないでしょうか?


(1)スポーツ選手(特にオリンピック選手)は、昔はまわりからの期待からプレッシャーにより、抑圧され、自分を表現
   できる環境になかった。(マラソンで銀メダルをとっても、自殺してしまった円谷選手のような例もあります)
   しかし、徐々に選手自身の考えを尊重するような風潮となり、記録や順位にこだわらず、選手の力を納得のいく
   ように出せることに重点をおくようになり、それが選手自身の個性と能力を高め、それが容姿にも表れるように
   なった。
(2)マスコミの発達により、露出の機会が増え、人に見られることが増えた事により、磨きがかけられた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 11:29

スポーツ選手だけじゃなくて、


世間一般の人の「美人度」&「二枚目度」がアップしたって事だと思いますよ。
20~30年前だと
「美人」と言ったら、テレビに出るような人だけで、
一般の人とは格段の差があったらしいです。
(僕の親が言うところによると)
でも、今では、
街角で見かける娘と、テレビに出ている娘で、
さほど差はないように思います。

そういう街で見かけるかわいい子の中に、
スポーツの得意な子がいる、という感じではないでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 11:28

私も以前マラソンで同じように考えた事があります。



(1)スポーツ選手もおしゃれになった
  クアアイナさんもおっしゃってますが最近の選手は競技中にも化粧をしたり、
  普段から眉を整えたりしていますよね。
  昔は競技に専念する事に重点が置かれ
  おしゃれに気を使う人が少なかったからという理由。
(2)きれいな子(美人)もスポーツをするようになった。
  ちょっと怒られそうですが、以前は競技スポーツなんてものは
  歯を食いしばり、汗を飛び散らすというように
  あまりきれいなイメージはなかった。
  スポーツなんてやっていると、嫁にいけなくなる。
  よってきれいな子はスポーツはお遊び程度にしかやっていなかった。
  一方あまりきれいでない子はスポーツしかないという考えから
  競技スポーツに打ち込む。
  必然的に競技スポーツをやっている子は、そうでない子に比べ
  かわいさが劣る・・・

以上は私の勝手な推測ですので、
昔競技スポーツをやってらした女性の方々ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 11:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女子フィギアの点数について

今回の女子フィギアのキムヨナ等の点数のつけ方に私たち一般人はだいぶ騒いでいますが、
日本の解説者やメディアはキムヨナの異常な得点に異議を唱えていないのでしょうか?
キムヨナが金メダルでもいいとは思うのですが・・・
難易度の高い技に対する評価が低すぎる気がします。

自分の勝手な印象では
金メダル キムヨナ
銀メダル 浅田真央
銅メダル 長洲未来
4位   安藤美姫
5位   ロシェット

キムヨナとロシェットの点がおかしい気がします。

皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

本田武史さんは、”3Aがもっと評価されてもいいと思う。女子ではほとんど跳べない3Aの評価が低すぎる”と言っていました。
不可思議な顔をしていました。

日本のメディアは在日企業とか韓国企業と関係が深いといいますので、キム選手の点に対してあまり露骨に批判は出来ないのだと思います。
今までも浅田選手に対してはキツく、キム選手擁護の発言が多かったですし。
イタリアとフランスでは、SPの段階で異議を唱えているようです。

キム選手の金メダルは妥当だと思いますが、フリーの150点という点数は異常です。高橋選手よりも高いんですから^^;
確かに3-3やジャンプは全て決めましたので、そこは素晴らしいと思いますが。
キム選手は、ジャンプに付く加点で17点も稼いでいます。
加点がここまで付くとはちょっと異常事態ですね。もはやスポーツ競技とはいえないかも。
加点はジャッジの主観が入るので、操作は可能です。
また、演技構成点も主観が入りますが、9点台の項目が3つもあります。これもちょっと??ですね。
浅田選手がたとえノーミスだったとしても、キム選手は越せなかったと思います。228点のハードルは高過ぎました。
これは浅田選手が完璧な演技をした事を考えて、キム選手の採点を操作したとしか考えられません。

ある専門家が先ほどTVで言っていましたが、演技を終えた時点でロシェットよりも安藤選手の方が上に来ると思ったそうです。
これには首をかしげていました。
安藤選手も、浅田選手と同様、技術点で加点がほとんど付いていません。また、演技構成点でもロシェットと差をつけられています。

ちなみに、もしトリノに浅田選手が出場したとしても、金は取れなかったかもしれません。PCSで点が出なかった可能性があります。何しろ当時は子供の演技でしたからね。
今の方が数段良い選手です。
まだまだ浅田選手は伸びしろがあるので、今後が楽しみです。

参考URL:http://www.vancouver2010.com/olympic-figure-skating/schedule-and-results/ladies-free-skating_fsw010101pB.html

本田武史さんは、”3Aがもっと評価されてもいいと思う。女子ではほとんど跳べない3Aの評価が低すぎる”と言っていました。
不可思議な顔をしていました。

日本のメディアは在日企業とか韓国企業と関係が深いといいますので、キム選手の点に対してあまり露骨に批判は出来ないのだと思います。
今までも浅田選手に対してはキツく、キム選手擁護の発言が多かったですし。
イタリアとフランスでは、SPの段階で異議を唱えているようです。

キム選手の金メダルは妥当だと思いますが、フリーの150点とい...続きを読む

Qフィギュア世界選手権の女子で、浅田真央選手が過去に封印していた片手のビ

フィギュア世界選手権の女子で、浅田真央選手が過去に封印していた片手のビールマンスピンを復活させていたのはなぜなんでしょうか?分かる方、ぜひぜひ教えてください!

Aベストアンサー

簡単にいってしまえば上手くなったからです。

元々封印した理由は、回転の判定が厳しくなったことにより判定されなくなったからです。
ビールマンポジションになってから、きっちりと2回転(だったとおもいます、正確かどうかはわかりません)しないとビールマンスピンと判定されないのですが、片手ビールマンだと判定されない場合が多くなったんです。
そのために、確実に両手ビールマンでポイントを稼いでいたのですが、以前よりもうまくなり、片手ビールマンでも判定されるようになってきたので、戻したということです。
両手に比べれば当然難易度が高いためにきっちりと決まりさえすれば得点は高くなるはずですから。

Q女子スピードスケート 岡崎 引退。

スピードスケートの岡崎朋美選手が、引退を示唆しているようです。まったく見る事も無かったのですが、彼女は何故引退するのでしょうか?まったく勝てなくなったのでしょうか?それとも怪我によるものでしょうか?

Aベストアンサー

42歳までよく頑張りました。また結婚されてお母さんです。完全燃焼したでしょう。お疲れ様。

Q五輪代表、なぜ鈴木明子選手?

先日、バンクーバー五輪代表が決まりましたね。
女子の三枠目は、鈴木明子選手でした。
なぜ、中野友加里選手ではなく彼女なのでしょう?

私は、過去の実績も考慮すると、中野友加里に出場してほしいと思いました。
鈴木明子は今季の調子が良いですが、それは五輪に照準を合わせただけではないのでしょうか。
勝負の世界なので、それも当然かもしれませんが、何だか釈然としません。(ずる賢い?)

そこで質問です。

(1)同じように思われた方、いらっしゃいますか?

(2)「こういう理由だから鈴木明子なんだよ」とご存知の方、教えてください。

お礼は年明けになりますが、ご回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.10です。お礼の書き込みありがとうございます。
コンピューター抽選については、参考になると思われるページを下に貼って
おきました。
「ランダムカット」などで検索しても、参考ページが見つかると思います。
ただちょっとごめんなさい、私も勉強不足でして、間違った情報を書いてしまったかもしれません。
コンピュータ無作為抽選は、ISUの採点法として規定にあるものですが、先日の全日本でも採用されたかどうかはわかりません。

このランダムカットは、例えば12人のジャッジが点数をつけ、その中からコンピュータが無作為に抽出した9人のジャッジだけを採用する、というものです。
点数を順に並べて上下をカットするならまだわかりますが、無作為に抽出するということは、運によって勝敗が決まってしまうということです。
実際にあった競技会を検証してみると、25%くらいの確率で順位が入れ替わる可能性がある・・・という説もあります。

ですからこの採点法で採点されたのならば、鈴木選手と中野選手の0.14という差は、コンピュータがどのジャッジを選んだかによって、結果が変わっていた可能性があるということです。

私も確かに、中野選手のこの4年間の実績をなんとか考慮してほしいと思いました。
質問者さまの仰る、鈴木選手が「ずる賢い」という意味もわかります。
昨年からの数少ない出場試合の中で、台乗りが数回。効率がよい勝ち方ではありますが、運のよさもありますよね。
それが五輪という大舞台ではどうなのかな?と思います。
中野選手が世界選手権に3回出場で3回とも5位以内入賞、それはそこに来るまでの全日本やグランプリシリーズで勝ち抜いてきての実績も含まれるんです。
だから0.14という僅差での全日本が決め手になったとしたら、それは納得できないと思ってしまいます。

参考URL:http://www.geocities.jp/cxb00463/skate11.html

No.10です。お礼の書き込みありがとうございます。
コンピューター抽選については、参考になると思われるページを下に貼って
おきました。
「ランダムカット」などで検索しても、参考ページが見つかると思います。
ただちょっとごめんなさい、私も勉強不足でして、間違った情報を書いてしまったかもしれません。
コンピュータ無作為抽選は、ISUの採点法として規定にあるものですが、先日の全日本でも採用されたかどうかはわかりません。

このランダムカットは、例えば12人のジャッジが点数をつけ、その中...続きを読む

Q鈴木明子選手についてとOP代表は大混戦になりますか?

