12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

光デジタルで本当に音質が変わる?
GX-D90持ってるのですが光デジタルとアナログとで音質比べました。
あまり変わらないと思うのですけど。
これって本当に音質変わるのですか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音質を決める要素として端子は確かに重要ですが、ある意味では必ず最優先で重要な要素ではありません。



まず、音質とは何かというと音がどれだけ忠実に聞こえるか、もしくは綺麗に聞こえるか、心地よく聞こえるかを表す物で、人によって感じ方に差がある物です。忠実という点で音質を考えると音の質を決めるのはアンプの性能に対して十分なスピーカーの性能があるかどうかが音質を最大限決める要素となります。

どういう意味かというと、デジタルで繋げば当然ですがD90と繋いでいるパソコンやオーディオ機器から出てくるのはD/Dコンバータ(サンプリングレートコンバータ)を介していたとしても、基本的には音の生データが転送されます。それを、D90内のコンバータとメインアンプが音情報に変換し出力するのです。そのため、D90のアンプおよびコンバータの性能がそのまま使われます。

それに対して、デジタルの音をパソコン(またはその他のオーディオ機器)からアナログで出力した場合は、まず外部の機器(パソコンやオーディオ)でデジタルデータをアナログに変換する作業が生じます。音の基本はそこで生まれるのです。この精度がD90の回路より高く高品質なら後は、その他の回路やケーブルを経由する間に受けるノイズが少なければ、音質はD90内で処理するよりよく感じるかもしれません。あまり、変わらなければ差がないでしょう。

後は人の耳の感性の違いもあるでしょう。
光デジタルだから音が良くなるのではない。確かに届くものに劣化が生じにくいのがデジタル転送ですが、それをいかに料理するかが音を決めます。
結局そこの精度の違いで外部であろうが関係なく音質は変わります。

その上で、端子の重要性を述べると特にアナログ接続では僅かでも高音質にするには、純度が高くノイズを受けにくいケーブルを使うことで音質が向上します。そのため、大きな意味があります。デジタルやアナログといった別の要素になるとそれは、処理する機器の性能がどちらが優れているかに依存すると言えます。
    • good
    • 5

自称オーディオマニアです。



勉強不足で申し訳ないのですが、GX-D90がアンプやプロセッサなのかスピーカーなのか解りませんので、一般的な機器での比較で私見と俗説を申し上げれば、
(1)ある程度(ラジカセやPCオーディオを除いたオーディオ機器で、高価というわけではありません)のオーディオ用アンプとスピーカーでの聴き比べでは大きな(はっきり明確な)差は感じない人が多いと云います。
(2)オプチカル(光や同軸)とアナログとの一番の違いは伝達情報量の差で、音質の差ではありません。
※例えば5.1chでは光ですと1本で済みますが、RCA(アナログ)では計6ヶ必要です。
(3)一般的にはオプチカルとアナログでは音質的にはアナログの方が優れていると云われています。

私の場合は、CDトランスポーター(プレイヤー)とADコンバータ間はオプチカル(同軸)接続し、ADコンバータからアンプへはアナログ接続しています。
 CDトランスポーターから直接アンプのデジタル(光)接続した場合との比較では、多分ADコンバータの「性能の差」でしょうか?音質的には前記の方が音質的に優れている様に感じます。
音質の差は私にはわずかですが、耳の肥えた友人は全く別物の音と断言します。
  このように音質的には大きな差は無いと私は考えている訳です。
ADコンバータを使うのは、複数のアンプに接続する為と『マニアっぽい見栄』が関係していると思います。

質問者さまに納得いただけない答えかもしれませんが、伝達情報量では格段の差がありますが、音質的には微細な差と考えても差し支えないとお考え下さい。
    • good
    • 8

このときは、変わらないでしょう。



むしろ、光しか出力が無くても使える,SPと理解すべきです。
    • good
    • 2

何を期待しているのか よくわかりませんが?


一番変わるのは 入り口と出口です

入り口はマイク 出口はスピ-カ-です
これは 聞き比べれば すぐわかります

アンプ部-昔は音色がメ-カ-によって顕著に違いましたが
現在 デジタル化されたアンプ部は 昔ほど差はないと考えられます

  
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光デジタルとアナログの音の違い

パソコンのスピーカーを新調しようと思うのですが、
入力がアナログ(ミニプラグ)のみのものと、
光デジタルとアナログが各1系統ついているものの
どちらを買おうか迷っています。

手持ちのサウンドカードに光デジタルの出力があるので
せっかくだから使ってみたい気もするんですが、
実際にどれほどの違いがあるのか、平凡な自分の耳で
違いが分かるものなのか、半信半疑で迷っています。

なお、購入予定のスピーカーは前者が実売8千円程度、
後者は1.5万円ほどの安価なものですが、いずれも
ネットで見る限り、評判は悪くないようです。

Aベストアンサー

>> 購入予定のスピーカーは前者が実売8千円程度、後者は1.5万円ほどの安価なものですが //

スピーカーが違う以上、比較する基準が一定ではないので、「デジタルか、アナログか」という問いは意味がありません(同じスピーカーで比べなければ、それが「スピーカーが違う」ことによる差なのか、「伝送方式が違う」ことによる差なのか、分からなくなります)。

しかし、結論だけ先にいえば、私なら1.5万円の製品を選びます。デジタル入力の有無による価格の差を考慮しても、2倍の価格差があるなら高い方を選んだ方が全体的なクオリティが高いことが期待できるからです。

-----------
なお、「デジタルか、アナログか」というだけでは結論を出せない理由を、以下に書いておきます。

仮に同じスピーカーであるとして、デジタル接続とアナログ接続でどちらが良いか、という話であれば、これもまた単純な比較はできません。

「スピーカーから聴こえてくる音」はアナログ信号ですから、どこかでデジタル信号をアナログ信号に変換しなければなりません(これをD/A変換といい、それを行う装置・回路をDACという)。その場合に、そのDACによって、それぞれ音質が違います。より具体的にいえば、変換後のアナログ信号が微妙に異なるということです。

つまり、「サウンドカードのアナログ出力」は、サウンドカード上ですでにD/A変換された信号を取り出していることとなります。他方、デジタル出力からスピーカーに繋ぐと、「スピーカーのDACで」D/A変換していることになります。

したがって、「DAC自体の音質の良し悪し」として、サウンドカードの方が良いのか、スピーカーに内蔵されたものの方が良いのか、という差もあります(つまり、スピーカーのDACの音質の方が悪ければ、「デジタル接続だから高音質」とはならない、ということ)。

そのような理由から、接続方法がデジタルであるか、アナログであるか、というのは、音質を決める1つの要素に過ぎず、それだけで答えを出すことは不可能なのです。

>> 購入予定のスピーカーは前者が実売8千円程度、後者は1.5万円ほどの安価なものですが //

スピーカーが違う以上、比較する基準が一定ではないので、「デジタルか、アナログか」という問いは意味がありません(同じスピーカーで比べなければ、それが「スピーカーが違う」ことによる差なのか、「伝送方式が違う」ことによる差なのか、分からなくなります)。

しかし、結論だけ先にいえば、私なら1.5万円の製品を選びます。デジタル入力の有無による価格の差を考慮しても、2倍の価格差があるなら高い方を選ん...続きを読む

Q光デジタルケーブルの値段による音質の差はある?

光デジタルケーブルの値段による音質の差はありますか?
オーディオテクニカやプラネックス、エレコムなどメーカーによって値段が全然違いますが。
値段によって音質や耐久性に違いはありますか?

Aベストアンサー

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。

音質への影響については、基本的にはさほどないです。よほど粗悪なら別ですけど。
ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂正したり補正する)が登載されています。まあ、S/PDIFは送り専用なので、エラーの訂正は最小限となります。
S/PDIFでのエラー発生時の対応では、音声や映像のロストの場合、ミリ秒単位なら同じ音、映像を引き延ばし残すことで、対応します。

それに対して、持続的にエラーが生じる場合は、再生不能となります。要は、音声なら音飛び(または信号途絶が発生)します。
内部のファイバー線が断線したり、粗悪なケーブルや、接合部の処理が不完全(特に抜き差しが多いなら3番目は大きいかもしれません)はなものなら、この傾向があります。ただし、高安が必ず影響するわけではありません。初期不良によるケースが多いです。

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。

音質への影響については、基本的にはさほどないです。よほど粗悪なら別ですけど。
ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂...続きを読む

QTV光デジタル音声出力端子に接続可能なスピーカー

【パナソニックTVの光デジタル音声出力端子にスピーカーを接続したい】
・TH-L32DT3型番のTVの光デジタル音声出力端子にスピーカーを取り付ける場合、
 どんなスピーカーが取付け可能でしょうか。商品の選択と注意することを教えて
 下さい。TVのテーブルにスピーカー付きがあるようですが、収納の関係で購入
 ができません。 

[アドバイスをお願いしたい背景]
・パソコンにミニジャックでアンプ内蔵スピーカー接続の経験はありますが、TV
 で接続した経験がありません。。
・光デジタル音声出力端子への接続ですが、アンプ内蔵のスピーカーを選択するの
 かどうか分かりません。
・オンキョーのホームページを見てみますと、PCスピーカーの紹介はあるのです
 が、TVのスピーカーの記載はないようです。TVにPCスピーカーは使えるの
 か分かりません。
・光デジタル音声出力端子ですが規格は何種類かあるのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、光デジタル端子付きのスピーカーで、アンプを内蔵していない製品はあり得ませんから、必ずアンプ内蔵となります。より正確に言えば、D/Aコンバータ(デジタル→アナログ変換)とアンプを内蔵したものになります。

なお、光デジタル端子付きのスピーカーでありさえすれば、つなぐ相手は選びません。オンキヨーのスピーカーがPC用になっているのは、PCの周辺機器として売り出しているからであって、PCにしかつながらないという意味ではありません。なのでテレビ用やオーディオ用に使っても何ら問題ないです。

光デジタル端子の種類ですが、角型と丸形の2つがあります。日本国内ではほとんどが角型で、丸形は探さないとありませんが、コネクタの形が違うだけで、中の信号は同じです。よって片方が角型、もう片方が丸形の光ケーブルさえ用意すれば問題なく接続できるため、そう気にする必要もないでしょう。光丸形コネクタは、コネクタを並べる余裕がない機器でステレオプラグと兼用として用意されていることが多いようです。純粋な光丸形コネクタもあるにはあるんですが、個人的には過去に一度しか見たことがありません。非常にレア物ですね。

ただしデジタル接続の場合は、コネクタの形よりも中の信号形式の方がはるかに大きな問題となります。単純なステレオ2chから5.1chまでと幅広い形式の信号が通る可能性があり、また5.1chもドルビーサラウンドやDTSといった複数のフォーマットがあり得るなど、とにかく全然違う信号が通ります。なので、スピーカー側がどの形式の信号に対応しているのか、またテレビ側がスピーカー側の対応する信号で出せるのか、そこを確認しておくことが非常に重要です。もしこの対応が合わないと、全く音が出なくなってしまうので。

難しいことを考えたくなければ、アナログの赤白ケーブルでつなぐのが最も間違いないでしょう。しかもその方が、下手な光接続よりも音が良い可能性だってありますから。冒頭にも書いたD/Aコンバータが安物だと、デジタルからアナログに変換する段階で音が悪くなるので、だったら初めからテレビでアナログ音声を送り出した方が良い場合があり得るわけです。ただしテレビ内蔵のD/Aコンバータの質が悪いと、台無しになっちゃいますが。

いろいろ考える要素があって難しいですが、基本はそれなりに高い物だと、デジタルでもアナログでも間違いのない結果が得られやすいとは言えると思いますね。

まず、光デジタル端子付きのスピーカーで、アンプを内蔵していない製品はあり得ませんから、必ずアンプ内蔵となります。より正確に言えば、D/Aコンバータ(デジタル→アナログ変換)とアンプを内蔵したものになります。

