女性が、昔より知的生活活動を多くする現代になり、
ふと・・・「昔の女としての常識的教育の方が、良かったのかも?!」
とか思うコトって、ないですか?
 特に、出産・育児に関して・・・。
「今の快適かつ充実したペースを育児で乱したく無い」と
考えてしまって、どうも、子供を作る方へ、一歩が踏み出せない、と。
 昔のように、特に何も社会的にする機会を設けられるコトが少ない時代なら
今ほど、二の足を踏むコトがないような気がするんですが・・・。
 「贅沢な悩み」というコトは、解っているのですが、
現実、当事者にとっては、究極の選択・・・みたいな感じです。
皆さんは、どう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

3で回答したところに戻っちゃうのですが、


実際には、保育園に子どもを預けて働いているお母さん方は、3人4人の子持ちもめずらしくありません。それも、看護婦さんみたいな、男以上にしんどいような職種だったり。
平均出生率を考えれば、幼稚園の親より保育園の親の方が出生数は多いと思います。

昔、「国策」として「産めよ殖やせよ」という時代もありましたし、本人の意思で子どもを産んでいたかどうか、というのは疑問です。

ただ子どもを生むだけなら、犬でも猫でもやっていることで、産み育てる条件があって子育てできている今の方がマトモだと思います。(何も考えずに、犬猫のまねをせよ、とはいわないでしょう。だいたい、女が一人で子どもを作っているわけではない。)

もちろん、条件がつくれない現状があるのは事実です。

>「女性が結婚、出産、育児をするのが当然の仕事」という発想は、昔は一般的ではなかったですか?

今も昔も、男には出産はできませんからね。ただ、男と同等に働く事は昔からあったことで「男脳」云々というものではない。男でも結婚しないやつが増えているはずだけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 <幼稚園の親より保育園の親の方・・・
・・・と、言うのが、どういうコトを言いたいのか解らないんですが。
上の子は幼稚園、下の子は保育園、というパターンが結構あると
思うのですが、え~と・・・幼稚園から通わせる親の子には一人っ子が
多い、というニュアンスですか?
 育児環境の良し、悪し、を問題にしてる訳ではないんです。
「なかなか作る気になれない」というコトが問題なんです。
条件がそろったら、作る気になるか、というとそうでも無い気がします。
 <男でも結婚しないやつが増えて・・・
・・・コレを読んで、「はっ」と気付いたんですが、
結婚しない理由を「結婚すると自分の給料が自由に使えない」とか
「遊べなくなるから」という人がいますが、コレに近い感じかもです。
世間で問題になっている「パラサイト・シングル」も、
「一人暮らしすると金が減るし」とかいう人がいます。これも似た感じです。
・・・要するに、これらに共通してるのは、どうやら、
「自己愛」が強い、と言うコトの気がします。

 現代人は自己愛(エゴ?)が強い人が増えた、が正解な気がしました。

お礼日時:2002/02/20 18:50

既得権益については、


どうお考えなのでしょうか?
回答ではなく、質問ですみません。

この回答への補足

「既得権益」って、すでに獲得している権利によって生じる利益
と言う意味で間違いないですか?
そういう意味として答えさせて頂きます。

既得権=女性が社会進出できている、というコトでイイんですよね?
 「隣の芝生は青く見える」の典型な気がします。
もし私がいわゆる「昔の女性」だったら、きっと
「男は社会でバリバリ働けてイイなぁ」と思うとは思います。
しかし、進出可能な現代に身を置くと
「女は物理的にも、精神的にも、出産、育児が適職なんだよ、やっぱり」
と思い、「男は産めないんだから、その分、女性より仕事に
懸命になるから、女性がかなわない部分がある」
と感じるのですが、実際には仕事の面白さを知っているゆえに
悩んでいる感じです。

補足日時:2002/02/20 18:50
    • good
    • 0

>誰も、「普遍的」な常識とは、申してませんが・・・(汗)。


「常識」ってのは、「みんなが知っていること」という意味で、普遍的なのを前提に考えるものだと思います。「私だけの常識」なんてのは常識じゃない。ラ○フスペースの高橋某でなければ。

>泣いたら、すぐ乳をあげられ、熱がある日はちょくちょく様子を
>見にいける・・・というようなコトを言いたかったんです。
畑で野良仕事してたら、すぐ乳はやれないし、熱もちょくちょくみてられないですよ。
むしろ、いまの親のほうが、「今日は子供の調子が悪いんで休みます」って電話でいえます。
子供にとっては、親の仕事場につれていかれるより、保育園でしっかり育ったほうがいい環境だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「普遍的」のニュアンスを正確に把握していなかったみたいです。
「変化しないコト」みたいな感じと思い込んでました。
その点はご指摘の通りです。が、「女性が結婚、出産、育児を
するのが当然の仕事」という発想は、昔は一般的ではなかったですか?
 細かい間違いをご指南していただいて、ありがたいんですが、
私の質問の真意が伝わってないようです。文章力不足で申しわけありません。
 どう言ったら良いのでしょうか・・・選択の自由があるがゆえの
苦悩、というか、コレは女性でないと実感として切羽つまって考えて
もらえないのかもですが・・・。
 昔なら、疑問にも思わず、当然のように子供を作っていましたが、
「一人の人間としての自分の充実のための仕事」とかいう「贅沢な発想」が
なんとなく、「今すぐ、妊娠したらどうする?!」みたいに
逃げ腰になる原因を作る・・・と言う感じなんですが。
「子供が出来たら今まで通りには働けないゾ!!」というのが、
脅迫観念みたいになるんです。
昔の女性たちも働いていた、と言うのは分かるんですが、
今の方が、「ただの収入源としての労働」として以外の
「社会的に認められる喜び」とかいう部分がプラスされた分
余計に厄介であると思うのです。

お礼日時:2002/02/19 18:40

>肉体的には大変でも、農業、自営業などは


>ある意味、どのようにも融通をきかせられる・・・

融通をきかせて妊婦や産婦が子ども連れで野良仕事してたわけではないです。他に選択肢はなかったわけですから。「今日はやめて明日連れて行こうか」なんていう融通はききません。
融通を考えれば「転職」という手段のある現代の方が、よっぽど融通が利きます。

>女は、嫁いで、子供を産んで、育てる・・・みたいな、
それは一つの価値観にもとづく「常識」であって普遍的な常識ではありませんね。

だいたい、いまでも残っている「結納」という習慣は、貴重な労働力である娘を譲るかわりの、いわば、トレードマネーですから、そういう習慣が生まれる事自体が、労働力としての女の価値が重要視されていたことの証です。
一方で、武士などの「家」を大事にする人々にとっては、「跡継ぎ」が最重要課題ですから、とにかく跡継ぎを生む事が最重要課題。だから、とにかく子どもを産んで育てる事。

ところで「男脳」って何でしょう。
昔、「女は子宮で考えるもの」だといった偏見があったようなことをさしているのではないでしょうか。脳のつくりでそんなに違いがあるとは思いませんが。
(キュリー夫人みたいに、一人で2回もノーベル賞をとった男が何人いる)

この回答への補足

<「今日はやめて明日連れて行こうか」なんていう融通
・・・そういう融通ではないです(汗)。
泣いたら、すぐ乳をあげられ、熱がある日はちょくちょく様子を
見にいける・・・というようなコトを言いたかったんです。

<一つの価値観にもとづく「常識」であって普遍的な常識
・・・誰も、「普遍的」な常識とは、申してませんが・・・(汗)。

<「男脳」
・・・と、言うのは、最近話題になった「話を聞かない男、地図が
読めない女」という本から頂いた発想です。
男の中にも、「女脳」が、女の中にも「男脳」があり、
人により、%が違い、それが、いわゆる、男っぽい・女っぽい性格を
作り出す・・・みたいなモノです。

補足日時:2002/02/18 17:32
    • good
    • 0

昔の女が、子育てに専念して環境的によかった、というのは正しくないと思います。

限られた裕福な家庭では、専業主婦はのんびり子育てしていられたかもしれませんが、昔の日本で、大多数であったのは、主婦が最前線で働かなければならなかったお百姓です。

いまのサラリーマンなら、堂々と産休育休がとれますが、農婦は出産直前まで野良仕事していましたし、出産後も、子どもを籠に入れて畑に出たりしていました。商売人も似たようなものでしょう。

保育園で見ると、結構「3人きょうだい」って見ます。むしろ、専業主婦で一人っ子にブランド子供服着せて・・・、というほうが多いような・・?


ところで昔の「常識的教育」って、何の「常識」だったのでしょうか。

この回答への補足

<ところで昔の「常識的教育」って、何の「常識」だったのでしょうか。

女は、嫁いで、子供を産んで、育てる・・・みたいな、
偏差値教育の結果の(?)女も自立して、立派な仕事に就く・・・
みたいなモノでないモノ。

補足日時:2002/02/17 16:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

 しかし、「会社に雇ってもらっている」融通がききにくい
状況より、肉体的には大変でも、農業、自営業などは
ある意味、どのようにも融通をきかせられる・・・
という点では、昔の方が、「育児」に関しては「恵まれてる」と
思うのですが・・・。今の仕事場に、乳飲み子を負ぶってでも
出社してイイ・・・といわれれば、きっと、こんなには
悩まないと思うのです。
 それと、タイトルにもある、「男脳」的発想が、
出産を科学的(?)に捉えてしまう所も、問題な気がしてます。
単純に「恐い」とかも思うのです。

お礼日時:2002/02/17 16:57

出産・育児に関していえば、今より昔のほうが環境的にはよかったはずです。

女性は家庭を守り、子を産み育てるものという旧態依然とした価値観がまかり通っていた訳ですから。しかし、女性の立場が向上し、いろいろな意味で女性が生きやすくなった現代社会の恩恵をそれまで散々うけておいて、いざ出産・育児という段階になった途端、「昔はよかった」はないでしょう。
子供と仕事どちらをとるか、究極の選択であることは分かりますが、女手一つで子供を育てるということではない限り、パートナーのサポートは絶対必要だと思います。或いは、身近な人の力を借りるという方法もあるでしょう。出産だけは女性の仕事ですが、育児は最早、母親だけの仕事ではないはず。
社会が複雑化し、あらゆる価値観が正当になった現在とは、子供は母親だけがその負荷を背負うのではなく、社会全体で面倒をみていかなくてはならない時代だと思います。確かに理想論ではありますが、世の仕事を抱える母親(とその予備軍)には「自分一人でなんでも背負い込まないで欲しい」と常々感じます。行政の対応しかり、会社や男性側の協力しかり、今まで母子の関係を遠巻きに見ていた人たちには「もうちっと協力しろ!!」といいたくなりますね。
ですからあまり深刻に悩まず、ぜひ仕事と子供両方とって欲しいです。なんやかんや言っても「母は強し」ですしね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。

 「女性が生きやすく・・・」というより
「選択権が増えた」とは思いますが、「楽になった」という
感じは、私にはないです(汗)。
 一人で抱え込まない・・・と言うのは、思いますが、
初期の乳幼児期は、やはり、出来れば、「母」の存在が
あった方がイイ、と私は思っていますので、
どんなに協力してもらっても、社会活動を途切れさせず・・・
と言うのは無理だと思ってしまうんです。

お礼日時:2002/02/17 16:46

ちょっと違うかもしれませんが、


産休直前まで残業している人を見たりすると痛感しますね。
そんなに責任やストレスを背負ってて大丈夫なの~?
出産・育休後も、子供の急な発熱で会社を退けたり。
まあ出産を機に仕事量の少なめな部署に異動があったり、
勤務時間にそれなり優遇があったりしますが、
少なくとも私が勤めた会社ではその分の負荷は同性にしか行かなくて、
そのあたり、気にする「おかあさん」は気にしていたようですよ。

出生率が低下していると危惧しつつ、常に対策が後手にまわっていますよね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。

 負担が同性にしかいかない・・・
う~ん・・・余計、辛いですね、ソレは。
陰で嫌味言われてるんでは・・・とか心配になりますよねぇ。
とは言っても、育児には「待ったなし」なトコありますモンね・・・。
はああぁ~・・・(汗)。

お礼日時:2002/02/17 16:37

私もそう思うー!昔みたいに女は子供を産んで育てて行くのが仕事みたいなものが最近なくなってきたのか、一部の人がそう思ってるのか・・。

私も子供が1人(6才)いますが、やっぱり仕事続けてます。しかし自分一人だったら仕事に専念できるのになぁって良く思います。しかし結婚したからにはやっぱり子供も欲しいし・・・本当贅沢な悩みですよね、でも子供一人位は産んでみてはいかがでしょうか?子供を育てていく上で物の見方も違ってくるし、自分も成長すると思います。私はもう産みませんよ~今の生活を乱したくないので。blueyellowさんの意見に共感です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。

 すでに、お子さんがいらっしゃるんですか。
よく、踏み切れましたね・・・。
きっと、産まれてしまえば、可愛いとは思うんですよね。
しかし・・・現実を考えてしまうと・・・みたいな。
出産にはリミットもあるので、考えなくちゃですよね・・・。

お礼日時:2002/02/17 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栄養のある食べ物って・・

風邪をひいています。
風邪には栄養のある食べ物と睡眠が一番といいますが、
「栄養のある食べ物」って一体どういったものでしょうか?
正直食欲も無く、水ばかり飲んでいます(熱はありません)。
できるだけ摂取しやすく「栄養のある食べ物」を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

風邪に栄養ある食べ物を食べる・・・・昔々のその昔、今のように栄養過多で無かった時代の話です。

今は、三大栄養素なら、たんぱく質は少々食べたほうがよいが、脂質や炭水化物は炎症を増悪させるのであまり食べないほうがよいです。
水しか飲めない感じなら、アミノ酸飲料に更にスポーツ様のでよいのでアミノ酸を入れて飲むのもよいでしょう。たんぱく質より消化にエネルギーを使わないので、具合の悪いときにはお勧めです。

他には、
微量栄養素を十分に摂取することですが、食欲も無いとなると、コンビにでサプリを購入して多めに摂取することです。  一つずつは大変なので総合ビタミン・ミネラル剤をしばらく多めに取りながら、
別に、ビタミンCとビタミンA前駆体を購入してください。

V-Cは本当は風邪の兆候があったときから飲むとよいのですが、
毎時500ミリグラムから1グラム程度を下痢する寸前まで飲むのです。飲みなれればどのくらいで下痢するか分かります。 

Q男性で育児休暇をとることに賛成?反対?実際に男性で育児休暇をとっている方などの意見をお願いします!

皆さんは男性の育児休暇に反対?賛成?どちらですか?
今、私は学校の研究テーマでこの事について考えています。
男性の育児休暇というのはまだまだ認められてない所が多いですが、育児を男性がするというというのはあってもいいことだと思ってます。
今までの日本が男性は仕事、女性は育児という固定観念があるから男性で育児休暇をとる事に違和感があるのだと思ってます。
皆さんの意見を聞かせて下さい!!

Aベストアンサー

総論賛成、各論反対です。
育児のために必要があれば、男性が休暇を取ってもまったく不思議ではないし、現に私は「休暇」をとりました。
出産から産院(お産婆さんの自宅)を退院するまでは、会社帰りに様子を見に出かけ、退院して、床上げするまでの二週間ほどの期間、休暇をとりました。
会社では当時、このような行動を取るものは珍しかったので、理解は得られませんでしたが、自分の家族の健康のためには引き下がれないので、周囲の白い目は気にせずに、しっかりと休みました。
自分の仕事に自信があったので、「暴挙」に出られたのだと思います。
長期間に渡り、計画を練り上げるプロジェクト要員だったので、極端なことを言えば、仕事さえ終わせられば、どこにいようが何をしていようがそれほどとやかく言われない立場だったから、可能になったのだと思います。
後にも先にも、私以外で育児のために長期休暇をとったものの話は聞きません。
長期休暇をとるために、前年から休暇に余裕を持たせておくことも怠りませんでした。
会社で万人に許された権利である、『休暇』の範囲ならば、正当な権利として要求しても何も無理が生じない土台を作っておいたわけです。

さて、反対の各論です。
今申し上げたことの逆に、しっかり通常の休暇をとっておきながら、「育児」を錦の御旗にして会社に迷惑をかけて「育児休暇」をとることには、反対です。
自分勝手な、「サラリーマン」の取る行動だと思います。
経営者の身になって、自分の行動を見ることなく、自分の都合だけを優先していることの表れだと思うからです。

つぎに、父親は母親の代わりはできない。という側面からの反対です。
父親は出産できません。母乳も与えられません。天から育児の才能を基本的に授けられていません。
授けられているのは母親です。
母親が、育児困難な避けがたい状況がある場合は別として、仕事のため、ライフスタイル、経済的な理由、などで母親が働き、父親が育児休暇を取ることは、自分勝手なエゴだと思います。
子供の生育環境にとって、本来何物にも変えがたい母親という存在を取り上げてまで、実現しなければならないものがあるとは思えません。
子供を生んだら、万難を排して子育てに全力投球するべきだと思っているからです。
「米百俵の精神」にあるように、子供の教育、養育は社会としての最重要課題だと思っています。
その重要課題の当事者である『親』が、自分の都合を優先させて育児の条件をそれに合わせようとすること自体が「エゴ」だと申し上げたいと思います。
古い考え方だと非難されそうですが、私は新しい視点で母親の育児能力に注目しているのです。母性本能に望みを託しているのです。
説明が長くなりますので、この辺で切り上げます。
私の人生観、社会観、人類観については、過去の回答を参照していただきたいと思います。
一般社会で通用している概念とは別の次元で人間社会の問題点に迫ろうと努力していますので、研究テーマとして調査されているのなら是非参考にしてください。
そして、多いに議論の対象にしてください。

総論賛成、各論反対です。
育児のために必要があれば、男性が休暇を取ってもまったく不思議ではないし、現に私は「休暇」をとりました。
出産から産院(お産婆さんの自宅)を退院するまでは、会社帰りに様子を見に出かけ、退院して、床上げするまでの二週間ほどの期間、休暇をとりました。
会社では当時、このような行動を取るものは珍しかったので、理解は得られませんでしたが、自分の家族の健康のためには引き下がれないので、周囲の白い目は気にせずに、しっかりと休みました。
自分の仕事に自信があった...続きを読む

Q脳腫瘍を予防する食べ物ってありますか?

脳腫瘍と診断された訳ではないのですが、なるべく自分の力で
予防したいです。

今のところ、野菜や果物などの食べ物により予防しようと思っています。

しかし、現在私が愛用している食べ物で病気を防ぐ辞典には
載っていませんでした。
(脳出血に効く食べ物にはありましたが)

そこで、お聞きしたいのですが、『脳腫瘍』を予防する食べ物は
ありますか?

