人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今大学1回生です。大変困っています。。。
塾講師のバイトをしているのですが((個別指導塾です))高2の生徒が、夏休みの宿題で「新聞記事の要約」という宿題が出されているらしく、国語担当の私が添削することになったのですが…
((新聞記事は。新聞から記事を自分で選んでします))
受験時代にも要約の練習などをしなかったので、コツが分からなくて、添削をするどころじゃなくて、大変困ってます;;
新聞記事の要約の時に気をつけるべき点・コツ・アドバイス等教えていただけないでしょうか!!!!添削の際のアドバイスでも構いませんっつ!!!!
お願いしますっつ!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

新聞記事は1文だけ読めばその記事の概要が分かるように書かれているのが常です。

ですから見出しを中心にまとめれば良いはずです。ですが、新聞にも評論記事もありますので、その場合は(1)文章全体をざっと読んで文章構造を把握する(2)文章全体に果たす各段落の役割に留意しながら各段落での言いたいことを把握(3)それぞれをまとめるで良いと思います。
因みに私は大学受験時代に英語長文を一日一個で100日間要約していましたが、大体(1)時系列にまとめる(2)問題提起⇒結論でまとめるの以上2種類のパターンでなんとかなっていましたよ。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

質問日から1週間経っても。お礼も何もしなかった私の質問に丁寧に回答してくださって。。。本当に感動しました。ですのに、お礼が遅くなってしまって…本当に申し訳ありませんでした。
本当に分かりやすくて…実際に実行させていただきました。本当に参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/12 23:38

  第四回答者ですが、訂正します。


  「ついで、その記事には、誰が、何を、いつ、」は、「ついで、その要約文では、誰が、何を、いつ、」の誤りでした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

訂正ありがとうございました。丁寧にご回答してくださって、本当にありがとうございます。

お礼日時:2006/08/12 23:17

  ここでいふ「新聞記事」とは、「新聞紙に掲載されたニュース記事」のことかと思ひます。

ニュース記事は、一般の文章とは異なり、「ニュースを傳へる」ことが目的ですから、まづ「何がニュースか」といふことに注目します。原則的には、記事の見出しがそれを示し、本文では、ニュース價値のある重要な事項から順に記述されますが、原則通りの記事ばかりとは限りません。
  あなたの生徒さんが選んだ記事と、書いてきた要約文を見て、「何がニュースかを理解してゐるか」に注目し、ついで、その記事には、誰が、何を、いつ、どこで、など、そのニュースに纏はる具體的な項目を把握してゐるかどうかを點檢すれば良いでせう。
  なほ、あなたの文章には、「困っています。。。」といつた、句點の重複使用、「でしょうか!!!!」「困ってます;;」といつた外國語の記號の不明な使ひ方、「構いませんっつ」といふ、國語の通常の使用法に無い言ひ回しなど、不適切な表示がありますが、國語を指導するには、御自身が正しい國語を書く練習をなさるのが良いでせう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。お礼が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。
> 原則的には、記事の見出しがそれを示し、本文では、ニュース價値のある重要な事項から順に記述されます
それはとても感じました。生徒は要約を機械的に行いすぎていて、理解することも、当然ですが、大切なんだなぁと感じました。
あと、私の文章に関してですが…正しい国語ではないかもしれません。ただ、私の文章は、私の気持ちがより伝われば、という考えの下成り立っています。私の感性なので、理解しづらかったようですね;;
アドバイスありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/08/12 23:14

言い古されたことですが、5W1Hを取り出せばよいのではないでしょうか?



いつ、どこで、誰が、何のために、どういう方法で、何をしたのかを取り出せば、ニュースの骨格は説明できると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。お礼が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。
すごく的を得たアドバイスだなぁと思いました◎要約をしてみると、その通りになりました。生徒には主語が完全に脱落していて…文章自体が成り立っていなかったので;;
ありがとうございます。参考にさせていただきますね☆☆

お礼日時:2006/08/12 22:59

単純です。


本当にその記事の内容がわかるまで読む。そこで、伝えたい内容の核になる部分を確定させれば、前後は、それに至るまでの経緯、理由、事実関係等ですので、要約も核の部分を中心に、枝葉は、簡単にしていくといったことでどうですか?
添削も、要約した生徒がその記事をわかっているのかどうかさえ見極めれば、すなわち核をつかんでいるのかどうかさえ、指摘してあげれば、「ここを削る」「これを入れる」などと教えてあげればいいのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

単純明快なご回答ありがとうございました(^-^*
それに引き換え…お礼が遅くなってしまって本当に申し訳ありませんでした。
そうですね。機械的に要約するのではなく、内容を分かった上で要約することが一番大切だと感じました。生徒にはその部分が実際欠けていたので…(^-^;;
ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/08/12 22:55

よく言われるのが、「段落ごとに区切って、それぞれの段落ごとでいわれていることをひとことふたことにまとめ、それをつなげなさい、」ですね。


でも、私はこのやり方、実はあまり賛成できません。
ですからこうしてはどうでしょう。まず、段落ごとに区切る。で、それぞれの段落を、文章全体の中でどのくらい重要な役割を果たしているかで採点する(10点満点でも100点満点でもいいですが)。得点の高いほうから、その段落で何を言われているかをまとめていく。得点高い=重要、ですから、点数の高い段落は少し長くなってもかまいません。最後に点数の低い段落をまとめる。場合によってはそういう段落は捨てる。そこで最後につなげれば、まあまあな要約ができるのではないかと思うのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。とても早いご回答ありがとうございました。
そうですね。
> それぞれの段落ごとでいわれていることをひとことふたことにまとめ、それをつなげなさい
これだと、全体をまとめあげるコトができても。余分なコトが入るかもしれないし、重要の部分の肉付きが減ってしまうかもしれませんね。
新聞記事に限らず、一般的な要約の仕方は参考になります(^-^*ありがとうございました☆☆

お礼日時:2006/08/12 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社説を要約・まとめる手順を教えてください

社説を100字程度で要約・まとめたいと思います。
最初に、起承転結にわけて、社説の軸となる部分を抜き取りそれをつないで完成する。
という方法でまとめているのですが、上手に出来ません。
たとえば、6月20日の読売新聞の社説ですと、タイトルには「震災と転校生 心の安定に教員が目配りを」というようになっていますが、結びは「政府は被災者の雇用創出にも全力を挙げるべきである。」となっており、どうも、最初と最後が結びついていない様に感じられます。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110619-OYT1T00748.htm

どのようにまとめるか、この社説を例に教えていただければ勉強になります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 確かに仰る通りで、むしろ下から読んだ方がわかりやすいくらいですね。

東日本大震災後、住み慣れた土地を離れ、新たな学校に通うことを余儀なくされ、心細い思いをしている多くの子供に寄り添う教員を手厚く配置する必要がある。被災県や文科省では、教員再配置や増員予算措置を進めている。(以上102字)

Q論文等の本の要約の仕方を教えてください

最近良く本の一章節を与えられ要約してパワーポインタにまとめることをさせられるのですが、どの部分も大事に思えてしまい中々要約という感じに仕上がりません。もし上手に要約するコツなどあるのでしたらおしえてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り返している部分になります。
この部分は、筆者が前の文章をわかりやすく説明し直したり、
例を挙げて説明を増やしている部分だからです。
ここの部分の内容を過不足なく一文でわかりやすくまとめられればOKとなります。

どの文が、どの部分が同じ内容を繰り返しているのかを判断するには、
特定の接続詞や、特定の表現を見つけ出すことです。

たとえば、「例」の部分や「言い換え」の部分です。

 「近年、地球規模で環境破壊が急速に進んでいる。たとえばブラジルでは…、日本では…」

という文章の場合、「たとえば」という言葉の後は、ブラジルや日本の環境破壊の例が詳しく数行にわたって説明されているでしょう。しかし、それは「地球規模での環境破壊の進行」という内容の具体例を説明し直しているだけで、その全内容は「地球規模での環境破壊の進行」という文でまとめられることが多いのです。

要約資料にまとめる場合、
  地球規模での環境破壊の進行
   例) ブラジルの○○○
     日本の△△
という感じでシンプルにまとめられます。詳細は質問されたら口頭で説明ですかね。

また、「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現の前後も、不必要な情報が近くに存在する部分です。

 「~~Aである。これは言い換えると、~~~Bということになる。」

という文章で、Aという内容とBという内容は同じであって、どちらかがちょっとわかりにくい抽象的あるいはまとめ的な表現、どちらかがわかりやすい表現になっている場合が多いです。そういう場合、一方を捨てて、よりわかりやすかったり、より簡潔にまとまっている表現を要約に採用するのです。


これは文章間の関係の話だけではなくて、一文内での余分な情報を減らすことにも使えます。
少し上の文章
  「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現
を例に使いますと、
「すなわち」「つまり」「言い換えると」 = 言い換えの表現
なので、
 『「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの』の部分は不必要でしょう。

これは別に日本語だけに留まりません。英語でも同じです。
 
I like fruits such as apples, oranges, bananas, and mangos.
  → 極端な話、I like fruits. でまとめちゃってもよい
Whether Aの場合 or Bの場合, 日本にとって外交交渉は重要である。
  → AやBがなんであろうが、言いたいことは「日本にとって外交交渉は重要である」なので
   前半のwhether節は要約には不必要な場合が多い
 not only A but also B 「AだけでなくBも」
  → Aについては筆者も読み手もすでにわかっている、メインで言いたいのはBのほう

などのように、特定の表現があると情報の判断がしやすいかな、と思います。


以上の例は、不必要な部分を捨てていけば要約が完成するという、一番簡単な場合を話してみました。もうちょっと高度な作業になると、「例」や「言い換え」の部分の内容を、自分でわかりやすく一文にまとめ直したりしなければいけなかったりします。


■情報の新規性
情報が必要/不必要な部分はどこかを判断するもうひとつのポイントは、その情報が新規なものかどうかです。例として以下のような文を。

 「○○の中に含まれている××というビタミンが~~に効果があることは、これまでにTVなどで数多く取り上げられてきた。しかし最近、ビタミン××は~~だけでなく、△△にも効果があるという報告が寄せられてきている」

この文章の中で、「××というビタミンが~~に効果がある」という内容は、すでに筆者も読み手もわかっている内容なので、この部分を要約に取り上げてもあまり意味がないわけです。
筆者が知らせたくてこのレポート文を書き、読み手も知りたい新しい内容というのは、「ビタミン××は△△にも効果がある」ことです。なので、質問者さんが要約に取り上げて報告すべき内容は、「ビタミン××は△△にも効果がある」だけでよいわけです。



以上、要約をする上で重要だと思われる2点を説明してみましたが、どのような文章を要約するか、また元の文章量がどれくらいのものをどのくらいの分量に要約するかで、情報の取捨選択が変わってきたりします。そこを臨機応変にできるようにするには、ある程度、要約の数をこなすことも重要でしょう。

他にもコツやポイントがあると思われますが、この回答ではこれくらいで。
追加や訂正があったらまた来ます。

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り...続きを読む

Q社説の要約のやり方教えてくださいm(__)m

あるサイトで、社説の最後に書いてある文は結論ではないとあったのですが、他の方に添削してもらうと、大体は最後が結論かのようにいいます。

このURLなのですが、ここに書いてある事は正しいのでしょうか?http://sp.okwave.jp/qa/q285510.html

私としては、とても説得力のある意見に見えます。

Aベストアンサー

正しいのかもしれません。
 正しくないのかもしれません。
 リンク先には具体例の提示がないので、判断のしようがありません。

 以下、文章の構成の一般論を書きます。
 文章の構成として知られるものには以下のようなものがあります。
1)起承転結
2)〈説教の五段法〉や演説のための〈五分法〉
3)三分法(たとえば「序論・本論・結論」)

 いずれも最後が結論です。
「社説」が一般的な文章の構成と違うか否か……それも具体例がないと判断できません。そんな説は初めて目にしました。数多くの「社説」を分析すればわかるかもしれません。

 詳しくは下記をご参照ください。
【伝言板2  第1章-5 「ウマい文章」の正体――「主題」「構成」「表現」の3つに分けて考えてみる】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1328.html

Q新聞の引用の仕方を教えてください。。

はじめまして。
私は今レポートを書いているのですが、新聞を本文に引用する際にどこまでの情報を織り込めばいいのか、そしてその順番が分からず困っております。
具体的には、日本経済新聞の2月22日の24面の文章を引用したいとおもっております。号数や、朝刊である事なども記したほうがいいのか。
ネット上を探してもなかなか見つからず困っております。
提出が明日なので本屋や図書館にいく行く事もできず、ここで質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本経済新聞社の新聞記事利用について
http://www.nikkei.co.jp/privacy/kijiriyou.html

新聞記事利用に関するQ&A
http://www.nikkei.co.jp/privacy/qa.html

Q4「記事を「引用」して利用するにはどうすればよいですか。」

Q新聞コラムの書き写しにお勧めの新聞紙は?

大学一年生となり、文章の上達・社会常識の定着・公務員試験への足がかりとして、新聞のコラムの書き写しをしようと思っています。
どの新聞が適していると考えるかを教えてください。

以下は参考までに。

現在のところは読売をベースに、朝日と産経の社説とコラムを読んでいます。
コラムの書き写しとして三紙を比べてみると、
読売(編集手帳)は一番読みやすいものの、やや物足りない印象を受けます。
朝日(天声人語)は教養を身につけるには適している気がしますが、時々「ん?」と思う箇所があったり説教じみた文があったりして、毎日続けるには気疲れを起こしそうです。
産経(産経抄)は時にひざを打つ思いをすることがあります。ただ、多くの場合割り引いて考えたほうがいいなと感じるので、あくまでも見識を広げるサブの位置で十分ではないかと思ってしまいます。

毎日や日経はあまり触れておらず、特徴が分かりません。
ただ、日経は少し興味を持っています。

主な論調については読売が最も自分に近いと思うのですが、偏向して排他的になっていた高校時代に比べれば、朝日も産経も適度に疑いつつ楽しめる範疇で読めている気がします。なので、ここでは「この新聞は論調が○○なので~」というのはなるべく度外視でお願いします。

よろしくお願いします。

大学一年生となり、文章の上達・社会常識の定着・公務員試験への足がかりとして、新聞のコラムの書き写しをしようと思っています。
どの新聞が適していると考えるかを教えてください。

以下は参考までに。

現在のところは読売をベースに、朝日と産経の社説とコラムを読んでいます。
コラムの書き写しとして三紙を比べてみると、
読売(編集手帳)は一番読みやすいものの、やや物足りない印象を受けます。
朝日(天声人語)は教養を身につけるには適している気がしますが、時々「ん?」と思う箇所があったり説教じみ...続きを読む

Aベストアンサー

新聞のコラムを書きうつすだけではあまり読解力や文章力は付かないと思います。
オススメは大意要約と要旨をまとめることです。

大意要約はコラム全体を1/3くらいにまとめます。この程度なので、一応コラムの話の流れもわかります。
要旨は一番言いたいであろうことをズバッと数行でまとめます。
(大意と要約を分けることもありますが、私が習った受験用の勉強方法はこれです。まあ言葉の使い方の問題ですが)

私が高校生の頃は、朝日新聞の天声人語を切り抜いてノートに貼り、その下に大意要約と要旨をまとめていました。
最初はコツがわからなくても1年もするとなんとか身につきました。

