グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

ホリデー車検とかチラシを目にするのですが、どのように違うのですか? 整備内容とか安全に違いがあるものなのでしょうか。 来年春にフィットの3年目の初めての車検費用が気がかりです。チラシですとこのクラスで7~8万円とうたってありますが、以前のシヴィックフェリオですとディーラーで13万くらいでした。
概ね幾らを想定しておけばよいのでしょうか?? 
現在の走行距離は2年強で35,000キロです。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

車検制度ですが、”整備”作業は必ずしも必要ではありません。


12ヶ月又は、24ヶ月ごとの法廷検査なのです。
検査ですから、”受検時に保安基準を満たしているのか”の検査です。
分解検査記録簿に”嘘”で規定通りに書き込みすれば、検査は通ります。(ブレーキ分解点検は義務ですが自己申告です。)
ブレーキパッドの残りが無かろうが、エンジンオイルが汚れて、
エンジンが壊れそうでも、陸運事務所の中、”検査ラインの上だけ”
をクリアすれば良いのです。
ユーザー車検の部類ですと、右ハンドルでしたら、フロントガラスの左端に丸いステッカーを交付しますが、無い場合は正規に国から許可も得た整備業者では無い可能性が高いです。
そのような、代行業者も多いですし、逆に過剰整備でボッタクリもあります。
適正な値段は地域ごとで変わりますので、分解点検をどこまでして、何を交換するのか、どうして交換するのか、部品は純正なのか社外等々で
見積もりを取って検討して、下さい。
法外に安い高い料金は、理由があって当たり前、納得して店を選んで下さい。
車の運行責任な使用者ですから。
    • good
    • 0

車検は、「国が定める保安基準」に適合しているかを調べるものです。


ですので、自分で調べれば(ユーザー車検)、「ただ」です。
でも、自分で調べられない(めんどくさい、仕事で無理、分からない等)ので、整備工場、ディーラーなどに頼んでやってもらうのがほとんどです。

そこで費用ですが、大きく2つ考えてください。

(1)法定費用
(2)整備費用

(1)は、ディーラーだろうと、どこの工場だろうと、ユーザー車検だろうと、払う額は決まっています。「自動車重量税」「自賠責保険2年分」「検査手数料(印紙代)」「リサイクル料金」で、フィット(1000kg以下)は合計約66,350円です。検査手数料、リサイクル料金によって合計金額が若干上下しますが、それも恐らく2,000円前後でしょう。

で、質問者様が疑問に感じた、料金の違いはどこに出るかといいますと、(2)の「整備費用」です。国が定めた保安基準に適合しているか、整備してみなくてはわかりませんので整備します(当たり前ですね^^)。

それが、例えばホリデー車検とか、半日、1時間などで終わるクイック車検では、適合するかしないかをざっと見て、「はいOK」って感じです(私は30分で終わりました)。オイルが多少汚れていても、ブレーキパッドが減っていても、それが適合範囲内でしたらOKを出します。その後壊れようが後は自己責任で、ということになります。その代わり、1~2万でできます。
(もちろん、ここが悪いけど今直しますか、とかは言ってくれますが)

対して、ディーラーとか、それなりに整備費用を取るところは、しっかりやってくれます。ただ高いだけでなくて、恐らく(ブレーキ等含む)オイル交換工賃とか、どこかゆがんだところとかあれば調整、エンジンの調整、撥水コートとか、油を差しておいてくれるとか、さび止めなどに至るまで、さまざまなサービスが付加されているはずです。もちろん、これはいらない、などと言って値段を下げることも可能です。4万も見れば、まずまずのレベルで整備してくれるでしょう。

質問者様が車をどうしたいかによって選ぶ基準も変わってきます。
ある程度車に詳しく、自分で軽い整備もする、料金は安く上げたい、と思えばユーザー車検でもいいですし(新車3年目なら不具合もないと思うので、1発で合格するでしょう)、安い整備工場でもいいでしょう。

でも、ある程度安心を求めるのでしたら、多少高くてもディーラーがいいと思います。たとえば、車検後すぐに不具合が起きたら対応してくれる可能性もあります。
    • good
    • 0

ホリデー車検とかは,その車検を通ればいいという最低限の整備で,ディーラーは決められた点検と次の車検までの間の部品の保証のため交換な

どもしますので,どうしても高くなるのは当然です.安心を買うかの違いです.13万円は一寸高かったですが,何か理由があったと思われます.普通であれば10万円余でしょう.
    • good
    • 0

ディーラー車検と整備工場の整備内容は変わりません。

大きな違いは、工賃(手間賃のこと)がディーラーの方が高いです。整備工場(町工場)はお客様の依頼に合せて行うため車検整備の価格も抑える事も出来ます。だからといって整備で手お抜くことは絶対にないので安心してください。だだし一日車検については、整備しない、洗わない、吹かないという感じで行うため、次の車検まで持たない事例がかなり有りますのでお勧めできません。あと車検で掛かる金額はフィットで35,000キロなのでだいだい諸経費を含んで8万~10万くらいでできると思います。
    • good
    • 0

http://www1.plala.or.jp/yworks/java/1.html
概ねの料金(整備をしない場合)
http://www.jars.gr.jp/
リサイクル料金について(支払っていない場合)

合算すれば最低限必要な料金が出ると思います。
後は、あなた次第
次の2年間故障して欲しくないなら料金は高く(整備料金が必要)なりますし、自分で故障に対処、または見極めが出来るのなら安いところでよろしい。
    • good
    • 0

車検に対して「前整備」か「後整備」の違いだと思います


ディーラー等では看板を背負っているので車検後の二年間すら壊れない様に整備します、
その他では、今現在車検に通るかどうかでしか判断しません
整備に関心があり、自分の車をある程度面倒みれるのであれば後者の業者ややり方でも構わないと思います、がそれが無理そうであれば二年に一回くらいきちんと整備された方がいいと思います
ただ、一回目の車検とのことなので、ブレーキ関係とオイル交換くらいで済むでしょうね、リサイクル料込みで10万みておけばいいのではないでしょうか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング