はじめまして、みなさんよろしくお願いします。

現在、第一生命の定期付き終身保険に入っています。
3年以上、月8000円支払っています。
来年の2月に結婚することになったのですが、夫(予定)は保険には加入していません。
当分、共働き・子供なしで暮らす予定なので、医療保険に死亡保障を少々加えた形で
二人で新たに日本生命に加入しようと考えました。
会社の団体割引がきくらしいので(私・夫とも同じ会社です)日本生命にしようと思ったのですが、
保険を解約するのは大変なようなので悩んでいます。

1.内容を変更して第一生命のままにする(二人とも)。
2.私のみ第一生命を続ける。夫は日本生命。
3.第一生命は解約して、二人で日本生命に加入する。

一度加入した保険を続けるメリット・デメリットがわからなく、
会社で団体加入している保険会社に入ることのメリット・デメリット
もわからないので決めかねています。

どんな意見でもいいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

文面から判断しますと、メインは”医療保険”かと判断させていただきます。


mikeriさんのおかけになっている保険料から判断しますと、まだお若いようですので”医療保険”がメインであるならば<ニッセイ>や<第一>にこだわらず、「外資系」の保険会社も選択肢のひとつに入れられてはいかがでしょう。
『外資系保険会社』には”医療保険”に重きを置いたお手ごろの保険料の商品があると思います。
<ニッセイ>や<第一>などの場合は
「入院日額5000円」が一般的で、それ以上の保証を必要としても保険会社の都合で『日額5000円まで』とされてしまう場合が多いでしょう。
どうしても<ニッセイ>や<第一>にこだわるのであれば
「死亡保険金重視の保証を勧められる。」ことを念頭にお話されるほうが言いと思います。

1)3年程度の契約期間であれば解約しても『解約返戻金はない』と考えたほうが言いと思います。と、言いますのは、8000円の保険料から考えると”死亡保険(掛け捨て)”に重点をおいた『定期付き終身保険』と考えられるからです。
2)今ある保険をベースに保証内容の変更をされる場合、『死亡保障額をメインとした変更しかできないケースがほとんどです。』これは、保険会社の都合によるものですが、”医療保証部分の変更”を希望しても受け付けてもらえないケースがあります。『死亡保険金額を2000万円ほど増額しましょうよ』という保険会社本位の話になりがちです。

保険会社の破綻が相次ぐ中<ニッセイ><第一>共に破綻の心配は”まず無い”といって良いと思います。
保険商品については両社共に大差ないとも言えると思います。
なにぶんにも『目に見える商品』ではありませんし、ものによっては数十年単位の支払いを続けていくことになる
と思いますので、両社の担当者を同時に読んで説明を聞くのもひとつの方法かと思います。
そして納得いくまで説明を聞いてください。
きつい言い方かもわかりませんが、
『人柄にひかれて・・・・』で判断するのは危険です。
なぜなら、そのひとはmikeriさんの契約が終了するまで在籍しているとは考えられないからです。

ですから、ご自分の希望される商品の資料を集めてをじっくり探すことをお勧めします。
まず『希望の保証内容』です。
「団体割引があるから・・・・」で、選択肢をせばめるのはよろしくないのでは・・・・と思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございます。
先に保険会社を決めて保障の内容を制限してしまうのでは、意味がありませんよね。
ニッセイに希望の保障の形が無ければ、他のものも検討するつもりでした。比較できるように、はやめに調べておきたいと思います。
まずは、どういった保険がいいのか、きちんと考えるべきですね。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/26 08:19

先の私の回答で


3番の方法は、第一生命と日本生命で比較した場合、同一保障内容で、よほど日本生命の毎月の保険料が安くならない限りお薦めできません。
と、ある部分について補足いたします。
たとえ3年であるとはいえ保険料を継続的に支払ってきたのですから現在の第一生命の分を解約しては勿体ないという意味です。(現在の保険が下取り(転換)にならないため)
ですから、第一生命にお二人で加入した場合で(1番の案)転換することにより補填される金額や、3番の場合で返戻金を新規に加入する日本生命の保険金に充当する場合の支払残額部分との差で、日本生命に2人で加入することが、1・2の案に比べて支払額で得になるかと言うことです。
保障される内容が同じで、毎月の保険金額が日本生命の方が格段に安かった場合(転換や返戻金などを考慮した支払額)は、3番の案も候補になると言う意味です。

私の場合は、新規に全労済に加入したので保険料自体が安価でしたので、ここで言う全く新たな保険会社に加入(3番の案)になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。単純に第一生命と日本生命を比較するならばたいして変わらないから今のまま続けた方がいい、ということですね。今後はこの二社以外も視野に入れて考えていきたいと思います。ありがとうございました。
みなさんの意見を参考に安くてよい保険を探したいと思います。

お礼日時:2000/12/26 17:45

今はこのご時世ですから、保険は家の次に高い買い物、といった意識は捨て、毎年見直せるタイプのDIY生命はいかがでしょう?決して回し者ではありませんが、基本の遺族保障、特約の月給保障・入院保障・ガン保障、とても割安です。



アノ有名なガン保険、パンフレット取り寄せたら、余りに高く、代理店さんがしつこいです。ラジオのフリーダイアルの方なら大丈夫ですが。

その点DIYさんは電話されても、こちら側に損になる事は、パンフレット通り、ホントに勧められません。あとで、しつこくされる事も、無かったです。

私の考えですが、若い時に入った終身は、そのままで、ご主人がまだ入られていないなら、それを中心に考えられてはいかがでしょうか?

この先、家族構成が変わる可能性大ですよね?その辺りの事も、一度お電話されては・・・。

参考までに
DIY生命
フリーダイアル:0120-588-555
=(土・日・祝除く9~21時受付)
HPアドレス:http://www.DIY.co.jp
FAX:03-5345-7607

あと、解約の大変さについては、どなたかが書かれていた通りです。まるで銀行や郵便局のように、手続き待ちの方が他にも、いらっしゃいます。社員ばかりの本社・支社にお電話して必要書類を聞いてから行ってくださいね。

ちなみに私は、生保・年金・損保、用途に合わせて、全労災(銀行に置いてある大衆向けプランでないもの=見積もり等に社員の方が来てくれます)県民共済、郵便局、DIY生命、生協と、分けて利用させていただいています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DIY生命、初めて聞きました。勉強不足で申し訳ありません。保険にもいろいろな形があるのですね。もっと勉強したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/26 08:13

#2の補足です。


会社で団体加入している保険会社に入るメリットは、会社の給与から保険料の天引きができる、の他に加入している人数によって(最低10名以上) 保険料の割引があります。
最大で年間に1ケ月分ほど安くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。安い、というのはとても大事ですよね。毎月のことですから。
最低10名以上加入していないと割引されないのですね。これはつっこんで話しておきたいと思います。

お礼日時:2000/12/25 22:11

とりあえず、会社で団体加入している保険会社に入るメリットは、



会社の給与から保険料の天引きができる。

逆に会社の団体加入で無い場合、個人で毎月払いこむなり、自動引落手続きをするなりが必要になります。

しかし、これってそんな大した問題じゃない気がします。

単純にプランを見比べて、自分に合うと思うほうにすればよいのではないでしょうか。
どうしてもわからなければ、私なら1の選択肢を選びます。つきあいが長いほうが、何かと相談に乗ってくれそうだから。(あくまでもそんな気がするだけです。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばやい解答ありがとうございます。両方の内容とお金をようく比較して決めたいと思います。
第一生命のほうは母がやってくれたので、つきあいが長い人がいないのです。担当だった方は辞めてしまって、私も引っ越したので、相談できるような人がいません。
転換の話を第一生命にして、どんな人とお話できるかわかりませんが「人柄」も比較してみようかと思います(失礼な話ですが -_-;)。

お礼日時:2000/12/25 22:05

私も、結婚を機に生命保険を見直しました。



まず、会社の団体割引ですが同一の保険内容で比較した場合、一般の保険料と比べ若干ですが割安になっているのは事実です。

保険プランについては、mikeriさんとだんな様と良くご相談の上決めていただくとして、保険会社の変更について少し書きたいと思います。

mikeriさんが第一生命に加入したのは3年前ですから、保険の運用利率も現在とそんなに変わらないと思います。
しかし、解約しても返戻金はほとんどないと思います。(保険会社のお客様センターなどに電話すると教えて貰えるほか、保険証券におおよその金額が書かれている場合もあります。)
ですから、現在の保険を下取りにして(転換といいます)新たな保険プランにする方法が一つ。(質問にあった1番の方法ですね)

あと考えられるのは、2番の方法でとりあえず子供が出来る等、生活パターンの変化まで続ける方法。
以上、2つが無難でしょう。
3番の方法は、第一生命と日本生命で比較した場合、同一保障内容で、よほど日本生命の毎月の保険料が安くならない限りお薦めできません。
あと、保険の解約ですが代理店や営業の方に頼むとなかなか解約に応じてもらえないときがありますので、直接本社に出向くのが手っ取り早いでしょう。保健相兼の約款巻末などに問い合わせ先がありますので電話で確認してから行くとスムーズです。

一番重要なことは、お金を払っているmikeriさん自身が損をしないように、いろんなパターンを想定してシュミレーションすることではないでしょうか?
ベストは、保障内容が向上し、保険料が下がることです。
付け加えで、他の保険会社の見積もりも取ってみては如何でしょうか?全労災や県民共済等も候補に入れると違った見方が出来ますよ。
また、生命保険の終身部分のみ残して、定期に当たる保障部分を別のもっと割安な保険で付け足すのも一案です。

