労働組合で春闘の要求をねっています。福利厚生の住宅補助の意義を教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 下記URLを、参照してください。



参考URL:http://www.datadeta.co.jp/sample/jinji/016464.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
ただ、知りたい主旨は”なぜ”「住宅手当」なるものが必要なのか?なのです。もっと細かく質問すればよかったですね。
「でーたでた」なるサイトの存在を知っただけでも役に立ちました。

お礼日時:2002/02/25 23:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期昇給とベースアップ・・・どう違う?

 春闘などのニュースで、「定期昇給には応じるが、ベースアップは見送り」(逆だったかな?)とか報道されるのを、よく耳にしますが、“定期昇給”と“ベースアップ”は、どう違うのでしょうか?
 景気がいいと、一、定期昇給に加えて、二、ベースアップと、ダブルで給料が上がるのですか?

Aベストアンサー

「ベースアップ」の「ベース」とは、【賃金表】のことです。賃金計算の基礎になることから、この表を「ベース」と呼んでいます。
(年齢給・勤続給・職能給の昇給といった個別のことを言うのではなく、「賃金表」を改定するということに尽きます。昇給対象の選定は経営意思ですので、目的によって改定する内訳は異なるものです。)

賃金制度に「毎年一回、定期に賃金を改定する」と定めている場合が多く、賃金に関する取り決めに従って賃金を改定することを「定期昇給」といいます。
なぜ「昇給」なのかというと、年功賃金体系(年齢・勤続に伴って賃金が上昇する給与体系)の場合も、職能賃金体系(職能資格を定めて、能力の高まりによって賃金を改定する給与体系)の場合も、下方硬直的で、一旦上がった水準からは、懲戒処分や「ベースダウン」などの特別な事情が無い限り、賃金が増える一方で、減ることが無かったからです。

現在では、長引く不況の影響で、定期昇給制度そのものを廃止する企業も出てきていますし、成果主義賃金体系&年俸制に移行して、いわゆる「賃金表」を持たない企業も出てきています。

「ベースアップ」というのは、この賃金表に定める金額を引き上げることで、「一律●円」という場合は全体を押し上げますし、「平均で●円」という場合は、賃金表の中での増分の差はあるものの、全体平均で同額になるように押し上げるものです。

好景気の頃には定期昇給とベースアップのダブル昇給もありました。しかし、今後は賃金制度そのものが多様になっていますから、春闘では主たる要求が一時金(つまり、賞与の支給率)になっていくのではないかと思います。

「ベースアップ」の「ベース」とは、【賃金表】のことです。賃金計算の基礎になることから、この表を「ベース」と呼んでいます。
(年齢給・勤続給・職能給の昇給といった個別のことを言うのではなく、「賃金表」を改定するということに尽きます。昇給対象の選定は経営意思ですので、目的によって改定する内訳は異なるものです。)

賃金制度に「毎年一回、定期に賃金を改定する」と定めている場合が多く、賃金に関する取り決めに従って賃金を改定することを「定期昇給」といいます。
なぜ「昇給」なのかとい...続きを読む

Q労働組合はなぜ労働問題よりも平和活動に専念するんですか?

労働組合はなぜ労働問題よりも平和活動に専念するんですか?

Aベストアンサー

労働組合は労働問題にちゃんと対応していますよ。で、労働問題の中のひとつが「平和活動」なのです。

戦争、というものは民主主義国家では一応「国民の総意」で行い、国民の責任になる、とされています。しかし、実際には、戦争をしたいと思っている政党が与党になり、戦争法案が可決されないと戦争にはなりません。オリンピックのようなものを見ても分かるように、必ずしも末端の労働者たちが戦争を望んでいなくても、戦争になってしまうことも多いわけです。

 では実際に戦争になるとその負担は誰がするのか、もちろん国民です。日本は自衛隊という軍隊に準じた組織が戦争の前線に立つことになりますが、財政が戦争遂行の費用に取られてしまえば、社会保障費などは削られますし、戦時体制になっていけば、一般市民の物資よりも軍物資を優先して作りはこぶ、ということになりかねませんし、兵隊としての徴兵はなくても軍属扱いの徴用はあるかもしれません。徴用されて前線に近いところで仕事をすれば死ぬこともあるでしょうし、日本本土が脅かされるような攻撃(ミサイルとか爆撃とか)があれば、一般市民に犠牲者がでるかもしれません。

つまり、労働階級という視点から見れば、戦争になるということは、生活が苦しくなり自分や家族の身に危険が迫る可能性が高くなる、ということなのです。

ですから、労働者側としては、ブルジョワジーに該当する国会議員などの都合で勝手に戦争に向かうのは困る、ということであり、労働組合は原則として戦争反対になるということです。

労働組合は労働問題にちゃんと対応していますよ。で、労働問題の中のひとつが「平和活動」なのです。

戦争、というものは民主主義国家では一応「国民の総意」で行い、国民の責任になる、とされています。しかし、実際には、戦争をしたいと思っている政党が与党になり、戦争法案が可決されないと戦争にはなりません。オリンピックのようなものを見ても分かるように、必ずしも末端の労働者たちが戦争を望んでいなくても、戦争になってしまうことも多いわけです。

 では実際に戦争になるとその負担は誰がするのか...続きを読む

Q賃金のベースアップについて。

今年になって春闘の賃金引き上げのニュースで、
ベア要求で1000円ベースアップなどとよくありますが、この1000円っていうのは時間給に換算してってことですか?それとも月給のことですか??

月給1000円アップって大きいんでしょうか?

そもそも月1000円ぐらいなら1年後には勝手に昇給制度として上がるんじゃないんでしょうか??

世間知らずの質問になりますが、どうしてもわからないので皆さんよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1000円は他の回答者様も答えられているように月給です。確かに月給ベースで1000円は安いように感じますが

一人頭単純計算で年間12000円
従業員100人なら年間120万円
従業員1万人なら年間1億2000万円

・・・という風に、たった1000円でもすべての従業員に、年間の人件費と考えると馬鹿にならない金額です。しかも、基本給はボーナスにも反映しますので、さらに人件費は増します。

問題は、基本給は簡単には下げれません。一度上げてしまうと、業績が悪くなったなったからといって下げれないのが基本給です。(ボーナスは下げることができます。)

これに加え、定期昇給分もあるので、企業としては利益を追求するために、人件費を抑えたい。従業員は業績のいいときに出る一時金よりも安定した給料が欲しいので基本給アップを好みます。

ということで、企業は業績がよくなると一時金を出しますが、基本給アップを嫌がる理由です。

Q会社の福利厚生について

現在、主人は土木系の解体業をしています。

職人ではないけれど、小さな会社の為、
日給月給となっており、保険等一切の保証がありません。

社会保険、厚生年金はもちろん入ってないし、
土建の国民保険です。

雇用保険も入ってません。

会社として、社会保険、厚生年金は入るの面倒で負担があるので嫌がったりとは聞きますが、
雇用保険は会社負担も少ないし、雇用保険だけでも入れますよね??

小さな会社とはいえ、従業員が何人もいるのに、入っていない、
従業員も男性だからそういうのにうといのか、そのまま働いている。。

なんだか保障もなく心配だし、呆れてしまいます。

今、雇用関係で厚生年金も会社側は入らなきゃいけないとか聞きますが
どうなんでしょうか。

ご意見頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

まず仰るとおり、雇用保険は、アルバイトでもパートでも加入させる義務が会社にはあります。雇用保険に入っていない会社は違反ですが、かといってここは加入するような会社でもないと思います。
確認ですが、給与明細にも引き落としの記述がないということでよろしいですね?

雇用保険が必要となるのは辞めた時ですが、その際の手順を教えます。
ハローワークの雇用保険窓口に行って、窓口担当者に、「雇用保険の被保険者となったことの確認請求書(聴取書)」の用紙を提出します。
雇用保険被保険者確認請求の申請と言います。

なお、この書類を提出する前に、その会社で「どのような条件で働いていたのか」というようなことを、窓口担当者が判断する必要があるので、労働契約書、シフト表、給与明細書等を持参することをお勧めします。身分証明書と印鑑も忘れずに持参します。
それを提出すれば、(その会社を管轄する)ハローワークが、労働者に代わって面倒な手続きを行政の権力で、その会社に指導してくれます。
この書類を出すだけで、自動的に離職票を発行してもらえるようになります。
離職票があれが、失業手当の手続きをすることができます。

社会保険に未加入の場合は、事業所の所在地を管轄する社会保険事務所に相談されることをお勧めします。
但し、未加入でも罰則規定がなく、“業績不振だから・・”と知らん顔をされたらそれまでです。

労災保険(労働基準監督署の管轄)だけは、1人でも雇ってたら入れなければいけないですが、恐らくこの会社は入っていないでしょう。
ですが、実際に労災が起きても労災給付を受けることができます。
労災保険法では、労働者をひとりでも雇っている会社は、雇い始めた日から保険関係は成立していると考えるので、社員が業務災害などに遭った場合は、労災保険法が適用され給付(療養補償給付や休業補償給付など)を受けることができます。
この点は安心できます。

まず仰るとおり、雇用保険は、アルバイトでもパートでも加入させる義務が会社にはあります。雇用保険に入っていない会社は違反ですが、かといってここは加入するような会社でもないと思います。
確認ですが、給与明細にも引き落としの記述がないということでよろしいですね?

雇用保険が必要となるのは辞めた時ですが、その際の手順を教えます。
ハローワークの雇用保険窓口に行って、窓口担当者に、「雇用保険の被保険者となったことの確認請求書(聴取書)」の用紙を提出します。
雇用保険被保険者確認請求の申...続きを読む

Qベースアップと昇給って同じ意味ですか? 全国の平均給料が月36万円なのに、全国の平均ベースアップは

ベースアップと昇給って同じ意味ですか?

全国の平均給料が月36万円なのに、全国の平均ベースアップは1160円?

大卒の初任給が22万円なので全国平均の年収が500万円ってことだとベースアップが1160円だと大卒初任給22万円から14万円上がろうと思ったら無理では?

どういうことですか?

ベースアップと昇給が別だと話の辻褄は合いますけど。

Aベストアンサー

小数点以下は切り捨てだからです。
一単位(万円)なので、千円単位は切り捨てです。

また今年のベースアップが繁栄されるのは次年度以降の話なので、現在の巷に出ている平均給与は昨年度以前のものです。

また、中卒~老人まで含めた給与所得の総合計を就労人口で割った数字が平均給与です。

大卒が36万円になるには係長に昇進するしかありません。

ザックリ話すと
主任で30万円。
係長で35万円。
課長で40万円。
次長で45万円。
部長で50万円。
常務で55万円。
専務で60万円。
取締役で+5万円
社長で70万円~100万円

年間、ただ在籍しているだけで1万円ベースアップします。
16万円アップに単純に16年。
22歳で大学卒業して、+16年で36歳で係長なら一般の平均サラリーマンでしょう。
係長以下なら貧困世帯です。

Q組合の存在意義

今の時期、組合の存在意義って何ですか。

お給料は上がらなくて、ボーナスも見込めなくて
会社のいいなりだし。。

リストラだって戦えないのに。

Aベストアンサー

結論から言うと、組合の意義は、いつの時代でも、どんな時代でも、「組合員の雇用の確保と待遇の改善です。」また、後にも述べますが、一種の「保険」のようなものです。
これは、景気のいいときも、今のように悪いときも同じでなにも変わりません。
ただし、これを、きちんと自覚して実行できている組合が、どのくらいあるかはまた、別の問題です。
そして、忘れてはいけないのは、組合というものが、どこか社員とは別のところに存在するのではなくて、組合員の集合体であるということです。
つまり、正しい組合であることができるのも、そして、どうしようもない御用組合や、上部団体にぶら下がるだけの、組合貴族の溜まり場になるのも、最終的には組合を構成する個々の組合員の意識や行動によるのです。
組合の話をするときに、一番抜け落ちているのはこのことです。ひとごととして語っている限りは、「雇用と待遇を守る組合」であることは、なかなか難しいと思います。
私は、ある会社の組合の委員長などをやっていたことがありました。必ずしも、戦いつづけ、組合員の利益を守りつづけることができたかは、自己評価でもむずかしいところがありました。
どんな立派な方針を出しても、どんなに組合の執行部が努力しても、組合員の力がそこに、結集できなければ、会社という大きな相手には、無力になってしまいます。逆に、組合員一人一人の力が、一つになったときには、大きな力になります。
理屈はわかっているが、今の組合を見ている限り、絶望的だという方もたくさんいらっしゃると思います。ただ、それぞれの力が弱い、会社員個人が身を守る方法は、組合しかないのです。もう一度、原点に立ちかえって自らの身を守る「組合」という「武器」を磨くことを考えることが必要です。
最後に、一つだけ実際に起きた事例をあげておきます。私の会社の組合のシステムは、いわゆる、オープンショップといって、組合員になってもならなくても良いというもので、組合に入るという意思を掲げて初めて組合員になるという仕組みでした。それにもかかわらず、幸せなことに80パーセント近くの組織率で、会社に対して一定の力を持つことができていました。でも、やはり、残りの20パーセントの人は、いろいろな理由で(組合費がもったいない。とか、ストをしたくない。とか)組合員ではありませんでした。我々執行部は、組合は、一種の保険のようなものだから、何もないときには役立たないように見えるけど、もしものときは、必ず、組合員を守るためにがんばるというのが我々のモットーでした。
一方、非組合員の中には、自分のことは自分でできるからと、組合は嫌いと公言している人もいました。
ところが、あるとき、その「自信のある方」が、私のところに相談に来ました。突然、子会社に出向する話が、出てきたというのです。これまでの仕事とは、まったく関係のない、小さな会社への異動でした。組合員を出すと問題になりそうなので、非組合員の彼のところにいきなり話が来たようでした。組合員でないので、事前に組合に相談する必要もないし、本人にも事前に通告する義務もないのです。もちろん出向の条件について、本人には相談もありません。
結局、彼は、相談するところが、どこにもなく、組合に相談にくるしかなかったのです。組合執行部は、組合員でないから、と拒絶することは、当然、せずに、会社側と水面下で交渉し、(組合員でもなく、出向を取りやめることは難しい。)出向条件などを、彼が安心できるように詰めました。
なぜ、組合員でない人間までという議論は、別にして、組合の存在意義はこういうことだと思います。
お答えになったかどうか、よくわかりませんが、働く私たちは、個々では、やはり、小さく弱い存在なのです。なぜ、組合が発生して、存在するのかという原点に立ち返って考えてみてください。
不況という名を借りて、経営サイドの無能さ(会社の経営責任は、社員ではなく経営陣にあるのです。)は棚に上げ、リストラという安易な方法を中心とした策だけで、これまで、やりたくてもできなかった賃下げや、人員整理をするケースが横行し、心の底から怒りを覚える方も多いと思います。
いつまでも、おとなしい、弱いサラリーマンであってよいのか、今、問われています。

結論から言うと、組合の意義は、いつの時代でも、どんな時代でも、「組合員の雇用の確保と待遇の改善です。」また、後にも述べますが、一種の「保険」のようなものです。
これは、景気のいいときも、今のように悪いときも同じでなにも変わりません。
ただし、これを、きちんと自覚して実行できている組合が、どのくらいあるかはまた、別の問題です。
そして、忘れてはいけないのは、組合というものが、どこか社員とは別のところに存在するのではなくて、組合員の集合体であるということです。
つまり、正しい...続きを読む

Qみなさんの定期昇給とベースアップはどうですか?

まもなく昇級の時期ですが、みなさんの定期昇給とベースアップはどうでしょうか?良かったら、現状の給料とともに教えてください。

また、不況ですが、ベースアップ、定期昇給とも無し(つまり今と全く同じ給料)という人はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

 某大手上場会社の関連会社(連結)です。(当社従業員2300名)

 当社は売上高前年比増・経常利益有り・最終利益有り・無借金経営にも係わらず、2000年3月の会計基準変更(連結ベース経営重視)の関係において、連結経営において減収減益等(赤字)。そのため当社は今回苦渋の選択で、ご指摘の通り全従業員の昇給・昇進・昇級等全て凍結(9月末まで)、加えて管理職においては役職手当の減額改定です。従業員の納得性は低いか・・・

 んんん・・・厳しい!

 [自信]チェック欄は「あり」「なし」?わかりません・・・

Q厚生労働省は正しく機能してる?

私は病気で、傷病手当金を受給しております。
先月も受給の申請を行ったのですが、お金が一向に振り込まれません。困り果てて、窓口の社会保険事務所に連絡したところ、新たな組織が出来てそこに移管したとの事。
その組織は全国健康保険協会という組織だそうです。
給付金の支給スピードを速くするために設立されたとの事ですが、配達記録で10/3に到着確認した書類が、未だに振り込まれていません。
一度目の連絡では、「移行で手間取ってすみません。遅くとも月末には振り込まれると思います。」と言われ、納得して待ったのですが、月末の振込みはなし。
そこで、再度問い合わせたら、11/10には何とか振り込みます。
とのこと。
税金などの公金は支払いが遅れたら、鬼のような催促と遅延金をとるのに、払うほうは平気で遅れる。
正直、遅れた事で生活にも支障が出てます。
元々6割しか出ない傷病手当金なので、ギリギリの生活です。
そこに来て、この遅延は本当に深刻です。
遅延金の請求などは出来ないのでしょうか?
また、天下り組織は減らすという筈なのに、社会保険庁の下に全国健康保険協会という公益法人を新たに新設してます。
苦情を言いたくても
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/index.htm
ここにある長官の意見を求めるはリンク切れです。
厚生労働省はどうなっているんでしょうか?
傷病手当金給付の遅れや天下り先が増えた事は、全くメディアにも取り上げられないですが、本当に深刻です。働けない、収入無い、でも支払いは期日にやってきます。
どうすればいいのでしょうか?
11/10に振り込まれなかったら、病院に通うお金にすら困るかもしれません。
支給先の組織は謝るだけで、具体的に何をしてるのかさえ不明です。
どなたか良いアイディアを貸してください。

私は病気で、傷病手当金を受給しております。
先月も受給の申請を行ったのですが、お金が一向に振り込まれません。困り果てて、窓口の社会保険事務所に連絡したところ、新たな組織が出来てそこに移管したとの事。
その組織は全国健康保険協会という組織だそうです。
給付金の支給スピードを速くするために設立されたとの事ですが、配達記録で10/3に到着確認した書類が、未だに振り込まれていません。
一度目の連絡では、「移行で手間取ってすみません。遅くとも月末には振り込まれると思います。」と言われ、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

お怪我なさっているのに、落ち着いて療養できない心境になりますね......。

まず、11月10日の振込みについては手続きはすでに済んでいると思われますので、協会に問い合わせをして確認をされてはいかがでしょうか?

また、ここに問い合わせれば絶対大丈夫!というところは思いつかなかったのですが、
 
 ・お住まいの地域の行政評価事務所
 ・お住まいの地域の消費者相談窓口
 ・同じく、弁護士会

が頭に浮かびました。
お時間が許すようであれば、電話ですぐに現状を伝えてみられてはいかがでしょうか?もし窓口違いであれば、より適切な問い合わせ先を教えてくださると思います。

おだいじになさってください。

Q遡ってのベースアップ

平成22年4月給料分より遡って、ベースアップが支給されることになりました。

例えば1,000円のベースアップで計算し下記の金額が算出された場合の
社会保険料・所得税等の計算方法及び関係省庁への届出方法を教えてください。

給 与   1,000×12ヵ月分    12,000円
時間外   前給料分との差額    5,000円
賞 与   前給料分との差額    3,000円

臨時に支払われた賃金(賞与)扱いで計算しても良いのでしょうか?
支給日は3月分給与と同日を予定しております。

Aベストアンサー

一般的には、臨時に支払われた賃金(賞与)扱いでは計算せず、実際に支払った給与になります。

Q厚生労働省のホームレスの実数調査によると

思っているより、実数が少ないといいますか地方によっては県で100人以下となってますが。

おととし辺りに、猛烈に話題になったネットカフェ難民であるとか、そういう方も入っているのですか?

あとは、それでも生活保護で救済される方の方が人数としては多いわけですか?

Aベストアンサー

事情はいろいろでしょう。都心部以外では食べ物も手に入らない地域や家の外で寝てしまえば死んでしまう場所などもあります。
その為、ホームレスは大量の食料が捨てられる都心部へ移住する傾向にあるそうです。また昨今では都などはホームレス対策、法執行によってホームレスを町で寝かせないようにしているそうです。そのため現在のホームレスは必要最低限の物資をもって昼間はひたすら歩き続け夜間になるまで歩行を続けるのだそうです。そして行政の監視が少なくなる夜間に死なない程度の寝具で眠るという繰り返しなのだそうです。この歩くホームレスはホームレスにはカウントされず、これにより都などではホームレスのカウントが大幅に縮小したそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報