坂口反応というのはどんな反応ですか?
知っているかた教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

は~いまたまた出しゃばりました。



Hopkins Cole 反応は、タンパク質の呈色反応の一つだそうです。
被検液にグリオキシル酸試薬を同量以上加え4~5cc程度の純粋な濃硫酸を静かに重層(重ねる事)するとトリプトファンを含むタンパク質が存在すると、液の境目が赤紫色になる。
グリオキシル酸試薬は次のようにして作ります。
(10gの粉末マグネシウムを同じ位の体積の蒸留水を加え、氷冷下でシュウ酸飽和水溶液250ccを加えて濾過、酢酸を少量加えて微酸性として1000ccに希釈する。保存する時は少量のクロロホルムを加える)
なお、グリオキシル酸試薬を使わずに、氷酢酸でやる方法は、Adamkiewicz 反応というそうです。

ということでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に2回も解答下さってありがとうございます。
助かりました。
勉強意欲が沸いてきました。
これからもいろいろ質問するかもしれませんが
もしよろしければご解答下さると光栄です。

お礼日時:2000/12/26 22:45

L-アルギニンというアミノ酸の呈色反応の一つです。


下記URLをごらんください。

L-アルギニンのアルカリ性溶液にαナフトールと次亜塩素酸を反応させると赤くなると書いてあります。

もう少し詳しいことがご入用でしたら、調べられますので、補足依頼を出してください。

参考URL:http://www.ajinomoto.co.jp/ajinomoto/A-Life/amin …

この回答への補足

助かりましたありがとうございます。
ついでと言ってはなんですがHopkins Cole 反応という反応を知っていらしたらそのことについても教えてください。

補足日時:2000/12/25 23:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒アルがブスすぎてほんとに恥ずかしいです。 昨日卒アルをもらったのですが、個人写真じゃなくてリレーの

卒アルがブスすぎてほんとに恥ずかしいです。
昨日卒アルをもらったのですが、個人写真じゃなくてリレーの時の写真が大きく三人くらいで写っていてその顔がほんとに不細工です。
自分の顔だからしょうがないけど、載せた編集者にも腹が立ちます。
ほんとに穴があったら入りたいくらい恥ずかしいし、女子校に通っているのですが、最後の最後に笑い者にされそうです。
気にしない方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

その写真が本当にブサイクに写っているという前提ですが、これを見たあなたの友人たちの反応は次の2つ考えられます。

①本当はもっと可愛いのに面白い顔に写ってる(ブサイクな写真が決して本物ではないということを知っている友人)
②いつも通りの顔で特に変でもない(失礼な言い方ですが、元々ブサイクだから今更どうこう思わない友人)

つまり、あなたをよく知る友人たちの反応は、①であれ②であれあなたにとって大したダメージにはならないということです。
①の人たちには笑いのネタにされるかも知れないけれど、決してその写真を「本物」とは思いません。②の人は前からあなたをブスと思っている人たちだから、こちらも今更どう思われようが大勢に影響はありません。

問題は、ブサイクな写真を本当のあなたと思い込んでしまう人がいることですが、しかしそういう人は①でも②でもない人、つまりあなたのことをよく知らない親しくない人だろうから、そんな人がどう思おうがあなたには何の関係もないのではないですか?

知らない人がアルバムを見たとして、リレーの写真がブサイクだと思ったとしても、個人写真も当然見るだろうから「誤解」はすぐ解けると思いますよ。あまり気にしないことです。

その写真が本当にブサイクに写っているという前提ですが、これを見たあなたの友人たちの反応は次の2つ考えられます。

①本当はもっと可愛いのに面白い顔に写ってる(ブサイクな写真が決して本物ではないということを知っている友人)
②いつも通りの顔で特に変でもない(失礼な言い方ですが、元々ブサイクだから今更どうこう思わない友人)

つまり、あなたをよく知る友人たちの反応は、①であれ②であれあなたにとって大したダメージにはならないということです。
①の人たちには笑いのネタにされるかも知れないけれ...続きを読む

Q中学2年の理科で発熱反応、吸熱反応をやって、発展の話?で発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがあった

中学2年の理科で発熱反応、吸熱反応をやって、発展の話?で発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがあったのですが、よく分かりません。それをまとめるようにと先生から言われています。
中学生にでも分かるような説明か、サイトを教えてください。

Aベストアンサー

>よく分かりません
よく分からなくて大丈夫ですよ。
発展の話、発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがどういう話なのか質問に説明がないので、私も説明のしようがないです。

ただ、中学や高校で出てくる発熱反応や吸熱反応は、実は上っ面の現象だけを説明していることが多いです。
発熱反応でエネルギーが放出される、吸熱反応でエネルギーが吸収される、
物質の中のエネルギーが反応でどうなるのか、その時に他の尺度はあるのか?等、を理解しようとすると、
大学の化学系学部の基礎課程で習う熱力学や物理化学の知識が必要になってきます。
ギブス自由エネルギー、エンタルピー、エントロピー等という熱力学的なパラメーターがあって、
本来ならば、そのような事に基づいて発熱反応や吸熱反応を説明しないといけないのですが、中高の化学はそれらを省いて説明しています。
更に、その熱力学や物理化学を理解するためには、微分や積分で変数が多いものを扱う数学を理解しないといけないです。

”発熱反応”でも”吸熱反応”でも良いですから、”中学”とキーワードをいくつか合わせて検索して、
サイトや動画をいくつかみて、ご自分で”現象としてどのようなものがあるのか”を中心に考え(理論は大学に行かないと教えませんから、現象に注目するしかないと私は考えます)、
発展の話と関係ありそうな部分を見つけ出してレポートにするしかないと思います。

>よく分かりません
よく分からなくて大丈夫ですよ。
発展の話、発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがどういう話なのか質問に説明がないので、私も説明のしようがないです。

ただ、中学や高校で出てくる発熱反応や吸熱反応は、実は上っ面の現象だけを説明していることが多いです。
発熱反応でエネルギーが放出される、吸熱反応でエネルギーが吸収される、
物質の中のエネルギーが反応でどうなるのか、その時に他の尺度はあるのか?等、を理解しようとすると、
大学の化学系学部の基礎課程で習う熱力学や物理化...続きを読む

Q小学校の卒アルを捨てたいのですが、中身も見たくありません。 どうやって捨てればいいですか?

小学校の卒アルを捨てたいのですが、中身も見たくありません。
どうやって捨てればいいですか?

Aベストアンサー

カッターで写真部分を、一人一人切る。

Qどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。

確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。

世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。

化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか?
たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか?

また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めているのはそれが電子状態がもっとも安定だからなわけで、歪んでいるというのはその結合内に電子密度の差が出来ている状態です。これを解消するために反応が進行するわけですからやっぱりおおまかには酸、塩基反応と言っていいでしょう。またラジカルの反応は一電子酸化、還元になります。長ったらしく書いてしまいましたが電子状態に差がなければ少なくとも有機反応は進行しませんので、そのようなことを理解した上ならどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるといっていいと思います。
最後に勉強の姿勢ですが、このような考え方は有機合成反応の反応経路を勉強するのには非常に役に立ちます。立体などの知識は必要ですが、基本的には反応式を見てそこにある分子のもっとも電子密度の高いところと低いところを反応させていく、それだけで教科書レベルの反応は全て説明可能なはずです。

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めて...続きを読む

Q卒アルどうしましたか?

最近、部屋をスッキリしようと、思い切って断捨離をはじめました。

子供のころのおもちゃとか、本とか処分したり売ったりしてだいぶん綺麗になりましたが、
ひとつ問題が・・・。

卒アルです。

はっきりいっていらないんですよね(・・;)
邪魔だし見ないし・・・
写真移りも悪いし・・・

他の人には、いちおう思い出だし何でもかんでも捨てなくてもいいと思うよ。と
言われるのですが。

皆さんは自分の卒アルってどうしましたか?

処分してしまった方や今でも大切に持ってる方
卒アルどこにしまったっけ?
などでもいいです。

いろんな意見聞かせてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有るなら、一生取って置いては如何ですか。

わたしらのときは物不足で卒業アルバムが有りません。
クラス毎の集合写真が一枚。これじゃなくなります。
何処を探してもありません。
今は不要でもあなたの人生の一コマです。大事にしてください。

Q反応速度式に合う機構の検討:最初の反応が速い反応

実験で求めたオゾンの分解の反応速度式は、オゾンについて二次であり、酸素分子について逆向きに一次である。
2O3(g)→3O2(g)
(反応速度)=Δ[O3]/Δt=k[O3]^2/[O2]

つぎの機構が実験で求めた反応速度式に適合することを示し、実験で求めた速度定数を反応素過程の速度定数と関連づけよ。
O3(g)k1⇄k-1O2(g)+O(g) 速い、可逆
O(g)+O3(g)k2→2O2(g) 遅い、律速
2O3(g)→3O2(g) 全反応

この問題を解くときに、解を見たのですが、「律速段階の反応速度式は(反応速度)=k[O][O3]であり、この反応の化学量論からオゾンの消費の全反応速度は、律速段階の反応速度の2倍になる。」とあって、以下のような式が続くのですが、どうして2k2になるのかがわかりません。
(反応速度)=-Δ[O3]/Δt=2k2[O][O3]

Aベストアンサー

2段階目の反応が律速、ということはつまり、
1段階目の反応が2段階目の反応よりも速いということを意味します。
極端な話、1段階目の反応は、2段階目の反応より例えば1億倍くらい速いとイメージしてください。

さて、このオゾンの分解反応は可逆反応であり、
O3 ⇄ O2 + O
の反応は速やかに平衡に達し、[O3]と[O2][O]の比は一定になります。
『O3は消費されるし、O2は増えていくじゃないか』とお思いかもしれませんが、
1段階目の可逆反応は2段階目よりも遥かに速いので、
2段階目の反応の時間スケールで見ると、1段階目の反応は十分速やかに平衡に達するといえます。
とはいえ、完全な平衡に達している(濃度の増減が完全に止まっている)わけではないので、
これから『見かけの反応速度』というものを考えます。

