【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

伸しつ前転、前方倒立回転とびがうまく出来ません。
コツを教えてください。
中学3年生ということもあって、入試にかなり響くんです。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

伸膝前転


 勢いに任せて回り、これ以上ないほどに膝を伸ばせば勝手に回ります。
 起き上がった時に前のめりになるくらい勢いよく。
 すると、きっと前のめりになると思いますから、脚の広げる加減をすればいいです。

前方倒立回転跳び
 回り、倒れ始めるあたりで、指先で跳ねる感じで出来ます。
 勢いに任せるとスピードだけ出て思い切り前に行ってしまい、落ちます。
 手をつく位置は肩幅より若干狭いくらいです。広げすぎると力入りません。
 指先を使う運動をすればそのうち勝手に出来てると思います。ロンダードとか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/09 18:27

スローアニメによる演技解説が載っています。



http://www31.ocn.ne.jp/~taiiku/sinsituzenten.html

http://www31.ocn.ne.jp/~taiiku/zenpou.html

これを一コマ一コマ何度も見て、動作から動作の足の様子、全身の様子をイメージすることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/09 18:27

私も今、体育で器械体操をとっています。


私は、独自で頑張ったので上手い回答ができないかも知れませんがご了承下さい。

前方倒立回転というのは倒立前転の事でしょうか?
倒立前転は、勢いが大切だと思います。
そして、両手と頭で三角形が出来るようにします。
倒立をする時には、あごは出します。
それで、前転をする時には、あごを引き、背中を丸めます。
こんな感じで私は出来るようになりました。

残念ながら、伸膝前転は私は出来ません><
実技書をよく読んでみたらどうでしょうか?

頑張って下さいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2006/06/09 18:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前方倒立回転

前方倒立回転を練習しているんですが出来ません。。

ゆっくりやると・・・倒立してから平べったいブリッジになり、そこからキレイなブリッジに直してから立つという感じです。
勢いよくやると・・・倒立後しりもちをつくか、つかないまでもブリッジの形をとることができません。

そもそも片足をあげたブリッジができません。
腰の柔軟性が足りないと思い頑張っているのですがなかなか柔らかくなりません。。

倒立後足を手に近づけて着地しようとすると両足が曲がります。
これも柔軟性でしょうか・・・
股関節は柔らかいのですが腰は全くダメです。

何かアドバイスがあったらお願いします!!

Aベストアンサー

気を付けるべきは
足をまっすぐ伸ばすこと、しっかりと倒立した状態を作ることかと。
これは体育大学受験のために自分もきれいに跳べるようにと練習しましたが、一人だと危険ですし、見てくれる人がいないと完成度もわからないので難しいです。
とりあえず下のURLを参考に

http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/s-spo/s-jaa/s-jda/IPA-spo0650.htm

参考URL:http://www3.kcn.ne.jp/~hoihoi/kodomo_titen.html

Qハンドスプリング:何かコツはありませんか?

こんにちは。

質問させて頂きます、

学校でマットを使った運動が行われています。

そこで、ハンドスプリングという技のコツを教えていただきたいです。

足の振りあげ方、、、など。

小さなことでも、コツがあれば教えていただきたいです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず最初、地面に手をつくときに肘が曲がりすぎていないほうが良いです。

出来ない人は、頭が地面に近づくほど肘曲がっていて助走とステップの勢いが無くなってしまっています。
肘が程良くのびていると勢いが吸収されずにスプリングのように弾んでカッコよく決まるはずです。


足の振り上げ方は、
手をついた瞬間に片足を後ろ振り上げ、もう一方の足も先にあげた足を追うように上げます。

このとき一瞬倒立みたいに上げた足が揃うと両足で綺麗に着地出来ます。


右足を先に振り上げる場合は、
一瞬助走をつけて左足をちょっと前に上げ、右足でステップを踏み、左足で地面を踏みます。
そして、地面に手をつけ、右足を後ろに振り上げます。

Q(鉄棒)け上がりのコツ

け上がりのコツを教えて下さい。どの状態の時どういう風に力を入れたらよいかとか、どの様に意識したらよいかとかアドバイス下さい。
け上がりを できなくは無いのですが、滑らかさの欠けているのが自分でもわかります。何か一つを直せばうまくいくように思えるのですが。

Aベストアンサー

け上がりとは、
「両足をそろえ,足首を鉄棒に近づけ,けった反動で上がる。」
という、運動です。
中学生以上で、まったく運動をしない人より、少し腹筋がついていれば、誰でも出来るようになります。(小学生でも体力が、それ相応にあれば出来ます)

>滑らかさの欠けているのが自分でもわかります。
と自覚なさっているようなので、腕力で上がっているのではないでしょうか?

コツは、高鉄棒(両手を伸ばして、約20~30cmくらい高い鉄棒)で、大きく振動して一番振り戻ったときに手の力を抜いて、鉄棒を一瞬放す感じで、鉄棒を握りなおす事が出来れば、後は練習のみです。
けった後、身体が振動して後ろに戻った時に、手首を下から上にあげて、鉄棒を持ち替えることが出来て、両手を下腹まで持ってくることが出来たら「け上がり」が完了です。
この鉄棒の持ち替えが、無意識に出来るようになるまで、何回も練習します。
最初は、タイミングが掴めなくて、失敗すると思いますが、徐々に掴めるようになります。両手を下腹まで持ってくることも、あまり意識をしないで出来るまで練習してください。
それと、最初は自分の腕を水平に伸ばしたよりも、少し高い低鉄棒で練習したほうが、失敗しても怖くないし怪我をする可能性が低くなります。

それでも、出来なかったら「け上がり」の上手な人で、体育学を知っている人(体育の先生や体育大学の学生や、それらの人に教えてもらった人)に、見てもらったら自分の欠点を的確に指摘してもらえるでしょう。

け上がりとは、
「両足をそろえ,足首を鉄棒に近づけ,けった反動で上がる。」
という、運動です。
中学生以上で、まったく運動をしない人より、少し腹筋がついていれば、誰でも出来るようになります。(小学生でも体力が、それ相応にあれば出来ます)

>滑らかさの欠けているのが自分でもわかります。
と自覚なさっているようなので、腕力で上がっているのではないでしょうか?

コツは、高鉄棒(両手を伸ばして、約20~30cmくらい高い鉄棒)で、大きく振動して一番振り戻ったときに手の力を抜...続きを読む

Q倒立の練習の仕方について

倒立の練習の仕方について

倒立の練習の仕方について質問です。
現在大人(23歳)で倒立が出来るようになりたくて2~3ヶ月練習をしています。
体操などは全くやったことなくて初心者ではありますが、検索サイトや当サイトなどを利用して倒立の練習について色々と調べて現在練習中です。

やっていることは

1.壁倒立(お腹が壁側になるように)で手を出来るだけ壁に近付けて壁にはつま先だけ接する形をとって50秒倒立→30秒休憩→30秒倒立→20秒休憩→20秒倒立という練習をしている。

2.同じく壁倒立から今度はつま先を壁から離して壁に何も接してない状態でバランスを取る(止まる)練習をしています。これは大体5秒~10秒ぐらいしか静止出来ないのでマットを敷いて前転に持っていってまた倒立して静止するを手首が痛くなる1歩手前まで繰り返しています。

1の方法は今は50秒ですけど、最初は30秒ぐらいしか出来なかったので大分筋力は付いたとは思うんですが。。それでも他のサイトで調べたら1分は軽く出来ないと倒立は難しいって書かれていたのでまだまだ鍛えなきゃいけないんでしょうけど。。

質問なのは上記の練習方法で毎日やっていれば出来るようになるでしょうか?また上記の方法を1日1セットしかやってないんですけど、足りないですかね?朝昼晩とやるべきですか?
それと他に良い練習方法や、こうゆう筋トレをしたほうがいいってのがありましたら教えてください。腹筋や背筋もトレーニングしなきゃいけないでしょうか?

倒立の練習の仕方について

倒立の練習の仕方について質問です。
現在大人(23歳)で倒立が出来るようになりたくて2~3ヶ月練習をしています。
体操などは全くやったことなくて初心者ではありますが、検索サイトや当サイトなどを利用して倒立の練習について色々と調べて現在練習中です。

やっていることは

1.壁倒立(お腹が壁側になるように)で手を出来るだけ壁に近付けて壁にはつま先だけ接する形をとって50秒倒立→30秒休憩→30秒倒立→20秒休憩→20秒倒立という練習をしている。

2.同じく壁倒立から今度は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。体操を昔かなり一生懸命やっていたものです。

倒立って奥が深いんですよね!長くなりそうなので、本題に
入りたいと思います。

率直に言いますと、倒立は足で立っている姿勢のまま、真逆になれば
すごく楽にできます。

つまり、立っているときは、足首の真上に腰がありますね。腰の真上に
肩がありますね。
それを真逆にして、手で立つとすれば、手首の真上に肩がきますね。
肩の真上に腰。腰の真上に足首。

このポイントになる関節がまっすぐ1になれば、一番楽に無理なく
倒立が止まります。

まっすぐな1にならないとすれば、それはどこかをチェックして原因を
突き止めて改善していくことですね。

あとは、質問者様は一生懸命筋トレをされているようなので、少しずつ
強くしていっていただいて倒立を支える筋力は必要です。
壁倒立が一番いいです。できるだけ長く(笑)
(そこまではやらなくていいですが、体操選手のトレーニングでは壁倒立
3分を数セットやったりします・・・鬼のようにきつかったです)

そのほかで言えば、手の指をしっかりと開いて地面をつかむことも大事です。


そして、倒立を長く続けるのに一番大事なものは倒立を修正できる技術
や修正できる筋力です。
ある程度これをマスターする必要があります。

倒立が途中で終わってしまう理由としては次の3つでしょう。
1、体力の限界でつぶれてしまう。
2、倒立前転する方向に倒れたり、反ったりして終わってしまう。
3、手前に倒れてしまう。


1、についてはある意味しかたのないことです。希望する秒数できる筋力を
壁倒立で鍛えましょう。

2、3、については、技術と支える筋力とは違った筋力が必要になります。

2、の場合の練習方法は、あらかじめ壁倒立で(壁に背中をむける方向)
壁から手を離してつき、反った状態で壁に足をつけます。(最初はちょっと反る
くらいから始めてみてください)そこから、お尻とお腹、体全体を締めて
手前に戻ってくるように肩も首も入れて引っぱります。
これが倒立で反ってしまったり前転する方向にいってしまった時の修正方法
です。これは正直時間がかかりますので、地道に気長に。ゴールは反ってしま
いそうなところから修正をしてまっすぐな1のポジションに戻す。
次の3、はその逆の練習方法で、ゴールは一緒です。

体の筋肉をすべてぎゅ~っと締めないと、絶対に倒立修正はできません!

3、は2、と逆向きにやります。
お腹を壁に向ける方向で、少し壁から手を離して倒立をして足を壁につけます。
そこからお尻とお腹、体をしっかりと締めて肩と首を出していきます。
そうすると肩にすごく負担がかかってきます。(三角筋)
こちらを戻すのは結構筋力が必要なので、最初から戻そうとすると筋力が
追いつかなくて潰れてしまって顔面を打ったりすると危険なので、三角筋が
プルプルしてくると思いますので、その姿勢を我慢して筋トレしましょう。
最初は肩と首を出して戻していくときに肘を曲げると戻しやすくなります。

また、壁倒立をしながら、肘を曲げて伸ばす倒立腕立てみたいなのをして
筋力を鍛えましょう。

最後はちょっと難しい内容になってしまったかもしれません。ごめんなさい。

わからない点があればまた聞いてください!がんばってください。必ず
出来ますよ!

こんにちは。体操を昔かなり一生懸命やっていたものです。

倒立って奥が深いんですよね!長くなりそうなので、本題に
入りたいと思います。

率直に言いますと、倒立は足で立っている姿勢のまま、真逆になれば
すごく楽にできます。

つまり、立っているときは、足首の真上に腰がありますね。腰の真上に
肩がありますね。
それを真逆にして、手で立つとすれば、手首の真上に肩がきますね。
肩の真上に腰。腰の真上に足首。

このポイントになる関節がまっすぐ1になれば、一番楽に無理なく
倒立が止まります。

...続きを読む

Q鉄棒 蹴上がり コツ

こんにちは。
私は、中学生の女子です


最近鉄棒にハマってて
「コウモリ振りおり」ができるようになりました

もちろん、逆上がり等もできます



今は「蹴上がり」に挑戦しているんですが、
足をあげてから鉄棒に、あがるまでができません

何かコツがありましたら教えてください!

Aベストアンサー

文章でコツを説明するのは難しいですががんばって書いてみますね。
ふつう、鉄棒を握ったまま前に走るように体を振ってから足先を浮かせて鉄棒に持ってきて、空に向かって蹴る…という風にやりますよね。
ところが、できない人のほとんどが【足首が鉄棒のところまで来ていない】のに空を蹴っています。
そこで、蹴らないでいいので足首が鉄棒のところへぶつかるところまでの練習をします。

上の練習とは別に、もう一つ練習があります。
鉄棒を握って、体を前に振らない(前に走らない)で、そのまま足首を鉄棒に付けるようにします。
鉄棒を握ったままこうもりのようになるわけです。
そうしてから、空に向かって蹴る練習をします。
もちろん勢いがないので鉄棒にあがれませんがコツがつかめてきます。
(できるようになれば鉄棒にあがれます)

私は、逆上がりはできましたが、鉄棒はとても苦手でした。
運動そのものが得意ではなかったです。
ところが、なぜかできるようになりたくて、中学生のときにずっと練習していました。
そうしたらできるようになりました。
だからあなたなら絶対にできるようになります。
がんばってくださいね。

文章でコツを説明するのは難しいですががんばって書いてみますね。
ふつう、鉄棒を握ったまま前に走るように体を振ってから足先を浮かせて鉄棒に持ってきて、空に向かって蹴る…という風にやりますよね。
ところが、できない人のほとんどが【足首が鉄棒のところまで来ていない】のに空を蹴っています。
そこで、蹴らないでいいので足首が鉄棒のところへぶつかるところまでの練習をします。

上の練習とは別に、もう一つ練習があります。
鉄棒を握って、体を前に振らない(前に走らない)で、そのまま足首を鉄棒に付...続きを読む


人気Q&Aランキング