産経と日経は自宅で、朝日は実家がとっているので三紙のコラムを読みますが、内容はともかく理屈っぽいのは日経と朝日なので、どちらかお好きな方で練習してみたらいかがですか?
内容的には産経に親しみを覚えるのですが、文章的に抒情的にすぎることがあるのでこの練習にはあまり向かないと思います。

Q社説200字要約

こんにちわ。

小論文の試験のため今日から社説200字要約をしようと思いました。
しかし、いざやってみるとさっぱりできません。(なんとかやってみたものの、なんか変だったので・・・)


そこで、社説の200字要約のコツと200字要約した文を教えてくださればありがたいです。

これが今日要約のため使った朝日新聞の社説です。




防衛大綱―買い物リストを見直せ
 戦車400両、護衛艦48隻、戦闘機260機――。

 おおむね10年間の防衛の基本方針を示す防衛大綱には、そんな数字を並べた「別表」が付いている。

 主要装備の購入目標を示したもので、防衛省の「お買い物リスト」と言われる。

 今年中の新大綱の策定をにらんで、財務省がこの別表の廃止を求めている。

 いったん書き込まれると長期にわたって数字が独り歩きし、硬直的でむだな予算の温床となってきたからだ。

 これに、防衛省や自民党の防衛関係議員が強く反発し、別表の継続を主張している。防衛力の着実な整備のためには、別表が重要との立場だ。

 小野寺防衛相は「別表は防衛力整備について透明性を確保し、国民に説明する意味で必要だ」という。

 たしかに、その通りだ。別表の廃止で透明性を失えば、歯止めを失いかねない。

 しかし問題は、別表自体が単なる数字の羅列にとどまり、なぜその装備が必要なのか、根拠が不十分な点にある。

 陸海空3自衛隊の予算シェアが内輪の論理で半ば固定化し、その既得権を裏打ちしてきたのが別表ではなかったか。

 必要なのは、情勢の変化に応じて適切な防衛戦略をたて、限られた財源を合理的に配分し、内外に説明する仕組みを設けることである。

 それには、防衛費の徹底した見直しが避けられない。

 尖閣諸島をめぐる日中の対立や、北朝鮮のミサイル問題が緊迫するなか、海や空の守りを強化しようとしても、予算配分を思い切って切り替えられていないのが実情だ。

 自衛隊にどんな任務が求められるのか。そのために必要な装備は何か。きちんと根拠を示す必要がある。任務によっては米軍や海上保安庁が対処した方が効果的かもしれない。災害対応では、消防や自治体との連携を深める工夫がいる。