1段階目の平衡状態にある中から、2段階目の反応が1回だけ起こって、
酸素ラジカルOとオゾンO3から酸素分子O2が2分子生じたとします。
すると、1段階目の平衡の状態から分子数に変動が生じるため、
平衡が少しずれてオゾンから酸素分子とラジカルが生じます。
この『反応1回分の変動』を埋めるために起こる反応はせいぜい『見かけで』反応1回分です。
実際には反応速度が速いので(先ほどの反応速度1億倍の例で言うと)1億分子くらい
反応しているのですが、逆反応も9999万9999回くらい起こっていて、
その差分の1回分だけが『見かけの反応速度』として観測されます。

つまり、2段階目の反応が1分子進行すると、1段階目の反応も(見かけ上)1分子進行するわけです。
そのため、1段階目の反応は非常に反応速度が大きいのに、
(見かけ上は)遅い2段階目の反応と同じ速度で反応する
という現象が発生します。
これが『律速段階』という言葉の由来です。(遅い段階の速度が反応全体の速さを律する)

ここで、1段階目の反応も2段階目の反応も共に
『オゾンを1分子消費する反応である』という点に着目しましょう。
1段階目の(見かけの)反応速度は2段階目が同じ速さで進行するので、
(1段階目の(見かけの)反応速度) = (2段階目の反応速度) = k2[O][O3}
そして、オゾンは1段階目の反応でも2段階目の反応でも1分子ずつ消費されるので、
オゾンの減少速度-Δ[O3]/Δtは、
-Δ[O3]/Δt = 2k2[O][O3]
となります。

2段階目の反応が律速、ということはつまり、
1段階目の反応が2段階目の反応よりも速いということを意味します。
極端な話、1段階目の反応は、2段階目の反応より例えば1億倍くらい速いとイメージしてください。

さて、このオゾンの分解反応は可逆反応であり、
O3 ⇄ O2 + O
の反応は速やかに平衡に達し、[O3]と[O2][O]の比は一定になります。
『O3は消費されるし、O2は増えていくじゃないか』とお思いかもしれませんが、
1段階目の可逆反応は2段階目よりも遥かに速いので、
2段階目の反応の時間スケールで...続きを読む

QISSAさんって卒アルみたんですけど鼻整形してますよね?

ISSAさんって卒アルみたんですけど鼻整形してますよね?

Aベストアンサー

そうですね。芸能人なんてたいてい整形です。

以前、タモリさんに植毛疑惑が湧いたことありましたが、
タモリさんくらい儲けてたら
何億もかけて頭皮ごときれいさっぱり移植するくらいのことが
可能ですので、植毛なんて庶民の方法はとらんだろって話がありました。

ただその論点で行くと、オヅラさんはどうなんだという話なのですが。

Qヘスの法則って既知の反応熱から未知の反応熱を導く時に利用しますが、どんな時でも使えますか?問題集の回

ヘスの法則って既知の反応熱から未知の反応熱を導く時に利用しますが、どんな時でも使えますか?問題集の回答にはヘスの法則を使わずに導く解答があってただページ数的な問題なのか、ヘスの法則を用いて求めるものは限られているのか、はたまたヘスの法則を使うより早く求められるかのか。疑問です。教えてください。

Aベストアンサー

自分で手を動かして (&頭を使って) みればわかるはずだけど, それは「ヘスの法則を使った」のとまったく同じこと.

Q同窓会や成人式で卒アルを持ってくるやつはいましたか?

同窓会や成人式で卒アルを持ってくるやつはいましたか?

Aベストアンサー

いませんでした。

Qニトロアルドール反応の副反応について教えて下さい

ニトロアルドール反応を用いて3,4-ジメトキシベンズアルデヒドとニトロメタンより3,4-ジメトキシ-β-ニトロスチレンを合成する際、3,4-ジメトキシベンズアルデヒドとニトロメタンをエタノールに溶解させ、水酸化ナトリウム水溶液を加えた時に起こる副反応を探しています。
私が考えた反応としては、ニトロメタンのニトロ基のOがO-となり3,4-ジメトキシベンズアルデヒドのカルボニル基のCに結合していき、ナトリウム塩になるというものです。しかし、実際にこの様な反応が起こるのでしょうか?
他に考えられる反応などありましたら、ヒントだけでも教えて下さい。

Aベストアンサー

お考えの反応は起こります。ただし可逆反応です。元に戻る反応が非常に早いため、反応が進んでいかないように見えます。主反応に比べて平衡が原料側に近いところにあると言えます。

 一方、主反応(C-C結合が生成する反応)では平衡が生成物側に偏っているため、反応が進んで行きます。ニトロアルドール反応の場合、生成物のC-C結合が切れる逆反応(レトロアルドール反応)は極めて遅いんじゃないでしょうか。

ニトロ基の他の反応を考えると、Nef Reactionが考えられますね。これは酸の存在が必須なのかもしれませんので、お書きの条件では副反応として起こらないかもしれませんが。ニトロ基の反応性を理解する上で、Nef反応は知っておくと良いと思いますよ。

参考URL:http://www.organic-chemistry.org/frames.htm?http://www.organic-chemistry.org/namedreactions/nef-reaction.shtm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報