この回答への補足

同じ経験をお持ちの方に答えていただいて、大変心強いです。ありがとうございます。

>3番の方法は、第一生命と日本生命で比較した場合、同一保障内容で、よほど日本生命の毎月の保険料が安くならない限りお薦めできません。

について、できればもう少しくわしく教えていただけたらと思います。
やはり、3年間でも加入していた保険を解約するのは損なのでしょうか。
それとも、解約するエネルギーがもったいないとか。。。

日本生命の方と話をする機会は作ったのですが、第一生命の方の話を聞く予定は無かったので、
はやめに連絡を取って詳しく聞いてみたいと思います。
比較してよい保険に落ち着きたいです。
よろしくお願いします。

補足日時:2000/12/25 21:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q終身保険を解約したいんですが、母親の友達の生命保険会社に加入してるので、どう解約するか迷ってます。親

終身保険を解約したいんですが、母親の友達の生命保険会社に加入してるので、どう解約するか迷ってます。親にはバレずに解約したいのですが...
いい案ないでしょうか?

Aベストアンサー

今の保険会社は顧客のフォローにかなり力入れてて、携帯端末で情報管理したりしてるくらいですから、主さんがどのルートで解約したとしても、早々に担当者の耳には入りますよ。
あくまで解約を前提にするならば、もう正直にその旨お母さんに話したほうがいいかもしれません。

ただ、(これは担当者からも提案されるかもしれませんが)解約以外にも次のような選択肢もありますよ。
・一時的にお金が必要なのであれば、契約してる保険契約を担保にお金を借りることができます(契約者貸付)。
・毎月の保険料負担が大きいのであれば、今の保険を下取りしてもらって掛け捨てなどに転換する

特に15年くらい以上前の契約であれば、保険料の割に「貯金」の部分はたんまりあるはずなので、下手に解約などせずに十分利用したほうがいいでしょうね。

Q第一生命で貯蓄型生命保険って加入できますか?

保険を掛けつつ貯蓄するプランに魅力を感じております。

現在、第一生命で順風ライフという保険に加入していますが、貯蓄型保険に移行したく。
できれば外貨(米ドル)で貯蓄したいのですが、そういう貯蓄型保険は第一生命でやってますか?

もし無ければ、そういった外貨貯蓄型の保険を扱ってる国内保険会社を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

無いと思いますよ。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/examine/lineup/products/

 こちらで扱っているようです。

https://upin.jp/5045

Q団体信用生命保険と生命保険

団体信用生命保険とは、ローンを利用して
住宅を取得した人が死亡した場合(あるいは高度障害になった場合)
などにその人に代って債務(借金)を返済するための生命保険です

とあるサイトのコピペですが、マンションをそう遠くない未来買うつもりです
団信にはもちろん入る予定ですけど、主人の会社の保険に入ってて
その中に生命保険もあるんですよね。団信に入るには、そちらを解約する必要がありますか?

冒頭の意味は、生命保険でローンの残りを払うという意味ですよね?
そう考えたら、ローン完済のために生命保険が支払われるのですから
手元には1円も入らないという解釈でいいのでしょうか・・・

だとしたら、会社の保険も継続しながら団信に入る方がいいですよね?

Aベストアンサー

(Q)冒頭の意味は、生命保険でローンの残りを払うという意味ですよね?
そう考えたら、ローン完済のために生命保険が支払われるのですから
手元には1円も入らないという解釈でいいのでしょうか・
(A)その通りです。
団信の受取人は、銀行です。
遺族には、1円も支払われません。

(Q)会社の保険も継続しながら団信に入る方がいいですよね?
(A)その通りです。
遺族の為に契約する死亡保険は、遺族の生活費・教育費などのためです。
団信は、あくまでも、ローンの返済のためだけの目的です。

現在の遺族年金制度は、あくまでも、遺族が最低限の生活を
していくための生活費という考え方です。
なので、金額としてはとても十分とは言えません。
例えば、年収500万円、妻、子供2人という場合、
いくらぐらい期待できると思いますか?
遺族年金は、年間170万円程度ですよ。
ときどき、妻がパートで働くから……
という方がいますが、では、その奥様が何らかの理由で
働けなくなった場合、生活はどうするのでしょう。
何らかの理由……例えば、がんなどの大きな病気になったとすると、
その治療費もかかります。
なので、そのようなことにならないように、
遺族のための生活費、教育費などは、
しっかりと保障しておくべきだと思います。

