築13年の平屋住宅を、2階建てに増築します。
今現在は、30坪で最終的には52坪程度の建物に
なります。そこで、外壁材を全面的に貼り変えるのですが
はたして、いくらくらいにの金額になるものでしょうか?
まあ~ピンからキリまであると思うのですが、なにせ対比するものがないので・・・現在はサイデングの壁です。
タイルとかにしたら結構高いでしょうね?中間程度のサイデングだと?北海道の田舎です。300万~400万程度
かな~とか、しろうとなりに思うんですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リフォーム会社で大規模リフォームなどを担当している者です。



前解答例にもありました通り、増築規模が大きいので、確実に建築確認申請が必要です。

敷地に対しての建物の容積とか、剛性力とかが重要ですので・・・・

また、北海道のような、雪がふる量が多い地域など、建物にかかる重量が増築した部分プラスαの
見込みが必要ですので、そう簡単な算定では判断されない方がよいと思います。

現在はサイディング(たぶん、窯業系だと思いますが)でしょうが、外壁材も耐用力のある材質を選定
された方が良いでしょう。

コストは・・・・その面積ですと、建て替えられた方が・・・・妥当でしょうか。

参考URL:http://www.kabegamiyasan.com/
    • good
    • 0

 増坪数22坪の大規模増築のようなので、建築確認申請が必要になってくると思います。


 北海道の方で外壁前面改装ですと、サイディングより3割前後高くなりますが、躯体がもつようでしたらパワーボードがおすすめだと思います。
 コストについては、言い難いのですがざっとお見込みの倍以上にはなってしまうかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q増築の場合の住宅ローン控除の延長

3年前に新築一戸建てを購入しました。
住宅ローン減税の手続きを行ない、年末調整の際に還付されています。
この度、子供の成長に合わせ増築を計画しています。
増築の内容は、増築の際の住宅ローン減税の要件に当てはまります。
 
 ここで疑問なのが、増築部分の住宅ローン減税を申請した場合に、住宅本体の住宅ローン減税が終了した後に、増築部分だけが4年間延長されるのでしょうか? 

 それとも、増築部分のローン減税も住宅本体と一体となって、その終期は住宅本体と同じになってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

措置法41条では
住宅の用に供する家屋の取得、又は増改築等をして、これらの家屋をその者の居住の用に供した場合において、その者が当該住宅の取得等に係る借入金又は債務の金額を有するときは、

というように書いてあります。ですから、「家屋の取得」をした時点でのこの特例の適用については、その「家屋の取得」にくっついてくる借入金に適用され、「増築」についてはまた別に、増築に対応する借入金について適用されると思います。
つまり今回は、増築部分に対応する部分については17年度から10年間適用だと思います。

Q土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

このたび、60坪の土地を購入し、建坪40坪程度の家を建てることにしました。
土地は、ほぼ長方形で2面が道路に接しています。
建物も、長方形(総2階)になる予定です。

その場合、庭はどの程度の広さになるのでしょうか?

具体的には、

車1台(ポート付)
自転車4台(ポート付)
洗濯干し
ガーデニングスペース

を設置したうえで、犬が遊ぶスペースが確保できるのかが気になっています。

実体験等、お聞かせください。

Aベストアンサー

最初に総2階で延床40坪と書いているので、建坪20坪で計算しますね。

60坪の土地に建坪20坪、この時点で残り40坪

家は、境界線にぴったりはできないので、3面は隣地から30cmほどスペースを空けるとして約3坪で残り37坪

車1台分のスペースで約7坪、あと30坪
自転車4台分で約2坪、あと28坪
洗濯干しで1坪、あと27坪
ガーデニングで駐車スペース分くらいとっても、残り20坪

元々の建坪くらいはガーデニングを除く庭として残せます。

Q増築で、キッチン、トイレ、風呂はつけられますか?

先ほど、離れの増築のことを質問させていただいたものです。

今度は、「離れ」にしないで、母屋とくっつけ、「増築」という形なら、
家は1棟とみなされ、増築した部分にキッチン、トイレ、風呂は
つけられるでしょうか?

HMに相談すると、やはり建て方が違うのでか、
そういう話は、どこも一度も出たことはなく、
全部壊す計画を提案されます。

母屋は平屋で、増築したい面には入口があります。
増築する家も、平屋で考えています。

Aベストアンサー

木造軸組みの家ならではの対応ですね!
水回りは最も進化が激しい部分ですし、最も設備依存ですし、その設備は建築本体よりも寿命が短いです。

それに比べると、座敷など築50年でも新築でもあまり変わりません。古ぼける要素の少ない部分です。

したがって、水回りを中心に増築・改築し、全体を延命するのは合理的な作戦と思います。

立派な玄関とダイニング・キッチン、トイレ、風呂を新築し、既存部分と接合、既存部分の水回りを取り壊し、普通の座敷か納戸などに変更するのが良いのではないでしょうか。

全体を解体するのは勿体ないし、増築部分は最新設備で快適になるのですから、一番よい解決策ですね。

既存部分の改修も含めて、地元の工務店に依頼しましょう。
その際、屋根や、外装も既存部分との調和を条件に設計してもらいましょう。

Q15坪程度家を一番安く建てる方法

表題の通りですが50㎡~前後の建坪

1F:一間
2F:DKと、洋室

プレハブ
RC
軽量鉄骨

どれが一番安く作れるでしょうか、各予算を教えて下さい

Aベストアンサー

NO3です、お礼有難うございます。
図がぼやけて良く見えませんが疑問が少々。
1.階段位置が2階に玄関と表記がある事を見て不自然。ついでに2階に玄関?傾斜地か段々造成地ですか。
2.2階の浴室ですが巾1m未満のようですがシャワーユニットですか。
3.2階キッチンと表記がありますがなんでしょう1m角未満のようですが。
一概にプレハブが安物とは言えませんセキスイだってプレハブ構造で出してます、先の回答はホントの仮設プレハブでしたが。
しかしこれ設計事務所に依頼した方が良さそうですね、色々相談にのってくれます。
ついでに大型車の進入は出来た方が有利です、小型車で積算すると割増が掛り且つ効率が悪いので工期も掛ります。
都市計画区域内での10㎡以上の建築は建築確認申請の対象となります、建築主にも懲役を含めた罰則が適用されますので
くれぐれも違反建築にならないようにご注意を。

Q平屋に寝室を増築したい

現在両親が平屋に住んでおり寝室を増築する予定です。
普通に4畳半の部屋を増築した場合、おおよそいくらぐらいかかりますか?
・豪華な部屋ではなく、普通に寝れるシンプルな部屋でいいです。
・築40年ほどの平屋ですが増築で耐性に影響ありますか?
(庭の窓の部分から増築するので壁を壊すとかはないと思います)
・大手メーカーのほうがいいか、町の工務店などのほうがいいのか
・増築部分に水道メーターとガスメーターがありますがガス屋に連絡すれば位置を変えてもらますか?

建替えも薦めましたが両親がこの家を気に入っているのでご教授お願いします。

Aベストアンサー

まずは貴方様の土地が防火地域や準防火地域内であれば確認申請が必要となります。そこで母屋と増築部分の連結の仕方によりますが、母屋とがっちりと連結する場合は母屋の方もある程度現行法規に合致する工事が発生します。(貴方様が言う耐性を確保する工事。)そうなると金額はおおまかにも出せないですね。
単純に増築部分だけというのであれば超概算で坪60万でしょうか・・

次に増築は大手メーカーがいいか工務店がいいかですが、大手メーカーはプレハブ化して販売が主ですので、それに見合わない規模はあまりやりたがらないと思いますので、工務店の方がいいでしょう。何かと無理が利きます。
最後の水道メーターとガスメーターの移設については設備工事業者にやってもらうといいでしょう。

Q実父が亡くなった折、100坪程度の田舎の一軒家を相続しましたが、土地は

実父が亡くなった折、100坪程度の田舎の一軒家を相続しましたが、土地は他人の土地(借地権)で、相当手入れをしないと家屋はボロボロで住む事も出来ない状態でした。費用は毎月約1万円を町役場に払い続けて10年近くたちますが、雑草処理等で費用もかかる為、手放したく思い役場に相談したところ、更地に戻してくれ。との事でした。解体には数百万かかり、一介のサラリーマンではその費用捻出も出来ません。場所は茨城で交通の便もけっして良いとはいえませんが、隣近所は新築の家を建てておりそれなりの住宅街が形成されていますので、まったくニーズが無い訳では無いとは思いますが、私たちはマンションに住んでおり今後も全く住みかえる予定がありません。なんとか人に譲るなり権利を売却するなりの方法は(これ以上お金をかけずに)無いものでしょうか。不動産関係にお詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授願いたく宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

借地で地主は市ということですか。
それなら市で言われたとおり、自費で解体して更地にしなければ返却はできません。

唯一かすかな光が差しているのは、近年、古民家の再生に興味を持っている個人や団体が一部にいます。
そんな人・団体の目に留まれば、無償で引き取ってくれることも考えられないわけではありません。

Q増築は崖条例の規制対象ですか

昭和15年ぐらいに建てた既存住宅の増築を検討しています。
しかし、検討を重ねていくうちに様々な規制があることが分かってきました。

(1)4m程の崖の近くに家を建てるため、崖条例に規制をうけるらしいこと
(2)増築した場合、既存住宅が現在の建築基準法を満たす必要があるらしいこと

そこで質問なのですが、
崖条例の規制は「新築」だけでなく「既存住宅の増築」も規制の対象になるのでしょうか?

増築といっても構造材(柱・梁・基礎等)を共有しない増築であり、新築住宅と外壁間を通路でつなぐ程度です。

また、このような増築の場合も既存住宅の補強が必要になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新築も増築もおんなじ「建築」行為なので該当します。
増築部分を全く新築とつなげないなら既存への補強はいわれないでしょうが、「つなぐ」のならいわれます。住宅規模であれば増築面積が除外規定である1/20以下ということはほとんどないのと、その築年数から、既存建築物の診断と補強が必要になるのは必須です。

Q登記簿30坪現況60坪とは

ネットで中古住宅を検索していると、たまに「登記簿30坪現況60坪」というような登記簿と現況が一致しない物件に出会います。

この場合、固定資産税とかはどうなるものでしょう・・?

#法的にはという意味で。

Aベストアンサー

 役所の固定資産税の課税は、法務局への登記に基づいて新築を確認し、現地へ出向いて評価をした結果の評価額によって、固定資産税を課税する事になります。

 しかし、この新築や増築の確認は、融資が関係ない場合には登記を必要としませんので、登記簿だけでは確認をする事ができませんので、役所の建築担当課と連携を取り、建築の確認申請が出された物についてはその申請に基づいて現地で評価をしますし、その他各種情報を入手して課税漏れが無いようにしています。

 ご質問の場合には、増築部分が30坪あると推測されますので、その面積であれば建築確認申請が提出されますので、60坪の面積で評価がされていると思われます。確認をしたい場合には、その建物の住所地の役所の税務課固定資産税係に確認するか、固定資産台帳の閲覧と言う方法で確認が出来ます。

Q建蔽率及び述べ床面積オーバー部分の増築登記について教えてください。

建蔽率及び述べ床面積オーバー部分の増築登記について教えてください。

現在中古住宅の購入を検討している者です。
検討物件は売り主さんがに大昔に増築されていたのに登記せれていませんでした。
また、増築部分を含めると建蔽率及び述べ床面積オーバーとなってしまいます。

購入後その増築部分をリノベーションしようと考える際に
何か問題が起こらないか心配です。

私が増築したことになってしまったりしないでしょうか?

売主さんに増築登記してもらってから購入したほうが良いでしょうか?

もしくは、購入後既存建物の事実として登記変更したのちにリノベーションするなども可能なのでしょうか?

お解かりになる方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

増築後といっても要件は様々です。
例えば、確認申請の必要がない10m2にも満たないような増築の繰り返しでは、その都度に申請なんてしていないでしょう。当然、面積の限界で建っていた建物でも増築はやっています。

リノベーションするだけでは問題点は浮かびません。登記と建築基準法とは連動ではないので、気にすることでもないと考えます。要は固定資産税に関わるだけです。

本件の登記もお金を借りて担保物件となるなら現状の規模に修正する必要はあるかもしれませんが、所有権移転だけなら、このままで名義をかえるだけでの申請でもいいような気もします。

登記とリノベーションはまるっきり別として考えましょう。

Q固定資産税、住宅用地で80坪と100坪、かなり違います?

いま土地を分筆で買おうとしているのですが、80坪買おうか、100坪買おうか迷ってます。

出来れば100坪欲しいのですが、友人から固定資産税がかなり高くなるよと言われました。実際、どのくらい差が出るんでしょうか?

大体の目安でいいので教えてください。

Aベストアンサー

80坪でも100坪でもそう大した違いはありません。

200平米を超えると、超えた分がちょと割高になるだけ(土地が250平米なら50平米にかかる税金が割高になる)で、200平米を超えると一気に倍になったりするわけではありません。
80坪自体が200平米を超えているので、100坪になったからといって突然びっくりするほど高くなることはないと思います。

私なら100坪買います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報