忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

商業高校で実施するビジネス計算1級の内容を勉強しなおしているのですが、「端数期間は真割引とする」の真割引の意味がよくわかりません。計算方法はわかるのですが、真割引とはどういったものなのか。いくつか調べたのですが、計算方法が解説されたものしか見つからなかったのでわかる方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

ご解説しやすいように問題も載せます。
「真割引が何か」を理解したいので、必要なければ問題には触れなくてもけっこうです。


Q.8年6か月後に支払う負債\250,000を年利率5%、1年1期で割り引いて、いま支払うとすればその金額はいくらか。ただし端数機関は真割引による。(計算の最終で\100未満切り上げ)

A. 250,000×0.67683936÷(1+0.05×6÷12)=¥165,100

真割引というものが何かを理解できていないので、(1+0.05×6÷12)をなぜ割るのかがわかりません。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「真割引」自体は、商取引の用語のようですね。



(引用)*************************
デジタル大辞泉の解説
しん‐わりびき【真割引】

手形などを支払期日前に支払うとき、その時から支払期日までの利息の割引をすること。外(そと)割引。
******************(引用終わり)

 そして、答の計算式は何の特別なものではありません。単に「利息の割引」を計算しているだけです。(1+0.05×6÷12)は、単なる「6か月分の利息計算」です。

 ここで求めたいのは、「8年6か月後に\250,000となる負債の現在価値はいくらか」とうことです。8年6か月後の金額を、現在の時点で決済するときには、この「現在価値」で支払いましょう、という取引の仕方を、上のように「真割引」と呼ぶわけですね。(至極当たり前の考え方ですね)

 計算式は、8年6か月のうち、8年分は単純に「年5%の複利」で計算し、6か月分を「年率を月割りした6か月分」として計算しているだけです。

 現在価値を A とすると、8年間の複利計算結果 F8 は、

   F8 = A × (1.05 ^8 )= A × 1.47745544・・・
つまり  A = F8 × 0.676839363・・・   (1)

 さらにもう6か月たつと、年率5%を1/12にした月割りの利率の6か月分ということで、8年6か月後の元金合計 F8.5 は、

  F8.5 = F8 × [ 1 + (0.05/12) × 6 ]
つまり  F8 = F8.5 ÷ [ 1 + (0.05/12) × 6 ]

上記(1)式に代入して、
   A = F8 × 0.676839363
    = F8.5 × 0.676839363 ÷ [ 1 + (0.05/12) × 6 ]

8年6か月後の負債額が F8.5 = \250,000 ということですから、答の式になりますよね?

 要するに、答の式は

   \250,000 ÷[ (1.05 ^8 )×(1+(0.05/12)×6)]

ということで、

   (8年6か月後の元金合計)=(現在価値)× (利率計算)

の式を、

   (現在価値)=(8年6か月後の元金合計)÷(利率計算)

にしているだけのことです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

何となくふわふわと理解できていないものが理解できました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/03/07 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Q100円未満切り上げ

いつも質問ばかりで申し訳ないです。

数字が弱いのに経理を一人でやっているので、
この場はとても助かってます。

100円未満を切り上げで
処理を命じられたのですが、

100円未満切り上げとは、

(例)
・26,953→27,000
・31,719→31,800

とすればよいのでしょうか?
四捨五入とごちゃごちゃになってよく分からなくなってしまいました。

今回の場合、
10円の位をひとつ繰り上げて100円の位を変更させれば
よいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>100円未満切り上げとは、

>(例)
>・26,953→27,000
>・31,719→31,800

>とすればよいのでしょうか?

はい。そうです。

>今回の場合、
>10円の位をひとつ繰り上げて100円の位を変更させれば
>よいでしょうか?

いいえ、それはちょっと違いますね。

100で割り切れない場合(1の位と10の位のどちらかでも0じゃないとき)に、
100の位を1増やして(100足して)、1,10の位をゼロにすることになります。

Q第1級のビジネス計算部門について

初めての投稿です

第1級のビジネス計算部門で、何度計算を繰り返しても答えに辿り着けません(ToT)


問題は、

(1)年利率5.2%の単利で110日間借り入れ、期日に利息\9,152を支払った。
借入金はいくらであったか。

答え:\584,000


(2)定価\280,000の商品を値引きして販売したところ、原価の9,2%にあたる\18,400の利益を得た。
この商品の値引額は定価の何パーセントであったか。

答え:22%


(3)取得価額\4,850,000 残存価額10%、耐用年数30年の固定資産を定額法で減価償却すれば、第17期首帳簿価額はいくらになるか。ただし、決算は年1回とする。
耐用年数30年の定額法:0.034

答え:\2,475,440


(4)取得価額\7,180,000 残存価額10%、耐用年数29年の固定資産を定額法で減価償却すれば、第22期首帳簿価額はいくらになるか。ただし、決算は年1回とする。
耐用年数29年の定額法:0.035

答え:\2,430,430



と言う問題です(T_T)
わかりづらい&多くて申し訳ありません…;;

どのように計算すればいいのでしょうか?
計算式を頭の悪い私に解りやすく教えて下さい。
よろしくお願いします(>_<。)!

初めての投稿です

第1級のビジネス計算部門で、何度計算を繰り返しても答えに辿り着けません(ToT)


問題は、

(1)年利率5.2%の単利で110日間借り入れ、期日に利息\9,152を支払った。
借入金はいくらであったか。

答え:\584,000


(2)定価\280,000の商品を値引きして販売したところ、原価の9,2%にあたる\18,400の利益を得た。
この商品の値引額は定価の何パーセントであったか。

答え:22%


(3)取得価額\4,850,000 残存価額10%、耐用年数30年の固定資産を定額法で減価償却すれば、第17...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
さっそくですが、自分なりのやり方で回答させて貰います。

(1)0.052×110/365=0.01567123287...

  9,152÷0.01567123287...=584,000(円未満切捨て)




(2)18,400÷9.2%=200,000(原価)

 xを値引き額とする。

 280,000-x=200,000+18,400
 
 x=61,600

 61,600÷280,000=22%




(3)4,850,000×0.034×(1-0.1)=148,410 (毎期償却額)

  148,410×16=2,374,560 (第9期末減価償却累計額)

  4,850,000-2,374,560=2,475,440




(4)これも、(3)と同じやり方でできると思います。




分かりづらく、申し訳ございません;
少しでもお役にたてれば、光栄です。

Q電卓の応用問題がわかりません。 (問題) 仲立人が売り主・買い主の双方から手数料を受け取る約

電卓の応用問題がわかりません。

(問題)
仲立人が売り主・買い主の双方から手数料を受け取る約束で、ある商品の売買を仲介し、合計9.62%の手数料を受け取った。売り主の手取り金と買い主の支払総額の合計が8,983,018であり、売り主から受け取った手数料が買い主の支払総額の5%にあたると
すれば、仲立人の、得た手数料合計はいくらであったか。

という問題です。できればどうしてそうなるのか
詳しく教えて欲しいです。┏○┓

Aベストアンサー

買い主の支払総額=売り主の手取金+仲介手数料(5%)=8,983,018  と言うことであれば、

8,983,018 の 95%が売り主に渡り 5%(5/100,0.05)が仲介手数料として仲立人に渡ったことになりますので、

仲介手数料は 8,983,018✕0.05=449,150.9  と、なりますので、  \449,151 ですね。
確認のため、売り主の取り分を計算すると 8,983,018✕0.95=8,533,867.1  \8,533,867 ですね。

両者の合計は、\8,983,018 となり、買い主の支払総額に一致します。

参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング