エンセン井上が、暴行事件を起こしていて・・って本当ですか?

詳細を知りたいです。

A 回答 (1件)

00年3月に雑誌記者に怪我させた件だったようです。


懲役6カ月執行猶予2年ということです。
エンセンって女子レスリングの山本美憂と結婚していたんですね。

参考URL:http://www.asahi.com/national/update/0220/030.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボクサーの凄い減量について

普段10キロとかそれ以上減量しているボクサーっていますけどあれってどうおもいますか?

ファイティング原田は15キロほどフライ級時代は減量してたそうです。

160cmで普段は65キロあったそうですし。でもこの身長で65キロってあまりにも太りすぎてますよね?

過酷な減量といいますけどこの人の場合は普段から節制してないからそんなに減量しなくちゃいけないだけだったとおもいます。

それを渡辺二郎氏も指摘しておりました。減量とかしちゃうとどうしてもドカ食いしちゃうもんなんでしょうかね?

以前 ユーリ海老原も似たようなこといってました。10キロ以上も減量するのはナンセンスだし自殺行為だと。

ユーリって現役時代はせいぜい減量は3~5キロくらいしかしなくて練習を普通にして食べすぎなければ自然と契約体重まで落ちるっていってました。

他にも試合ないときはブタみたいに太ってる選手いますよね。普段から何故節制しないのか不思議でなりません。節制ととけば減量も楽だろうに。

Aベストアンサー

ファイティング原田の時代の実態はわかりませんが

現代では通常体重から3~5キロの減量で試合するボクサーってそんないないと思いますよ。

以前は当日計量が当たり前でしたが、今は殆どの場合、前日計量です。
筋肉量が大変多いので、計量時には体脂肪も水分も落ちてカリカリの状態、翌日の試合時には計量時プラス5キロは当たり前、中量級なら10キロくらい戻すというのがトレンドのようです。

つまり、フライ級なら通常は165センチ60キロの選手が、計量時50キロまで落として、その後、食事や水分補給などで試合までに55キロ超みたいな感じです。

体調を崩さずに2~3日で5キロ位落としたり翌日に戻したり、最近はできるようです。
落とし方も戻し方もジムのノウハウなので具体的には教えてくれませんが、知人のプロ選手から聞きました。

Q「エンセン井上」について!

現地での評判、人柄、経歴など。ウィキペディアにも項目がありましたが、総合格闘技や井上さんのファンの方だからこそ
知っていることを何でもいいので教えていただけると嬉しいです。

また余談で恐縮ですが、皆さんお気に入りの選手が出来たとき、まずどんな事を調べられますか?
後者の方は、出来ればで構いません。回答お待ちしております!

Aベストアンサー

彼はブラジリアン柔術の黒帯ですが実は1度も試合に出たことがないらしい。

Qボクサーの減量はどうして水分を取らないの?

試合に備えてプロボクサーは減量しますよね。その時に水分を取らないようなのですが、水分を取る取らないで減量、脂肪燃焼に大きな違いはあるんですか?

Aベストアンサー

ボクサーは普通の人がするダイエットや長期的な脂肪燃焼などを考えているわけではなくて、試合当日の計量で、体重計に乗ってる間だけ規定値をクリアしなきゃいけません。
No.1さんのおっしゃるようにほとんど水分以外落とすところが無いと言う人も多いですし、水分を取らず汗をかけば一時的に体重は落ちますので短期的な効果があるわけです。

でも階級を下げたりと根本から肉体改造する場合はボクサーでも水分をとらないということはありません。食事制限したり汗をかいたりして水分が足りなくなるのでたくさん取ります。

常人が、痩せたいと思って水分を控えるのは間違いです。また水太りというのも、水分の取りすぎではなくて新陳代謝の低下などのせいです。

Q格闘家の暴行事件について

朝青龍が今回の事件で重い処罰を下されるみたいですね。プロボクサーが暴行を起こすと、ライセンスを剥奪されますしね。プロレスラーの場合はどうなるんでしょうかね?あと他の格闘技の選手。総合とかK-1とかの選手はあたりはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には各団体の裁量次第ですね。
朝青龍の場合もそうですけど、強くて人気があれば裁定が甘くなるというのはどの団体でも共通してるでしょうけどね。
問題を起こして辞めた選手が、別団体で活躍しているなんてこともありますし。
まあ、世の中そんなもんです。

K-1なんかは試合中に衆人環視の中で暴行事件をはたらいたバタハリが人気があったために普通に選手を続けているくらいですからね。

Qボクサーの減量について

ボクサーはなぜいつも減量に苦しんでいるのですか?自分の体重にあっているランクで試合すればよいのでは?素人質問ですみません。

Aベストアンサー

自分の適正体重より階級を下げれば、自分の体格(身長)と最低でも同等、或いは下の相手と戦えるメリット、もっと厳密に言えばリーチを持てる
それと、体重が2~3kg違うだけで威力が全然違ってくるので、戦いがキツくなるから、なるべく上げたくない、むしろ下げたい、って理由ですかね

筋力はあんまり関係ないと思いますけど
170cm70kgと、180cm70kgだったら、180cmの側が筋力的に必ずしも有利になるとはいえないですよね
それに筋力はトレーニング次第でどうにでもなります
筋力が同じくらいだったら、パンチだけで戦うボクシングの場合特に、リーチ(身長)がある方が絶対的に有利に立てる

Q合気道 井上強一先生

井上強一先生は、現在どうしていらっしゃるのでしょうか。
養神館館長をおやめになった後の情報が、ネットで調べてみたのですがどうも見つかりません。
ご存知の方、教えていただけないでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

井上先生は岩間にはおりませんよ。
今現在、井上先生はALSOK(元総合警備保障)で合気道を教えられています。
先日とある会でお会いしまして、「新しい流派を立てられないのですか?」とお伺いしましたら「僕の流派は養神館以外には無いの。だって塩田(剛三)館長直々に師範の称号をいただいているんだから」とおっしゃっていました。

Qボクサーの減量について

プロボクサーの減量って、地獄のような大変な思いをしてますよね。
ハングリーさを感じて見ていてかっこいいとは思いますが、折角つけた筋肉を落としてガリガリになってまで減量することにいつも疑問を感じています。試合までの体調管理や調整を考えると他の格闘技では考えられない気もします。例えば柔道でも体重が軽い階級の方が有利のような気がしますが、こういった過酷な減量は聞いたことがありませんし。
それに計量をパスした後、試合までに大幅にウエイトアップできるので軽い階級だから必ずしも有利とはいえないですよね。それならば余裕を持って減量できるレベルの階級を選択し、減量に費やす努力を調整に充て、例え相手のパンチ力が重くなっても自分にとって最高の状態で試合に臨む方が良いように思うのですが・・。
この疑問に関して説得力のある意見をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず皆さんがご指摘の通りボクサーは筋量を落とさず脂肪分を削っていきます。
もし筋肉を落としている選手がいるとしたら、それは2流の選手です。

また減量をするメリットはパンチの重さ軽さより、リーチで有利になれるという点が大きいです。

日本人の選手はリーチや身体能力のハンデがあるのでかなりきつい減量をしますが、世界レベルの天才選手はそれほど激しい減量をせずナチュラルな体重で階級を決める選手も多いです。

現在では複数階級制覇を目指して本来よりかなり軽い階級でスタートする事を除いては、コンディションに影響するような減量をしないのが世界の趨勢です。

そして厳しい減量はボクシングだけの話ではありません。
柔道の金メダリストである内柴選手の減量苦は有名な話です。

階級制のスポーツをやっている選手は必ず減量という問題に直面しています。
ボクシングは過去の誤った歴史や漫画などで変なイメージがついてしまったのでしょう。

Q井上康生夫妻の海外滞在費用は

すべて協会持ちですか?

Aベストアンサー

協会というか、委員会(JOC日本オリンピック委員会)持ちです。
ただし年間の上限300万円。それプラスalsok給金、各種謝礼でしょう。

Q【汗をかいても痩せない】ボクサーがサウナスーツを着るのは何故?!

汗をかくのではダイエットにはならないというのは既に周知の事実だと
思います。
がしかし、ボクサーがプロデュースしたサウナスーツなども巷には沢山
あります。(実際着て減量してるのかまでは知らないのですが)

これはどういうことなのでしょうか?汗をかくことでダイエットに
つながるのでしょうか。
うむむ、疑問であります。

Aベストアンサー

昔プロボクサーをしていていました。

ボクサーの減量は身体の水分を搾り出す時期があります
計量直前です。

この時期までに身体の水分量を調整しているので
なかなか汗が出ません。
もちろん脱水症状にはならないように
最低限は摂取します。(個人差はありますが)

そのためにサウナスーツを着てトレーニングをします。
自分は冬場はサウナスーツの下にロンTとトレーナーを
着ていました。
水分を抜いた方が試合当日体重が戻りやすく
一回り大きな身体で闘うことができます。

ダイエットのように継続的に痩せるのではなく
あくまでも秤の上にのる時の体重調整のためだと思います。

Q井上貴子の”美拳”とは?

井上貴子の”美拳”とは?

どんな技ですか?パンチの一種なんでしょうけど?

Aベストアンサー

・写真集のタイトルです・・美拳
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E7%BE%8E%E6%8B%B3-%E4%BA%95%E4%B8%8A%E8%B2%B4%E5%AD%90%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%9B%86-%E6%B2%A2%E6%B8%A1%E6%9C%94-9784575301762/item/6232927/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報