人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

例えば -1000円 の予算に対し、実績が2000円だった場合の予算比の出し方を教えて下さい。
エクセルの計算式に入れると-200%になりますが、-の予算を+にしたわけですから、+の予算比になると思いますが、どうすればよろしいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 比率なら、単純には-200%ですよ。

もし予算が0円だったら、実績が1円でも計算不能です(あえて言うなら∞、-1円なら-∞)。

 まず、予算と実績を何と考えるかですね。予算は普通は使うべき金額ですから、-1000円というのは、借金状態となっているのでしょう。

 実績2000円が使った金額なら、それを予算から差し引いて、-1000-2000=-3000円となります。もし儲けであれば、予算に対してマイナスになりますから、-1000-(-2000)=1000円となります。

 そういうことに対して、比率を考えるとき、それは「進捗率」と呼ばれるような比率を考えることになります。予算なら「最初に計画して用意した予算をどこまで使ったか」ですね。最終決算で100%になれば計画通りとなるように考えるべきものです。

 0円の予算とは、出費を想定しないということですから、これは考えるべきではないです。必要になるかもしれないけど、特に使うつもりはない。そうしたものは、別に特別予算とか雑費などとして、一括りにしておくのがよいです。

 予算がマイナスなら借金です。これは、使うために予定しておく予算とは別に考える必要があります。借金として予算とは別に、プラスで予定として計上しておくのが普通です。

 借金であれば、どこまで返済したかを把握していくことになります。もしマイナスになれば借金が増えたことになります。100%を超えたら、返し過ぎです。そういう管理項目としておくといいでしょう。

 そうした考え方で書かれるのが、経理業務で貸借管理表などと呼ばれるものになります。収入と支出を分けて書いて、その差で黒字か赤字か、あるいは貸し借りの勘定があっているかなどが、一目で分かるように作ります。
    • good
    • 4

予算比という言葉からは実績/予算で計算するのが当然だと思いますよ。



> -の予算を+にしたわけですから、+の予算比になると思います

どうして?
あなたの思っている「予算比」を計算して何を評価したいのかなあ?
それに応じた計算をすればいいでしょう。
でも,どんな計算をしてもいいのだけれど,それを予算比と言われるとちょっと違うよねと私は思います。

で,本題ですが
-1000円の予算に対し,実績が2000円だった場合の予算比
として答えは何になれば満足ですか?
また
-1000円の予算に対し,実績が-2000円だった場合の予算比
-1000円の予算に対し,実績が-1000円だった場合の予算比
-1000円の予算に対し,実績が0円だった場合の予算比
-1000円の予算に対し,実績が1000円だった場合の予算比
として答えは何になれば満足ですか?
もしその答えに矛盾がなければ計算式を作ること自体は簡単です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。

私の説明不足でしたね。すみません。
少し整理します。

お礼日時:2012/11/24 15:40

C1セルにー1000、D1セルに2000とあるときに通常の式通りにE1セルには次の式を入力しセルの表示をパーセントスタイルにすればよいでしょう。



=(C1-D1)/C1

300%となりますね。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございます。
言われてみれば簡単ですね。
助かりました。

お礼日時:2012/11/24 15:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイナス値の昨年対比率の算出方法?

表計算で、店別の粗利の昨年対比を算出したいのですが、計算式を教えて下さい。例えば昨年値 A=100 今年値 B=123 なら B*100/A-> 123% となり納得いきます。
しかし AもBもマイナス値の場合はどう計算するのでしょうか? A=-123 B=-100 なら去年より成績がよくなったので 100% 以上の答えを期待するのですが B*100/Aでは期待する答えになりません。実務上ではどのように作表するのが正しい方法なのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合100%以上の答えを期待してはいけません。
そもそも百分率(%)とはある値を100とした時の割合を見るためのものです。
昨年値がマイナスの場合、負の数を100とすることで正負の逆転があることを
頭において下さい。

混乱を避けるために昨年値との増減を見るようにします。
昨年値をA、今年値をBとすると
式は、(B-A)/A*100 となります。
 (1) A: 100 B: 120の場合-> +20(%)
 (2) A: 100 B:  80の場合-> -20(%)
 (3) A:-100 B:-120の場合-> +20(%)
 (4) A:-100 B:- 80の場合-> -20(%)

(3)の場合+20%という答えになりますが、昨年値Aがマイナスなので
マイナスが20%増えたと考えます。
同様に(4)はマイナスが20%減ったという事です。

では、頭の中を整理して、じっくりと考えてみて下さい。

Q前期がマイナスの前年同期比の計算方法について

お世話になります。
初歩的な問題ですが、

前年の数字が -20,793,230で
今期の数字が  81,073,962 と

大幅に違っていました。

普通ならば今年度÷前年度で比率は求めれられますが、
前年度の数字がマイナスの場合、
比率の計算はどのようにしたら良いのでしょうか??

また、前年がマイナスで今期も同様にマイナスだった場合の
前年同月対比についても計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前年度の絶対値(マイナスをとった値)と今期の数を足して前年度の絶対値で割ります。

どちらもマイナスの場合は
今年度÷前年度の答えにマイナスをつけます。

で、どうでしょう。

Qエクセルで前年比を計算したい

今年の利益:300万円
昨年の利益:-200万円
の場合の、対前年比の算出式を教えてください。

どちらもがプラスの場合には、今年÷昨年で算出していましたが、
マイナスの場合の算出方法がわかりません。

パーセント表示で出したいと思っています。

お願いします

Aベストアンサー

前年比(パーセント表示)は、前年も今年もプラスであってはじめて意味があります。
どちらか、あるいは両方がマイナスの場合は意味がありません。
計算式どうりなら、昨年がマイナスでも今年がマイナスでもともにマイナスとなります。

あえて表示するとすると、利益300万円(前年比+500万円)といった絶対額表示でしょう。

Q伸び率のマイナス数値からのパーセント計算について

伸び率の計算をする際に、
たとえば「前月比○○%の伸び率」といったような表示をする場合、

1月・・・ 5,000
2月・・・ 12,000

だった場合は2月÷1月×100=240%で出るかと思うのですが、
これが対象となる数値がマイナスだった場合、

1月・・・ -5,000
2月・・・ 12,000

先ほどのように計算しようとするとマイナス部分をどのようにしたらよいのかが分かりません。
マイナスがない場合と同様に考えて計算しても良いのか、あるいは別な方法を用いらなければならないのか・・・。


どなたかご教授いただければと思います。

Aベストアンサー

伸び率は「増加分÷基準の月の絶対値×100」です。

>1月・・・ 5,000
>2月・・・ 12,000

の場合は「(12000-5000)÷5000×100」で「140%」になります。

ですので、
>だった場合は2月÷1月×100=240%で出るかと思うのですが、
は間違っています。

>1月・・・ -5,000
>2月・・・ 12,000

の場合は「(12000-(-5000))÷(5000)×(100)」で「340%」になります。

なお、この式は「差が無い時は0%」になります。

もし「差が無い時は100%」にしたい(それは「伸び率」ではなく「前月比率」ですが)場合は、上記の式で出た数値に「100%」を足して下さい。それぞれ「240%」「440%」となり、質問者さんが欲しがった値になります。

Q目標値がマイナスの場合の達成率の出し方

すみませんが、どなたか至急教えてください。
目標値をマイナスで設定していた場合に、達成値がプラスになりました。
こういう場合の達成率はどういうふうに計算すればよいのでしょうか・・・?
申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No2です。目標値をA1、達成値をB1とした場合、

ABS(A1-B1)/ABS(A1)*100

Q予算達成率の計算式

マイナスの予算に対して実際にはマイナスが少なくて済んだ場合の達成率の計算の仕方についてお教え願えませんでしょうか。

予算 ▲189  実際 ▲150 の時
予算 ▲189  実際   30 の時

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
ちょっと違うような気がして、あれから少し考え直しました。
次の式は、質問者様の意図を反映していると思います。

達成率=ROUNDDOWN(IF(予算=0,"-",(過不足額/ABS(予算)+1)*100),1)

パターン 予算 実績 過不足額 達成率
(1) 100 150 50 150.0
(2) 1,000 1,000 0 100.0
(3) 1,000 0-1,000 0.0
(4)-1,000 900 1,900 290.0
(5)-1,000 -1,000 0 100.0
(6)-1,000 0 1,000 200.0
(7) 0 900 900-
(8) 0 900 900-
(9) 0 0 0-
(10) -189 -150 39 120.6
(11) -189 30 219 215.8

上の試算は、予算がプラス、マイナス、ゼロの場合に分け、
それぞれ実績がプラス、マイナス、ゼロに分けたものです。
ご質問は、パターン(10)と(11)に計算してあります。

No.1様への「お礼」では、
>▲189÷▲150=1.26として計算してしまうのもおかしいような気がします。
・「予算/実績」ですから、これはおかしいですね。
赤字、黒字、トントンのどのパターンの場合でも同じ式が使えないと意味がありません。

No.4です。再び失礼します。
ちょっと違うような気がして、あれから少し考え直しました。
次の式は、質問者様の意図を反映していると思います。

達成率=ROUNDDOWN(IF(予算=0,"-",(過不足額/ABS(予算)+1)*100),1)

パターン 予算 実績 過不足額 達成率
(1) 100 150 50 150.0
(2) 1,000 1,000 0 100.0
(3) 1,000 0-1,000 0.0
(4)-1,000 900 1,900 290.0
(5)-1,000 -1,000 0 100.0
(6)-1,000 0 1,000 200.0
(7) 0 900 900-
(8) 0 900 9...続きを読む

Q経常利益増加率⇒マイナス÷マイナスは?

経営分析を始めてやっています。
経常利益増加率の計算方法は、何処にでも載っているのですが・・・
経常利益増加率=(今期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益×100で求められます。
例えば、前年の経常利益が-4,500,000で今期の経常利益が-5,500,000だったら、マイナスとマイナスの割算が、いきなり分からなくなってしまいました。この数字の計算式と指標の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、答えは「47.6%」です。

●指標の表記の仕方
「表記の仕方」という意味がちょっとよく分かりませんが、「今期の経常利益は▲34,000千円と赤字は継続しているものの、赤字額は前期から31,000千円減少(47.7%減)し、回復基調にある」という感じでしょうか?

赤字がからむ場合、文章上で不用意に増減率を用いると誤解を生じることがあるので注意が必要です。この例文では(47.7減)としましたが、なぜ「減」なのかというと、主語が「赤字額」だからです(47.6ではなく47.7というのは四捨五入の関係です)。

「分母の前期を絶対値」とする増減率は、「比較財務諸表」においては有効だと思います。

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、...続きを読む

Qプラスとマイナスが混在した時のパーセント表示について

プラスとマイナスの数値が混じっている数値郡を百分率で表したいのですが,どうすればいいでしょうか?
10,20,-30,40のような数値郡で考えたいのですが,分母を何にすれば良いでしょうか?
また,10,-20,30,-40のように数値の合計がマイナスになる場合はどうなるんでしょうか?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

プラスとマイナスの数値が混じっていることが障害なのではなく、
「数値群を百分率で表したい」の部分が、何をしたいのか明確でない
ことが問題点です。

「百分率で」というのは、
比を表すときに、全体を1ではなく100とするという程度の意味です。
ここから、「数値群」の各数値を何かに対する比で表示したい
という意図を汲み取るとしても、何に対する比で表示したいのだか
書いてありません。その「何に対する」が、質問の「分母」です。

要するに、その質問は、
「私は何がしたいんでしょう?」と訊ねているのです。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Qマイナスの時の計画比率

例えば、利益計画を立てた時に、
計画 30 実績 60 なら計画比200%ですが、

計画 -60
実績 +30

のような場合は、計画比率はどうやって計算すればいいのでしょうか?
また、計画も実績もマイナスの場合は?
皆さんはどうされていますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

no.1です。

「計画比率」(計画達成率)は、せいぜい20~30%を上限とする差異範囲内で管理できるようにしたいところではないでしょうか?
「もうひと頑張りで計画が達成できる」とか「もう少し実績を上げないと・・・油断大敵だ」とかいうように、動機づけというか、計画推進の後押しに使える差異の範囲内にしたいものです。

プラス・マイナス逆転とか、計画比200%超という水準になると、差異幅がどうこうより、むしろ「計画と実績が劇的に違う」という認識があれば十分で、差異要因の分析の方に意識を向けるべきではないでしょうか?(計画が甘かったのか、背伸びしすぎたのか、予期せぬ要因が発生したのか等々・・・)

蛇足ながら、計画と実績の対比は、収益項目と費用項目で実績/計画の分子分母を逆転させたり、分子に差額を持ってきたり、資料を作成する側の意図がもっとも伝わりやすい係数の作り方を工夫するのも面白いものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング