『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

中学校では筆記体しか習いませんでした。
アメリカ人の旦那さんを持つ友人に聞いたところ、「アメリカ人は字を書かないから解らない」とニベもない返事。

例えば「A」
テッペンから左に払い、またテッペンから右に払って、最後に横棒。これ、フィリピンで英語を教えている友人(24歳まで日本にいました)の談です。
でも、違う気がするんです。これは漢字文化圏の日本ならではの書き順のように思えます。
筆記体の書き順から察するに右下から斜め左に書き上げて、そのまま一筆で左下に折り返し、最後に横棒ってのが正しいのではないのでしょうか?
同様に「D」はテッペンから垂直に書き下ろし、そのまま右方向に折り返して一筆で仕上げるのではないでしょうか?

正しいアルファベットの書き順をご存知の方、教えてください。
ローマ字を覚えたいという子供にどう教えていいかわからず質問させていただきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No3の方が答えている通りです。


アルファベットの書き順は、戦後英語を全国で教えはじめるときに、書き順が判らなければ教えられない、という教師の要請があったため、文部省が急遽決めたもので、それ以上の意味はありません。
 これについては、元東京学芸大教授の若林俊輔先生が「英語教育の常識」(中京出版)の中で書かれています。
 ご指摘の通り、Aの書き順も漢字からの類推で文部省が決めたもので、根拠はまったくありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

む、「英語教育の常識」ですか。常識とまでうたってるんならやはり常識なんですね。それも根拠のない・・・。
疑問が氷解。ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/27 07:10

そうだったんですか。

勉強になりました。

確かに、アメリカでアルファベットの書き順を気にする人に会った事がありません。左利きが多いアメリカでは、ノートを時計と逆周り(だと思いますが)にして文章を書く人を見かけます。確か、クリントン元大統領がサインをする時に、このようにひっくり返してサインしているのをテレビで見ました。これは左利きの人がアルファベットを書き易くする為の方法だと聞いています。このような状態だと書き順も変わってくるかも知れません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>ノートを時計と逆周り
あ、いますね。横書き用のノートを縦に書く人。丸90度もぐるりとまわして書いてましたが、ありゃ、書きづらいからなんですか。

お礼日時:2002/02/27 07:07

#2のEivisですが、きのうの回答の中で[O]や[Q]は、イタリック独特のレタリング用のかき方をしているのに気付き、



[O、P]などは回答を訂正したいと思います。。。

http://ww3.tiki.ne.jp/~k_nakada/tega/nonkan_alph …

ここに改めて分りやすい[ABCの筆順]が書かれているURLをご紹介します・・・一通り全文字チェックはしておきました。

(A)は2通り、∧を一筆書きするのと、分解するのとあるようです。

(E、F)上横 ̄を引いてから縦|を引くのと、先に│を引いてから上横 ̄を引くのと二通りあります。

(KMNR)なども各種あるようです。

参考URL:http://ww3.tiki.ne.jp/~k_nakada/tega/nonkan_alph …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
正直、#2では「レタリング用の装飾文字は見た目を美しくするために書き順は無視してるんじゃないかな?」とも思ったのですが、このURLでほぼ納得しました。アタシの『筆記体と同じ書き順』ってのもあながち的外れじゃなかったみたいですね。
ただ、No5の方の力強い説を否定することは出来ませんので、子供(6歳になりたて)には公文の教科書どおりの書き順をまず覚えてもらうことにします。

お礼日時:2002/02/25 23:15

 


  色々な人も回答しておられ、専門家の方も回答されているようです。
 
  基本的に、日本で売られている日本の本に記されている「活字体ローマ字の筆順」が、世界的にみて一番正しい書き順のはずです。アメリカ人の書き順と違う場合がよくありますが、日本の方が正しいのです。何故なら、日本の本に載っている書き順は、元々、英米の教科書や伝統的な書き順に基づいて説明しているからで、日本人が勝手に決めたのではありません。
 
  筆順が勝手になっているのは、英語を母語にしている人や、その真似をしたがる人たちです。活字体でも変な書き方をする人が大勢います。しかし、これは彼らが間違っているのです。
 
  なお、カリグラフィーとか飾り文字の筆順は、まったく当てになりません。何故なら、審美的な筆順になるからで、飾り文字・花文字なら、幾つかわたしは知っていて、時々使いますが、複数の筆順があります。
 
  AとDの筆順が、日本が正しいということの理由として、「ローマン体」の文字をよく見てください(特に「オールド・ローマン体」)。Aは、左の線の上が、右に丸く窪んでいて、下は、短いアンダーラインのセリフがあるでしょう。また右の線は左より太く、丸く窪んだ当たりから右下に降りて、橋はやはりアンダーラインのセリフでしょう。そして、あいだにセリフなしの横線。これは、強弱のはっきりしたペンで書いていた時、まずAのトップ位置にペン先を置き、この時、線の上の丸い窪みが出来るのです。それから左下に降ろし、そこで、ペン先と止めると、セリフになるのです(ペンの特徴として、右から左に降ろすより、左から右に降ろす方が、線が太くなるのです)。右の線は、左の線に続けるように、上から繋いで、右下に降ろし、やはり、セリフで止まり、それからペンを上げて、横線を引くのです。Dも、左の縦線の上と下に、丸い右部分の先が付きだしているでしょう。これは、左の縦線を引いて、それを囲むように、右の丸い線を引くのでこうなるのです。Dを、上から下に引き、そのまま右方向に進め、上に上げるとすると、Dの縦線の下の左側に付きだしている部分がどうして出来るのか分からないでしょう? WとMも、オールド・ローマン体でセリフの付き方を見ると、元々ペンで、どんな風に書いていたか分かります。これが筆順なのです。
 
  線に強弱やセリフの付けることのできるペンではなく、ボールペンのような、線に強弱のない筆記具で書いているので、本来どう書くのか分からなくなっているのが、英米の現状です。ローマン体のセリフや、細かい線の突出の仕方を見ると、ペンでは、どう書いていたのかが分かります。それは、日本で教えている活字体の書き方に丁度合うのです。(それは日本の漢字の線文字でない、明朝体などを見ると、筆先の強弱や線の引き方が、線の端の色々な特徴に出ているのと同じことです。筆で漢字を書くと、明朝体などの線の強弱や、端についている変な強調部分が何故付くのか分かるようなことです)。
 
  以上、わたしの個人的知見です。
  
    • good
    • 0

くもんの学習帳にアルファベットの練習帳があったような気がします。

一冊500円位だとおもいました。子供用だから、なぞる字も大きいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うむ!さすが公文。さっそく購入します。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 23:08

日本では、文部科学省が書き順を決めているかもしれませんが、



アメリカでもヨーロッパでも、アルファベットの書き順は決まっていません。
学校でも教えません。
だから、アルファベットをつかう言語の人のアルファベットの書き順は、
人によって様々です。
え?そんな書き順で書きにくくない?と思うようなネイティブさんに
いっぱいであっています。

結論は、アルファベットは自分の一番書きやすい書き順で書けばよい、
というのが世界標準。
日本の国内では、文部科学省の書き順に従うのが無難。
多分中学一年生は習うでしょう。教科書の表紙裏あたりに書いてあるかも
れませんね。

ということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「サインするとき以外、字は書かない。みんなタイプするよ」ってのがアメリカ人らしいので、それじゃ書き順も乱れますわな。活字体の書き順を学校で教えないってのはいかがなものかと思いますが、そういえば日本でも行書や草書なんてペン習字の存在に出会うまで知らなかったもんなぁ。だいたい、楷書って言葉すら学校じゃ習わなかったし、行書では書き順が変わる文字もあるなんて「をやぢ」になるまで知りませんでしたよ。
そゆワケで、簡潔な結論ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 22:37

ステム[ひげ・(飾り髭)]が長いですが、イタリック体ならこのURLに出ています・・・基本的に同じですから参考になります。



http://members.aol.com/calligraphyroom/n-it-01.htm

参考URL:http://members.aol.com/calligraphyroom/n-it-01.htm
    • good
    • 0

自分記憶では、中学の一番最初の教科書の最後のページに書き順が載っていたと思います。



記憶では、
Cidさんが最初に説明した通りです。

筆記体の順で活字体の書き順に当てはめる方が不自然な気がします。

WEBを検索して見たら参考URLを見つけました。
下の方に載っています。

参考URL:http://alamode.cis-net.co.jp/kids/kids_free/jump …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
参考URL覗いてきました。会員でないと見ることが出来ないページもあったりですが、子供(6歳になりたて)にはこのページで十分楽しめるようです。よいwebを教えていただきました。
筆記体と活字体は日本で言う行書と楷書のようなもの、ってワケじゃなさそうですね。

お礼日時:2002/02/25 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルファベットの筆記体とブロック体について

現在、英語圏では書く時には筆記体とブロック体ではどちらが割合が多いのでしょうか?

また、筆記体とブロック体についてはそれぞれ英語で何という呼び方が一般的なのでしょうか?

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

一般論としてアメリカのような先進国では自分で字を書く必要がだんだんと少なくなってきているのできれいで読みやすい筆記体(いわゆる行書体)で文字を書ける人は少なく、ブロック体で文字を書く人のほうが多いと思います。

しかしながら自分で文字をよく書く必要のある人は上手、下手は別にしておのずと筆記体で書くようになると思います。理由は単純、そのほうが速く書けるからです。

『筆記体(行書体)で書く』は write in cursive, 『ブロック体で書く』は write in print です。

Q主語とは?動詞とは?中学生にどう説明しますか?

女子大学生です。中学2年生の家庭教師をしています。

今日指導に行ってきたのですが、「この文で動詞はどれ?」と言ったら「動詞って何?」と言われてしまい、うまく説明できませんでした。自分が習ったときは、割とすんなり飲み込めたせいだと思うんですが。
また「Many people live in Tokyo」のような文で「Many peopleが主語だよね」と言ったら、「えっ、主語って単語のことだと思ってた」と言われました。

成績は中の下くらいのコです。he-his-himの変化を今でも覚えられていません(I、you、sheは覚えているのですが)。

主語、動詞などについて、中学生にも分かりやすいような説明を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは単語を覚えてもらいましょう。今の中学生は、「覚える」という努力をさせられていません。格変化が覚えられていないのも、努力をしていないからです。今のたいていの公立学校は、「単語は、そのうちに覚えてね~」って感じです。

で、主語、動詞についてですが、まず、動詞とは何か。日本語にして語尾を延ばしたときに「ウ」となるもの、です。「走るぅ」「住むぅ」「起きるぅ」「働くぅ」などなど。
なので、Manyの意味は?「たくさんの」。peopleの意味は?「人々」。liveの意味は?「住む」。inの意味は?「どこそこに」。Tokyoの意味は?「東京」。と一つずつ答えて貰って、「語尾を延ばしてウになるものはどれかな?」と確認しましょう。「たくさんのぉ」「ひとびとぉ」「住むぅ」あ、ウになった!って感じですよね。
そして、主語とは。動詞の前にある名詞の単語のかたまり。です。名詞とは?物の名前です。これでいいと思います。
中学生に、小難しい文法用語はいりません。これで、話が通じると思いますよ。

頑張ってくださいね。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Qアルファベットのgってどれが正しい?

PCだと、「g」はこんなですが、
実際、ノートに書く字が分かりません。
どれが正しい・近いですか?

私は2の癖があるんですが、2はダメでしょうか?

Aベストアンサー

 どれも正しくgと書けています。こんなページが参考になるかなと思います。

http://daigotorena.moo.jp/lesson/ei-suu-mix.htm

 2.は筆記体ですね。手書きで英文を書くときによく使います。できるだけペンや鉛筆を紙から離さず、連続してアルファベットを書き続ける工夫がされた書き方です。gの最後が後ろに流れるのは、そのまま筆記体で別の文字が書けるためです。

 その他はブロック体ですね。これで手書きするときは、1字ごとにペンや鉛筆を紙から離します。筆記体より効率は悪いのですが、活字に近い崩さない字体であるため、誤読が発生しにくくなります。

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q英語で「算数」は?

小学校で習う「算数」は英語で mathとarithmeticsのどっちが普通の言い方でしょうか? また、arithmeticsとは具体的にどこまでの範囲を指すんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このarithmeticsは多くの人にはarithmeticと言う単語で使われる単語なのです。 

これは、ちょうど日本でも言う「読み・書き・そろばん」のそろばんにあたる部分で(もちろんそろばんはないですが)アメリカ人として生活に非常に大切な算数・数学の一部を指します。 つまり、アメリカで人間として最小限度能力として教えるものなのです。

生活の為にですので一般的に使う数字の理論と使い方を教えるわけで、こちらの小学校で教える「算数」のほとんどがこのArithmeticになるのです。 数に関してのお勉強なのですね。 よって、算数や数学の中で数に関係のない事柄、あるいは記号を使う方程式などは含まれないわけです。

そして、これがAlgebraと言う名前に変わり日本の数学の中の「図形」を含まない項目を教えていくわけです。 その時にこの含まない図形がGeometryと言う単語で呼ばれるようになり、いろいろなGeometryにつながりTopologyなどの準備教育となるわけです。 AlgebraはこれからTrig, Analysis, Calculusと高度になっていくわけですね。 これらを全てMathmatics, Mathと呼ばれるわけです。

日本の留学生のほとんどがGeometryとAlgebraは全く問題なくAの成績が取れますし、CalculusにしてもPre-Calc(ulus)までは高校でも成績の良い生徒は受けることが出来るので日本人留学生も楽に取れることになっています。 大学でも必須科目のひとつとして単位をとる科目として一番楽な科目なのです。

と言う事で読み書きそろばんのフィーリングで言う算数・数学をArithmetic(s)と言うわけです。 ですから科目ではないわけです。 Math、Algebra, Geometry, Calculusが科目名となります。

普通の親御さんであれば知っている単語である理由でもあるわけです。

なお、mathはmathmaticsの短くした表現ですので、一般的にはmathで通してしまいます。 Physical Education(体育)はP.E.ですが今ではGymと呼んでしまう小中高が多いですね。

この短くした表現は、大学に行くとより多く生徒間で使われるようになります。 Biz 101(Business 101), Stat 302(Statistics 302)などですね。

私の知っていることを書かせていただきありがとうございました。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このarithmeticsは多くの人にはarithmeticと言う単語で使われる単語なのです。 

これは、ちょうど日本でも言う「読み・書き・そろばん」のそろばんにあたる部分で(もちろんそろばんはないですが)アメリカ人として生活に非常に大切な算数・数学の一部を指します。 つまり、アメリカで人間として最小限度能力として教えるものなのです。

生活の為にですので一般的に使う数字の理論と使い方を教えるわけで、こちらの小学校で教える「算...続きを読む

Qアルファベットの書き順

過去にも類似の質問がありますが、
納得いかなかったので、重ねて質問させてください。

アルファベットの正しい書き順を教えてください。
一般的な書き方 とか
日本国内だけで通用する というのではなく、
世界的に通用する、
厳密な正しい書き方ということで宜しくお願いします。

また、ネイティヴの方は結構、我流で書いているようですが、
なんでそういうデタラメが許されるのかについても教えて欲しいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

専門家です

以前に調べたことがあるのですがアルファベットに正しい書き順はありません
あるとしたらレタリングなどのカリグラフィーを参考にするといいでしょう
しかしこれもすべて同じ書き順だとはかぎりません

>>なんでそういうデタラメが許されるのか
日本は文部科学省で書き順を決めているのですが諸外国は決めていないようです
今の日本語の活字はオウギシという有名な書家の書いたキュウセイキュウという中国の古文書を基礎にしています
日本語にはお手本がありそれを昔から臨書といってずっと模写し続けてきたのです
書き順も模写のひとつとしてオウギシさんと同じ厳密な正しい書き方をしてきました
アルファベットは誰かひとりの有名人のアルファベットが元になって作られたという話しは聞いたことがありません
英語はそれが無いからではないでしょうか?

ちなみに
日本語でも書き順が全部同じというわけではありません
最近またいくつかの文字の書き順が変わりました
今の子どもたちは親の習った書き順とは違う書き順で習っています
また書体によっても書き順は変わります
例えば「上」という字は
今の学校 タテヨコヨコ
昔 ヨコタテヨコ
楷書 タテヨコヨコ
行書(崩し字) ヨコタテヨコ
どれも正しく間違っていません
今は書き順を系統化してわかりやすくしようという動きがあるようで
今後もっと増えるかもしれません

日本の先人たちは書法を書道という「道」にまで高めました
書き順はどうでもいいことかもしれません
しかしそこに哲学的なものを見出すのは
世界の中で日本人だけなのかもしれません

専門家です

以前に調べたことがあるのですがアルファベットに正しい書き順はありません
あるとしたらレタリングなどのカリグラフィーを参考にするといいでしょう
しかしこれもすべて同じ書き順だとはかぎりません

>>なんでそういうデタラメが許されるのか
日本は文部科学省で書き順を決めているのですが諸外国は決めていないようです
今の日本語の活字はオウギシという有名な書家の書いたキュウセイキュウという中国の古文書を基礎にしています
日本語にはお手本がありそれを昔から臨書といってずっと...続きを読む

Q何時間 何分 何秒を記号で表すには?

゜’”であらわすのが正解?かと思うのですが。
いちいち分や秒を漢字で書くのが大変なので記号で書くことにしようと思うのですがこれで正しいですか
何時間=「゜」
何分 =「’」
何秒 =「”」です。

Aベストアンサー

「’」、「”」は、時間の単位で使う記号と似ているけれど、違う記号です。

放送局や映像の編集をするポストプロダクション等では、次の記号を使っています。
角度の単位も分・秒を使うので同じ記号です。
時=「°」
分=「′」
秒=「″」

例えば、22°04′00″のように書きます。
:(コロン)で区切って22:04:00とすることも多いです。

映像機器の時刻表示(タイムコード)はコロンで区切るのが一般的になっています。
22:04:00:29
最後の2桁はフレームです。フレームは映画等におけるコマ数に相当する言葉です。
日本の一般テレビ放送は1秒間に30フレーム(0~29)の映像で成り立っています。

英語(Hour,Minute,Second,Flame)の頭文字で表す場合もあります。
22h04m00s29f

QPASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか?

PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか?
東京近辺に住んでいます。今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。
事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い(メリットやデメリットなど)があまりよく分かりません。
年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!!

Aベストアンサー

SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。ただし定期券だけは多分違うかも知れません。
最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの(もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが)なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。

ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。買う場所(駅)によってどちらが入手できるかが決まります。
またどちらも記名式と無記名式があります。カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。

費用はどちらも購入時に500円かかります。この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。

利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。古いSUICAは無料で取り替えてくれます。そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。
JRには電子グリーン券の機能があります。主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。

コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。
チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。コンビニでも同じです。
最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。

ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。

SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。ただし定期券だけは多分違うかも知れません。
最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの(もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが)なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。

ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。買う場所(駅)によってどちらが入手できるかが決まります。
またどちらも記名式と無記名式があり...続きを読む

Q公立中学校英語授業でフォニックスを教えないのはなぜ

小学生の子どもがいる母親です。

ネイティブの子どもたちも学習するというフォニックスが、日本でも広まっているようですね(なのかな?)。
英語教室や学習塾などでも「フォニックスを教えている」とウリにしている広告をみかけます。

フォニックスを教えるか教えないかは学校によるという話も聞きますが、フォニックスが英語学習にそれほどまでに効果的であるならば、義務教育の中学英語に一律に取り入れられてもいいように思うのですが、取り入れられていない(のですよね?)のはどうしてでしょうか?
効果が不確かであるからでしょうか?
先生が指導法を学ぶ時間がないのでしょうか?

ちなみに、現在子どもは、英語の耳慣らしのためにNHKラジオ基礎英語1を聞いています。
書き取りなどの勉強はしていません。
公立中学校でスムーズに英語を学ぶ下準備として、フォニックスを学んだほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんちには。

2013年に、大阪府の教育委員会で、小学校の低学年からフォニックスを導入すると発表していました。また、中学三年で英検の準1級を取得するなどとは、学校教育そのものの実態を知らない方針だとしか言いようがありません。

もう既に書かれていますが、フォニックスは、多く英語ネイティブの子女たちに施すものですが、これは、文字が読めればよいという発想です。

ところが、非英語ネイティブとって、読めても意味が分からない、という状態では、あまり大きな役割を果たしません。私たちは、英単語+発音+意味と、一括で覚えるようにしています。その学習スタイルは、子供の頃から、大人になっても、変わらないのではありませんか?

フォニックスで、例外が多いと言いますが、だいたい、7割は読みを網羅するとは言われています。例外の3割が、どれほどの問題になるのかどうかは私は分かりませんが、基礎単語にも例外はありますから、それをどう補うかというよりも、フォニックス自体を教えなければ、そのような例外と位置づける必要はありません。

基本的な概念として、音声言語は、音声を優先させるということです。私たち、非英語ネイティブは、単語だけをみて正確に発音できるとは思っている人はないはずです。もちろん、読みから、意味自体も把握できると思わないはずです。

フォニックスの読み方の一例:
d + o + g = ドゥッ+オ+グ ⇒ dog (ドォッグ) 犬

はたして、こんな不合理な覚え方があるのでしょうか?
英語を学習する時には、まず、音声から始まり、次に綴りを認識します。そして、"dog" というひとかたまりを、単語と認識します。d, o, g とバラバラにしたものは、もはや単語とは呼びません。このような考え方は、理論的にも間違った発想です。

フォニックスの教授法は、本来、かなり低学年向けの教授法であるのです。文字は音声に変わるという考え方ですが、その教授法スタイルで、中学生に、学習内容を満足させられるか、という問題もあるかと思います。

以上です。

こんちには。

2013年に、大阪府の教育委員会で、小学校の低学年からフォニックスを導入すると発表していました。また、中学三年で英検の準1級を取得するなどとは、学校教育そのものの実態を知らない方針だとしか言いようがありません。

もう既に書かれていますが、フォニックスは、多く英語ネイティブの子女たちに施すものですが、これは、文字が読めればよいという発想です。

ところが、非英語ネイティブとって、読めても意味が分からない、という状態では、あまり大きな役割を果たしません。私たちは、英単...続きを読む


人気Q&Aランキング