メタノールって第何級アルコールですか?
酸化しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

rei00 です。



 少し時間が出来ましたので,図書で若干調べてきました。で,私も結論から申し上げますが,厳密な定義では「メタノ-ルは第一級アルコ-ルには入らない」が,便宜的には「第一級アルコ-ルに含めてもよい」(つまり,Umada さんと同じ)と思えます。

【有機化学教科書】
 先の回答にも記した様に有機化学の教科書を見る限りメタノ-ルと第一級アルコ-ルは区別されています。中には,「フェッセンデン 有機化学」のように『アルコ-ルはメタノ-ル,第一級アルコ-ル,第二級アルコ-ル,第三級アルコ-ルに分類される』と明記されているものもあります。

【化学大辞典(共立出版,1961年)】
 第一アルコ-ルの項に『・・・・一般式 RCH2OH(R はアルキル基,アリ-ル基など)で表される。例 エチルアルコ-ル,ベンジルアルコ-ル,フリルアルコ-ル,特殊の場合としてメチルアルコ-ル CH3OH(上の一般式で R = H のもの)も第一アルコ-ルに属する。』とあります。

【化学辞典(森北出版,1981年)】
 第一(級)炭素原子の項に『・・・・たとえば,*CH4, *CH3-CH2-*CH3, CH3-*CH2-OH の * 印の炭素原子のように,他の原子0~1個と結合している炭素原子を第一(級)炭素原子という。』とあります。

【化学大辞典(東京化学同人,1989年)】
 第一級アルコ-ルの項に『水酸基を有する炭素原子がただ1個のアルキル基を有する脂肪族アルコ-ル類の総称。エタノ-ルは最も単純な構造を有する重要な第一級アルコ-ルである。』とあります。

【化学辞典(東京化学同人,1994年)】
 第一級アルコ-ルの項に『ヒドロキシル基を有する炭素原子がただ1個の炭素基を有する脂肪族アルコ-ル類の総称。エタノ-ルは最も単純な構造を有する重要な第一級アルコ-ルである。』とあります。

 これら一連の記述を見ると,Umada さんがお書きのように『その違いをどの程度に考えるか(第0級を設けるほどなのか、そうでないのか)ということでしょうね。』の考え方の問題と思えます。つまり,メタノ-ルが厳密な定義では第一級アルコ-ルに入らない事はいずれも認めた上で,「例外として第一級アルコ-ルに含める」とするかどうかの違いの様に思えます。

 で,私自身は,最初に記した様にメチルを一級に含めるとの立場も認めはしますが,メタノ-ルはメタノ-ルとして(つまり,一級に入れないで)考えた方が間違いが少ないように思います(例外とは言っても,メチルだけですから)。
    • good
    • 0

再度出て参りました。


前回の回答No.2は簡単に書きましたが、結論から申し上げるとメタノールはやはり第1級に分類されているようです。
少なくとも以下の書籍で確認できました。
[1] 赤堀、奥村「解説 有機化学」、共立出版、1950
[2] 野村、小林「チャート式 化学II」、数研出版、1977

[1]はちょっと古いので、その後学界の見解が変わっているならそれまでですが。[2]は高校の学参ですが、執筆はちゃんとした大学教授ですから誤りということはないでしょう。

厳密な定義によれば「第n炭素原子にhydroxyl基が付いているものが第n級アルコール」ですから、sugapiさんのお悩み「第1級に分類してよいか」はごもっともです。その意味ではメタノールに関しては便宜的に第1級に入れている、ということになるのでしょう。
上記の文献[1]でアルコールごとのエステル生成速度の比較実験の例が紹介されていました。ある条件で反応させたときのアルコールの生成量が、
メタノール:55.6% エタノール:46.9% 1-プロパノール:46.9%
なのに対し、
2-ブタノール:22.6% (そのほか例示の第2級アルコールも17~27%程度)
2-メチル-2-プロパノール:1.4% (そのほか例示の第3級アルコールも1~2%程度)
で、第1級、第2級、第3級の間には明らかな差異があります。一方、メタノールとメタノール以外の第1級アルコールとの間にも差異はありますが、第1級-第2級の差異よりはずっと小さいです。これなら便宜的に第1級に入れてもそう問題はないでしょう。
rei00さんのご指摘のようにCH3-とRCH2-Hとで化学的性質は違うわけですが、その違いをどの程度に考えるか(第0級を設けるほどなのか、そうでないのか)ということでしょうね。

酸化についてsugapiさんが質問されたのは「(第1級~第3級で)酸化のされ易さと酸化生成物が違うから、メタノールではどう考えればよいのか」の意味でしょう。これについては上記の分類議論よりははるかに簡単で、ホルムアルデヒドを経由してギ酸になることは前回回答した通りです。
    • good
    • 0

