ヒグチ薬局のこの目標設定の根拠は何なのでしょうか?CMに出てた人は誰なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

目標を掲げた当初は、日本に薬局の数が約42700店舗あり、薬ヒグチの一店舗あたりの売上が他の10倍であった事から、「427店舗を達成できれば、シェア10%が達成できる!」という事で、"目標427店舗"となりました。


昭和55年にこの目標を達成してしまい、次の目標は「427店舗」の4を1と3に分けて、「1,327店舗」とした、という事です。
なぜ1と3に分けたかというのは、お客さんからの発案で「インド哲学に基づくもの」だそうです。

CMに出ていた(象に乗っていた)のは社長だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお答えいただき有り難うございます。お陰で20年来の疑問が解けました。

お礼日時:2002/02/26 12:59

すでに回答がでていますが、補足(?)を少し。


目標1327店にしたのは、前の目標427店が「死にな」に読めるからという話があります。(当時は、不謹慎な・・という話が結構ありました)
あくまで、そういう話があったということで本当の根拠は別のことでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。ポイントは先着順とさせていただきます。

お礼日時:2002/02/26 13:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「クスリのヒグチ」は今どうなっているの?

かつてクスリのチェーン展開で躍進した「ヒグチ」は最近全くCMや、流通業界でも聞かれなくなってしまいましたが、今どうなっているのですか。また衰退(?)した原因は、特にマツモトキヨシとの対比においてのご意見をお願いします。

Aベストアンサー

昭和55年に「目標427店」を達成したあと、薬店から大型ドラッグストアや調剤薬局に業態を移すため小規模店舗の閉鎖を進めているようです。

Q自分の目標設定はどうすれば立てればいいのでしょうか?

前回質問させてもらったのですが、あんまりとっぴな目標は立てないほうがいいといわれました。現実的に自分が少しがんばればいい目標がいいといわれました。
しかしどのぐらい自分が努力して延びるかわからないです。1年後どうなっているかわからないですし・・・
やはり、目標にむかって少し走ってみて、成果がどのくらいでているか見ながら、このペースならこれぐらいに達成できるだろうと考えればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

方法論も考えず 「頑張る」だけで成績は上がりませんよ?
「これだけの事をすれば これだけ上昇する」程度を理解せず
計画を立てる方が無謀です。

自分の力が解らないのなら、それの把握が先であり、
「これを達成する為に 何をしなければならないのか?」が想像出来ないレベルなら
計画を立てるだけ時間の無駄ですよ?
まずは 走ってみるのが 先でしょうね。

Q1ドル何円とかって誰がどうやって決めてんの?

1ドル何円とかって誰がどうやって決めてんの?わかる人いる?

Aベストアンサー

外国為替取引所に、ドルを売りたい人が希望価格と数量を提示し、ドルを買いたい人が希望価格と数量を提示します。
売りたい人と買いたい人の価格と数量が一致したら取引成立です。
この時の価格が為替相場になります。
なので、値段は売りたい人と買いたい人が決めているという事ですね。

Q国債は誰が発行して誰が買い取る?

国債は誰が発行して誰が買い取るのですか?

Aベストアンサー

国債

財務省(日本国)が発行、
証券会社・銀行・郵便局(ゆうちょ銀行)などの販売代理店を通じて、
内外の投資家が買う
投資家には、外国の年金基金などの機関投資家から、下町の専業主婦まで、
いろいろある。

※数年前までは、有力証券会社・大銀行からなる引受シンジケート団に
満額買い取らせ、実際の販売高に関係なく国は国債印刷した分借りれるという
ムリヤリな、やり方でした。
 法律で、日銀は、銀行の準備預金の現物として国債を入金しても、いいが
国から直接、引き受けることは、禁止されている

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q株高、誰が買っている? 日本国債、誰が買っている?

これまでは市場が不安定化すると国債が買われ、市場が安定的成長的となると国債は売られ株が買われて株高になっていました。しかし昨今株高でありながら国債も買われて長期金利は低下し続けています。

これまで20年近く日本国債が売られると、その売った資金の多くは株へ流れて株価上昇になるという傾向にありました。
現在、株価を大幅に押し上げ、国債も上昇させるとなるとかなりの資金がどこかからか流れてきているはずです。大きなお金の流れとして現在の日本国債の資金はどこから来ているのでしょうか?あるいは株高の資金はどこから来ているのでしゅか?

Aベストアンサー

 あなたの質問は、タイムリーで、的をえています。
現在の、経済を、正確に評価しています。

そう、あなたのお考えのとおり、一般投資家の投資資金を、国債から、定期預金から、株へ移動させているのです。
国債と定期預金から、株へ移動しているのです。

物価上昇率を 2% に設定して、預金、国債の金利を据え置く。
据え置くためには、国債が売れ残れば、日銀がみんな買う。金利上昇は絶対させないの意気込みで買う。
誰も買わなくて全部売れ残っても、日銀がみんな買う。これで金利上昇を抑える。
マスコミはこれを異次元の政策と呼んでいます。
ただ、売れ残りの国債をみんな買う、それで、国債の金利上昇を抑えて、国債の政府のディフォルトを守る。
まともではない、だから、まともな人には、物価上昇2%までの政策と説明する。

だから、安心して国債を増発できる、無制限に、いや、物価2%上昇まで。
預金金利は、金利が物価上昇2%よりも低くて悪けりゃ、株でも買いなと。

問題は、これが長続きするか、持続的な景気回復になるかです。
ここまでにしておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報