今実験で発振回路を作っているのですが、先生に浮遊容量に注意しなさいといわれました。
浮遊容量って何ですかと聞かれた時に何と答えたらよいのかわからないので、どうか浮遊容量について教えてください。お願いします。

A 回答 (1件)

浮遊容量は、回路図に書いてないコンデンサーですね。


現実に電子回路を作ると接近した配線や部品と部品の間または絶縁物を介して静電容量が出来てしまうことです。
これは、当然電子回路の動作に影響します。
発振回路ですから、コンデンサーの容量は、発振周波数に関係する重要な要素であることは分りますね。
発信回路でない増幅器などでも、これが原因で発振したりすることもあります。
扱う周波数が高いほど小さな静電容量でも影響が出やすくなります。
回路の配線は短く、出来るだけ最短距離で、それから、入力と出力は、接近させないようにします。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

こんなに早く回答してもらい、本当にありがとうございます。
これで何とかなりそうです。

お礼日時:2002/02/27 18:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位 μg/l と mg/m3 について

水中のクロロフィル濃度を示す単位でμg/l と mg/m3 の両方が使われていますが、
10μg/l と 10mg/m3 は同じ濃度と考えていいのでしょうか?
後者は気体中の濃度を示す単位のようですが...

どなたかお分かりの方、ご教授、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ濃度です。

L(リットル)もm3(立方メートル)も体積を表す単位なので、
それが水でも空気(気体)でも使えます。


10μg/L=10×10^(-6)g/1×10^(-3)m3=1×10^(-2)g/m3

10mg/m3=10×10^(-3)g/m3=1×10^(-2)g/m3

Q同調形発振回路とはどんな回路ですか?

同調形発振回路とはどんな回路ですか?

Aベストアンサー

こちら(http://bbradio.sakura.ne.jp/osc_t/osc_t.html)に記載されてるような発振回路です。

Q2000lは何m3?

2000lは2m3ですか?

Aベストアンサー

はい。

厳密には、気圧や温度により水の体積は変わりますが、、、
一般的な良識では、2立方メートルです。

Q問1 この回路全体の電流の大きさはいくらか。単位をつけて答えなさい。 問2 この実験で電熱線Bの容器

問1
この回路全体の電流の大きさはいくらか。単位をつけて答えなさい。

問2
この実験で電熱線Bの容器中の水は15℃から27℃に上昇した。このとき電熱線Cの容器中の水は何℃温度かじょうしょうするか、答えなさい。


この2問の解き方が分かりません。私立高校さんの過去問なのですが解説がついていなくて...。答えは問1が0.6A、問2が6℃になります。どうやって解くか教えてください。

Aベストアンサー

問1
電源が6Vで電流を求めるのだから、全体の抵抗を求めればいいですね。
3と6が並列なので、1/3+1/6=3/6=1/2となり、この部分の合成抵抗は2Ωです。
あとは直列なので、全体の抵抗は2+2+6=10Ωです。
電流は6/10=0.6(A)となります。

問2
仕事量は抵抗の大きさに反比例します。
入っている水の量は同じなので、電熱線B(3Ω)によって12度上昇したのであれば、
電熱線C(6Ω)では、12÷(6/3)=6度上昇することになります。

Qmg/lからμg/m3に換算できません

初めて質問させてもらいます。

空気中の硫酸イオンをサンプリングし、イオンクロマトで測定した結果(mg/l)を
μg/m3に換算したいのですが、上手く換算できません。

吸引量は100リットルなのですが、どう計算すれば良いでしょうか?

どなたかお力をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 空気100リットルに含まれる硫酸イオンを捕集する。
(2) 捕集した硫酸イオンを水に溶かして V リットルの試験液を調製する。
(3) 試験液をイオンクロマトで分析して、試験液の硫酸イオン濃度を求める。←いまここ
(4) 試験液の硫酸イオン濃度から、捕集された硫酸イオンの質量を計算する。
(5) 捕集された硫酸イオンの質量から、空気1000リットルに含まれる硫酸イオンの質量を計算する。

それぞれの単位の定義を知っているかどうかだけでは、だめです。
捕集した硫酸イオンを何リットルの水に溶かしたかが、必要です。

Qハートレー発振持続条件式と発振周波数fo式

LC発振回路の1つであるハートレー発振回路に発振持続条件式と発振周波数foの式があるのですが、この2つの式をどのように導きだせばいいのかわかりません。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅くてすみません.

>ハートレー発振回路を用いてRやLやCなどを使って回路方程式を立てて、発振持続条件式と発振周波数の式を導くのですが、方程式を用いてどう導きだしていいのかがわかりません。

とありますが,そもそも能動素子は何で,どのようなパラメータを用いるかが,分からないと方程式自体が立てられません.hパラメータやyパラメータの場合は適当な電子回路の教科書に書かれているので,そちらを参考にすればよいと思います.

Q1molは何m3

0度、1アトムの標準状態における気体の体積は22.4L=1molと思うのですが、1mol=22.4Nm3の意味が分かりません。1m3って1000Lだから1mol=0.0224Nm3?変な質問ですみません。なぜ1mol=22.4Nm3なのでしょうか?

Aベストアンサー

誤植か(誰かの)読み間違いでしょうね.
1 kmol = 22.4 Nm3 です.

ちなみに Nm3 はノーマル立米というのでしょうか,標準状態換算の体積の特定業界用語的単位です.m3(STP) とかと同じです.

Qウィーンブリッジ発振回路について

ウィーンブリッジ発振回路と呼ばれる理由が知りたいので
教えてください。

Aベストアンサー

まず、ウイーンブリッジですが、交流ブリッジの一種でコンデンサの特性を調べるのに使います。4辺のうち2辺が抵抗、1辺は抵抗とコンデンサの直列、残りの1辺は抵抗とコンデンサの並列となっています。

ウィーンブリッジ発振器はウィーンブリッジの4辺をそのまま利用した形になっています。

なぜ「ウイーン」ブリッジという名前なのか? 確証はありませんが、下記URLに、
「1893(明治26)
*ドイツ国立物理工学研究所の29才のウィーン(Wien)が「ウィーンの法則」物体が発する光のうち最も強い光の波長は、その時の温度に反比例する)を発見。温度が高くなると波長が短くなる、すなわち、青みがかってくる。温度が低いと赤み。」
と言う記述が見られる事から、このWienがウイーンブリッジの発明者ではなかろうかと推定しています。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~sanken/beppudic/meiji.html

QM3さくらで使用可能なMicro SDHCカードについて

所有するアニメのDVDを変換し、ニンテンドーDS用ソフトのM3さくらを使い、電車通勤中に視聴するという用途で使っています。
M3さくらの記憶媒体は、現在sanDiskの8GBのmicro SDHCカードを使っているのですが、DVDボックスのアニメを入れると2~3本で容量が一杯になってしまいます。
小まめにカードを出し入れするのが面倒なので、そこで容量の大きい16GBのmicro SDHCカードの購入を考えています。
ただ、相性問題が心配なので、M3さくらを使っている方で、16GBのmicro SDHCカード使ってる方がいましたら、どこのメーカーのものなのか参考に教えていただけますでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最大で8GBとなっているので16GBは使えないのでは?
http://www.m3sakura.jp/
上の方の大容量micro SDHCの所を見てください。

Q電子回路における「発振」がわかりません。

三端子レギュレータを使うとき安定化のための電解コンデンサを使いますが
それ以外にも発振防止用に0.1μFのセキセラを使いますよね?
これの意味がわかりません。
そもそも発振とは具体的にどういうことなのでしょうか?
これがパスコンというやつですか?
あわせてどんな場面で使うべきなのかも教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

三端子レギュレータ回路の電解コンデンサ-は「脈流分の平滑目的」で完全な直流を供給する場合は電解コンデンサ-は使わないです。
(※自動車バッテリー12Vをレギュレータで6Vに下げる場合など)

しかし、入出力の最短距離に発振防止目的のコンデンサ-は入れます。
その目的は、ノイズ信号帰還(フィードバック)による発振を起こさないようノイズ信号を吸収する為です。

ICの電源回路などに入れるバイパスコンデンサ-は、ノイズ信号を吸収したり電圧変動を軽減する目的ですからパスコンの目的に近いですが、三端子レギュレータに入れるコンデンサ-はノイズ信号の吸収が主な目的です、
その為、高周波特性の良いセラミックコンデンサ-を使う意味があります。
(※静電容量が比較的大きい積層セラミックコンデンサ-を使う)

尚、実感出来る帰還による発振例に「ハウリング現象」があります。
アンプに接続したマイクをアンプに接続したスピーカーに近付けたり、音量を上げたりすると「キーン」という発振音が出ますが、これが帰還による発振です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報