軟式テニスの経験(2年半)がありますが、約1年ほど前より週1回硬式テニスを始めました。

 軟式打ちの矯正が上手くできず(特にバック)、バックハンドは両手打ちで返しています。
 バウンドの高い球には対応できるのですが、中級以上の方を相手にして、相手の球が速くて低くしかも振られて遠くの球になると、両手打ちでは上手く返せないのですが、片手打ちのスライスショットを覚えるしかないのでしょうか?

 速くて低い球に対しては、両手打ちでは、軽くスライスを返すのは難易度の高い技術なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


テニス歴だけは長いので、何か参考になればと思って・・・
(といっても、まだまだ若造。こんなアドバイスを書くと怒られちゃうかな~)
具体的な技術の指導と言えるかわかりませんが、これでうまくなった人が周りにいるので。私なりのアドバイスということで・・・

両手打ちをしているのであれば、「右手でバックハンドを打つ」という発想から「左手でフォアハンドを打つ」という発想に転換してみると、意外に打ちやすいと思います。両手打ちの場合、重要なのは左手だからです。
十分にテイクバックし、左手で押し出すように前へ遠くにボールを運んであげましょう。右手はあくまでも添え手です。(もちろん、腕だけでなく、身体の移動も使ってくださいね)

Akasama58さんは、フォアは問題なく打てていますよね?(軟式をしてい方は、結構強い玉を返せたりするので、問題ないと思いますが・・・)右手でフォアを打つのと、まったく逆にすればいいのです。慣れるまでに時間はかかるでしょうが。

それから、相手の球が速い・・・という点については、最初はラケットを当てるだけにしてみましょう。相手のボールが早いということは、面をちゃんと作って当てただけで速い球が返っていきます。これなら、両手でも片手でもできますね。力がない場合は、両手をおすすめします。余裕のないところでラケットを振り回すよりは、無難な解決法だと思います。もちろん、うまく打てるようになったら、ちゃんと振ってください。

また、スライス打ちは、ひとつの手法ですが、そればかりでは試合などに発展した場合有利ではありません。普通に売っている中に、スライスが混じっているから、効果があるというものだと思います。まずは、スライスに逃げない方をおすすめします。

両手で軽くスライスを返す・・・というのは、やったことがないのですが、理論的に言えば、両手でラケットを持ったまま、ちょっと面を上に向けて切るようにボールに当ててやればいいのでしょうかね~でも、私には、これも逃げの手法な感じがします。

バックに苦手意識を持っている人は特に、両手での練習をおすすめします。両手できちんと打てる人は、きっとそのうち片手でも打てるようになります。その方がうまく打てるようになったときに、場合によって両手、片手の使い分けができます(リーチの長さや球の強弱の調節になります)。

こんなところで、参考になりましたでしょうか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『両手打ちをしているのであれば、「右手でバックハンドを打つ」という発想から「左手でフォアハンドを打つ」という発想に転換してみると、意外に打ちやすいと思います。両手打ちの場合、重要なのは左手だからです。』

 練習嫌い(試合好き)ですので、スクールには一度も行ったことがないのすが、スクールでアドバイスを受けるのと同じくらいの有用なコメントを頂いたような気がします。

 左手に意識を集中して取り組んでみたいと思います。

お礼日時:2002/02/19 09:31

テニスは○十年やっていますが、最初からシングルでした。


国内でも、海外在住中も現地で習ったり、試合もしましたが、面白い試合の相手は皆シングルが当たり前でした。

今の時代、シングルハンドで無いと、男性の球は早くて追いつくのが大変です。 
特に中級以上だとそういう処を狙ってきますから"(^_^;)"

脚が相当早くて、追いつければ、両手でも構わないでしょうが(其のときはドライブを使いますし)、試合の時には、私にとってそういう相手は餌食ですので、バック側にボールを送り続け、スマッシュで決めています。 両手うちの人だと必ず疲れてくれますから。

将来も長くテニスをなさるなら、シングルに変えたほうが良いですよ。 強いボールだってしっかり見て当てれば、それほど力は必要ないですし、ましてスライスなら両手うちの必要はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『特に中級以上だとそういう処を狙ってきますから"(^_^;)" 』