 有機化学者の rei00 ですが,いくつかの有機化学の教科書を見ましたが,メタノ-ルは一級とは考えられていないように思います(あくまでも,私の意見です。

教科書には明言されていません)。

 第何級の定義は sugapi さんがお書きの『ヒドロキシル基がついている炭素、と結合している炭素が一つなら、一級、二つなら二級、三つなら三級』(簡単に言うと,○級炭素の水素原子を水酸基に換えてできるアルコ-ルは○級アルコ-ル)です。

 さて,メタノ-ルあるいはメタンを考えて下さい。その炭素は一級でしょうか?上記の定義から考えるかぎり,一級にはなりません。敢えて言えば0(ゼロ)級です。勿論,この場合も一級に含むとの約束が有れば別ですが,私の知っている範囲ではその様な約束は無かったと思います。逆に,上記の事をサポ-トする様に,様々な所でメチルやメタノ-ルは一級とは区別して記載されています。例えば,次の様な例が今見付かりました。

・C-H結合の強さ
 CH3-H > RCH2-H > RR'CH-H > RR'R"C-H
・ラジカルの安定性
 CH3・< RCH2・< RR'CH・< RR'R"・
・カチオンの安定性
 CH3+ < RCH2+ < RR'CH+ < RR'R"+
・pKa 値
 CH3-OH < RCH2-OH < RR'CH-OH < RR'R"C-OH

 これから考えると,先に述べた様に,メタノ-ルやメタン等は一級とはせずに,それだけ別のグル-プ(0級?)と考えるのが妥当なように思います。


 『酸化しますか?』とは,「メタノ-ルが他の何かを酸化しますか?」でしょうか,それとも,「メタノ-ルは酸化されますか?」でしょうか(おそらく後者だとは思いますが)。これについては既に回答が有る通りですが,「酸化する」のではなく「酸化される」です(メタノ-ル自身は相手を還元します)。つまり次の様になります。

 メタノ-ル(CH3OH)

  ↓ 酸化される

 フォルムアルデヒド(H-CO-H)(CO はカルボニル)

  ↓ 酸化される

 ギ酸(H-CO-OH)


 いかがでしょうか。前半部については私の意見ですので(一応「自信あり」とはしましたが)思い違いが有るかも知れません。皆様のご意見いただければ幸いです。
    • good
    • 0

アセトアルデヒドを生成するというのは誤りです。

アセトアルデヒド(CH3COOH)はエタノールの酸化によって生成し、メタノールから生成するのはホルムアルデヒド(HCHO)です。

アルコールを分類する方法としてはヒドロキシル基の価数による分類と、官能基の数による分類があります。
ヒドロキシル基のついた炭素原子に官能基がひとつ付いている場合は一級、2個の場合は2級・・・となります。また、価数による分類はヒドロキシルキの数が1つのメタノール(CH3OH)やエタノール(C2H5OH)の場合は場合は一価アルコールに分類されます。
    • good
    • 0

-OHの付いている炭素に、他の炭素の鎖が付いていませんから第1級アルコールです。

-OHの付いている数は「第何価アルコールか」に関係します。「第何級アルコールか」には関係しません。

メタノールは酸化します。酸化するとホルムアルデヒドになり、さらに酸化するとギ酸になります。(アセトアルデヒドにはなりません)

この回答への補足

回答ありがとうございます。。
ヒドロキシル基がついている炭素、と結合している炭素が一つなら、一級、二つなら二級、三つなら三級と覚えていたので、一つもついていない、メタノールは何級だか、わからなくなってしまって質問しました、、
一つも炭素がついていないのも、一級なのですね、、

補足日時:2002/02/09 00:00
    • good
    • 0

メタノールは第1級アルコールです。

で、当然酸化します。酸化した生成物はアセトアルデヒドです。
質問の意図が良くわかりませんが第何級アルコールというのは-OHが、何個付いてるかをあらわしています。
ちなみに、消防法で指定される危険物第4類アルコール類は、炭素数3以下の第1級アルコール類とされていますので、メタノール、エタノール、n-プロピルアルコール、イソプロピルアルーコールが該当します。理由は上記を元に考えてみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近々NHKのMUSIC JAPANでアニソンSPがありますが、これと類

近々NHKのMUSIC JAPANでアニソンSPがありますが、これと類似した番組は近々テレビで放送されないでしょうか?
NHKの番組と番組の間に流れるのを見ていたら、MUSIC JAPAN以外で似たような番組があるようなことを放送していたような気がしました。一瞬だったので、見逃してしまいましたが、何か情報がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TV番組ではなくラジオ番組なんですが、
水樹奈々さんがパーソナリティで出演をする
NHK-FMで放送予定の「MJプレゼンツラジオ水樹奈々」のことでしょうか?

http://www.mizukinana.jp/news/index_radio.html


私もNHKの番組の間と間にちらっとMJの番宣を見て、
確かこのラジオの番宣もアニソンSPに続けて流れていたような気がしました。


違っていたらすみません。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/mj/

QC5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級

C5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級アルコールは1つあるそうです!

