何かの本で、脳には神経が通っていないので、痛いと感じることはないと書いてあるのを読んだことがあります。しかし、頭が痛くなるときは頭の内部が痛いような気がします。
一体、頭痛とはどこが痛くなっているのでしょうか?やっぱり脳が痛くなっているのですか?さっぱり分かりません。どなたか教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

頭痛と一口にいっても、あまりに多くのものがあるので、一概には言えないと思います。

    • good
    • 0

以下の参考URLサイトが参考になります。


頭痛の定義等が詳しく解説されてます。

このページの下線がある言葉をクリックすればリンク先に飛びます。

ご参考まで。

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/1 …
    • good
    • 0

筋肉痛によって起こるもの、血管が膨らみ周囲の組織が炎症を起こして起こるものなど、頭痛の原因にはいろいろなものがありますが、いずれにせよ脳ミソそのものが痛いのではありません。

感覚的にはおっしゃるとおり、脳ミソが痛いようにかんじますけどネ。
簡単に解説しますと;
片頭痛などの血管性頭痛とよばれるものは、脳の血管の拡張によって起こる周囲の炎症によって神経が圧迫されて痛みの刺激となるものです。
肩こりがひどいと頭痛になりますよネ。これを緊張型頭痛と呼びます。血液の流れが悪く、筋肉痛がたまたま頭に起こっていると考えることができます。
他には脳腫瘍や脳内出血のような脳の病気によって起こるものもありますが、これも基本的には腫瘍や出血が周囲の神経を圧迫して起こるものです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。血管の拡張によって脳の神経に刺激を与えたり、脳の筋肉痛によって頭痛が起こるのですね。
脳には神経が無いわけじゃなく、脳内に神経があり、それが刺激されて頭痛が起こるということですね。上記のMiJunさんの紹介してくださったページにも、確かに同じような解説がされていました。
お答えいただきありがとうございました。

お礼日時:2000/12/25 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脊椎腫瘍(神経鞘腫)

半年ほど前に脊椎腫瘍(神経鞘腫)の手術を受けました。手術で神経を切られたようで、脚に麻痺が残っています。神経鞘腫の手術では、神経を切って脚に麻痺が残るのが一般的か、あるいは手術ミスと言えるのか、、、どのように考えたらよいのか、教えてください。なお、腫瘍は良性でした。

Aベストアンサー

 神経鞘腫は神経から発生した腫瘍です。したがって、手術で腫瘍を摘出しようとすれば、発生母地となった神経根を最低1本は必ず切断することになります。不思議なことにこの腫瘍の発生母地となった神経根は機能を有していないことが多く、切断しても何も症状が出ないことの方が多いと言われています。ある代表的な論文では、腫瘍の原因となった神経根を手術で切断して術後に症状が出現する可能性は20%台前半と報告されています。(←正確な数字は失念しました)。
 今回はその20%台の中に入ってしまったと考える方が普通かもしれません。

 また、腫瘍がある程度大きく周りの神経根も何本か巻き込んでいれば、やむを得ず数本の神経根を切断しなければいけないこともあります。その時には術後ある程度の症状出現はやむを得ないかもしれません。

 神経鞘腫の手術というのは以上のようなものですから、質問者さんのケースが実際にどうだったかは分かりませんが、特に手術ミスと言うような状況ではなかった可能性の方が高いと私は考えます。

Q脳みそはそれ自体痛みを感じないなら、頭痛はどこが痛いのか?

(別のところにも質問しましたが再度質問します)

頭の芯が痛い。。。とよく人は言いますが、その場合の痛みはどこの部分なのでしょうか?
痛いと感じる部位が痛みを発しているのか、脳が別の部位の痛みを単に感じているのか?
脳みそ自体が痛みを感じない理由もわかれば教えてください。

Aベストアンサー

以前テレビでやっていました。

あるある大辞典 - 第332回『頭痛』2page
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruzutuu/zutuu_2.html

血管の膨張などが原因で痛みの信号が発生するそうです。


> 脳みそ自体が痛みを感じない理由

脳みそ自体には直接痛みを感知する神経が無いからという事になっていたと思います。


あと、冷たいものを食べて頭が痛くなるのは、冷たい信号が流れる神経と、痛い信号が流れる神経が近いので…という話を聞いたことがあります。

--
> (別のところにも質問しましたが再度質問します)

そちらかこちらかが削除される事になるかも知れませんね。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruzutuu/zutuu_2.html

Q馬尾神経腫瘍を持っている場合の硬膜外ブロック注射について

宜しくお願い致します。

仙骨部に馬尾神経腫瘍を持っているのですが、あまりに仙骨部周辺が痛いため硬膜外注射を医師に勧められています。
もしかしたら馬尾神経腫瘍に注射の針が突き刺さり、大変なことになるのではないかと心配でなりません。
実際のところどうなのでしょうか?
聞いた話では、下半身に障害が出るということもあり得るみたいなのですが・・・。
馬尾神経腫瘍と注射との関係が書かれた文献なども併せて教えて頂けると、とてもありがたいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

MiJunです。

>失敗事例が載っている文献の方がありがたいのですが
少し極端な例だとは思いますが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「麻酔科」
●http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Pit/9729/diary1.html
(事前調査もほどほどに)

・馬尾神経腫瘍(malignant schwannoma;myxopapillary ependymoma)

◎http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
(PubMed)
ここで上記のキーワードと「review」を組み合わせて検索すると沢山Hitはしますが、硬膜外ブロック治療例の失敗例の検索となると自信なしです!

ご参考まで。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/009kanteisyu.htm

Q【脳の処理能力】脳は起きているときに視覚情報が8割脳を使っているそうです。残りの2割は何に使って

【脳の処理能力】脳は起きているときに視覚情報が8割脳を使っているそうです。

残りの2割は何に使っているのでしょうか?

視覚、聴覚、味覚、触覚

視覚が8割の脳の処理に使われているなら、次は聴覚ですか?触覚ですか?

体を動かすのに脳は処理能力を使ってない?

どうなんでしょう?

Aベストアンサー

1位、目 2位、手 3位、口 4位以下、耳鼻足胴体
感覚のホムンクルスで検索してみましょう

Q神経線維腫症1型の難病で膀胱粘膜腫瘍があります。

膀胱粘膜下腫瘍と診断されました。
特定疾患の神経線維腫症1型の難病指定も受けてます。
1月に膀胱粘膜下腫瘍と診断され経尿道的腫瘍摘出術で手術をしました。
再発で6月にも同じく手術をしました。
どちらも悪性では無く、おそらく神経線維腫じゃあ無いかと診断されました。
先日また新しく2センチ台の腫瘍が見つかりました。画像的には境目がはっきりした、腫瘍です。
度重なる腫瘍で、たびたびの手術をした方が良いのか迷ってます。医師はできるだけ早いほうが
良いと言われてます。悪性でも無いのに、こんなに早く大きくなるのか不安です。
尿管の近くに腫瘍があるので、早いほうが良いと思うのですが、多発しやすくなるのでは無いかと不安です。どなたか解る方がおられれば、教えてください。

Aベストアンサー

ご相談ありがとうございます。
神経線維腫症をおもちで、腫瘍ができているとのことご心配ですね。
境界もはっきりしており、診断された先生もおそらく悪性ではないとおっしゃっているようですから、神経線維腫の疑いが診察、画像上も濃厚なのでしょう。できたものをとったことで多発しやすくなるということはありませんから、大変でしょうが早いうちに手術をなさったほうがよいのではないかと思います。どうぞお大事にしてください

