「機動戦士ガンダム」に登場するスペース・コロニーは、プリンストン大学のJ・K・オニール博士の提唱した物の一つである島3号型なのですが、この作品では円筒の壁面を6分割して内3つをガラス面とし、外側にミラーを着けて太陽光を入れる「開放型」と壁面を全て居住区域とし、コロニーの外の宙域に太陽電池パネルを配置して、マイクロウェーブでコロニーに電力を送信して内部に“人工太陽”を発生させる「密閉型」の2種類があります。
 そこで質問なのですが“人工太陽”というものが私には全く分からないのですが、皆様の中でご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひともご教授いただきたいのですが。
 それとマイクロウェーブが電力になる仕組みもまるで分かりません。その点も教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

またまたでしゃばりました。

myeyesonly です。
下で、補足依頼を受けたのできました。

太陽電池がどうやって電気を溜めるのかですが、基本的には溜めません。作った電気は即時消費先に送ります。
まあ、システムが動くためのバッテリーなどは必要だと思いますけど。
太陽電池そのものは、地上でもそうですが、光を電力に変換するだけです。溜める仕組みはないので、使わなければそれまでです。しかし、これでは一時的に大量に必要なときは太陽電池パネル分の容量までしか出せないし、使わないときにの発電量は無駄になるので、地上のシステムではその電気をバッテリーに溜めときます。
溜め方は、バッテリーの電圧よりも若干高い電圧をかけてあげれば、バッテリーに電気がたまります。あとは、バッテリーから電力を供給すれば、一時的に大量に必要なときにもバッテリーの最大放電電流まではカバーできます。大規模なシステムでは、バッテリーではなく、揚水式発電のダム(あまった電気で下流のダムの水を上流のダムにくみ上げ、必要なときに上流のダムで発電する)や、空気圧縮機とガスタービンを組み合わせたタービン発電(あまった電気で圧縮機を回して大きなガスタンクに高圧の空気を作っておき、必要なときにガスタービンを回す)システムを使います。

あと、これらの電力は直流で、乾電池などと同じものです。これをマイクロ波にするには、マグネトロン、サイラトロン、進行波管などの真空管や、エサキダイオードなどを使った電子回路で発信という現象を起こさせます。前の方の真空管では、簡単な電子回路で直接大電力のマイクロ波を作ることができ、効率がいいのと、特に宇宙空間などでは、宇宙線に強いので現在でも人工衛星などで、マイクロ波を中継する衛星通信や放送などでは、花形的に使われてます。後ろの方のエサキダイオード等の電力はあまり大きくなく、トランジスタなどを使った回路で増幅して使います。真空管が数百ボルトの高い電圧がないと動かないのに比べ、こちらは、数十ボルト位の電圧でも動くので、太陽電池などには向いています。

マイクロ波は電波なので、アンテナで受けてそれを整流器という、電気が一方にしか流れない仕掛けを通すと、直流に直すことができます。

また、マイクロ波は、電子レンジの中で使われており、物を過熱することができることはご存知ですよね。
マイクロ波を整流器で直流にするとロスが多いので、このような直接利用もかなり考えられるでしょう。例えば何もつながっていない蛍光灯にマイクロ波を当てるだけで点灯させることもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳細な説明誠にありがとうございました。
 とても博学な方ですね。
 今後もお世話になることがあるかも知れませんが、その時はよろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/02 04:32

長寿命で太陽光に近いスペクトル、紫外線などは少ない。


宇宙空間では放熱の問題があるので熱はない方がいい。
面状に細かく分けて天井(?)に貼り付ける。
細かく分けるのはメンテナンスと発光数を変えることにより朝-昼-夕-夜と日射量を変えられるし、発光位置を変えれば日の出-日の入りを表現できるから。

てなところでどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 わざわざ考えていただきありがとうございました。
 馬鹿なので、いまいちどんなものか頭の中に絵が浮かべられないのですが…。
 

お礼日時:2001/01/02 04:37

太陽光と同じか近いスペクトルの光や熱を出せる光源なら


人工太陽といえるのではないでしょうか。
そう考えると植物の工場栽培に使われる電灯なども人工太陽といえるかも。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。
 もう一つ質問させていただきたいのですが、窓一つない円筒形のコロニーの中に地球と同じような空を作るとしたら、K-1さんはどんな光源を考えられますか?

補足日時:2000/12/28 06:32
    • good
    • 0

kazu-kun さんに一部だけ補足します。


マイクロ波は、パラボラアンテナなどで、強い指向性を持たせることが簡単にできます。指向性が強いと横方向に広がらないので、真正面に向かって幅の狭い強力な電波を出せるので、ちゃんとアンテナをまっすぐ向けて受ければある程度の電力が取り出せます。
途中に電線などがいらないので、これで電力を送る研究が進んでおり、すでに各種の実験機がテストされています。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。
 申し訳ないのですが、太陽光パネルがどうやってエネルギーを蓄えるのか、そしてそれをどうやってマイクロ波に変換するのかをお教えいただけるとありがたいのですが。

補足日時:2000/12/28 06:29
    • good
    • 0

太陽の代わりになるものなら、どんなシステムでも「人工太陽」といえるのでは?別に「核融合」炉である必要も


ないと思います。
マイクロ波は電磁波の一種で、電磁波が持つエネルギーは、E=hνすなわち電磁波の周波数に比例します。
マイクロ波は、周波数が高いので、エネルギー密度が
大きくエネルギーを電磁波に変えて送るのに効率が
いいのだと思います。電磁波を電気に変えるのは、
簡単なのでは?東京タワーの近くだと蛍光灯が光る
なんて話しもあったと思います・・・。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。
 申し訳ないのですが、マイクロ波を電力に変える仕組みを説明していただけるとありがたいのですが…

補足日時:2000/12/28 06:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光接続の無線LANルーターが発するマイクロ波の人体への影響について

光接続の無線LANルーターが発するマイクロ波の人体への影響について
今まではADSLで2階にルーターがあり、PLC接続していました。弟は他の部屋で無線LANで接続していました。
この度3階の自分の個室に光インターネットを引きたいのですが、部屋は狭いのでルーターと自分の距離が凄く近いので不安です。ADSLならぬ高速な光ですからその分電磁波などの影響は強いですか?

私はLANケーブル接続ですが隣の部屋の弟には変わらず無線LANで接続してもらいます。
頭が痛くなったりなどしますか?携帯電波基地局などよりもそういった機器の近くのほうがマイクロ派が何百倍も強く発ガン率が高まるとの海外の報告もあるみたいで心配なのですが。

Aベストアンサー

>ADSLならぬ高速な光ですからその分電磁波などの影響は強いですか?
仮に、電磁波が人体に影響があったとしても、回線を光にしたからといって、無線LANによる影響は変わらないはずです。(回線を変更したからといって、勝手に無線LANの出力が変化することはないので)

>携帯電波基地局などよりもそういった機器の近くのほうがマイクロ派が何百倍も強く発ガン率が高まる
これは初耳です。携帯電話による電磁波が脳に与える影響という点では、過去、いろいろきいたことはありますが...。(科学的にマイクロ波と病気との関連性が、まだ解明されてはいないのでは。)

マイクロ波の影響を懸念されているようですが、あまり心配する必要はないと思います。
それでも心配なら、無線LANをやめて、宅内LAN配線の工事を検討したらいかがでしょうか。

Q太陽電池が寿命になるまで発電できる量と太陽電池を作る電力

「太陽光発電は環境に優しい」
といわれていますが、本当にそうなんでしょうか?

太陽電池パネルを生産するには、相当量の電力が
必要だと思います。

太陽電池が寿命に{発電できなくなる}までに
発電できる電力量は、生産に必要な電力量より
少ないのではないででしょうか?

もしそうなら太陽電池を作って発電するより、
太陽電池を作る電気をそのまま使った方が
よいわけですよね。

太陽電池パネルが、各家庭に設置され、
分散化すれば大きな発電所がいらなくなって
送電設備もいらなくなって「環境に優しい」
というのならわかりますが、それって
太陽電池が「環境に優しい」わけでは
ないですよね。

そこで皆さんに質問です。

その1
 太陽電池が寿命までに発電できる電力量と
 太陽電池を生産するために必要な電力量は
 どちらがどのくらい多いのでしょうか?

その2
 太陽電池が「環境に優しい」のなら
 その理由は?

気長に回答を待っています。
なお「電力量」など適切な使い方をしていないと思いますが、
ご容赦ください。

「太陽光発電は環境に優しい」
といわれていますが、本当にそうなんでしょうか?

太陽電池パネルを生産するには、相当量の電力が
必要だと思います。

太陽電池が寿命に{発電できなくなる}までに
発電できる電力量は、生産に必要な電力量より
少ないのではないででしょうか?

もしそうなら太陽電池を作って発電するより、
太陽電池を作る電気をそのまま使った方が
よいわけですよね。

太陽電池パネルが、各家庭に設置され、
分散化すれば大きな発電所がいらなくなって
送電設備もいらなくな...続きを読む

Aベストアンサー

非常に興味深いことに疑問を持たれたと思います。
私自身も興味を持ち、関連Webページを探してみました。

以下のサイトが参考になるのではないでしょうか?
「その1」に対しては「EPT」の項が答えになるかと思います。

「その2」は「排気ガスや汚染物質を出さずに発電する==環境に優しい」という意味で使われることが多いように思います(私見です)。

参考URL:http://araiweb.elcom.nitech.ac.jp/~ichimura/solar/solmain.html

Qマイクロ波について

大学の授業でマイクロ波について勉強しており、こちらでいろいろとマイクロ波について(なぜ水が温まるのか、金属がマイクロ波を反射したり、スパークを起こす理由について)拝見したのですが、それに関しての疑問があります。
・電子を持つもの(金属)はその物質内の電子の遮蔽効果 によってマイクロ波が反射する。
・水ではマイクロ波を吸収(水分子の極性)によって内部 発熱を起こす。
・それ以外のもの(油など)は、透過する。

ここまではわかるのですが、(1)マイクロ波が透過する量を減少させるものはあるのでしょうか?また、(2)金属以外のものでマイクロ波を反射させるものはあるのでしょうか?理解しづらいかとは思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1. マイクロ波(の一部)を熱に変えるものは、適切な厚さで配置すれば、マイクロ波を減少させます。
ご質問に書かれている水以外でも、例えば、カーボン材などが該当します。

2.金属以外でも磁性体や誘電体の表面では、マイクロ波は幾分か反射しています。誘電率や透磁率が高いほど反射の割合は増えます。

Q【太陽光発電の謎】太陽光発電というか電線と繋がっているのは1家に1本ですよね? 電力線は売電時は送

【太陽光発電の謎】太陽光発電というか電線と繋がっているのは1家に1本ですよね?

電力線は売電時は送り出し。電気消費中は送電で電柱の電線から電気を受け入れる。

電線は家庭引き込み電線は一方向しか送れないはず。

ということは売電中は蓄電器に溜まった電気で家庭電力を賄いそこからさらに電柱に送って売電してるってことですよね?

それとも太陽光発電の売電用に電線が2本になるんでしょうか?

売電中は蓄電器から送って、もう1本の電線から電柱から入電して家の電気が付く仕組みですか?

どうなってるんでしょうか。

Aベストアンサー

>電線と繋がっているのは1家に1本ですよね?

通常単相200Vですので、3本です。

>電線は家庭引き込み電線は一方向しか送れないはず。

そんな事はありません。双方向に送れます。
通常の電力計のまま発電すると、売電時は、逆回転します。
これでは、売電量が分からないので、買電メーターと、売電メーターの2つを付けて、
電柱から電力を受ける時は、買電メーターが回り、
太陽光などから電柱に電力を送り出す時は、売電メーターが回るようになってます。
 正確には、近隣の家が、太陽光の発電電力を使用します。
買電メーターと、売電メーターは、逆回転しないように、ストッパーが付いています。
上記のような機械式ではなく、電子式のメーターもあります。

Qマイクロ波加熱について

マイクロ波加熱と物質の比誘電率の関係について質問です。

比誘電率の高い物質ほどマイクロ波を吸収しやすく加熱されやすいのか教えてください。

マイクロ波加熱を含む誘電加熱の原理は、誘電体の分極によるものだと認識してます。

分極には電子分極、イオン分極、配向分極、界面分極の4種類があるとのことです。

それぞれの分極は電磁波の周波数に依存するそうです(電子分極は紫外光、イオン分極は赤外光、配向分極はマイクロ波の周波数)。

ここで、比誘電率が大きいほどマイクロ波を吸収し加熱されやすいのではなく、配向分極しやすい物質ほどマイクロ波を吸収し加熱されやすいのではないかと疑問を持ちました。

比誘電率が大きい物質ほどマイクロ波加熱により加熱されやすい物質なのかどうか教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

>マイクロ波加熱の原理は物質(誘電体)がマイクロ波を吸収し励起され、元の状態に戻るときに励起されたエネルギーの分だけ熱が生じる。物質のマイクロ波の吸収しやすさは原子の質量、原子間距離、結合強度などに依存する

おっしゃる通りのことを書きました。そこまで読み取って下さる9743884様はかなり洞察力と理解力に優れた方だと思います。
お世辞ではありません。
励起された分子が元の状態に戻ることを「緩和」と言います。
例えば電子レンジで水の回転を励起しますと、確かに液体の水状態(あるいはそれに近い状態)の水分子はおっしゃった表現で言えば「摩擦」を起こします。
より正確には、水分子の回転エネルギー(これも量子化されています)が失われて回転が遅くなる分のエネルギーが周囲の水や他の物質の回転エネルギー、もしくは「並進」(分子全体の運動、気体の運動もその一種)の励起に使われます。
電子レンジの場合は回転エネルギーは食品分子の様々な細かい部分の回転と水分子の並進による「気化」(それで蒸気がたくさんでき、蒸したのと同じ状況になる)になります。
気化した水分子の速度が大きければその分子は高温の水分子と言う事になります。
エネルギーを他の分子に与えた水分子はそれ自身が「気化」という形で「緩和」するか、気化まで行かずに元の位置付近でゴトゴト動くという形をとって「緩和」されます。

>マイクロ波加熱の原理は物質(誘電体)がマイクロ波を吸収し励起され、元の状態に戻るときに励起されたエネルギーの分だけ熱が生じる。物質のマイクロ波の吸収しやすさは原子の質量、原子間距離、結合強度などに依存する

おっしゃる通りのことを書きました。そこまで読み取って下さる9743884様はかなり洞察力と理解力に優れた方だと思います。
お世辞ではありません。
励起された分子が元の状態に戻ることを「緩和」と言います。
例えば電子レンジで水の回転を励起しますと、確かに液体の水状態(あるいはそれに...続きを読む

Q太陽光発電した電力を電力会社以外に売電できますか?

メガソーラクラスの太陽光発電設備で発電した電力を電力会社以外の会社(PPS?)にさらに高い金額で買い取ってもらうことができるのでしょうか?

できるのなら、その仕組みなどの詳細を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金額は国で決めた価格ですからそれより高く買うことはないでしょう。
売る電気料金よりずっと高いのが現状ですから。
それでなくても高い分は電気料でわれわれ消費者が負担しているのですから。

Qマイクロ波聴覚効果を応用した通信システム

第二次世界大戦中にレーダー施設に勤務する兵士が、
レーダーのパルスが聞こえるという現象を報告しました。
これをマイクロ波聴覚効果といい、
1961年にコーネル大学のフレイ教授がマイクロ波聴覚効果について
応用生理学ジャーナル(J. Applied Physiology)に論文発表しました。

世界保健機構(WHO)の下記のサイトにも、
電磁界と公衆衛生:「レーダーと人の健康」
という報告書、4ページにマイクロ波聴覚効果が記述されています。

http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf

軍事レーダーのようにある程度、出力が大きくないと、
マイクロ波聴覚効果は発現しません。

さて、マイクロ波聴覚効果を応用した通信システムが実現されています。
具体的には、米国ネバダ州に本社があるシエラ・ネバダ・コーポレーションが
MEDUSAという製品を開発しました。

MEDUSAは、マイクロ波パルスを発射して、脳内に音声を認識させる兵器です。
「マイクロ波 脳内 兵器」で検索すると、MEDUSAの記事がヒットします。

皆さんは、マイクロ波聴覚効果を応用した通信システムが
製品となっていることを信じますか?

この通信システムは、米国の陸軍、海軍などが使っており、
日本では、自衛隊が使っています。

第二次世界大戦中にレーダー施設に勤務する兵士が、
レーダーのパルスが聞こえるという現象を報告しました。
これをマイクロ波聴覚効果といい、
1961年にコーネル大学のフレイ教授がマイクロ波聴覚効果について
応用生理学ジャーナル(J. Applied Physiology)に論文発表しました。

世界保健機構(WHO)の下記のサイトにも、
電磁界と公衆衛生:「レーダーと人の健康」
という報告書、4ページにマイクロ波聴覚効果が記述されています。

http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf

軍...続きを読む

Aベストアンサー

斜め読みで報告書を見ましたが、頭の中でちょっとした感覚があるようですが、これはエネルギーが変化した瞬間の微分値に反応しているような感じです。頭の中に何かしらのエネルギー整流作用があれば変化はわかるでしょう。ただ音声を認識させるとすると頭蓋を振動させるとか、2種のマイクロ波で可聴周波数にビートダウンさせると聞こえるかもしれませんね。
ただし、耳周辺の鼓膜か頭蓋を振動させない限り急に入ってきたマイクロ波を他の器官で判断するのは訓練(インターフェースを生成すること)が必要でしょう。
出来る出来ないといえば、別に現有する計測器で出来ると思いますが、ビームを絞ったり距離はどこまでとかある範囲では出来ても実用レベルに達せられるかどうかということだと思います。

たとえばモールス信号がわかる人の頭にちょっとした共振回路を入れておけば、マイクロ波のON/OFFで意味は感じ取れるでしょう。双方向は出来ませんが。その考えで、脳内のどこかに生態的な共振回路とその同調周波数がみつけられれば、そこを刺激すれば・・・・と思います。

Q高速道路の壁面に太陽光発電パネルを並べたら

日本中の高速道路の壁面、中央分離帯など利用可能な部分に太陽光発電のパネルを敷きつめたら、一体どのくらいの発電能力が期待できるのでしょうか?誰か専門に計算している方ご存じないですか?

Aベストアンサー

> 電圧効果を避けるため
電圧効果とは?電圧降下の誤植でしょうか?いずれにせよ、一定のブロックごとに分けて配電すれば解決可能です。

> 表面の汚れ
太陽電池の表面に光触媒を塗布すれば、雨だけで汚れの多くは除去可能です。洗浄は、人手ではなく、自動洗浄装置を作ればよし。技術的な障壁は大してないでしょう。

> 振動に弱い
ガラス基板の場合は確かに振動に弱いですが、現在はプラスチック基板のものもあります。
特にアモルファスタイプの太陽電池は、プラスチック基板で、ロール状に巻き取ることもできるものがあります。また、アモルファスは発電効率は10%以下と低いものの、製造分のエネルギーは1年で回収できます。

Qマイクロ波放射装置

こんにちは。よろしくお願いします。

”電子レンジを改造して作られたマイクロ波放射装置がヤバすぎる!!ラジカセがドカーン!!”
というページで紹介されていたビデオです。

https://youtu.be/g91xkISmp2g

電子レンジを改良してマイクロ波発生装置が出来るのであれば、このビデオのように一点に集中させないで、マイクロ波を分散して発生させるようにすることも可能ですよね?
そしてその発生装置を壁や天井裏に隠して遠隔で操作できるようにすると、マイクロ波攻撃をすることができるのでしょうか?
このビデオでは電子レンジ一台のマイクロ波でラジカセが爆発していますが、同じ強さのマイクロ波を8畳くらいの部屋の壁や天井裏に100個くらい穴をあけてコイルで繋ぎ、電流を流したら、部屋全体が軽い電子レンジのようになるのでしょうか?
もし、それが可能であるとすれば、そういう部屋(密閉はされない)に居るとどうなるのでしょうか?

電磁波攻撃を受けていると訴える方のお宅に仕掛けられているのはこういうようなものなのかな?と思いましたので、質問させていただきました。

こんにちは。よろしくお願いします。

”電子レンジを改造して作られたマイクロ波放射装置がヤバすぎる!!ラジカセがドカーン!!”
というページで紹介されていたビデオです。

https://youtu.be/g91xkISmp2g

電子レンジを改良してマイクロ波発生装置が出来るのであれば、このビデオのように一点に集中させないで、マイクロ波を分散して発生させるようにすることも可能ですよね?
そしてその発生装置を壁や天井裏に隠して遠隔で操作できるようにすると、マイクロ波攻撃をすることができるのでしょうか?
こ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

> じわじわと身体を不調にして、癌や痴ほう症等を発症させるような装置を
マイクロ波を照射すると水分が発熱します。電子レンジはこの現象を利用したもの。生体に当たれば火傷します。
小生医学については素人ですので正確なことは言えませんが癌とか痴呆症になることはないでしょう。世の中には電波が当たると云々・・・と言っている人もいますが医学的には否定されているはず(上記の発熱以外には)。

> 普通の電子レンジを使用電力や、出力などの仕様は同じで、8畳くらいの部屋に拡大することが出来るのかどうか、ということです。
部屋の中に均一な強さでマイクロ波を出すのは困難です。どうしても「むら」ができます。たまたま強い場所を通ったことで脳の一部が損傷して痴呆症のような症状を示すことはあるかもしれません。
電子レンジですら内部の電波を均一にするには苦労しています。一般にターンテーブルがあって料理を回していますがこうでもしないと「むら」がありすぎて使えないのです。初期のレンジでは電波を四方八方へ飛ばすための回転羽根が付いている物がありました。
電子レンジですらそんなわけですから均一化は8畳間ともなればとても無理でしょう。

#1です。

> じわじわと身体を不調にして、癌や痴ほう症等を発症させるような装置を
マイクロ波を照射すると水分が発熱します。電子レンジはこの現象を利用したもの。生体に当たれば火傷します。
小生医学については素人ですので正確なことは言えませんが癌とか痴呆症になることはないでしょう。世の中には電波が当たると云々・・・と言っている人もいますが医学的には否定されているはず(上記の発熱以外には)。

> 普通の電子レンジを使用電力や、出力などの仕様は同じで、8畳くらいの部屋に拡大することが出...続きを読む

Q電力会社を通さずに、一般住宅から太陽光発電の電力を購入することのについ

電力会社を通さずに、一般住宅から太陽光発電の電力を購入することのについての質問です。

近所に太陽光発電をしている一般住宅が50戸ほどあります。共働きで昼間は留守であまり電力を使っていないため、余剰電力がたくさんあるとのことです。そこで、これらの住宅から余剰電力を電力会社を通さずに直接に購入して、二酸化炭素排出量がゼロでしかも割安の電力として、私の工場で使いたいと思っています。
法的な問題がなければ、これらの50戸の一般住宅まで私の工場から電力ケーブルを延ばして、太陽光発電の電力の購入に必要な装置を設置したいと思っています。
このプランに何か問題があるかどうか、教えていただければと、思います。

Aベストアンサー

一般家庭が電気事業者に逆送電するので認可が簡単ですんでいますが、一般家庭から電気事業者を通さずに電気を買うとどこかの設備が「電気事業設備」になり電気主任の専任が必要になるなど面倒なことになりますよ。

電気設備を電気事業者に繋ぐためには、電気設備が基準に適合している必要がありますが、自分の敷地外の電気設備を基準のなかに収めるのは大変そうですし。

電力会社が売るより高い価格で電気を買っているのは、それをしないと行政指導されるため。そこの部分だけ見ると赤字なので、本音としては電力会社は太陽電池の電力を買い取るなんてことはしたくないですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報