 さらに、装備の高コストを許してきた不透明な調達制度の改革が不可欠だ。高齢化で人件費を圧迫しつつある自衛官の人事制度改革も急ぐ必要がある。

 財政難のなか、こうした課題に向きあわず、硬直化した運用のまま防衛費の増額を叫ぶのは理解を得られない。

 財政健全化との整合性を無視すれば、国力自体の低下を招く恐れもある。

 お買い物リストの既得権を死守するのが、防衛省と自衛隊の役割ではあるまい。






医療事故調査―医師らの本気が見たい
 医療での思いがけない事故について、真相をたしかめる仕組みの大枠がやっと固まった。

 第三者の立場から原因を調べる民間の機関がもうけられる。飛行機事故などで知られた「事故調査委員会」にちなみ、「医療版事故調」と呼ばれる。

 医師や、患者の遺族、弁護士らでつくる厚生労働省の検討部会が構想をまとめた。この秋に医療法をととのえ、早ければ15年度中の実現をめざす。

 調べるのは死亡したケースに限るなど、まだ不十分さも目につく。だが、10年近い論議の末にたどりついた結論だ。

 医療の信頼を高めるために、ここから制度を育てたい。

 対象は、病院、歯科診療所、助産所など約18万ある国内すべての医療施設。

 診療のなかで、医師も予期しない死亡がおきたときは、かならず外部の医師を入れた院内調査をするよう義務づける。

 事故調への届け出もルール化し、遺族に開示した院内調査の結果も報告させる。

 遺族が納得できないときは、事故調に直接調査を求めることもできる。

 医療事故やその疑いがある例の原因究明について、これまで統一的な取りきめはなかった。

 病院が真相を隠したり、警察の捜査で医師の刑事責任が問われたりするたび、遺族の怒りや医療不信がふくらんだ。

 むずかしい診療行為では、事故か、そうでないかの判断が簡単でないことも多い。

 医師の側にも責任追及をおそれるあまり、命にかかわる診療科をこころざす人が減るなど、マイナスの影響があった。

 厚労省が08年に案をつくったときは、医療界の一部から猛反発が出た。ふつうの診療から大きく外れていたことが原因だった時などは、警察に知らせることになっていたからだ。

 それが今回は、事故調の手前の院内調査に重点が移った。目的も、再発の防止と医療の質の向上と明記され、警察へ通知はしないことになった。

 最大のカギは院内調査の中身になる。公正に、自らの弱みも含めて原因に切りこめるか。小さな施設では地元医師会などが力を貸すことになりそうだが、かばい合いは許されない。

 診療のなかで死亡する事故は年に1300~2000件といわれるが、全体像さえあやふやだ。事故調への届け出でようやく解明のとびらが開く。

 医療界をあげて本気で取りくんでほしい。厚労省は事故調を切望してきた遺族らの声もくみ、制度設計を急ぐべきだ。

こんにちわ。

小論文の試験のため今日から社説200字要約をしようと思いました。
しかし、いざやってみるとさっぱりできません。(なんとかやってみたものの、なんか変だったので・・・)


そこで、社説の200字要約のコツと200字要約した文を教えてくださればありがたいです。

これが今日要約のため使った朝日新聞の社説です。




防衛大綱―買い物リストを見直せ
 戦車400両、護衛艦48隻、戦闘機260機――。

 おおむね10年間の防衛の基本方針を示す防衛大綱には、そんな数字を並べた「別...続きを読む

Aベストアンサー

防衛予算のほうは、「(お買いものリストの作成者、運用者には)説明責任がある」ことと「(根拠の)説明にあたっては予算の見直しが急務」というふたつが骨子です。ふたつめの記述が弱いので大きく減点になります。

医療のほうは、警察への通報が外されたといういわば「骨抜きのスタート」が懸念されている(業界の自浄能力が問われている)のに、それに触れていないのでほとんど点になりません。

20点満点なら、どちらも3~5点くらいでしょうか。要約というのは、「抜き書き」ではありません。キーワードをつなぐのはあくまで自分の言葉でなければ、「薄っぺらい、借りものの文章」にしかならず、理解していると判定してもらえません。

筆力以前に、#2さんの、ちょっぴりシニカルながら機知にも示唆にも富む回答が中傷や犯罪(?)に読めてしまう、その読解力に大きな問題があるようです。

こんな「無料相談所」では、あなたにとって不快な回答を呼び寄せてしまいそうなので、学校か塾の先生、あるいは通信教育を通じ、みっちり添削指導を受けることをお勧めします。

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)

Q参考文献を要約して書いたレポートの参考文献の書き方.

参考文献の数を指定されて,かつそれがどこで引用してあるのかを明確にするように指定されました.
なにぶん資料が少なくて,とりあえず資料を探し一通り頭に入れたのですが,実際に書き始めてみると多くの部分が要約になってしまいます(もちろん自分なりの文章にしていますが).
このようなレポートの場合,参考文献の引用はどのように表せばよいのでしょうか. 