 そうなんですか。
 狙われていたんですね。
 
 やっぱり片手打ちバックハンドを覚える必要があるようですね。

 有り難うございました。

お礼日時:2002/02/19 09:23

はじめまして。

昨年までテニススクールのイントラしてました。私も基本的にダブルハンドです。速くて低くても腰を落とししっかりかまえて対応すれば問題ないとおもいます(練習あるのみ!)。しかし速くて低くサイドに振られた状態というのは追いつくのがやっとですよね?当然かまえて打っている時間もない。そうゆう時はスライスで返すのもいいんですが僕はしっかりラケットの面をつくってその面をボールにあわせてやってロブで返す様にしてます(シングルハンド)。面を合わせるだけで十分相手コートに返ります。その時にボレーやスマッシュの餌食にならないように気おつけてください。そうすればその間に体制も整えれるし。この時スライスでもよいと思うのですがロブのほうが時間稼ぎできます。でもスライスは練習した方がいいです。速い球を返すときやつなぎの時などさまざまな用途がありますし、色々な場面でかなり楽になります。
あまり参考にならなかったらごめんなさい。更なる技術の向上を目指してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とても参考になりました。

 やはりスライスの練習は不可欠のようですね。

『(練習あるのみ!)。』
 この言葉が重くのしかかります。
 練習嫌いで、試合ばかりしています。

 有り難うございました。
 

お礼日時:2002/02/19 09:26

私はバックハンドは昔から両手です。

女子ということもあり、片手では力が入らないので両手でバックは打っています。
さて、速い球ということですが、サーブの時などもそうですが速い球は「あ、来た」と思ってからテイクバックするともう遅いので、軽く引いておいてボールが来るのを「待つ」のです。そうすると結構返せます。あと、ボールがバウンドして上がって落ちるのを打つのではく、ボールが上がった時に返せば、あまり跳ね上がらないで打てるので良いと思います。
両手で打つのも力が入っていいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『ボールがバウンドして上がって落ちるのを打つのではく、ボールが上がった時に返す』
 このような発想はもったことがありませんでした。

 回答有り難うございました。

お礼日時:2002/02/19 09:27

私は両手バックハンドで打ち続けて、4年ほどになります。


私は感覚でテニスをする方なので、あんまり詳しくは答えられませんが
低い球がきたときは、まずひざをちゃんと曲げて
自分の姿勢を低くすることが大切だと思います。
あとは、低い球と言うのはたいてい速い球が多いと思うので
あまり難しく考えずに、相手の球の速さを利用して、面を上手につくって
当てて返すぐらいの気持ちで打ってみてはいかがでしょうか?
参考になれば幸いですo(^-^)o
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメント有り難うございました。

 いきなり強い球を返すことを考えるのではなく、きちんと当てることがやはり先決問題ですよね。

 参考になりました。

お礼日時:2002/02/19 09:33

テニスを学生時代にかじってました。



バックハンドは覚えるのは難しいと思われがちですが、いったん覚えてしまうと、小手先での調整が逆にできない分、フォアハンド以上に安定してくるように思っています。

私は片手打ちでしたので、参考にはならないかもしれないのですが、両手打ちで高い球には対応できる、そして軟式の経験がある、ということは、結構、こすっていませんか?ボールの上っ面をこすって、ネットに引っかかってしまう、というふうになっているのではないかと推測しています。

いわゆるトップスピンですが、低くて早くて振られた球をトップスピンで返すのは、至難の業ですよね。相当力がいると思います。

私は、スライスを意識してしまうと、逆に擦りすぎてしまうので、そういう球には、ボレーみたいに返していました。バックハンドボレーのイメージです。相手の球が早いと、結構、その力を利用して早い球が、なおかつ、角度がついて返せます。

テニスをやっていたのは、15年くらい前で、別に体育会のテニス部に入っていたわけではないので「自信なし」とします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメント有り難うございました。

 今でも「軟式握り」をしていますので、バックハンドボレーはとっても難しく感じています。

> ボールの上っ面をこすって、ネットに引っかかってしまう、というふうになっているのではないかと推測しています。
 ネットに引っかかったり、ベースラインをオーバーしたりと、軌道は安定しておりません。
 振りが安定していないからなんだと思います。