Aベストアンサー

構造式は自分でCを並べて練習するしかありません。
名前の付け方もついでに覚えると良いと思います。
1級アルコールは
1-ペンタノール
2-メチル-1-ブタノール
3-メチル-1-ブタノール
2,2ジメチル-1-プロパノール

2級アルコールは
2-ペンタノール
3-ペンタノール
3-メチル-2-ブタノール

3級アルコール
2-メチル-2-ブタノール

Q類忌の意味

近所の家のドアに黒い縁取りで「類忌」と書かれた紙が貼ってありました。国語辞典にも載っていないのですが、この言葉の意味が分かる方がいらしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
手元に資料が無いのではっきりしないのですが、以前に聞いた記憶では、直系血族ではないが比較的近しい親戚(例えば”お母さんの姉妹””お母さんの実家に婿養子に入ったおじさん”)が亡くなった場合に、故人の家族に準じて服喪することを「類忌」というのではなかったかと思います。
私の住む地域には無い言葉なので自信がありませんが、確か九州・四国地方の習慣というか、独特の言い方であると聞いた記憶があります。

Qメタノールは第一級アルコールですか?

問題集にはR-CH2-OHが第一級アルコールと記載されていますが、メタノールはどうなりますか?

Aベストアンサー

第0級アルコールという言葉があればメタノ-ルはそれにあたりますが、
その言葉はありませんので第1級アルコールに分類されています。

第1級アルコールは、2段階の酸化がされます。
R-CH2-OH → R-CHO → R-COOH

メタノールは3段階の酸化がされます。(第0級と言ってよい)
CH3-OH → H-CHO → HCOOH → CO2 + H2O

Q人間は両生類(両生動物)であるという言葉を聞いたことがあります。

人間は両生類(両生動物)であるという言葉を聞いたことがあります。
両生類と聞いて想像すると、魚、カエルなどの生物ですが、人は両生類にはいりますか?
それとも人が胎児の時のみ両生類?ということなのでしょうか

お願いします

Aベストアンサー

人は哺乳類です。両生類ではありません。

ついでに言うと魚は両生類ではありません。魚類です。

両生類とは、幼体はエラ呼吸で水中生活をし、成体になると肺呼吸に変り陸上生物になる種のことです。
厳密に言うと、脊索動物門脊椎動物亜門両生綱に分類される生き物で、カエルやイモリなどがそれに当たります。

そして人間は哺乳類ですので両生類には分類されません。
胎児期に魚類や両生類の特徴を一時的に示しますが、それは哺乳類ではみな起きます。
イコール人間が両生類と分類されるわけではありません。


それを言った方は何かの例えのつもりで言ったのではないでしょうか?
どういう意味合いで言ったかは分かりかねますが。
少なくともきちんとした生物学の定義では人間は両生類ではありません。

何かご不明な点があれば補足でお願いします。

Q【化学】ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーのアルコールの(1価、2価、3価)、(第1級、第2級

【化学】ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーのアルコールの(1価、2価、3価)、(第1級、第2級、第3級)、(低級、高級)の分類を教えてください。

ルコールの1価、2価、3価の分類はヒドロキシ基の数が1個=1価、2個=2価、3個=3価で決まるらしいです。

ビールは何個なんでしょう?

----------

第1級、第2級、第3級はヒドロキシ基の炭素原子に引っ付いた炭化水素基の数だそうです。

----------

高級、低級は炭素数が6個以上のものを高級と言うそうです。

----------

ウイスキーは炭素数が6個以上の高級っぽそうです。想像ですけど。

ビールは炭化水素が6個以下の低級っぽいイメージです。

なぜウイスキーが高級で炭素数が6個以上結びつくのにビールは炭素数がウイスキーより結びつかないのでしょう?

焼酎はアルコール度数が高いのに水割りで薄まるので低級っぽそうです。

ウイスキーも水割り出来るので低級?!?!

それともウイスキーは化学で見ると水割りは出来ないものだったりして。

勝手に水で薄めてるつもりで分子レベルではウイスキーと水は水割りでも分離したままだったりして。

アルコールの高級、低級もますます知りたくなりました。

ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーのアルコールの分類を教えてください。


アルコールの分類
1価、2価、3価
第1級、第2級、第3級
高級、低級


特に第3級のアルコールが知りたいです!!!!

【化学】ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーのアルコールの(1価、2価、3価)、(第1級、第2級、第3級)、(低級、高級)の分類を教えてください。

ルコールの1価、2価、3価の分類はヒドロキシ基の数が1個=1価、2個=2価、3個=3価で決まるらしいです。

ビールは何個なんでしょう?

----------

第1級、第2級、第3級はヒドロキシ基の炭素原子に引っ付いた炭化水素基の数だそうです。

----------

高級、低級は炭素数が6個以上のものを高級と言うそうです。

----------

ウイスキーは炭素数が6個以上の高級っぽ...続きを読む

Aベストアンサー

飲むアルコールは全てエタノールCH3CH2OHです。
それ以外は毒性があり飲めません。試薬のエタノールもありますが、製法の違いで毒物が含まれるので飲むことは出来ません。
試しに少量の消毒用アルコールを舐めたことがありますが、薬のような感じですね。

メタノールは過去に酒類が不足した時に、代用で飲んで失明した人が多く出ており、今でも時々事故が発生しています。
私の学生時代の研究でメタノールを多量に使う必要があったので、恩師に厳しく注意して実験するように言われた記憶があります。

第1級、第2級、第3級アルコールの違いは、ヒドロキシ基が付いている炭素に幾つの炭素が付いているかで決まります。
一つなら第1級アルコール、エタノールがそうですね。
二つなら第2級アルコール、油脂などの洗浄に使われる2-プロパノールがあります。
三つなら第3級アルコール、2メチル-2-プロパノールがそうです。

価数は炭素鎖についているヒドロキシ基の数で決まります、メタノールやエタノールは、1価のアルコールになります。

高級アルコールは炭素鎖が6個以上のアルコールを呼んだり12個以上という記述もあり、明確な定義はないようです。
低級アルコールは炭素鎖が少ない5個以下のアルコールを呼ぶ場合が多いですね。
高級アルコール・低級アルコールは明確な定義が無いようです。

お酒については別に質問をした方が良いと考えます。

飲むアルコールは全てエタノールCH3CH2OHです。
それ以外は毒性があり飲めません。試薬のエタノールもありますが、製法の違いで毒物が含まれるので飲むことは出来ません。
試しに少量の消毒用アルコールを舐めたことがありますが、薬のような感じですね。

メタノールは過去に酒類が不足した時に、代用で飲んで失明した人が多く出ており、今でも時々事故が発生しています。
私の学生時代の研究でメタノールを多量に使う必要があったので、恩師に厳しく注意して実験するように言われた記憶があります。

第1級、第2...続きを読む

Q商標権侵害の場面での類否判断

私の解釈は合ってますでしょうか?

商標登録出願に係る商標の類否判断(4条1項11号など)は、
外観、称呼、観念と全体観察、離隔観察、要部観察、分離観察などによって判断されますが、

一方、商標権侵害訴訟における類否判断は、

審査基準同様の判断基準 + 出所混同が起きるかどうか
で判断する。

Aベストアンサー

出願審査における類否判断でも、出所混同が起きるかどうかという観点から外観、称呼、観念と全体観察、離隔観察、要部観察、分離観察などによって判断されますので、その表現では差別化できていないように思われます。

侵害類否判断では、個別具体的な事情が勘案されます。

Q安定性が第三級>第二級>第一級になるのは何故?

学校の課題で、安定性がこのようになるのは何故なのか説明しなければいけないのですが、教科書(「パイン有機化学I」p202)を読んでもよくわかりません。

超共役や誘起効果が関わると思うのですが、それをどのように理解したら「第三級>第二級>第一級」と安定性が説明できるんでしょうか??

わかりやすいHPなどでも結構です。
急ですが、明日中にお願いします。

Aベストアンサー

カルボカチオンの安定性の話ですね。
単純化すれば、アルキル基が電子供与性の誘起効果を示すために、それが正電荷を持つ炭素に多く結合しているほどカルボカチオンの正電荷を中和されるために、安定化されるということです。
そのために、アルキル基の数が多いほどカルボカチオンが安定であり、それを言い換えると「カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級である」ということになるわけです。