Q脳の神経について

 以前、脳の神経細胞は、一度分裂したら二度と分裂しないから、皮膚みたいに再生しないって聞いたんですが、その分裂っていつ頃してるんですか?
 一回しか分裂しないなら、なぜ大人の脳は大きくなってるんですか?
どなたか教えて下さい。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
よく分かりませんので、大体のことを書きます。もう少し詳しいことは、調べると、どこかにあると思いますが。また、専門的な人なら、もっと正確な答えになると思います。

まず、人間の大脳は、非常に複雑な構造をしています。簡単に、古皮質・旧皮質・新皮質という風に分けています。しかし、これ以外に、間脳や大脳辺縁系があり、それは脊髄とつながっています。

脊髄から延髄を通じて脳へと達しているのですが、延髄の先には、中脳、間脳、終脳など、非常に基本的な生命活動を維持するための神経機構を備えた脳が連続してあります。これらを覆うように、外套という名前で、左右の大脳半球(古皮質・旧皮質・新皮質)があります。

しかし、この大脳半球の内部には、左右大脳をつなぐ脳梁とか、海馬とか、その他色々と微妙な組織があります。また脳室と言って、かなり広い部分に渡り、空洞部分があり、この中には、脳髄液という液体が入っています。

脳は、このような複雑な構造をしていて、胎児段階で、色々な部位の脳が、それぞれ、違った時期に発生し展開して行きます。胎児年齢6ヶ月から8ヶ月頃には、大脳半球新皮質の灰白質の標準六層構造ができるようですが、この頃で、大体、主な神経細胞の分裂はできあがっているのだと思えます。

ただし、人間の大脳外套新皮質に見られる、六層構造が区別できても、その内部で、神経細胞の成長があり、まだもう少し、細胞分裂が続くのではないかと思います。これは大脳半球の灰白質部分での神経細胞の構成ができあがる時期の話で、古皮質、旧皮質や、間脳、延髄、脊髄などは、もっと早い時期に、神経細胞が構成されるようです。

大体、誕生時点では、脳の神経細胞の分裂は終わっていて、神経細胞の数は、この時点で決まっているのです。

大脳の構成は、外套という左右の大脳半球を覆っている表面というか、大部分の組織は、表面は、灰色をしており、ここを、灰白質(大脳皮質)と呼び、その内側は、白い色で、ここを白質または大脳髄質と呼びます。

普通に、神経細胞の数がと言っているのは、大体、この大脳皮質の新皮質六層標準構造にある神経細胞のことです。神経細胞は、古皮質、旧皮質、また脊髄にも延髄にも、中脳、間脳、小脳にもありますが。少し構成が異なっています。

大脳皮質(灰白質)には、神経細胞と、それと同じぐらい、というか、もっと数の多い、グリア細胞というものが詰まっています。神経細胞の数は、誕生の時点で分裂していた数のままで、減ることはあっても増えることはありません。

しかし、グリア細胞は別で、これは、神経細胞の分裂が終わった後でも、分裂し増殖します。

新生児の脳はかなり大きいのですが、確かに、成人の脳に比べると半分かそれ以下の大きさです。どうやって、頭の大きさが大きくなるかは、内部の白質(大脳髄質)の容積が増え、大脳皮質を広げて、その面積を広げるのだということになります。

脳室のなかには、液が入っていますが、この脳髄液が過剰にあると、頭部が膨れ上がった形になり、いわゆる、水頭症の頭になります。普通の人は、バランスを取って、白質や、脳室の増大が起こるのでしょう。

つまり、大脳皮質という、灰色をした、ごく薄い層(厚さ1/2cmかもう少し薄い程度のはずです。場所によって、厚さは差があります)に、神経細胞はあり、子供から大人へと成長して行くにつれ、神経細胞は、樹状突起というものを伸ばして、多数のシナプスを他の神経細胞とのあいだに造って行くのです。

しかし、このような神経細胞の繊維の発達による、脳の容量の増大はたかが知れているはずで、成人の頭が新生児より大きいのは、白質や脳室の増大によるものです。

そして、年齢を加えてきて、40歳とか50歳とかになってくると、神経細胞が減少して来ます。本格的に減少し出すのは、60歳ぐらいからですが、消滅した神経細胞の跡は、グリア細胞が増殖して、隙間を埋めます。

しかし、大脳全体の萎縮というものがまた起こり、70歳にもなって来ると、大脳の容積全体が減ってきます。

>精神機能
>http://www.cypress.ne.jp/kishi/ht/seishin.html
 

参考URL:http://www.cypress.ne.jp/kishi/ht/seishin.html

 
よく分かりませんので、大体のことを書きます。もう少し詳しいことは、調べると、どこかにあると思いますが。また、専門的な人なら、もっと正確な答えになると思います。

まず、人間の大脳は、非常に複雑な構造をしています。簡単に、古皮質・旧皮質・新皮質という風に分けています。しかし、これ以外に、間脳や大脳辺縁系があり、それは脊髄とつながっています。

脊髄から延髄を通じて脳へと達しているのですが、延髄の先には、中脳、間脳、終脳など、非常に基本的な生命活動を維持するための神経機構...続きを読む

Q視神経運動障害と下垂体腫瘍について

今年から新社会人のものです。
先週から右の目の動きがおかしく、正面を向いたまま目だけ右のほうを見ようとすると右目だけ動かず、焦点が合わず二重に見えてしまいます。しかし、かたっぽづつ目を隠して見ようとすると上下左右両目ともしっかり動きます。

一度CTを撮ったのですが、下垂体が15ミリ程度あり、少し大きめだといわれました。後日MRIを撮る予定ではいますが、今の症状から下垂体腫瘍である可能性はどれくらいあるのか教えてください。
生理不順などはなく、目以外は本当に健康な状態です。
下垂体腫瘍はかなり大きくなると視神経に影響するとネットで見たのですが、私くらいの下垂体の大きさでもそのように視神経に影響することはありえるのでしょうか??また、下垂体が15ミリというのは明らかな異常なのでしょうか??
また、片目だけでみればしっかり目が動くというのも疑問です。
下垂体腫瘍以外に外側に目を動かす神経の異常の原因というのはあるのでしょうか??

社会人になったばかりで会社を休むのは不安です。
少しでもアドバイスや情報があればお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。再び失礼。

悪性では無いので、気を楽にして下さいネ!
昔から「病は気から」と言われいますので、落ち込んだりしないで、前向きに!
きっと少し休暇を取りなさい!と神様が教えてくれたんだと思って。

医薬品では無いので、薬ではありません。あくまでも健康食品です。
正式には清涼飲料水としか記載出来ない様です。でも、特許も2つ取って居る様です。
ナチュラルDNコラーゲンと言うものです。

正直、母の腫瘍が小さくなったのは、これのお陰も、ありますが、だけでは無いと思います。「信じるものは救われる」的なものが奇跡を起こしたのではないかと・・・
あまり過大に期待しないで下さいね。あくまでも健康食品の一つとしてお考え下さい。

参考の為
http://fordays.jp/products/drink.html

早く回復します様にお祈り申し上げます。

Q音楽が脳神経に与える影響

音楽が脳の神経に影響を与え、しかも音楽治療法もあるのは知っています。
が、調べても「なぜ」音楽が脳にそういう影響を与えるのかが説明されてるものが見つかりません。

なぜかを知っている方がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
音楽が脳や神経に影響を与えるというのは、これは質問者さんの取り違いだと思います。厳密には、音楽が脳に影響を与えるのではありません。脳は耳から入った音楽の情報処理を行っているのです。これにより我々の脳内には精神的な変化が発生し、それが自律神経などを介して心身に生理的な変化をもたらします。
音楽といいますのは「心に高揚感をもたらす操音(奏音)」と定義され、それは精神的な変化を意図して組み合わされた有意信号です。意味があるので脳はそれを理解することができます。では、何の意味もないデタラメなものは「雑音」であり、注意や認知の対象になりません。そして、果たしてこのようなことは敢えて説明される必要のない既存の生理学的な規序であり、音楽療法はこれを前提としています。

では、恐らく質問者さんがお知りになりたいのは、どうして音楽が聴くひとの心身に特定の作用をもたらすかということだと思いますが、残念ながらこの辺りは医学的にはほとんど未解明です。ですが、何故、音楽が有効なのかと言いますならば、それは「アロマ・セラピー」に治癒効果が認められるのと同じことです。
音楽が耳から入るものであるならばアロマ・セラピーは嗅覚で知覚される外部情報です。では、そこでどのような神経処理が行われるのかといったことは全く解明されていませんが、その効用の多くは経験的にほぼ立証されています。但し、このようなものはまだ原理が解明されていないため、科学的には未検証の「代替医療(あるいは健康法)」として扱われます。

音楽には論理的な要素があります。喜びや悲しみ、高揚感、それが人間の心身にどのような変化をもたらすかといったことは、音楽理論は元より、心理学でも幅広く研究が進められてきました。では、果たしてこのような蓄積を基にするならば被験者の生理反応や脳波、あるいは実際の治癒効果などを試してみることができるのですから、今後音楽療法は立派な補助医療として実用可能と考えられています。
因みに現在、医学部、看護学校、あるいは教職課程などでは音楽心理学を必修扱いにしているところもあります。

こんにちは。
音楽が脳や神経に影響を与えるというのは、これは質問者さんの取り違いだと思います。厳密には、音楽が脳に影響を与えるのではありません。脳は耳から入った音楽の情報処理を行っているのです。これにより我々の脳内には精神的な変化が発生し、それが自律神経などを介して心身に生理的な変化をもたらします。
音楽といいますのは「心に高揚感をもたらす操音(奏音)」と定義され、それは精神的な変化を意図して組み合わされた有意信号です。意味があるので脳はそれを理解することができます。では、...続きを読む

Q顔面神経腫瘍について

顔面神経腫瘍がどのような病気なのかをお教えください。またこの病気は良性であっても、悪性新生物(癌、肉腫)に該当するのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

素人勉強で恐縮ですが、神経鞘腫(参考URL)でしょうか?
聴神経に発生する「聴神経腫瘍 (聴神経鞘腫)」が多いそうですが、稀に
顔面神経にもできるとのことです (脳神経外科要説 第4版, 金芳堂)。
神経鞘腫は「最も良性な脳腫瘍の1つ (同書 p.364)」だそうですが、
ガン保険の基準にも用いられるICD準拠の分類(参考URL)で「C72
脊髄, 脳神経及び中枢神経系のその他の部位の悪性新生物 (C72.5?)」
「D33 脳及び中枢神経系のその他の部位の良性新生物(D33.3?)」
のどちらに該当するかとなると、素人の私には何とも・・・

参考URL:http://square.umin.ac.jp/~takafuji/BrainTumor/neurinoma.html,http://www.mhlw.go.jp/toukei/toukeihp/situbyo/index.html

Q【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。 左脳って計算脳でしたっけ?美術脳で

【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。

左脳って計算脳でしたっけ?美術脳でしたっけ?

ファーストスリーピングとは宿とかに普段寝ていないところに寝る初日のことを言います。

だから、作家はアイデアに困ったときにホテルとかに宿泊して、自宅とは違う環境で寝てサスペンスのネタ作りをするのかとハッとしました。

ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。

作家の脚本も左脳ですか?

Aベストアンサー

>ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。
これはかなり違う様です、早い話「缶詰」です、内容は二の次で締め切りまでに原稿を埋めなくてはならないので、プロダクションが監視しているのです。
なるほど、良い事を聞きました、いま少し行き詰まっているのです。その前は隔週別の宿へ移っていましたが、出費が大きく成果が出ないので切りました、これも良くない。でもどうしてもハズレの宿には行きたくないので、悩んでいました。もう少し考える事にします、有り難うございます。


人気Q&Aランキング