> 低くて早くて振られた球をトップスピンで返すのは、至難の業ですよね
 これが本当はしたいのですが、難しいものだとつくづく感じる今日この頃です。

 いろいろと有用なコメント有り難うございました。

お礼日時:2002/02/19 09:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画像のバックを透明にする方法を

ホームページを作っています。全体のバックに画像を貼り付けました。
その上に切り抜きしたい画像を配置したのですが、その切抜きしたい画像のバックを透明にする方法を教えてください。

Aベストアンサー

「透過GIF」で対応するのがいいと思います。
作り方は以下を参照してください。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~color2/lesson/paint/p_gif01.html
「Officeは持ってない」という場合は、フリーソフトのIrfanViewで同じようなのが作れます。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~color2/lesson/paint/p_gif02.html

上のページ、IrfanViewへのリンクが死んでるようなので、
http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/
こちらからどうぞ。

Qフォア、バック両手打ちでフォアはスライス、バックで攻撃する選手って誰?

フォア、バック両手打ちでフォアはスライス、バックは非常に安定していて、バックで攻撃する選手がいるそうです。
ランキングは100位かな?年は30過ぎ?で男性です。
雑誌に載っていて名前を忘れてしまいました。
誰があの選手じゃないかなって思い当たる外国の選手がいたら教えてください。

Aベストアンサー

フランスのサントロですね。

ダブルスの名手で、ミッシェル・ルードラと組んで、2003年全豪ダブルス優勝、去年の世界ダブルス選手権で優勝しています。

選手名鑑にありました。ファブリス・サントロ abrice Santoro

参考URL:http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00088

QPower Point 2003 バックのスライドデザイン画像を印刷しない方法について

こんにちは、

Power Point 2003を使っています。

バックのスライドデザインに綺麗な画像を使用しました。
プレゼンには、いいのですが、印刷するとバックのスライドデザイン画像まで一緒に印刷してしまいます。
インクの節約もあり、スライドデザインを印刷しない方法は、ないものでしょうか。

Aベストアンサー

スライドデザインの画像はテンプレートにしましたか?
テンプレートにして、スライドマスタの背景の画像とすることで、背景色や画像オブジェクトを非表示に設定することができます。
下記情報および添付画像を参考にしてください。

背景の画像を非表示にする
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint/HP051947891041.aspx
 

Q軟式テニス(ソフトテニス)トップスピン(スライス?)サーブについて。

イースタングリップでフラットサーブが3球打ってだいたい2球くらいは入るようになったので、最近トップスピン(スライス?)サーブをしています。入る時は入るけど、ボールにめっちゃ回転がかかってそのまま真っ直ぐ飛んで行ったりしてしまいます。

どうすれば、安定した回転で、かつ、強いサーブが打てるでしょうか。
本当にうまくなりたいです。教えて下さい!

Aベストアンサー

先に訂正を…。
トップスピンは、どちらかというと縦回転(正確には縦よりの斜め回転)のサーブ。
スライスは横回転。
バウンドの違いは、順クロスの外に逃げていくスライスに対して、大きく跳ね上がるように弾むのがスピンです。

それでは本題に。

回転がかかり過ぎて真っ直ぐ飛んでしまうとは、ふいてるボールみたいな感じかなと思います。
要するに、回転をかけることを意識し過ぎて、擦っちゃってるんです。
それでは直進性を欠き、入ったとしても、ちょうどよく弾むチャンスボールです。(私がレシーバーならセンターにひっぱたきます。笑)

大事なことは、『薄い面では捉えないこと』です。
少しずつ、イースタン・フラットが打てるようになってるんですよね?
捉えるときは厚い面でいいんです。
スピンとフラットの違いは、当たった後にあります。

捉えた面を手首で操作せずにそのまま押し出していくフラットに対して、小指側を内側に巻き込むようにしながら、ボールを縦に包んでいくように少しだけ手首を使ってやる感じです。

硬式のように弧を描いたりはしません。
見た目は、回転こそ見えますが、フラットの軌道とそこまで大きくは変わりません。
しかし、最後に落ちます。
なので、ネットの上の少し高い位置(フォルトしにくい)を通すことができます。
そして、高く弾みます。

弾んだらチャンスボール?
バカ言っちゃいけません。
スピードをつけてコースを狙ったボールが顔の高さくらいまで跳ねるんです。
まともに攻めることなんてできやしません。
それを知ってて目指してるなら不要な言葉ですが。

あと、大切なこと。
肩が早く開いてしまうと、力が逃げてしまいます。
捉える直前まで、腰が開かないようにしてください。
それと、ボールを捉えるタイミングは、伸びきる少し前です。
伸びきる直前に捉え、捉えたあとに延びることで自然と回転が加わります。

文章の中で伝えるのは中々難しく、私なりのやり方なので、ハマるかは分かりませんが…
しっかり打てたときは、社会人の全国大会でもまともなボールは帰ってきませんでしたよ。
頑張れよ!

先に訂正を…。
トップスピンは、どちらかというと縦回転(正確には縦よりの斜め回転)のサーブ。
スライスは横回転。
バウンドの違いは、順クロスの外に逃げていくスライスに対して、大きく跳ね上がるように弾むのがスピンです。

それでは本題に。

回転がかかり過ぎて真っ直ぐ飛んでしまうとは、ふいてるボールみたいな感じかなと思います。
要するに、回転をかけることを意識し過ぎて、擦っちゃってるんです。
それでは直進性を欠き、入ったとしても、ちょうどよく弾むチャンスボールです。(私がレシーバーならセ...続きを読む

Q小タイル「画像バックで、テキスト」にしたい

ホームページの小タイルに添付画像のように
 
「画像バックで、テキスト」の組み合わせを入れたいのですが、
 
この組み合わせのことをなんというかわかりません。
 
完全にテキスト情報なし(文字も画像組込)、GIFなどならわかります。
 
テキスト情報を残して、バックが画像の組み合わせをつくりたいです。
 
ホームページは、ワードプレスを使用しています。
プラグイン等で対処できるのでしょうか?

Aベストアンサー

ウェブページで、「見出し部分(例えばh3)を飾りたい」ということですね。
あくまで、そのように考えるのがポイントです。
例えば、下記のようなHTMLがあったとします。
 けっして、デザイン目的でHTMLは書かない!!後でデザイン変更できなくなります。

<body>
 <div class="header">
  <h1>このページのタイトル</h1>
  <div class="nav">ナビゲーション</div>
 </div>
 <div class="section">
  <h2>本文</h2>
  <div class="section">
   <h3>欠席された理由について</h3>
   <p>記事の段落</p>
  </div>
  <div class="section">
   <h3>サブ項目</h3>
   <p>記事の段落</p>
  </div>
  <div class="section">
   <h3>サブ項目</h3>
   <p>記事の段落</p>
  </div>
 </div>
 <div class="footer">
  <h2>記事のフッタ</h2>
 </div>
</body>
スタイルシートで、デザインをしたい要素を文書構造に従ってセレクタで指定して、スタイルを書くことになります。
[例]
div.section div.section h3{ /* sub sectionの見出し */
border:gray solid 1px;/* 枠を描く */
border-radius:5px;/* 丸める */
background: linear-gradient(white,silver);/* 背景を線形グラデーション */
padding:5px;/* 枠とのすきま */
position:relative;/* 位置の基準 */
z-index:10;/* 手前に */
}
div.section div.section h3:before{/* sub sectionの見出しの前に */
content:"| ";/* 文字を追加する */
font-weight:bold;color:red;/* 太字で赤 */
}
div.section div.section h3:after{/* sub sectionの見出しの後にに */
content:"■■";/* 文字を追加、画像の場合はurl()となる */
letter-spacing:-5px;/* 字間を縮めて */
color:aqua;/* 色を指定して */
z-index:-1;/* 後にまわす */
position:relative;/* 本来の位置より */
left:-2em; /* 左に2文字 */
font-size:1.1em;/* 少し大きめに */
}
と言う風に。
 あなたのHTMLの文書構造が分からないので、実際のHTMLソースを見てセレクタ記述する。
 文書構造をマークアップするHTMLとどのように表現するかのプレゼンテーションは、独立していますから、HTMLは率直なもので良いです。スタイルシートにすべて任せましょう。
参考) 構造とプレゼンテーションの分離( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.4.1 )

【全文です】
★Another HTML Lint - Gateway( http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html# )
 で検証済みのHTML4.01strict + CSS3
★タブは_に置換してあるので戻す。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
_<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
_<title>サンプル</title>
_<meta name="author" content="ORUKA1951">
_<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
_<link rev="made" href="mailto:oruka1951@hoge.com" title="send a mail" >
_<link rel="START" href="../index.html">
_<style type="text/css">
<!--
html,body{margin:0;padding:0;}
body{background-color:gray;}
h1,h2,h3,h4,h5,h6{margin:0;line-height:1.6em;}
p{text-indent:1em;}
div.header,div.section,div.footer{width:90%;min-width:630px;max-width:900px;margin:0 auto;padding:5px;background-color:white;}
div.section div.section{min-width:0;width:95%;margin-right:0;}

/* ここから */
div.section div.section h3{
border:gray solid 1px;
border-radius:5px;
background: linear-gradient(white,silver);
padding:5px;
position:relative;
z-index:10;
}
div.section div.section h3:before{
content:"| ";
font-weight:bold;color:red;
}
div.section div.section h3:after{
content:"■■";
letter-spacing:-5px;
color:aqua;
z-index:-1;
position:relative;
left:-2em;
font-size:1.1em;
}
-->
_</style>
</head>
<body>
_<div class="header">
__<h1>タイトル</h1>
__<p>このページでは・・・・</p>
_</div>
_<div class="section">
__<h2>見出し</h2>
__<p>本文はsection</p>
__<div class="section">
___<h2>本文</h2>
___<div class="section">
____<h3>欠席された理由について</h3>
____<p>記事の段落</p>
___</div>
___<div class="section">
____<h3>サブ項目</h3>
____<p>記事の段落</p>
___</div>
___<div class="section">
____<h3>サブ項目</h3>
____<p>記事の段落</p>
___</div>
__</div>
_<div class="footer">
__<h2>文書情報</h2>
__<dl class="documentHistry">
___<dt id="FIRST-PUBLISHED">First Published</dt>
___<dd>2013-03-03</dd>
__</dl>
_</div>
</body>
</html>

ウェブページで、「見出し部分(例えばh3)を飾りたい」ということですね。
あくまで、そのように考えるのがポイントです。
例えば、下記のようなHTMLがあったとします。
 けっして、デザイン目的でHTMLは書かない!!後でデザイン変更できなくなります。

<body>
 <div class="header">
  <h1>このページのタイトル</h1>
  <div class="nav">ナビゲーション</div>
 </div>
 <div class="section">
  <h2>本文</h2>
  <div class="section">
   <h3>欠席された理由について</h3>
   <p>記事の段落</...続きを読む

Q軟式テニス(ソフトテニス)スライスサーブのトスの位置について

僕はスライスサーブの時トスを頭上ではなく、フラットサーブのトスの位置にあげないと
しっかりとうてません。
おかしいでしょうか。そのままでいいでしょうか。
グリップはイースタンです。
皆さんのご意見きかせてください。

Aベストアンサー

人間って、1人1人違うでしょ。
骨格や筋力も違うんです。

だから、Aさんにとってはこの打点が良い、としてもBさんが同じ打点で良いかどうかは分からないのです。

サーブは、狙った場所に、イメージしたスライスサーブが高い確率で打てるかどうかなのです。
これができれば、それがあなたのスライスサーブなのです。

あまりゴチャゴチャ考えないで、しっかり打てる打点で打ちましょ。

それでもトスがバラバラだとキチンと打てませんし、スイング軌道がトスに合わせにいっているとしっかり打てません。

逆に言えば、スイング軌道が一定で、トスにバラツキがなく、打点が一定なら、狙った場所に打てるはずです。

これができるようになると、風を計算してトスが上げられますから、風に惑わされないいつもと同じサーブが打てるようになります。

Q絵や画像、映像でフラッシュバックを起こす場合

私は双極性障害で精神障害3級です。
最近フラッシュバックが激しくて困っています。
本やテレビを見る場合、絵や画像、映像でフラッシュバックが起こる時があります。
こういう場合漫画やテレビは見ないで、文章だけの本を読んだり、音声だけのラジオや音楽を聴いた方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

PTSDの特徴ですね。
①克服する②避けるのどちらかになると思いますが、今のところ、映像だけなら分ける方向でも良いかもしれません。フラッシュバックが起こらないなら、見てもいいと思います。

Q速い打球を片手バックハンドで返すには?(硬式テニス)

最近、片手バックハンドの基本が少しわかってきました。
1.テイクバックを充分にとる。
2.フォロースローを大きくとる。
などです。
例えば試合で相手に鋭く、速い打球をバックハンドに打ち込まれてしまった場合(テイクバックを充分にとる余裕がない場合)、とりあえず、苦し紛れでも相手のコートに返すコツをご教授お願いします。

Aベストアンサー

とりあえず返したいのであれば、速いサービスに対処するように、「ブロック」するのが良いのでは。
打ち方は、バックハンドのボレーを想定してください。
テイクバックは小さく、低重心で、ひざを使って厚めに当てにいきます。ボールには軽くスライスが掛かります。
この方法だと、多少打点が遅れても、打球をコントロールしやすいと思います。
なお、プロがダウンザラインを極めるようなバックハンドでも、必ずしもテイクバックやフォロースルーが大きいわけではありません。
片手バックハンドは腕を振り子のように動かすため、テイクバックが大きい方が始動しやすいのは確かですが、より大きい軸の始動~停止により、コンパクトでも速いスイングが可能になると思います。
いずれの打ち方にしても、まずは素早いターンを心がけてください。

Qタイトルを残したままバックの画像を切り替えたい

このサイトのように↓
http://www.kaku-ah.com/
透過GIFのタイトルを残したままバックの画像を切り替えていきたいのですがどのようにしたら可能でしょうか?

Aベストアンサー

>透過GIFのタイトルを残したまま
画像を座標指定で重なるように表示させます。
その際の、上下関係を「z-index」で指定します。
http://www.tohoho-web.com/css/prop/z-index.htm

>バックの画像を切り替えていきたい
スライドショーを表示するJavaScriptを使用します。
https://www.google.co.jp/search?q=slides.jquery.js&oq=slides.jquery.js&aqs=chrome..69i57.2968j0j7&sourceid=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8
色々見つかるので、使い方などを参考にしてください。
基本的には、どれを使っても画像を切り替える機能は持っていますが、解説のページがその他の機能も解説してあったりしますので、自分がわかりやすいページを見つけて参考にしてみてください。

Q軟式イースタングリップのスライスサーブと速いストローク

今イースタングリップで握るスライスサーブをやっていますが入らないことが多いです。何か入れるためのこつはありませんか?
あと他に速いストロークを打つためにがんばっています。
今は球のスピードが遅いです。もっと下半身を使ってやるようにアドバイスを受けましたが、上半身と下半身が連動せず、腰を落として体重移動をしっかりしても球のスピードは変わりません。
この2点をどんなささいなことでもいいので、役立つことがあったらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スライスサーブの件ですがほぼトスの位置で決まります
練習中に一番良い所を見つけ出すしかありません。
ただがむしゃらに練習してもだめです。見つけ出したら
トスをそこ得上げることだけに集中してください。
自然に入るようになります。

速い球、テニスにはあんまり必要ないですけどね(ハエが止まるような玉ではだめですが)
少し感違いしているようなので、
早い球を打つには、腰を落としてはいけません。
体の回転とインパクトの瞬間にラケットを強く握ることによって
行います。
腰を落とすと体は回転しにくくなりますよ。
前のひざが曲がっていると、力が流れます(壁ができないともいいます)

打つ前軽く膝にゆとりがある状態から
強い球を打つときは前の膝は伸びます。

こうしないと回転する力がボールに伝わっていかないんですよ。

軟式のトップの連中はこんなうち方をしてます。
硬式の打ち方と同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報