人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

保険医療サービスと福祉サービスの意味について
質問です。この用語の意味は各々どういう意味でしょうか。
これらについて詳しく説明できる方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

保「険」医療サービスではなく、保「健」医療サービスです。


以下のとおり、介護保険法第1条でも出てきますよね。

『この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。』

ちなみに、介護保険法以外にも、実にさまざまな法令でこれらの単語(保健医療サービス、福祉サービス)が使われています。
たとえば、障害者自立支援法であったり、医療法であったり健康保険法であったり。
そこで、それぞれの法令で共通する概念を考える必要があります(法令でいちいち定めていないので)。

保健医療サービスは、治療・看護など、直接的に身体的に何かを施すサービスを言います。
また、疾病の予防のためのサービスも含みます。
たとえば、健康保険や国民健康保険で行なわれる公的医療保険による給付(治療・看護など)は、まさに保健医療サービスですよね。
また、生活習慣病を予防するために、いわゆるメタボリックシンドローム健診が行なわれていることはご存じかと思いますが、これも保健医療サービスの1つです。

これに対して、福祉サービスというのは、保健医療サービスを補うために行なわれるサービスです。
たとえば、移送(介護タクシーなど)や家事援助などのサービス(ホームヘルパーなど)がそうですし、治療や看護を必要とはしない施設サービス(たとえば、軽費老人ホームや障害者支援施設)もそうです。
生活支援、と言い替えても良いかもしれません。

いずれにしても、あまりむずかしく考え過ぎず、字であらわされたそのままを素直に受け取ってみたほうが良いかもしれません。

介護保険法では、上で書いたような概念をもとにして、それぞれ細かく給付の範囲が定められています。
たとえば、指定居宅サービスとか介護老人保健施設とか、指定介護予防サービスとか、そういう言葉が使われています。
ここで、それぞれのサービスを見ていって、そのサービスの中に医療行為(治療・看護など)が含まれていれば、そういうサービスを「保健医療サービス」だと解釈すればOKで、それ以外のものは「福祉サービス」として解釈できます。
 
    • good
    • 7
この回答へのお礼

年金カテゴリーのみならずここでもありがとうございます。
満足です。

お礼日時:2010/07/25 22:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会福祉制度が現代社会になぜ必要不可欠なのか

こんにちは。論文の参考にしたいので、社会福祉制度が現代社会になぜ必要不可欠なのか簡単でよいので教えてください。

Aベストアンサー

 色々な側面があると思いますが、個人的に参考文献なしに思いつく範囲で。

 ひとつは、家族の変化です。以前は拡大家族や複合家族が多く、地域社会とも密接に結びついていました。それに対して、現在は核家族化が進行し、特に都市部では、地域社会の基盤が弱く、家族と地域社会との関わりも、以前ほど強くありません。ですから、過去と現在で、家族に求められる役割が変化していないとしても、その役割を担う家族の機能が縮小(限定的)していますから、必然的に担いきれない部分が生じ、その部分が社会化されるわけです。

 例えば、仮に全ての家族が拡大家族で、祖父母が孫の面倒をみるのを厭わないとすれば、保育問題は一挙に解決です。

 ふたつめは、人権意識の浸透があると思います。治安と財産だけを守れば良いとする夜警国家観では、経済原則だけでは充足できない部分が生じてきます。また、個人に責任のない不平等を解決できません。その解決策として、国家の適切な介入を期待する福祉国家観が生まれてきます。最低限度の生活を保証しようとする生存権は、その代表例です。

 個人レベルだと、(本来は知的)障害者の生活条件をノーマルであらねばならないとするノーマライゼーションあります。

 みっつめは、相互扶助によって生活上のリスクを分散する側面があります。具体的には社会保険制度です。医療保険が想像しやすいかと思いますが、個人的な医療上のリスクを、社会的な集団に分散させることによって、生活の安定をはかります。

 一口に社会福祉制度と言っても多様な側面がありますから、まずはその点を整理するのが、早道かなとも思います。

 

 色々な側面があると思いますが、個人的に参考文献なしに思いつく範囲で。

 ひとつは、家族の変化です。以前は拡大家族や複合家族が多く、地域社会とも密接に結びついていました。それに対して、現在は核家族化が進行し、特に都市部では、地域社会の基盤が弱く、家族と地域社会との関わりも、以前ほど強くありません。ですから、過去と現在で、家族に求められる役割が変化していないとしても、その役割を担う家族の機能が縮小(限定的)していますから、必然的に担いきれない部分が生じ、その部分が社会化さ...続きを読む

Q乳児死亡率が低下した理由は?

 学校で乳児死亡率が低下した理由を調べて来いって言われたんですけど、どんなホームページを見ても、「平均寿命の上昇には、乳児死亡率の低下が大きく関わっています」みたいなことしか書いてなくて、乳児死亡率の低下の理由には、ちっとも触れていません。
なんとなくは分かるんですが、言葉にするとなるなると・・・。教えてください。

Aベストアンサー

学校用の回答としては、

乳児死亡の急激な減少は、
・医療技術の進展
・化学療法剤,抗生物質製剤の開発・普及
・経済成長に基礎をおく生活水準の向上
・公衆衛生施設等の整備
などにより、乳児死亡原因の80%である感染による死亡が減少したため。

くらいでいいのかな?

QALSと筋ジストロフィーはどう違うのですか?

筋萎縮症候群のALSと筋ジストロフィがありますが、どう違うのでしょうか。

確か筋ジスは先天的なもので、生まれたときからその情報がDNAか何かに組み込まれていたと思うのですが、ALSも同じく先天的な病気なのでしょうか。それとも後天的なものなのでしょうか。
またALS(筋萎縮性側索硬化症)の、 側索と、硬化とはどういうことを意味するのでしょうか。
分かる方、教えて頂けますか。

出来ればそれぞれの比較があれば、分かりやすいです。

Aベストアンサー

 筋ジスは先天的に遺伝子に異常があり、筋肉自体が変化して機能しなくなり運動障害が現れます。
 一方、ALS等は運動ニューロン病ともよばれ、筋肉に動くように指令(刺激)を送る神経細胞に変化が起こりその機能を失い結果として筋肉が動かなくなります。よって、筋肉自体に変化はありません。ASLの原因として遺伝説ウイルス説など様々説が出ていますが、今のところ不明です。
 側索とは脊髄の文字通り側面を指し脳から末梢へと続く運動神経の通り道です。硬化とは神経細胞を覆っているミエリン(髄鞘)という神経細胞を覆う鞘のような物質がなんらか原因で失われて(脱髄)写真上あたかも硬くなったように映っている状態です。

Qジェネラリスト・ソーシャルワークとジェネラル・ソーシャルワークの違い

こんにちは。
「ジェネリック・ソーシャルワーク」
「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」
「ジェネラル・ソーシャルワーク」
これらにはどのような違いがあるのでしょうか?
「ジェネリック・ソーシャルワーク」が、どの分野でも共通の技術や原理、活動のことを指していて他とは全く違うというのは解るのですが、
「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」と「ジェネラル・ソーシャルワーク」の違いがわかりません。この2つは同じ援助技術論なのですか?すみません、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
それぞれの単語は、非常に紛らわしいですよね(^^;)。
各概念は、以下のとおりです。


■ ジェネリック・ソーシャルワーク
1922年のミルフォード会議(調べてみて下さいね!)による概念。
社会福祉の各分野に共通する概念・知識・方法論・技法・社会資源体系を用いた個別援助技術。

<関連>スペシフィック・ソーシャルワーク
ジェネリックな要素(共通部分)を、『「広範囲に及ぶさまざまな場面」の中の特定の脈絡』に応じて、“特定的”に適用すること。


■ ジェネラリスト・ソーシャルワーク
『「人と環境の相互作用」に関わる広範な領域を構造的に理解して、多様な役割を担う』という立場の下に行なわれる個別援助技術。
社会福祉士による諸支援がこれにあたる。
クライアント(社会福祉の対象者)を単なる「個人」としてとらえるのみではなく、地域社会を構成する要素の1つとして再評価した上で地域社会による影響も考えてゆくとともに、地域社会に対しても働きかけてゆく。


■ ジェネラル・ソーシャルワーク
「統合された社会福祉援助方法論」による、コンサルタント的な立場で行なわれる個別援助技術。
具体的には、国・地方自治体の地域福祉政策と臨床実践とを総合的・統合的に結びつけるもの。
介護保険で新設された介護予防事業等がその典型例。

こんにちは。
それぞれの単語は、非常に紛らわしいですよね(^^;)。
各概念は、以下のとおりです。


■ ジェネリック・ソーシャルワーク
1922年のミルフォード会議(調べてみて下さいね!)による概念。
社会福祉の各分野に共通する概念・知識・方法論・技法・社会資源体系を用いた個別援助技術。

<関連>スペシフィック・ソーシャルワーク
ジェネリックな要素(共通部分)を、『「広範囲に及ぶさまざまな場面」の中の特定の脈絡』に応じて、“特定的”に適用すること。


■ ジェネラリスト・ソー...続きを読む

Q自治体の意味

いまいちよく分かりません。
自治体って何なんですか?
いったいどこにあって何をしてるんですか?
もしかして市役所とかのことを自治体って言うのでしょうか。

あと、これも新聞でよく見るんですけど、団体職員ってどういう意味でしょうか。どこの団体なんでしょう。

Aベストアンサー

>つまり、簡単にいうと市役所とかが自治体になるんですね。

 違います。自治体というのは、都道府県、市町村全体をさす言葉です。都道府県庁や市役所は、自治体における行政機関に過ぎません。

Q社会福祉は何種類(?)ありますか?

最近よく社会福祉という言葉をよく聞きます。
そこで思ったのですが、社会福祉とは何種類くらいあるのですか?
たとえば、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、などなど。
あと、夏に問題になった、高齢者の方々が亡くなったにも関わらず死亡届を出さずに年金を子供が受け取っていた問題。
あれは社会福祉問題に入りますか?
お返事をいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

日本国憲法によって構築された社会福祉六法がありますから、狭い意味で社会福祉と言ったときには、この六法によるものを指します。
以下の6つです。

1 生活保護法による「生活保護」
2 児童福祉法による「児童福祉」(「身体障害児福祉」を含みます)
3 身体障害者福祉法による「身体障害者福祉」
4 知的障害者福祉法による「知的障害者福祉」(「知的障害児福祉」を含みます)
5 老人福祉法による「高齢者福祉」
6 母子・寡婦福祉法による「ひとり親家庭への福祉」

なお、これらの事業を行なう団体(社会福祉法人など)に対する決まりごとや国の責任などを定めた社会福祉法(旧・社会福祉事業法)があり、そこで「社会福祉とは何なのか?」という法的な決まりごとが定められています。

そのほか、精神保健福祉法で「精神障害者福祉」が定められ、さらに、「身体障害児・者福祉」「知的障害児・者福祉」の2つを合わせて、3つの障害福祉に関する具体的な決まりごとを一括して定めた、障害者自立支援法があります。
そして、同様に、老人福祉に関する具体的な決まりごとを定めた、介護保険法などもあります。

いずれにしても、上の6つが、いちばんの基本です。
社会福祉士や介護福祉士の試験では、最も基本的なこととして、よく問題に出されます。

ここから発展して、たとえば、雇用に問題が起こったり、失業したり、雇用されなかったり、あるいは、障害や定年などで仕事を辞めざるを得なくなったときの経済的な保障の問題などに対処してゆくために、雇用保険法や労働基準法、障害者雇用促進法、そして、国民年金法や厚生年金保険法など、さまざまな法令が整備されてゆきました。
医療の問題(健康保険や難病対策など)もそうですね。
ですから、労働福祉(失業・雇用対策、働く人たちの権利や組合活動を守ること)や社会保障(年金、社会保険)といったことも、広い意味では社会福祉に含みます。

したがって、上の6つのほかに、さらに広い意味で考えてゆくと、「暮らしに係わるほぼすべてのこと」が社会福祉になってしまう、と言ってもよいと思います。
たとえば、司法福祉という言葉があるのですが、犯罪を犯した人を立ち直らせるためのしくみがあります(保護司とか保護観察という言葉を聞いたりしたことがありませんか?)が、これも社会福祉の1つになります。

ということで、一般には、やはり、上で書いた六法に絞って考えます。
生活保護、児童福祉、障害者福祉(身体・知的・精神)、高齢者福祉、母子福祉という5つの領域になります。
そして、年金や社会保険・医療については「社会保障」、雇用や労働者の権利については「労政」という名前の領域で分けて、狭い意味での社会福祉には含めないものとします。

年金を子どもが受け取っていた‥‥という問題は、広い意味で言えば、社会福祉の問題になると思います。年金のしくみの問題になってきますから。
狭い意味で考えても、親の年金に頼らなければ子どもの生活が成り立たない(たとえば、子どもが障害を持っていたり、失業してしまっていたりするとき)という背景があれば、障害者福祉などを考えてゆかなければならないので、やはり、社会福祉の問題になると考えて良いと思います。

要は、日常の暮らしをより良くするために何かをしようとするとき、あるいは、公的に何かをしなければならないときには、その「何か」が「(広い意味での)社会福祉」なのだ、と考えれば良いと思います。
あまりむずかしくとらえ過ぎないほうが良いと思いますよ。

日本国憲法によって構築された社会福祉六法がありますから、狭い意味で社会福祉と言ったときには、この六法によるものを指します。
以下の6つです。

1 生活保護法による「生活保護」
2 児童福祉法による「児童福祉」(「身体障害児福祉」を含みます)
3 身体障害者福祉法による「身体障害者福祉」
4 知的障害者福祉法による「知的障害者福祉」(「知的障害児福祉」を含みます)
5 老人福祉法による「高齢者福祉」
6 母子・寡婦福祉法による「ひとり親家庭への福祉」

なお、これらの事業を行なう団...続きを読む

Q生活保護における申請保護の原則について 500文字くらいでレポート作成しなくてはならないのですが…

生活保護における申請保護の原則について

500文字くらいでレポート作成しなくてはならないのですが…

何方か教えてください

Aベストアンサー

基準及び程度の原則
必要即応の原則
申請保護の原則
世帯単位の原則
ですね。
下記サイトが簡潔でわかりやすいと思います。
後半部を読めば500字にまとまるんじゃないですか。
http://homepage3.nifty.com/tanemura/re3_index/3S/se_socialsecurity_principle.html

Q社会保障と社会福祉の違いは?

2つそれぞれの定義、違いを教えてください。私の理解では、「保障」が保険みたいなもので、「福祉」が母子家庭などへの援助、ですが、2つのうち、どちらが大きな範疇なのでしょうか?

Aベストアンサー

保障:責任をもって、一定の地位や状態を守ること。

福祉:幸福。特に、社会の構成員に等しくもたらされるべき幸福。

社会保障:国家が国民の生活を保障する制度。

社会福祉:貧困者などの生活を保障し、心身に障害のある人々の援助などを行なって、社会全体の福祉向上をめざすこと。

どちらが大きな範疇、と単純には言えませんが、社会福祉を達成する(?)手段の一つとして社会保障制度がある、とは言えそうですね。

Q「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

こんにちは。

現在、自社の行事で他社の方に応援(要は手伝いです)を依頼する文章を書いているのですが、その行事が実は今週末です。
当然「急で申し訳ない」という文章を付け加えないといけないと思っているのですが、その文章がうまく思いつきません・・・(>_<)

前任者の残している依頼文には文末に「ご多用中誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」とあるのですが、これとうまくつながるように「急で申し訳ない」という文意の文章をうまく付け加えるにはどう書いたらよいでしょうか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

・文中に入れる
「ご多用中(急な御願いで)誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」

・文の後
尚、ご連絡が遅くなって大変申し訳ございません。

Q社会福祉の理念について

先日職場の上司に《福祉系》社会福祉の理念について説明しろと言われました。恥ずかしながら説明できず、勉強をしなおせと言われてしまいました。
社会福祉の理念ってなんなんでしょう??
憲法25条?ノーマライゼーション!自立支援?とかいう言葉は知っているのですがどのように説明すれば伝わるのでしょうか?
分りやすく5分で説明するように宿題を出されました。
どなたかご教授いただけないでしょうか><

Aベストアンサー

5分間も説明するのが大変そうですが。。。
理念という意味からですが、物事の基本となる考えという意味ですので、そういったことから考えます。

憲法25条、ノーマライゼーション、自立支援などの言葉から推測しますが、おそらく障害者施設の方ですかね???
※間違っていたら申し訳ないです。
調べればすぐ分かることですが、憲法25条には生存権とそのための国の使命が記載されています。で、ノーマライゼーションの意味は障害者、健常者(この呼び方も微妙ですが・・・。)が社会生活を共にすることが普通(ノーマル)である。ということで、自立支援はそのように生活できるように支援することです。

このようにそれぞれのキーワードの意味を考えるとおのずと答えが出てくると思いますが、私にならば5分といわずに、
「個人個人が人としての尊厳、主張を持ち、地域や家族と呼ばれる社会の中で障害の有無や年齢、性別に関わらず、その人らしい最低限の生活が送れるように支援する」
ことが、社会福祉の理念だと思います。これにノーマライゼーションや25条などを付け加えて説明してください。
ですが、福祉に携わる人間ならば、完璧にとは言いませんが、ある程度説明できないと恥ずかしいですよ?

5分間も説明するのが大変そうですが。。。
理念という意味からですが、物事の基本となる考えという意味ですので、そういったことから考えます。

憲法25条、ノーマライゼーション、自立支援などの言葉から推測しますが、おそらく障害者施設の方ですかね???
※間違っていたら申し訳ないです。
調べればすぐ分かることですが、憲法25条には生存権とそのための国の使命が記載されています。で、ノーマライゼーションの意味は障害者、健常者(この呼び方も微妙ですが・・・。)が社会生活を共にすることが...続きを読む


人気Q&Aランキング