アルキル基が電子供与性を示す理由として用いられるのが超共役の考え方です。
すなわち、通常の共鳴においては、単結合が切れたような構造は考えませんが、超共役というのは、C-H結合の切れた構造を含む共鳴のようなものと考えればわかりやすいと思います。
図はパインの教科書にも書かれていると思いますが、C-H結合が切れた構造においては、形式的に、その結合に使われていた電子対が、正電荷を持っていた炭素原子に移動して、その正電荷を中和しています。その結果、正電荷は、切れたC-H結合を有していた炭素上に移動します。このことは、共鳴の考え方によれば、超共役によって、正電荷が分散した(非局在化した)ということになり、安定化要因になります。

要するに、超共役というのは、単結合の切れたような構造を含む共鳴のようなものであり、その構造がカルボカチオンの正電荷を非局在化させ、安定化に寄与するということです。正電荷を持つ炭素に結合しているアルキル基の数が多いほど、上述の超共役が起こりやすくなり、カルボカチオンが安定化されるということです。

カルボカチオンの安定性の話ですね。
単純化すれば、アルキル基が電子供与性の誘起効果を示すために、それが正電荷を持つ炭素に多く結合しているほどカルボカチオンの正電荷を中和されるために、安定化されるということです。
そのために、アルキル基の数が多いほどカルボカチオンが安定であり、それを言い換えると「カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級である」ということになるわけです。

アルキル基が電子供与性を示す理由として用いられるのが超共役の考え方です。
すなわち、通常の共鳴...続きを読む

QLi nuxでclasspathの設定

classpathの設定方法を検索サイトで検索して色々なサイトから情報を得て、.bash_profileに
export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/lib
と記述し、sourceで反映しました。

上記の
$CLASSPATH:
というのは、既に$CLASSPATHが定義されていたら、それも加えるという意味ですよね?
既に$CLASSPATHが定義されているというのは普通にありえますか?

$CLASSPATHにはドットも記述するのが一般的のようですが、
export CLASSPATH=$CLASSPATH:.:$CATALINA_HOME/common/lib
これでよいですか?

Aベストアンサー

linux は exportコマンドで環境変数を設定します。
既に$CLASSPATHが定義されているということは
今回設定分のexport CLASSPATHより以前1回以上
exportコマンドでCLASSPATHという環境変数を設定済ということです。
export CLASSPATH=$CLASSPATH:.:$CATALINA_HOME/common/libは間違いです。
export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/libが正解です。
設定内容の連結は、Linuxは:(コロン)Windowsは;(セミコロン)です。

Q燃料用アルコール(メタノール)での調理

メタノールを使用したアルコールバーナーは、普通はそれに鍋をかけてお湯を沸かしたりするものだと思いますが、たとえば直接そのメタノールの火でウインナーなんかを炙り焼いて、それを食べたとしたら体になんらかの害が及ぶ可能性はあるでしょうか?

以前、「体重60kgなら25g程度のメタノール摂取で死亡の可能性がある」と聞き、メタノールの取り扱いには十分に気を付けたいと思っています。上記疑問について教えて頂けますと嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

燃料用アルコールは、普通エタノール メタノールの混合ですね。
メタノール100%だと劇物扱いで、印鑑無いと買えないから。
鍋物 大きい巻貝なら炙っても問題無いかと思うのですが、
仮にトーストの場合 パンの中にアルコールが残留する可能性が
少し考えられます。 ウインナーの場合も皮が有るのでね・・。
燃料メーカーでも 想定外な使い方で 安全の保証はしないと
考えます。 Q&Aでも回答なしです。
アルコールバーナーの種類が判りませんが、完全燃焼しておらず
燃焼時の生成の水が炎の温度を冷やし、アルコールの残留に
加担してないかと思ってます。
完全燃焼が保障されるなら 水とCO2に変わるはずですが・・。
一人鍋に使う 固形燃料のアルコールの場合、燃焼している横で
臭いを嗅いで見ると アルコール臭が残っているので、
燃焼せずに 気化だけしている割合が有る。
固形燃料は 引火点が高いアルコールを使っていて 気化がしにくい
のも 要因の一つです。

チャレンジして、残留が有るのか正直判りません。
文献が無い以上 危険性はゼロでは無いと答えておきます。

文が長くなり ゴメンナサイ。
   

燃料用アルコールは、普通エタノール メタノールの混合ですね。
メタノール100%だと劇物扱いで、印鑑無いと買えないから。
鍋物 大きい巻貝なら炙っても問題無いかと思うのですが、
仮にトーストの場合 パンの中にアルコールが残留する可能性が
少し考えられます。 ウインナーの場合も皮が有るのでね・・。
燃料メーカーでも 想定外な使い方で 安全の保証はしないと
考えます。 Q&Aでも回答なしです。
アルコールバーナーの種類が判りませんが、完全燃焼しておらず
燃焼時の生成の水が炎の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報