(Q)冒頭の意味は、生命保険でローンの残りを払うという意味ですよね?
そう考えたら、ローン完済のために生命保険が支払われるのですから
手元には1円も入らないという解釈でいいのでしょうか・
(A)その通りです。
団信の受取人は、銀行です。
遺族には、1円も支払われません。

(Q)会社の保険も継続しながら団信に入る方がいいですよね?
(A)その通りです。
遺族の為に契約する死亡保険は、遺族の生活費・教育費などのためです。
団信は、あくまでも、ローンの返済のためだけの目的です。

現在の遺...続きを読む

Q第一生命の保険を解約しようと思っているのですが…。

先日、私の付き合っている彼が47歳で一つも保険に入ってなかったので
たまたま知り合いに最近、第一生命に入った人がいて話をしてみると
○○人生という商品をもってきました。

●死亡保険はいらない
 (小さい頃に児童施設に入っているので25年以上家族親類などとは付き合いがない)
●医療保険が手厚い方が良い
 (頼れる人がいないので)

と説明をしたのですが…
「いずれ結婚するなら死亡保険に入っておいた方が良い」など色々言われ
お互い保険の事が良くわかってなかったので
終身定期付というようなのに入る事になり
死亡保険も最低金額ラインが1500万じゃないと入れないなどと言われました。
また、現在は月々22,000円位なのですが10年後更新すると倍になります。
その後も倍倍と増えていき最後の方は12万円…。
いくら途中で減額できるからってそりゃ無理でしょ~と言う感じです。

互い、その時はそんなもんかと思い契約してしまったのですが
よく考えると、そんな訳ないんじゃないか…
騙されているのではないか…と思い保険の事を少しですが勉強しはじめました。
するとやっぱり無駄のような気がして…
そんなに払っていけるわけもないので早いうちに違う保険にしようかと検討中です。

当初は道民共済(県民共済)やコープ共済にしようかと思っていましたが
そちらの定期保険でよいかどうかと思案中です。

第一生命のこちらの商品の評判と
他に良いものがありましたらお教え下さい。
また昨年の12月末に契約したばかりですが解約はできるのでしょうか?

補足を書きますと、一応1.2年後くらいには結婚の予定もありますが
まだハッキリした事は未定です。
お互い仕事はし続けようと思っており、子供に恵まれる可能性は低いと思います。

皆さんの意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。

先日、私の付き合っている彼が47歳で一つも保険に入ってなかったので
たまたま知り合いに最近、第一生命に入った人がいて話をしてみると
○○人生という商品をもってきました。

●死亡保険はいらない
 (小さい頃に児童施設に入っているので25年以上家族親類などとは付き合いがない)
●医療保険が手厚い方が良い
 (頼れる人がいないので)

と説明をしたのですが…
「いずれ結婚するなら死亡保険に入っておいた方が良い」など色々言われ
お互い保険の事が良くわかってなかったので
終身定期付というよ...続きを読む

Aベストアンサー

医療保険だけでいいのなら、単純に外資系や損保系の保険会社が扱う医療保険に加入しましょう。
保障が一生続き、保険料がアップしない終身型がお勧めです。

第一生命の堂堂人生は、死亡保障に特約で医療保障を付けたタイプの保険。質問者さんのニーズには合いません。
死亡保険と医療保険は本来目的が違うのですから、別々に入るのが基本です。

共済の保険は65歳までの保障です。
65歳以上になったら保険は必要ないというのなら選択肢の一つになるでしょう。
共済は老後の病気や死亡を保障しない(保障を減らす)ため保険料が安いのですが、生涯にわたる保障が欲しいのなら向きません。

葬儀の費用は心配ない、子どももいない、結婚しても配偶者も自立できるだけの経済力はあるというのなら、特に死亡保障は必要ないと考えます。

ワタシが提案するなら、医療保険とがん保険。
あとは介護保険も考える時期でしょう。介護する家族がいない、あるいは介護のため家族が仕事を制限しなければならないという状況に陥ったとき、お金で解決できることもありますから。

通信販売などでなく、対面で申し込みしてその場で1回目の保険料を払い込めば、1週間ほどで契約が成立したかどうか(審査が通ったかどうか)分かります。
その時点で今の保険を解約するといいでしょう。

医療保険だけでいいのなら、単純に外資系や損保系の保険会社が扱う医療保険に加入しましょう。
保障が一生続き、保険料がアップしない終身型がお勧めです。

第一生命の堂堂人生は、死亡保障に特約で医療保障を付けたタイプの保険。質問者さんのニーズには合いません。
死亡保険と医療保険は本来目的が違うのですから、別々に入るのが基本です。

共済の保険は65歳までの保障です。
65歳以上になったら保険は必要ないというのなら選択肢の一つになるでしょう。
共済は老後の病気や死亡を保障しない(...続きを読む

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報