Aベストアンサー

脳腫瘍限定ではありませんが、病気にならない食事として、東城百合子先生の「自然療法」という本に食事療法が載っています。玄米菜食ですね。具体的には本を読んだほうがいいと思います。

Qなぜ食品の放射性物質に新基準を設けたのですか

いまさら聞くのも恥ずかしいことですが、4月1日から食品の放射性物質に関する基準が新しくなりました。
これまでよりも格段に厳しい基準(外国の基準値よりも厳しい)になったので、早速各地で「新基準値を超えた」などの問題が起きているようですが、そもそもなぜ今になってこのような新基準を設けることになったのでしょうか。これまでの基準値が甘すぎて、一般の消費者がおびえているのでしょうか。私個人としてはそのような実感がありませんが、被災地付近とか専業主婦の方々とは感覚が異なるのでしょうか。
「消費者の声に押される形で独自に基準を更に引き下げる動きもある」という話さえも小耳にはさみましたが、その真偽についても教えてください。

Aベストアンサー

>そもそもなぜ今になってこのような新基準を設けることになったのでしょうか。

「新基準」と聞けば、確かに「なぜ今頃。。。」と感じるでしょうが、そもそも、これまでの基準そのものが、福島の原発事故を受けた後の、「暫定」規制値でありました。

それにしてもなぜ、今回の新基準が今までの基準よりも下がったかと申しますと、例えば、質問者様も原発事故当時、よく「放射性ヨウ素」と言う言葉を耳にしませんでしたでしょうか?

今は「放射性セシウム」と言う言葉はよく聞きますが、「放射性ヨウ素」は滅多に聞く事が無くなりましたよね。
それと同じく、「半減期」と言う言葉も聞いた記憶があると思います。

今回の新基準は、その半減期が一年以上の核種全体を対象としたものになります。

つまり、ヨウ素131を例に上げた場合の半減期は約8日となり、原発直後に拡散されたものと一年経った現在のものとは、一緒に並べて比較は出来ないと言う事になります。

ざっくりとご説明致しましたが、大まかな流れはご理解頂けましたでしょうか?

>消費者の声に押される形で独自に基準を更に引き下げる動きもある

そう言った理由も確かにあるでしょうね。
ただ、消費者側だけでなく、風評被害を受けている農家などの生産者側からも、逆にそう言った要望があるようです。

確かに、原発事故後に大幅に上がった暫定基準値を見て、いくらそれを超えていないとは言え、10ある内の9なのか1なのかでは受ける印象が全然違いますからね。

原発事故がなくても、元々0では無いのですから、我々消費者側ももっと勉強を重ねて、色々な噂に惑わされないようにしたいものです。

>そもそもなぜ今になってこのような新基準を設けることになったのでしょうか。

「新基準」と聞けば、確かに「なぜ今頃。。。」と感じるでしょうが、そもそも、これまでの基準そのものが、福島の原発事故を受けた後の、「暫定」規制値でありました。

それにしてもなぜ、今回の新基準が今までの基準よりも下がったかと申しますと、例えば、質問者様も原発事故当時、よく「放射性ヨウ素」と言う言葉を耳にしませんでしたでしょうか?

今は「放射性セシウム」と言う言葉はよく聞きますが、「放射性ヨウ素」は滅多...続きを読む

Q栄養がある食べ物とない食べ物

キュウリが一番栄養の少ない野菜だと聞き驚いたのですが、栄養のある食べ物とない食べ物を教えてください。
そういうことを公開しているサイトでも良いです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

”栄養”ってなんですか?
その定義によって違うのじゃないでしょうか?
キュウリに栄養が少ないと思われているのは、96%が水分だからじゃないですか?
だから、他のものに比べて、”同じ重さなら”栄養価は少ないことになります。
キュウリには、ビタミンC、カリウム、カロチンなどが豊富に含まれていますね。
体内の熱を冷ましたり、利尿作用、腎臓の働きを活発にする、手足のむくみを解消するような働きがありますね。それを栄養が少ないと言うかどうかですね。

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/index_nut.html

Q皇室の贅沢について

皇室とは、すなわち、王権の継続(残滓)的なものと認識しています。なので、当然贅沢(ハイソ、セレブ)という生活様式を継承することになっているようです。

しかし一歩翻って、人間宣言したあとの天皇陛下や、それに伴う皇室の方々は、「人間」になったのはいいが「庶民」になることはなかった。もちろん最近その傾向に行こうとすることはありますよ。しかしベースは「庶民」とはどうしても一線を画さねばならぬ、という意識は変わらないと思います。

ではなぜ、「身分」は特別であって、「生活」は庶民であってはいけないのでしょうか?そこらへんの公団団地にでも天皇陛下、皇室の方々は住んでいけないと言うことがあるでしょうか?そうであるほうが、よりすばらしいことではないでしょうか?