毎回、失礼いたします。。。

昨年から鈴木選手の滑りがはきれいで、見入ってテレビ中継を見ていました。ついに今年は、中国杯優勝!!ロシア杯優勝の安藤選手に続き、とてもうれしいニュースです。

鈴木選手については、ニュースで経歴をいろいろ報道されていますが、スケーティングについてはどのような特徴のある選手なのでしょうか?
ジャンプも3回転-3回転を飛べる選手なのでしょうか?

と、なるとオリンピック代表は大混戦になるのでしょうか???
真央ちゃん、安藤選手、中野選手、村主選手、鈴木選手。
ファイナルと全日本次第で決まるとは思いますが、みなさんはどのようにお考えですか?(同じような質問になってしまいすいません)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再びお邪魔します。

スケート連盟のオリンピックの派遣基準はHPにあります。
こういうことになっているのです。


オリンピック代表選手選考基準
(1) グランプリ・ファイナル3位以内の日本人最上位者を、その時点で内定する。
この場合でも、原則として、全日本選手権への出場が条件となる。
(2) 全日本選手権優勝者は、原則として、選考するものとする。
(3) 以上の後、残る派遣枠については、
a 全日本選手権3位以内の者
b グランプリ・ファイナル進出者
c 全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位3名
(組)
を選考の対象とし、競技会での獲得ポイント、演技内容、ワールド・ランキング等を総合的に比較して、選考する。
なお、過去に世界選手権6位以内に入賞した実績のある選手が、シーズン前半にけが等で上記(3)の選考対象に含まれなかった場合には、オリンピック時の状態を見通しつつ、選考の対象に加えることがある。

要するに、
GPFで台乗りした選手がいれば、その一番上位の人を一人。(ここで、最低一人は台乗りするだろうと予想)
次いで、全日本の1位。(これはそうでしょう、大会を開く意味がなくなってしまいます)

そして、3番目の選考基準になるのですが、
abcと色々と網を広げてます、更に、過去の世界選手権6位以内まで選考の内に入れてます。

要するに、ランキング上位の選手が、思わぬ不調、怪我になって、今シーズン「選ばれるにふさわしい順位、点」にならなかったときにも選出できる余地をちゃんと作っているのです。

何故、ここまで、セーフティネットを張っているのか?
考えてることは明白です。
「メダルの取れる能力のある選手をはずしたくない」
多分、高橋選手のためのネットだったはずです。でも、女子でも同じ構図です。

連盟の狙いは、ハッキリしています。メダルを持って帰ってほしい、それだけです。
2,3年前なら、浅田選手が金か銀は確実に取ってくれそうだったので、そう深刻でなかったかもしれません。でも、今は、ヨナ以外は誰がメダルを取れるか、群雄割拠です。日本も一人としておまけのような人は出せません。3人ともメダルの狙える人を出して、出来たら2つ取りたい、1つもなしでは困る。こういうことなのです。

全日本の順でそういう人が入れば良いですよ。一発勝負ですから不安です。だから、色々保険がかけてあるのです。

オリンピックで上位に来そうな人は、
ヨナ、ロシェット、レピスト、コストナー、フラット辺りでしょう。
ヨナには勝てなくても、他の人には勝てる人、勝って来た人が条件です。(真央さんと安藤さんは、2年前、3年前まではヨナにも勝ってました)

そういう意味では、ロシェに勝って1位だった鈴木さんは「名乗りを上げた」状態です。更にスケートカナダで少差、肉薄すれば2、3位でもメダルが取れそうな選手としっかり印象つけれるでしょう。
中野さんは現在のところ、そういう面で一歩遅れをとってます。何が何でもファイナルに出てメダルを狙える位置にあることを示す必要があるでしょう。

明日からのNHK杯。いよいよレピストもでてきますし、ワクワク、ドキドキです。

再びお邪魔します。

スケート連盟のオリンピックの派遣基準はHPにあります。
こういうことになっているのです。


オリンピック代表選手選考基準
(1) グランプリ・ファイナル3位以内の日本人最上位者を、その時点で内定する。
この場合でも、原則として、全日本選手権への出場が条件となる。
(2) 全日本選手権優勝者は、原則として、選考するものとする。
(3) 以上の後、残る派遣枠については、
a 全日本選手権3位以内の者
b グランプリ・ファイナル進出者
c 全日本選手権終了時点でのワールド...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報