gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

ラグランジュ未定乗数法について
目的関数と制約式の法線の傾きが等しくなるような条件を求めるのが、ラグランジュ未定乗数法だと考えたのですが、よいでしょうか?

その法線の傾きがグラディエントであると考えればよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

両方ともそれでいいと思いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/20 06:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング