鉛蓄電池が放電する時、
(1)希硫酸の濃度
(2)電解液の密度
(3)各極板の質量
は、それぞれどのように変わるか。

という問題なんですけど、ダニエル電池は理解できたものの、蓄電池がわからないんです。。
教えて下さい!!!

A 回答 (1件)

鉛蓄電池では



【充電状態】
陽極 PbO2
電解液 H2SO4(+希釈用の水)
陰極 Pb

【放電状態】
陽極 PbSO4
電解液 H20
陰極 PbSO4

の間で変化が起こり、その過程で電気が外に取り出されます。その間の反応を考えれば問題の(1)と(3)の答えは一目瞭然で、(1)は「薄くなる」、(3)は「増加する」です。(2)は「硫酸の密度は水より大きい」を知っている必要がありますが、まあ「放電すると密度は下がる」というのは何となく見当が付くでしょう。答えはもちろん「密度は下がる」です。

でもこれくらいでしたら探せばすぐ見つかりますぞ・・・宿題かな、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探してもみつからなかったんですよね。。。
テスト勉強中なんです。鉛蓄電池についてテストで問われると先生がいっていたものですから。
ありがとうございます!!!

お礼日時:2002/02/23 12:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉛蓄電池のなかには硫酸水溶液が入っていますが、怪我のニュースは聞いたことありません。

鉛蓄電池のなかには硫酸水溶液が入っていると読みました。ということは、私みたいな素人が、使えなくなった鉛蓄電池を分解したら硫酸溶液がかかってやけどをする、という可能性もあるのでしょうか?でも、ニュースで「鉛蓄電池を分解していて怪我をした」というのは聞いたことがありません。

Aベストアンサー

質問者は 濃硫酸と希硫酸の違いを学んでください

素人、バッテリを解体するようなことは、まずありません

解体専門の業者であれば、それなりの手順で行いますから、事故の可能性は非常に低いです

Q鉛蓄電池の電解液は希硫酸、ニッケル水素の電解液はアルカリ水溶液

鉛電池の電解液は、希硫酸(PbSO4)、ニッケル水素電池の電解液は、アルカリ水溶液(KOH)ですが、これらの電解液が反応すると酸とアルカリで反応熱が生成されると考えております。化学式による反応後の生成物などどのような事が起こるでしょうか。

どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般に電池の放電や充電の際に、内部で化学反応が起こるわけですから、それにともなう発熱があるだろうと思います。
しかし、それを単純に「酸とアルカリで云々」といってしまうのは正しくないように思います。

鉛蓄電池に関しては、下記のURLをご参照下さい。
http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/calculated/cell.htm

ニッケル水素電池に関しては、下記のpdfに詳しく書かれていますので、ご参照下さい。
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ1.pdf

Q高校化学のダニエル電池と鉛蓄電池

高校化学のダニエル電池と鉛蓄電池に関する質問です。
ダニエル電池では、
負極:Zn→Zn2+ + 2e-
正極:Cu2+ + 2e- →Cu
鉛蓄電池では、
負極:Pb + SO4 2- → PbSO4 + 2e-
正極:PbO2 + 4H + SO4 2- + 2e- → PbSO4 + 2H2O
ですが、

鉛蓄電池は、
負極:Pb → Pb2+ + 2e-
正極:Pb2+ + 2e- → Pb
ではダメなのですか?

Aベストアンサー

正極、左辺のPbはイオンで存在しているわけではありません。PbO2はイオン結合しているわけではないので塩ではないのです。PbO2という固体として存在しています。なのでPbO2+とは書けません。
そうなると右辺にはH2Oが出来ます。PbO2→2H2O
左辺と右辺のHの数を合わせると PbO2+4H+→2H2O
このH+は何に由来するかというとH2SO4です。
よって正極:PbO2+4H++SO4 2-+2e-→2H2O となるわけです。
負極にSO4 2-があるのは正極と負極の反応は同時に起こっているので単に数を合わせるための表記と考えたほうが分かりやすいです。

Qボルタ電池 ダニエル電池 鉛蓄電池

電池について4つ質問があります。
1つでも教えていただけるとうれしいです。

(1)ボルタ電池では減極剤を入れると習ったのですが、
電解液自体を減極剤で使う水溶液にしてはだめなのでしょうか?

(2)ダニエル電池の、負極側の電解液がZnSO4である理由を教えてください。
Znよりイオン化傾向の小さい金属の水溶液ではないのはなぜですか?

(3)鉛蓄電池の負極で、Pb2+とSO42-が結合するのはなぜですか?
Pbはイオン化傾向が大きいのに、なぜまた結合してしまうのですか?
ボルタ電池やダニエル電池ではこのようなことは起きないので、理由がわかりません。

(4)鉛蓄電池で、結合してできたPbSO4によって反応が邪魔されることはないのでしょうか?
それは当たり前で、PbSO4がたまってきたら充電するということですか?

わかりずらかったらすみません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)いまだに「減極剤」なんて説明をしている人がいるんですか……
「減極剤」という考え方は不適当ですから忘れてしまって結構です。

(2)Zn = Zn^2+ + 2e^-の化学平衡(左右どちらへも進む反応でその進み方のバランス)を利用しているものです。
また、硫酸亜鉛を水溶液を用いれば、使用後の水溶液も濃度が変わるだけで硫酸亜鉛水溶液ですが、
そのほか金属の硫酸塩水溶液を使うと、使用後の水溶液が亜鉛とそれ以外の金属の塩が混じってしまいますね。

(3)イオン化傾向という言葉を勘違いなさっています。
イオン化傾向は「単体金属が電子を失って」陽イオンとなる程度のことです。
Pb^2+とSO4^2-が結合してもPb^2+に変化はありません。
この反応は、水溶液中のPb^2+と水溶液中のSO4^2-が反応し、水に溶けないPbSO4になるというものです。
鉛(II)イオンは硫酸イオンと水に不要な物質を作るがために起こる反応です。

(4)そういうことです。

Q鉛蓄電池の問題

鉛蓄電池の両極を導線で結んだ時、電子1molが流れたとき、鉛極は(x)g(y)くなり、希硫酸は(a)g(b)くなる。

答えは
(x)が48、(y)が重、(a)が80、(b)が軽
です。

鉛蓄電池の反応式までは書けたのですが、そこからが分かりません;

分かる方良ければ解説お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

#4さんとかぶりますが

(x)が(303-207)/2=48(g)
硫酸鉛の分子量が207(鉛)+(32+16*4)(硫酸イオン)=303であり
鉛の分子量が207になるので
0.5mol鉛が反応すると
(303-207)/2=48(g)
増加することになります

(a)が98-18=80(g)
失われる硫酸イオンは1molであり32+16*4=98gとなりますが、発生したH2O 1molが希硫酸の方に行くと解釈するみたいなので
98-18=80g
軽くなるという解答になります

Q鉛蓄電池で生じる硫酸鉛についての疑問

鉛蓄電池は、電極の表面に不溶性の硫酸鉛を生成するから、
反応が停止してしまうのではないでしょうか?

Aベストアンサー

そのとおり。
そしてその「反応が停止」した状態のことを俗に「電池切れ」といいます。完全に電池切れにならないうちに、充電(電流を逆に流して逆の反応をさせる)が必要です。

Q月曜日から定期テストなので、今は化学の勉強をしていたのですが、鉛蓄電池のことで気になりました 鉛蓄

月曜日から定期テストなので、今は化学の勉強をしていたのですが、鉛蓄電池のことで気になりました

鉛蓄電池の負極がPbで正極が酸化鉛の理由がどうしてもわからないので教えてください!
ボルタ電池やダニエル電池の仕組みと同じ様に考えると負極のPbが正極の酸化鉛よりもイオン化傾向が大きいということだと取れるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

>負極のPbが正極の酸化鉛よりもイオン化傾向が大きいということだと

そう言われればそうなのかなぁ、と思わないでもないけれどそんな風に考えたことはなかった。
酸化される方が負極、還元される方が正極、というのが電池の原理です。
酸化還元反応の代表例をばっちり頭に入れておいてください。その際の電子のやり取りについても。

Q【化学・鉛ガラス】スワロフスキーは3割が鉛の鉛ガラスだそうですが、鉛って肌に触れてて大丈夫なのでしょ

【化学・鉛ガラス】スワロフスキーは3割が鉛の鉛ガラスだそうですが、鉛って肌に触れてて大丈夫なのでしょうか?

鉛って有害って聞いたんですが、肌に触れる分には有害ではないのでしょうか?

体内に鉛が入ると健康被害が出るが、肌に触れるのは健康被害が出ない?

Aベストアンサー

鉛ガラスは非常に安定していて鉛が析出することはほとんど有りません。
食器やコップなども高級品は鉛ガラスですね。

Q鉛蓄電池の電解液について

 こんばんは。鉛蓄電池の電解液について質問します。

 鉛蓄電池の電解液はH2SO4 aq を使っていますが、なぜ希硫酸を使うのですか?(なぜ濃硫酸ではまずいのですか?) また、自動車のバッテリーに蒸留水を入れると起電力が回復するとのことですが、なぜですか?(希硫酸の使用と関係ありますか?)
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

濃硫酸:イオンに解離していない
希硫酸:イオンに解離している

Q質量パーセント濃度とモル濃度

この問題の解き方を教えてください。

質量パーセント濃度が36.5%の濃塩酸HClがありその密度は1.20g/cm3(立法センチメートル)である。
(1)この濃塩酸のモル濃度を求めよ。
(2)3.00mol/Lの塩酸100mlを調製するためには、この濃塩酸が何ml必要か。
答えは(1)12.0mol/L (2)25.0mlです。

Aベストアンサー

モル濃度の単位は〔mol/L〕ですね。
ですから、これに体積の単位である〔L〕をかけると、
分母が消えて物質量〔mol〕になります。

そもそも、モル濃度がどうして化学の世界で多用されるかというと、
溶液は質量を量るよりも体積を量る方が楽で、濃度×体積で、
簡単に物質量が求められるので、モル濃度が使われます。

例えば、ラベルに2.0mol/L HCl と書かれた塩酸があります。
0.4molの塩酸が必要ならば、
0.4〔mol〕=2.0〔mol/L〕×0.2〔L〕
すなわち、200mLの塩酸を量り取ればよいことになります。


人気Q&Aランキング