Aベストアンサー

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次のようになります。
  [1] そのまま引用する場合:(1a) 長い場合、(1b) 短い場合、
  [2] 自分で要約して引用する場合。
そして、それぞれについて、
  <A> 著者名を書くやり方、<B> 文献番号をつけるやり方
があります。

以下、一般的な注意点を挙げ、その後で上のそれぞれについて、例を挙げます。細かな形式の違いはいろいろとあるので、やはりeco-message様の読んだ参考文献を参考にしてみてください。下で私が「こう書け」と偉そうにいっていても、形式によってはまったく違うこともあります。

本文で引用するときの注意点:
1) 長い引用の場合は改行し、その引用ブロックを全体的に何文字分か段下げをします。「 」は不要です。
2) 短い引用の場合には「 」を使用し、改行しません。
3) 文献番号をつけるときは、かならず引用順にします。[1] *1 など、たんなる数字と思われないように括弧ないし記号を使います。
4) 文献番号をつけないときは、出版年度をつけます。
4i) プレマック夫妻の2003年出版、2005年に日本語訳出版の著作なら、“プレマックとプレマック(2003/2005)は〔……〕と述べた”となります。
4ii) “彼らは〔……〕と述べた(プレマック & プレマック, 2003/2005)”と書いてもよいです。
4iii) 4ii)の書き方と4iii)の書き方は、同じレポートのなかに混在していてもよいです。流れのなかで使いやすいほうを使います。ただし、文献番号をつける方法とは混ぜません。
4iv) また、日本語訳ではなくもとの英語版を引用したときは、Premack & Premack(2003)となります。ここでおわかりのように、本文では、日本語を引用したら、外国人でもカタカナで書き、英語を引用したら、日本人でもアルファベットになります。
5) 引用したページ数の書き方は、下の例を見てください。

参考文献のリストを書くときの注意点:
6) 参考文献は、文末に一覧としてつけます。文献番号を使用した場合には、それぞれのページの脚注に書く方法もあります。
7) 参考文献の書き方は、書籍を引用したときと、学術雑誌を引用したときとで、少し異なります。それぞれの文献について、2行以上にわたるときは、見やすいように、2行目以降の段を下げてください。
7i) 書籍の場合。著作名は斜体にします。著作名は、題の最初と副題の最初をのぞき、基本的にすべて小文字です。出版地名は、アメリカ合衆国なら州の略号まで、その他は国名まで書きます。ニューヨーク、東京など出版社が集中しているところは、州名、国名は必要ありません。ただ、たとえばケンブリッジは、イングランドにもアメリカ合衆国にも同名の地名があるので、注意する必要があります。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 著作名. 出版地名: 出版社名.
  McGrew, W. C. (2004). The cultured chimpanzee: Reflections on
    cultural primatology. Cambrige, England: Cambridge University
    Press.
7ii) 雑誌の場合。論文題名は、題の最初と副題の最初以外、基本的に小文字ばかりで書きます。雑誌名は斜体にし、単語はだいたい大文字で始めます。巻数は、太字体または斜体。号ごとにページが1に戻る雑誌のときだけ、( )つきで号数を書きます。巻が次のものに変わるときだけ、ページ数が1に戻る雑誌のときには、号数は必要ありません。ページ数を表わす“pp.”の記号は必要ありません。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 論文題名. 雑誌名, 巻 (号),
    xxx-xxx〔ページ数〕.
  Brownell, C. A., Ramani, G. B., & Zerwas, S. (2006). Becoming a
    social partner with peers: Cooperation and social understanding
    in one- and two-year-olds. Child Development, 77, 803-821.
8) 文献番号で引用を示すとき、参考文献の欄では文献番号順に並べます。
9) 著者名と出版年とで引用を示すとき、参考文献の欄は、著者アルファベット順。同じ著者の場合は、単独著者が最初で、以降、第2著者のアルファベット順。同じ著者の場合は、出版年の若い順です。

[1] そのまま引用する場合

(1a) 長い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方)
プレマックとプレマック(2003/2005)は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

(1b) 短い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
プレマックとプレマック(2003/2005)は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼らは「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(プレマック & プレマック, 2003/2005, p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

[2] 自分で要約して引用する場合。

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
Tomasello (1999)は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼は、言語の生得論を批判している(Tomasello, 1999)。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
Tomasello [1] は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
    Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次の...続きを読む

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング