すでにこの質問の件の回答は締め切られてしまっていますので、私の方から皆さんに逆に質問をします。
野球のバッターはなぜ三塁でなくて一塁へ走るか。皆さんは、人間は右足の蹴りが強く、左回りに走るのが自然だから、と回答されていますよね。

でも皆さん、私はもっと大きな理由があると思います。

右ききの内野手がゴロを取った時、自分の右方向に投げるのと左方向に投げるのとでは、左方向(つまり一塁の方向)に投げるほうが投げやすいじゃありませんか。
もし打者が三塁に走ったら、ショートが定位置でゴロを取った時、場合によってはバックトスで投げなければなりません。
人間には右利きが多い以上、打者は一塁方向に走ってもらうのが自然、いかが思われるでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

yoishoさんへの返答。

すいませんね、こういうことがよくないのはわかっているんですが。

>まずボールを打った直後に「走りやすい方向」というのは、pleasehelpmeさんが指摘されているように、三塁側でしょう。

あー、問題にしているのは「塁を回る方向」だったつもりなんですが・・「回りやすい方向」としないと文意が掴みにくかったかな。すいません。

>こんな議論は、無意味ですよね。
>試行錯誤していく過程で、走塁・送球どちらが先と言うわけでなく・・

いやもうホント、その通りでしてね。
ただnyannyanさんの説を成り立たせる前提が無意味と切って捨てる前に、その前提の上でもやっぱり間違ってるよと指摘したかったんですが・・だから議論が現実離れしているのは始めから承知の上です。「現実を見失ってません?」というフレーズは、私の指摘にそうツッコミ返すと質問自体が崩壊することに気付くのを狙って使いました。「自信あり」は挑発です・・が、まさかyoishoさんに返されるとは、ね(でも、無意味だとわかっているなら「・・の影響の方が大きい」なんて言うのはやめましょうよ。この質問でそもそも引っ掛かるのはそこだったんですよ)。
もちろんこんな感情的なことをするのはこのサイトの使い方として大いに間違ってます。管理者さんの目にとまれば私のこの回答(になってませんが)は削除されるでしょう。まーなんで無意味な議論にこんなに食い下がるマネをするのかといえば、私の回答履歴を見ればある程度参考になるかと。始末つけてくんないかなー。
    • good
    • 1

アメリカの人は左利きのほうが多いんじゃないんですか?

    • good
    • 1

競技の起原というのは定説があっても推測の域でしかなく


結論付けは難しいですね。ここでは走者か送球かが論点のようですが
別の論点で考えてみました。初期の野球は点取りゲームであることを前提にすると
競技的には左回りの方がエキサイトできます。

少年野球も同様ですが技術的に未熟であると流し打ちなんてできません。
したがって右打者の強い打球は三遊間に多く飛びます。逆にライト方向へは
ぼてぼてのゴロが多くなります。そのため捕球は三遊間の選手が早くなります。
これでは三遊間方向への打球はアウトになる可能性が極めて高く、一二塁間方向は
ばてぼての打球と送球の距離を考えるとセーフになってしまいます。
これでは競技としては全然面白くありません。野球は出塁できるかどうかが
問題ですからね。初期の飛ばないボールでは長打は期待できませんしね。
そうなると三遊間方向へは送球の距離をハンデに、一二塁間はボテボテであることを
ハンデに考えると内野への打球でもセーフかアウトか微妙になってきます。
もちろん外野への打球は走塁に関係なくアウトかヒットかどちらかですので論外です。

じゃあセンター方向は?という疑問になりますが、あまりにボテボテであれば
ピッチャーの守備範囲ですし、セカンドよりの強い打球でも投げるまで時間がかかるため
セーフになりやすくなります。nyannyanさんは送球に自然という意見ですが
セカンドが定位置よりセンター寄りの打球を捕球する場合、逆シングルになりやすいため
三塁側へ投げた方が自然に送球できます。

競技というのは制約があってのものだと思います。
となると、それほど人体に自然な動作というものにこだわる必要はないと思います。
じゃないと手は使ってはダメというサッカーは発展しなかってでしょう。
右回りより左回りの方が面白いと思ったから左回りが定着したんじゃないかと
思いますが、いかがでしょう?
    • good
    • 1

お詫びのコメントです。



現実~・・・のフレーズは、つい軽い感覚で使ってしまいましたが、なんかいやみでしたね。
大人気無く、すみませんでした。(本当に反省してます。)

私の意見は、どちらの説が正しいと言うことではなく、nyannyanさんの考察も一理あると思ったのに、評価される方がいらっしゃらなかったので、「考え方としてはそれも面白い」という意味で出したものです。
絶対送球の意味の方が重要と主張しているわけではありませんので、ご理解ください。
    • good
    • 0

>すると「走りやすい方向」という理由の方が先にくる訳です。


まずボールを打った直後に「走りやすい方向」というのは、pleasehelpmeさんが指摘されているように、三塁側でしょう。右打者がバットを振った動作のまま走り出すことが可能ですし、バッターボックスの位置からも近くにあります。
にも関わらず左回りになったのはなぜか?

もし人類野球史上初めての打者の打球が、内野手の間を超えていたら・・・守備の野手が投球する前に、ランナーは(現在の三塁の場所にある)一塁を駆け抜けた時に走りにくかったので、一塁の位置を左右逆にすることを提案した。
もし、ごろが内野手に捕球されていたら・・・内野手が一塁(現在の三塁)へ送球しようとしたときに投げにくかったので、一塁の位置の変更を提案。(ランナーはまだ一塁に到達していないので、右回りも左回りも無い状態。)
こんな議論は、無意味ですよね。

野球という競技は、(ちょうどサッカーからラグビーが生まれたように)、クリケットをやっているうちに変なことを思いついた連中が、試行錯誤していく過程で、走塁・送球どちらが先と言うわけでなく、少しづつ形作られていったものなのではないでしょうか?
「まず走塁ありき」説にこだわるあまり、現実を見失ってません?!(^^;

私は単に、走る時の利き足の影響よりも、投げるときの利き手の影響の方が大きい(まさか右利きが左手で投げることはしないでしょうから、逆モーションで投げないで済むことの方が、右回りで走らなくてもよいことよりも重要?)かなと思ったので、コメントさせていただいただけです。

たしかに、「トラック競技の回る向きをそのまま踏襲して走塁方向が決まった。」という説もかなり有力に思いますが、野球創生期の歴史がわからなくてはどちらにしても推察の域を出ず、“自信あり”の発言は難しいのでは?
    • good
    • 0

>ですから、そもそも有利/不利という考え方をするのがおかしいのでよ。



ありゃあ。おかしくないです、どんな素朴で単純なゲームにおいても有利/不利という考え方は、断じておかしくないですよ。まして「ルール上有利」というのは「戦争みたいなモン」である現代プロ野球そのものズバリについて言った部分です。考え方がおかしいという考え方がおかしい。ああおかしくなりそう。

>というのはちょっと変な理屈ですね。

・・に続く理屈はまさしく変な理屈ですね。
「走塁」とそれに対する「送球」の後先を述べたのに対して、「打者が打ちやすい球を投手が投げてあげた」がどうして反例になるのかさっぱり理解できませんが・・。もしかして、「同様に、内野手が投げやすい方向に打者が走ってあげたのだ」と言いたい訳ではありませんよね?全然違う問題ですもんね?
走者の走りやすさよりも内野手の投げやすさの方が「もっと大きな理由」だと仰るから、内野手の送球方向によって左右される前の段階で既に左回り走塁になってるんではないですか、と指摘しているのです。
この場合走塁方向を決めているのはまず走者の自然であって、内野手もそれで不自然は生じないので野球のルールとしても定着した。つまりトラック競技などと同様に野球においても、まず蹴り足の強さが左回りの理由である、と言っているのですよ。

創成期の野球では「打ちやすい球を投げてあげる」というお話なのに、その打球に二・三塁打がほとんどないというのもまた都合のいい話ですが、それ以前に、草野球ゆえに頻発する内野手の後逸・暴投などを無視して「塁から塁への走塁がほとんどない」などというのは、理論が先走り過ぎてやしませんか。
「まず内野手の送球ありき」説にこだわるあまり、現実を見失ってません?(どっかで使ったかな、このフレーズ)
    • good
    • 0

下記URLご参照。



参考URL:http://www.kit-mk.com
    • good
    • 0

走者が塁に走るから内野手は塁に投げる、そうですよね?


すると「走りやすい方向」という理由の方が先にくる訳です。
それは「投げやすい方向」でもある、という理由は後に来て、左回り走塁のルール形成を補強することになります。
右回り走塁だったのを「投げにくいから」という理由で逆にさせたのではないですから、走者の利き足よりも内野手の利き腕のほうが「もっと大きな理由」という言い方はおかしいですよね。

yoishoさん、「内野手は右利き」の理由が「左回り走塁というルール上有利だから」なんであって、逆ではないですよ。

この回答への補足

 ですから、そもそも有利/不利という考え方をするのがおかしいのでよ。
 野球において、両チームは戦争をしているわけではなく、楽しくゲームをしているのです。プロ野球になると戦争みたいなモンですが、プロ発祥はるか以前から「遊び」として野球は生まれて来たのです。
 だったら、攻守どちらにとっても自然な動きになるように、ルールが自然に決まってくるのが当然でしょう。
 >走者が塁に走るから内野手は塁に投げる、そうですよね?
 >すると「走りやすい方向」という理由の方が先にくる訳です。
 というのはちょっと変な理屈ですね。アメリカの発祥当時の古い野球では、投手は打者の打ちやすいコースに、ゆるい球を投げるのが役目だったそうです。投げるほうが先なのに打者の方に合わせてあげる、つまり仲良く遊ぶ楽しいゲー厶だからですよ。(豪速球投手がバッタバッタ三振を取ったら、投手自身以外はちっとも楽しくありません。打たせてあげる方がみんなが楽しいからです)

 さてそうなると、「右回りに塁を回る(打つと3塁方向に走る)」のは、走者側と
内野守備側のどちらにとって不自然な動作か。
 打者走者にとって、「塁を回って次の塁を狙う」つまり二塁打,三塁打性の当たりというものは、そうそうあるものではありません。ゴロが飛んだとして、結果はアウトか単打かが大部分です。走者になっても、ヒット一本で二塁から三塁を回って帰塁できるのはプロの話であり、創生期の野球(つまり草野球)ではほとんど塁から塁へ真っ直ぐ走るのが大部分だったでしょう。真っ直ぐ走るだけなら回る方向はあんまり関係ありません。
 一方、二塁打,三塁打性の当たりがめったになく、アウトか単打かが大部分であるとすると、内野手が投げる方向も一塁が最も多いということになります。
 

補足日時:2002/02/17 18:27
    • good
    • 0

nyannyanさんの意見に一票。



初めにルールが決まった理由がどちらかかはわかりませんが、プロ野球で、一塁以外の内野手で左利きの人が一人もいないことを考えると、たしかにけっこう重要な根拠のようにも思えますが・・・。
    • good
    • 0

確かに一塁への送球は多いですが、一塁にだけ投げてるわけじゃないですし・・でもまあ小打では塁に出にくくなるのでゲームを面白くする一因にはなってるかも。


でも左回り走塁の自然発生理由としては、右足の蹴りの強さ説の方が先に来ると思いますが。

この回答への補足

でも数から言えば、圧倒的に一塁に投げるケースが多いと思います。

補足日時:2002/02/16 00:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球のバッターはなぜ三塁でなくて一塁へ走るの?

野球のバッターは、左回りに走ります。どうしてなのでしょうか。その起源を知りたいのです。文献をいろいろ調べていますが、わかりません。何かきっかけでも、教えてください。

Aベストアンサー

(1)軸足で体をささえ、右足で地面を蹴るから。
(2)心臓が左だから人は左に回る。
(3)国際陸上競技連盟(IAAF)が決めた 。
国際ルールブックに「レフトハンド インサイド=左手を内側に」と記載されている。
(4)右回りと左回りではタイムが違う。左周りの方がタイムが良い。
遠心力による心臓への負担を少なくするため。心臓が胸の左寄りについているため、カーブを走るとき左回りの方が走りやすいという見方がある。また、広い野原などで人に目隠しをした状態でまっすぐ歩かせると、なぜか本能的に左寄りにずれていくという説もあり。

(5)人間の足裏の接地面積には左右で差があり、左足が50・33%、右足が49・67%となっていて、男性・女性にかかわりなく左足の接地面積が大きい。つまり、左足は身体を支える主軸の役割を持っていて、右足は方向性を担う働きをしているらしい(平沢彌一郎「新しい人体論」放送大学教育振興会)。よって、左足の主軸性と右足の方向性が互いに協力することで、人間の身体を左回りにすることをたやすくしているということになる。

というところではないでしょうか?

(1)軸足で体をささえ、右足で地面を蹴るから。
(2)心臓が左だから人は左に回る。
(3)国際陸上競技連盟(IAAF)が決めた 。
国際ルールブックに「レフトハンド インサイド=左手を内側に」と記載されている。
(4)右回りと左回りではタイムが違う。左周りの方がタイムが良い。
遠心力による心臓への負担を少なくするため。心臓が胸の左寄りについているため、カーブを走るとき左回りの方が走りやすいという見方がある。また、広い野原などで人に目隠しをした状態でまっすぐ歩かせると、なぜか本能的に...続きを読む

Q三塁(一塁)ゴロのフェアとファールの境目は?

基本的なことですみません・・
一旦内野のフェアグランドでバウンドし三塁ベース接点の内側を通り外野のファールグランドでバウンドした場合はフェアだと思うのですが・・間違っていますでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

そうですね。こちらをご参考にどうぞ。
http://www.k-freed.com/baseball/mumumu/foul.html

参考URL:http://www.k-freed.com/baseball/mumumu/foul.html

Q左バッターのバットは、「右打者の足もと外側位置」 (キャッチャーから見て左下方向、ボックス外) に届きますか?

『ONE OUTS ワンナウツ』というアニメを見て疑問がわいたのでアニメカテゴリに質問を出しましたが、回答がありませんでした。原作マンガを読んでいるであろう方対象にコミックカテゴリも考えましたが、野球に詳しい人ならわかるだろうと思い、こちらに質問を出し直してみることにしました。

状況は、「ジョンソンという、《塁間世界最速》の選手がいて、ほぼ100%のホームスチール成功率を見せる」
→ジョンソンの所属チームは「バガブーズ」。
対する主人公のピッチャーは「渡久地」という名前です。渡久地は速球型のピッチャーではなく、最高速で投げても、計算上ジョンソンのホームスチールよりタッチの方が遅くなってしまう理屈が、これまでの展開で述べられています。

ジョンソンのホームスチール対策として、渡久地は「右バッターの足もと外側への投球」でこれを封じました。
これは、「ウエストしたボールを捕った位置からキャッチャーがタッチするところまで動く時間」を短縮し、「捕った位置」≒「タッチする位置」とし、それが走塁線上であることで、「無駄な時間を徹底的になくした」ものと考えられます。

これに対して、バガブーズは翌日の試合において、「ジョンソンがホームをねらうであろう場面において、バッターボックスに入る打者をすべて左打者にする」ということをしてきました。

しかし、この作戦の有効性が理解できません。
単純に、「バッターがどっちに立っていようと、ホームと3塁の間に投げればいいんじゃないの?」、つまり、上記の「右バッターの足もとに投げる」と同じことはできる、と私は考えてしまうわけです。

このあたりの疑問が、数話あとでは解かれるのかと思いきや、最終的にこの試合の最終局面で、渡久地はまさに「ホームスチールの走塁線上」に投球することで、ジョンソンを刺しました。
(その次の回では、「筋肉は使えば使うほど疲労するから、それまであれこれ策を練ってわざと走らせた効果が出て、ジョンソンは最終場面でベストの状態で走れなかった」と解説されます)

私自身は、野球のルールはおおむね理解していますが、「野球をやっている」わけではないので、何か見落としているところがあるのでしょうか。
たとえば、上記、「右バッターボックスの外側、ホームスチール走塁線上の位置」だと、実際には左バッターのバットが届くとか? だとすると、上記最終のスチール場面で、バッターがバントでもして球を転がせば、点は入るわけですが、そういうことは行われていません。

どなたか、「左バッターシフト」の有効性について、納得のできる説明をください。
よろしくお願いいたします。

『ONE OUTS ワンナウツ』というアニメを見て疑問がわいたのでアニメカテゴリに質問を出しましたが、回答がありませんでした。原作マンガを読んでいるであろう方対象にコミックカテゴリも考えましたが、野球に詳しい人ならわかるだろうと思い、こちらに質問を出し直してみることにしました。

状況は、「ジョンソンという、《塁間世界最速》の選手がいて、ほぼ100%のホームスチール成功率を見せる」
→ジョンソンの所属チームは「バガブーズ」。
対する主人公のピッチャーは「渡久地」という名前です...続きを読む

Aベストアンサー

ワンナウツ、原作を数年前に読み、アニメも見ています。

質問の内容に関しては、確かに説明は無かったですが、
「左バッターはホームと三塁の間に届く」という解釈で良いと思います。
とりあえず内野に転がせばいいわけですから、思いきり体とバットを伸ばしたら可能だと思います。

最後の16回裏の場面では、トクチは「打者が届かないところに投げる」と言ってなげているので、
「足もと投げ」をしたわけではありません。ホームと三塁の間に投げたことに変わりはありませんが、
足元のずっと上、右バッターが居たならば頭の上をかすめるようなボールを投げたのだと思います。
野球経験があるわけではないので偉そうには言えませんが、高めのボールを
ゴロで転がすというのは低めよりもかなり難しいですからね。

結論としては、
「左バッターは右バッターの足もと付近へのボールには届くしゴロを上手く転がせられるが、
右バッターの頭付近へのボールは届くけれど上手くゴロは転がせない」
ということだと思います。

ただやはり、ワンナウツは面白い漫画ですが、正直ご都合主義というか、突っ込みどころが
無いわけではないですよね。

ワンナウツ、原作を数年前に読み、アニメも見ています。

質問の内容に関しては、確かに説明は無かったですが、
「左バッターはホームと三塁の間に届く」という解釈で良いと思います。
とりあえず内野に転がせばいいわけですから、思いきり体とバットを伸ばしたら可能だと思います。

最後の16回裏の場面では、トクチは「打者が届かないところに投げる」と言ってなげているので、
「足もと投げ」をしたわけではありません。ホームと三塁の間に投げたことに変わりはありませんが、
足元のずっと上、右バ...続きを読む

Q左打者より右打者の方が多いのは何故ですか?

 日本人は、右手が利き腕で右目が利き目の人が多いと思います。

 左投げが少ないのは利き腕が左の人が少ないので分かりますが、
打つときは左打者の方が利き目がピッチャーに近いし、
利き腕でスイングできるので右利きには有利な気がします。
 また、スイング後の走塁だとか左バッターの方が有利なことも
多いのに、どうして野球選手は右打者が多いのでしょう?

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

>なぜ右投げの選手は右バッターに指導されるんですか?

他の方も仰っていますが昔からの
慣例じゃないでしょうか。右利きなら
右投げ右打ちという。これは特に日本に限ったことではないと思います。

>左バッターは左手で「押す」感じでスイングするんですね。

左打者というか長距離打者は
押しがないと飛距離が出ないので
聞き手が後ろではないと厳しいのでは
という感じです。

>ところで、目も右目が利き目だと左バッターボックスに立った方がボールをが捉えやすいのではないのかと思って質問しましたが、それも違うんですかね?

斜めに顔を向けて構えている人はあまりいませんよね?投手と正面向かっているのですから
効き目というのは関係ないと素人ながら思います。

Q野球で右投げから左投げに変更できますか

中学生の子供が利き腕の右手の肘を壊してしまいました。同じところを何度も傷めてきたので今回は決定打が下りた感じです。
いくつか病院をまわりましたがスポーツドクターに『野球を続けるならもう左投げにするしかない』と言われてしまいました。
このまま右投げでは野球ができそうにありません。かと言って今から左に変えても高校野球が出来るようになるには時間がない気もします。
右投げから左投げに変えて続けられた方いらっしゃいますか?子供は左で投げる練習をしてみましたが『無理だ』と言っています。バットは痛みがあるので左右どちらでもまだ振ることはできません。

Aベストアンサー

どれほどの練習を行ったかは知りませんが
既に「無理だ」といっていたり
「時間がない」と考えているのであれば
今すぐにきれいさっぱりあきらめてしまったほうが
幸せなのではないかと思います。
将来これを後悔する日が来るかもしれませんが
少なくとも野球による怪我のリスクはなくなりますし
なにより野球だけが人生ではありません。
立花龍司氏のように自分の怪我を糧に大成した方のいらっしゃいます。

そもそもお子様はどうしたいのでしょうか?
投げ手を変えることが生半可なことではないというのは
最初からわかっている事のはずです。
既に右投げとして出来上がっている筋肉と癖を修正するには
それ相応の時間と根気が必要になります。
高校には間に合わないかもしれません。
でも高校野球だけが野球ですか?
大学にも、社会人にも野球はありますし
草野球というものだってあります。
『野球を続ける事』が目的であるのならば
どんなに時間をかけてもいいはずなのです。
「時間がない」というのは未練がましい言い訳に過ぎないのです。
加えて「無理だ」というのは本人にやる気が無い証拠です。

高校野球が目的であったとしても
お子様本人が原因なのか
監理するべき親又は指導者に原因があるのか分かりませんが
同じところを何度も傷めている時点で
その予防策やケアを怠っていたということであり
そういう意味では高校で野球ができるだけの
資質、適正、環境が不十分であるということではないでしょうか?

お子様がどれほどの実力をお持ちかは知りません。
しかし、すでにお子様に残された選択肢は
とことん遠回りする覚悟でがんばるか
きれいさっばりあきらめるかの二択なのではないでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E9%BE%8D%E5%8F%B8

どれほどの練習を行ったかは知りませんが
既に「無理だ」といっていたり
「時間がない」と考えているのであれば
今すぐにきれいさっぱりあきらめてしまったほうが
幸せなのではないかと思います。
将来これを後悔する日が来るかもしれませんが
少なくとも野球による怪我のリスクはなくなりますし
なにより野球だけが人生ではありません。
立花龍司氏のように自分の怪我を糧に大成した方のいらっしゃいます。

そもそもお子様はどうしたいのでしょうか?
投げ手を変えることが生半可なことではないとい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報