あくまで「庶民」じゃないよという市政を頑なに守り続ける皇室と言うものに対して、どうしても共感できないでいます。

Aベストアンサー

まず、天皇は人間となりましたが、別に庶民になったとはいっていません。はっきりいえば、現首相だって庶民じゃありません。選挙のとき「しもじものみなさんこんにちは。アソーです」っていったらしいですから・笑。

それに、皇室が格式のある生活を送っているから庶民も贅沢できるってもんです。もし皇室が公団住宅に住まわれていたら、ヒルズ族は実にけしからんとなります。実際問題、皇室よりヒルズ族のような連中のほうがはるかに「バカな金の使い方」をしています。

もうひとつ重要なことは、皇室なかんずく天皇や皇后、皇太子クラスとなるとプライバシーなるものは皆無だということです。四六時中誰かがついてまわり、気軽にオナラもできません。生活をしもじもの者に合わせるなら、プライバシーだってしもじもと同じくらいにもらわなきゃ割に合いません。今上天皇は、車を運転したいと希望されたそうですが、まさかテンノーヘーカに免許を持たせるわけにもいなかい。そもそもヘーカは本籍地は現在の皇居なのかしらん・笑?そうすると京都の人が反発しそうですね。それはさておき、だから運転方法を教えて、たまに皇后を乗せて皇居の中を走っているそうですよ。でもヘーカにおかれては「俺も庶民と一緒になって高速道路をぶわーっと飛ばしてみたいもんだ」と思われているかもしれません。

それに皇室というと外交にしかみなさん目が行きませんが、皇室にとって一番重要なのはむしろ内政です。その中で一番大切なことは「血を絶やさない」ことです。千年以上続いた(ことになっている)血統を守らなければなりません。これと同じことは例えばお茶の千家とか歌舞伎の市川家とかもそうです。それが何よりも大切なことで、はっきりいえばあとは全部オマケみたいなもんです。天皇家の血統相続を否定することは、この国の伝統、前述の茶道や歌舞伎なども全部含めてですが、日本の伝統モノというのは大概血統によって継承されているので、天皇家はその血統による伝承の象徴的存在なので否定できないんですよ。
またそのことを除いても、天皇皇后のスケジュールって結構びっちりです。そもそも、日常生活の毎日毎日がしきたりでびっしり決まっています。何月何日に何をやるかが何百年も前から決まっています。それに加えて国内行事に顔を出して、国外の要人と会って、やれ内閣改造したといえば大臣の任命書渡して、相当多忙といえます。

つまり結論としては、かたっくるしくて、プライベートも全くない生活を365日休みなしにやってるんだから多少の贅沢くらい大目に見てくれよってことですよ。高貴なご身分の方にはしもじもの者にはわからぬ悩みがおありだと思います。「王子と乞食」をお読みになってはいかがでしょうか。

まず、天皇は人間となりましたが、別に庶民になったとはいっていません。はっきりいえば、現首相だって庶民じゃありません。選挙のとき「しもじものみなさんこんにちは。アソーです」っていったらしいですから・笑。

それに、皇室が格式のある生活を送っているから庶民も贅沢できるってもんです。もし皇室が公団住宅に住まわれていたら、ヒルズ族は実にけしからんとなります。実際問題、皇室よりヒルズ族のような連中のほうがはるかに「バカな金の使い方」をしています。

もうひとつ重要なことは、皇室なか...続きを読む

Q嫌いな食べ物になりやすいピーマンって特別な栄養というか大変体に良い食べ

嫌いな食べ物になりやすいピーマンって特別な栄養というか大変体に良い食べ物なの?!

Aベストアンサー

緑色のピーマンを嫌いな子供は多いけど、そもそも青ピーマンと呼ばれるこのピーマンは本来のピーマンじゃありません。
完熟しないうちに出荷されたものです。

http://nr.nikkeibp.co.jp/vegetable/20090714/

個人的には無理やり食べさせる価値があるか疑問があります。
それで野菜ギライになるんだったらリスクの方が大きい。

経験で言えば赤ちゃんが歯が生える前後から歯固めのオモチャの代わりに野菜スティックを与えると野菜を好き嫌いなく食べる様になる。
味覚が未発達のうちにニンジンなどの癖の強いものを与えるのは良いと思うけど育児書には余り書いていない様に思います。

とはいえ昔と違って本来のピーマンと言えるパプリカがあるんだから無理して嫌いなものを詰め込む必要性はありません。
野菜自体の栄養価がどんどん低下しているんだから倍以上摂取する必要があるのにピーマンで時間を取ってどうするって感じですね。

Q当事国と世界との温度差

戦争不安を煽られて世界の株価は低迷しています。また反戦運動も盛んです。しかし反米力の弱いTV番組のイラク国内映像から受ける印象では、奇異感を受けます。
経済封鎖による闇商品が町にあふれ活発な自由経済となりイラク国内の株は軒並み上昇、その平均は 5%。
進駐軍統治による建造物の自由化を期待した資産家が買いあさり土地の価格も上昇、経済復興に期待大。
世界に湧き上がった戦争反対とは次元を異にしている戦争慣れのイラク国民。息子を徴兵に出す母親の神に捧げているから心配はしないと毅然とした態度。神のご加護を信じて勝利を確信する子供たちの澄んだ目。老人から子供まで腹を据えて襲い来る大国に抗戦する毅然たる態度は反戦運動が恥ずかしくなるような気持ちになります。世界が思っているほどイラクは弱くは無いとの印象です。反戦運動を喜んでほくそえんでいるのは大統領だけだったりして。
しかも米国にベトナムの2の舞が襲わないとも限らない。
どうでしょう?

Aベストアンサー

[経済封鎖による闇商品が町にあふれ活発な自由経済となりイラク国内の株は軒並み上昇、その平均は 5%。
進駐軍統治による建造物の自由化を期待した資産家が買いあさり土地の価格も上昇、経済復興に期待大。]

日本でいえば幕府が崩壊した明治維新と、それから戦後すぐという状況ですね。それまでの特権階級はなりを潜め、新しい世代が新しい考えで日本を復興させましたね。いつの世でも外向きの顔と内部の顔は違うものですね。北朝鮮だって一部の特権階級が自らの便益を守るためにいろいろな宣伝を内外に向けてやっているんですね。独裁政権がひっくり返るとそれまで黙していた人々が出てきますよ。今いる人々は今度は黙して小さくなるのですね。
これどの国でも同じですね。戦争に勝てば勝つたで戦争賛成者はうれしい、でも負けたら負けたで、それまで便益から遠い方々が入れ替わって便益を得ますね。長期的な視野で見ますとね。うまく回っているように思いますね。
イラクもアメリカも短期的には戦争ということになるかもしれませんが、50年単位で考えますとどちらの便益になるかということですね。
さて、日本は50年たっていかがでしょう。便益を得た方も多かったのではないでしょうか。
歴史というのは面白いですね。
参考程度までに

[経済封鎖による闇商品が町にあふれ活発な自由経済となりイラク国内の株は軒並み上昇、その平均は 5%。
進駐軍統治による建造物の自由化を期待した資産家が買いあさり土地の価格も上昇、経済復興に期待大。]

日本でいえば幕府が崩壊した明治維新と、それから戦後すぐという状況ですね。それまでの特権階級はなりを潜め、新しい世代が新しい考えで日本を復興させましたね。いつの世でも外向きの顔と内部の顔は違うものですね。北朝鮮だって一部の特権階級が自らの便益を守るためにいろいろな宣伝を内外に向け...続きを読む

Q脳の栄養

「脳の唯一の栄養はグルコースだ」
と言うのをよく聞くのですが、本当ですか?

感覚としては、脳はいろんなことをやってるから、色々な栄養素が必要っぽいんですが、なぜ一種類でいいのですか?

Aベストアンサー

栄養はいろいろ必要と思います。
この文、「脳の唯一の栄養はグルコースだ」の
「栄養」を「エネルギー源」に訂正すると文章の意味が取れると思います。
脳が最もよく使うエネルギー産生方法としては、グルコースの解糖系とTCA回路でATPを作るという意味でしょう。

参考URL:http://www.sugar.or.jp/health2/0101.shtml

Qお互い一歩前進するために…

私は30歳の男性会社員です。別のカテゴリでも質問させていただいております。
12年前に両親を交通事故で亡くして以来、25歳の養子の妹と二人暮らしです。
その妹の件で相談があります。よろしくお願い致します。

彼女はいわゆる無職の引きこもりです。この状態は両親を失って以来現在に至るまで続いています。
あの日、彼女にとっては中学1年の入学式の時でした。下校中の私たち2人を乗せた家族4人が
悲劇に見舞われたのです。後部座席の私たち二人は奇跡的に助かってしまいました。
ショックは言葉で表せない位大きかった事でしょう。それは当時高校生だった私も同じでした。
お互い些細なことでも涙が溢れる事が多く毎晩眠れない日々が1カ月以上続きました。
それから母方の病弱な伯父が親権となり私たちの家に毎日様子を見に来てくれました。
自分の家の事もあったろうに本当に感謝してやまない存在です。

もともと神経質で人見知りが激しくお世辞にも明るい子ではなかったのですが
そんな生活が続き夏休みに入る一週間位前から彼女はうつになってしまいました。
学校に行かなくなってしまったのです。

私と伯父が二人で理由を聞き出すも「合わない。意味ない。どうでもいい。」
としか語ってくれず困惑しました。どうも生徒の雰囲気が面白くないという意味だったようです。
前記した性格なので自分とは対極的性格の生徒たちが多く通うその中学校は自分には
合わなくて辛い。という人間関係のもつれが耐え難かったようなのです。
勿論担任の先生も困惑しておられました。毎日家庭訪問やポストへのお手紙、
本当にいい先生でした。ですからある日、私はつい怒鳴ってしまいました。
「みんなお前を応援してるんだよ!いい加減応えてあげたらどうだ!
色々あったけどそろそろ考えようぜ!!甘ったれてるんじゃねーよ!」と。


彼女は悪霊にでも憑りつかれたように豹変しました。
「いちいちうrrrるせんだよ!!!!てめー!!!上から目線で何様だよ!!!
てめーにはかんけーねーだrrrろ!!何も知らないくせにほざいてんじゃねーよ!!
ごぉら!!!」と大声で吐き捨てて机を蹴っ飛ばしてベットのマットを切り裂き
壁をガンガン殴って最後にカッターを俺に向けたのです。

「落ち着け!俺は心配しているんだよ!力になりたいんだよ!」と言うと
「うるさい!うるさい!うるさい!」と言って自分の腕を自傷しました。

もう頭が真っ白でした。自分は彼女の事等何も分かっていなかったと思い
懺悔の気持ちで一杯になりました。仏壇で泣き崩れました。
これが恥ずかしい若気の至りというやつなのでしょう。子供でした。

もう追いつめられない。核心に至るのはタブーだと私たちは思い彼女の引きこもりと
うつを見て見ぬふりをしてきました。お医者さんやカウンセラーには何度か相談しましたが
本人が来る気がないならどうしょうもないとの事でした。

しかし1年位たってから彼女は少しづつ変わりました。
私に強い愛着を示すようになったのです。
相変わらず私と伯父以外の人間とは接触したがらず家からも出られませんが。
足が竦み目眩がしてしまうそうです。失神した事もありました。

以下は現在の彼女の一日を書きます。
しかし不快に思われる方もいらっしゃると思われますが症状を正確に伝える為に
敢えて書かせて戴きます。悪しからず。


朝は小生が起こします。この時は口付けをしないと起きてくれません。
こういった事を拒否すれば暴言を吐いて暴れます。自傷されます。
睡眠薬を大量に飲まれます。警察に電話するとまで言い出します。厳しいです。
なお、着替えはせず寝巻のままで一日を過ごします。
洗顔は自分でやりますが歯磨きは私にやらせます。
世間では異様と思われるでしょう。しかし事実です。
食事は私が作り私が食べさせます。
私は出勤しますがその間彼女は家でDVDを観たり音楽を聞いたりパソコンを
やったり昼寝したりして過ごしているようです。家事は一切しません。
女王様気取りです。
私が帰宅すると夕飯を作りますがここでも口に運んで食べさせなくてはいけません。
しかし昼間の食事は一人でちゃんと作ってますので本当は自分で何でも出来る子なのです。
ネット通販で買った服に着替えている姿も見たりしました。
ただ甘えが酷いだけなのです。風呂に入る時は服を脱がせてやり体を洗ってあげます。
そして服を着せてやります。まるでおままごとのようです。
実際の人間を相手にこんな事が許されるのか日々疑問に感じております。
しかし彼女の主張や愛を受け入れなくては彼女は壊れてしまいます。それは明白です。
以前は頭に来て放棄したら1週間部屋から出て来ませんでした。大儀でした。

でも唯一微笑ましい時間があります。歯磨きをした後の寝る前の一時間です。
「私の事好き?」と聞いてきます。「もちろんだよ。」と答えます。
「どのくらい?」と続き「山よりも高く海よりも深く。」と答えると
「ずっと一緒だからね。」と言われます。「そりゃそうさ。」と答えます。
すると「キスして。」と言われ「お休み。○○(名前)」と言ってキスして寝ます。
手を握ったまま寝ます。正直嬉しいが複雑です。

私は彼女が好きです。本当はとても優しくて繊細で純粋な子です。
心を鬼にして厳しく、いやお不動様のように慈悲に基づいた上で心を鬼にして
彼女の自立を厳しく促さなくてはならないと思っています。
ちなみに我が家の最大の理解者であった伯父も去年の暮れに仏様になられました。

最近ではリストカットも酷くなりやたら私の外での行動が気になるみたいで盗聴だか
盗撮だかやっているみたいで怖いのです。それに色気で誘ったり口移しで食べさせて
貰いたがったりするので「心の準備が…!」と言って誤魔化して拒否していますが
そろそろ危険かと思われます。

まだ手遅れではないですよね?
アドヴァイスをお願いします。

私は30歳の男性会社員です。別のカテゴリでも質問させていただいております。
12年前に両親を交通事故で亡くして以来、25歳の養子の妹と二人暮らしです。
その妹の件で相談があります。よろしくお願い致します。

彼女はいわゆる無職の引きこもりです。この状態は両親を失って以来現在に至るまで続いています。
あの日、彼女にとっては中学1年の入学式の時でした。下校中の私たち2人を乗せた家族4人が
悲劇に見舞われたのです。後部座席の私たち二人は奇跡的に助かってしまいました。
ショックは言葉で表...続きを読む

Aベストアンサー

医者やカウンセラーに何度相談してもどうしょうもないとの事ですから、
彼女の心に寄り添って、思うようにしてあげるしか方法がないように思われます。


人気Q&Aランキング