なお、光デジタル端子付きのスピーカーでありさえすれば、つなぐ相手は選びません。オンキヨーのスピーカーがPC用になっているのは、PCの周辺機器として売り出しているからであって、PCにしかつながらないという意味ではありません。なのでテレビ用やオーディオ用に使っても何ら問題ないです。
...続きを読む

QPS4の音声出力設定について

PS4 → HT-SS380 → KDL-46HX720

で接続しているのですが、PS4の音声出力設定の音声フォーマット(優先)をどれにすれば一番高音質で再生することが出来ますか。

項目は3つあって
Linear PCM
ビットストリーム(Dolby)
ビットストリーム(DTS)
とあります。

ご教授の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音質だけで考えれば、非圧縮であるリニアPCMだということになりますが、リニアPCMはマルチチャンネルに対応しておらず、ステレオ2chのみの再生になります。なのでサラウンド再生と言った音場効果まで考えた場合、何をもってベストとするかは一概に言えなくなってきそうだし、もともとマルチチャンネルで録音されているタイトルだと、リニアPCM再生のためにPS4でミックスダウンしてから出力されるわけなので、ますます判断に困ることに…

Qヘッドホン出力とライン出力の違いについて

ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。
それとインピーダンスというものもよくわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワーアンプ
 ↓ 実際に耳で聞くための信号
 ↓ 好きなように音量を調整する。
4.スピーカー
 ↓ 音を出す装置
 ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、
 ↓ インピーダンスが違います。
5.耳で聞く

インピーダンスは抵抗です。
プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。

大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。

例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。
インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。

本当に大まかです。
ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。
ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3.のパワーアンプが無い状態と同じです。

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワー...続きを読む

QHDMIケーブル?光デジタルケーブル?

題名通り、
HDMIケーブルと光デジタルケーブルのどちらかを
 コンポに繋げて
TVから発せられる音声を聞こうと思いますが
どちらがいい音が得られますでしょうか?

Aベストアンサー

再生機器が対応しているならどちらも同じと考えていいと思います。

ところでデジタルにおいて電気→光→電気に変換すると音が劣化するというトンデモ理論を回答されている方がいますが、それが本当ならCDは劣化のかたまりです。
HDDの音楽再生でも電気→磁気→電気ですから同様に劣化する理論になります。

光デジタルより同軸デジタルをお勧めする人を見かけます。
しかしそれは全く別の理由ですし、その効果でさえ本当のところは判っていません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/S/PDIF

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む

Q薄型テレビに外付けスピーカを付けたい

現在REGZA 40R9000やAQUOS LC-32E6を使っておりますが、ニュースなどの音声を聞き取りやすくするべく外付けスピーカシステムを探しましたが見あたりません。

条件は、
 テレビ側リモコンで音量調整ができる事
 5.1CHとかサラウンドとかは不要
 ワイヤレススピーカは電源の問題があり使いたくない

私はオーディオマニアなので、案としては
 案1、スピーカをテレビのヘッドホン端子に接続する、音質とヘッドホンアンプの出力が心配
 案2.HDMI入力のアンプがあれば、問題解決と思ったのですが
     AVアンプやサラウンドアンプしかヒットせず、高すぎて無理ですし第一じゃまです
    私の望む、弁当箱サイズでラックの隅に隠しておけ、かつ1万円以下の
    HDMI入力で10W+10W程度のステレオアンプって無い物でしょうか?  
 

Aベストアンサー

はじめまして♪

そうなんですよねぇ~、最も簡単そうな方法がなかなか簡単に出来ない。
(各社は高いシステムを売ろうとしてますからねぇ。苦笑)

ヘッドホン端子から直接スピーカーと言う事は、経験が有ります。
元々、スピーカー工作も趣味の一つでしたので、、、、

結果は、片側2~4本のスピーカーユニットで、インピーダンスを16/32Ωに合わせると、結構大きな音が出ます。
8Ωユニット1本だと、普通の音量でもテレビ側を最大音量付近にしないとダメでした。2本を並列にしたら(4Ω)予想通り、最大音量にしても母から「音が小さい」とクレームが出ましたよ。(苦笑)

イヤホン端子とスピーカーユニット間に小型アンプと言う事でデジタルアンプキットを使った時期も有りましたが、基盤に電線を捻った状態だった為、掃除のときに引っ掛けてアンプが壊れちゃいました。

そこそこ経費をかけるなら、PC用スピーカーなどの流用はアリでしょう。

テレビのヘッドホン端子は、内蔵スピーカー用のパワーアンプを抵抗を介して端子に導いているだけですので、常時最大音量付近で使う等でなければ、問題はありません。

ヘッドホン端子をスピーカー用、又はライン用に流用すると、従来通りテレビのリモコンで音量調整が可能です。

創意工夫してみてください♪

はじめまして♪

そうなんですよねぇ~、最も簡単そうな方法がなかなか簡単に出来ない。
(各社は高いシステムを売ろうとしてますからねぇ。苦笑)

ヘッドホン端子から直接スピーカーと言う事は、経験が有ります。
元々、スピーカー工作も趣味の一つでしたので、、、、

結果は、片側2~4本のスピーカーユニットで、インピーダンスを16/32Ωに合わせると、結構大きな音が出ます。
8Ωユニット1本だと、普通の音量でもテレビ側を最大音量付近にしないとダメでした。2本を並列にしたら(4Ω)予想通り、最大...続きを読む

Qテレビの音声をコンポのスピーカーで聴く方法について

教えてください!

テレビは、ケーブルテレビのチューナーとつなげて見ています。
そのテレビの音声をコンポのスピーカーから出力したくて、双方の取説を見ながら頑張っています!
アナログの赤と白の端子を使って、テレビと接続しました。

コンポも「AUX」モードに切り替え、テレビの入力も「外部音声使用」に切り替えましたが、コンポのスピーカーからは「ブーーー」という音しか出てきません。テレビのスピーカーから音は消えました。うまくいかない理由はわかりますでしょうか?

テレビは SHARP AQUOS LC32DX1
システムコンポは Victor NX-DV3-W

を使用しています。当方、オーディオに強くないため、わかりやすく説明していただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答が増えて複雑になってきました。私も複雑にしてしまってるようですが、宜しければケーブルテレビのチューナーの型番か、背面の写真をアップして下さいませんか?もっと接続方法を整理できるかと思うのですが。

QCOAXALとRCAケーブルとの違いを教えて下さい

音響機器音痴の私に教えてください。。AVアンプ等でデジタル接続端子部分ににcoaxialとありますがこれには専用の接続端子をもったケーブルを使用しなくてはいけないものなのかRCAと接続端子部分は良く似ているので同じもので供用できるものなのかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ます。ただCoaxial;同軸ケーブルの中にも外来ノイズに対して配慮した特性インピーダンス(Zo)=75Ωのケーブルも販売されていますので、OE-EO変換回路を使用したくなければ、この様な製品を使用することも可能です。例えば参考URLで販売している4C-XEW同軸ケーブルが該当します。

2、Zo=75Ω同軸ケーブル
 TV、ビデオ等の画像を扱う信号はZo=75Ωの同軸ケーブルと決まっていますので、身近にある画像用ケーブルはZo=75Ωと考えて間違えありません。JIS規格では例えば”3C-2V や S-5C-FV”と言う表示の”C"がZo=75Ωを示しています。”TVECX”等もTV用ということでZ0=75Ωです。
 AV機器周りではRCAコネクタが付いていますので、混乱を招きますが、先の回答にも有りますように、ビデオ用は黄色の表示が一般的ですので、これを使用ればZo=75Ωと成っているでしょう。アナログオーディオ用に販売されているRCAケーブルの多くは特性インピーダンスを75Ωに成るように設計されていないものが多くあります。その理由は音声帯域の20Hz~20kHzのような低周波ではケーブルの特性インピーダンスは大きく変動する為にインピーダンスマッチングと言う考え方が無い、出来ない、する必要が無い世界だからです。この当たりの事を詳しくお知りに成りたければ、これも参考URLに記載があります。御参考まで。

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング