自分の父親世代は、戦中戦後の為か、在日コリアに対して、非常に蔑視する傾向があります。
 国内においては、多方面にて活躍されておられる方が多いのですが、参政権が無いと聞きました。
 皆さんは、在日朝鮮人・韓国人等をどのように思っていらっしゃるのか、お聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

私は友人・知人に韓国人がいたこともあり、韓国人蔑視の偏見にはものを言わずにはおれなかったこともありました。

ですが、彼らについての情報は間違って伝わっていることもあり、まずその辺を正していかないとこんがらがってどうしようもない状態のまま「解決」へ向かうことはないと思っています。主に批判能力のない高校生やあまり関心がないひとは、「日本は韓国にひどいことをした」という漠然としたイメージしかもっていません。多分あたなの父親世代は戦後日本を荒らし回った朝鮮人のことを聞いて、そこからイメージしているのでしょう。そしてあなたも戦後彼らがなにをしたのかを知らずに、漠然としたイメージだけを持っているのではないでしょうか(回答見る限りそう思えます)。日本人に日本人の国民性があるように、コリアンにはコリアンの国民性があります。日本と韓国では価値基準が違うことも問題をこじらせている要因です。政治的手腕はコリアンの方が日本人より遙かに上です。情報に踊らされないで事実から自分で判断しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 情報操作、攪乱により、真実を見えなくするのは、マインドコントロール、洗脳であり、日本の上層部が戦時中に用いた手法であります。
 本当に、何が真実なのか、分かり難くしているのは何故なのでしょうか?
 ハッキリさせたら、拙い人達がいるからではないですか?
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/13 23:45

再び失礼します。


私が言いたいのは、在日朝鮮人は日本と日本人に対し門戸を開いてはいないのではないか?という事です。

現在朝鮮半島には二つの国が在ります。民族、文化等同じですが、一つは経済発展をし、先進国の仲間入りをしました。オリンピックを成功させ、今度はワールドカップを開催します。一つは封建的な政治体制をひき特異な国家となっています(その国民に責任はなく指導者に問題があるのは明らかですが)。

もちろん経済発展だけが全てではありません。しかし、この違いはなんでしょうか?

日本は北朝鮮を悪の枢軸と公言したアメリカ側に属する国ではありますが、客観的に見ても悪の枢軸であるかどうかは別にして、北朝鮮は国際社会の中から浮いた国になっていると思います。

それは国際社会に対し、自分達を理解してもらう努力と相手を理解しようとする努力をしてきたかどうかの違いが大きいと思います。

日韓の間にも埋められない溝があるのは事実ですが、お互いを理解し合おうとする努力がされているのも事実です。

個々のケースを言えばきりがありません。

男は女より背が高い。と言った時、私の知っている○○さんは女性だけれども身長が193cmある。と言われても‘そうですか’としか答えられません。背の高い女性もいるでしょうが、男は女より背が高い。と言うのは間違いではないと思います。

韓国籍と朝鮮籍の夫婦もいれば朝鮮籍と日本人の夫婦もいるでしょう。

しかし、在日の方々が二つのコニュニティーに分かれている事と韓国と北朝鮮の対日姿勢が、それぞれのコニュニティーに少なからず影響を与えているのは確かだと思います。

誤解のないように書いておきますが、私は右翼ではありません。また数年前、日本海上でテポドンが発射された時、朝鮮学校の女性徒の制服が切られるという日本人として恥ずかしい事件が起こりましたが、そのような愚かな行為をする馬鹿な人間でもないつもりです。

高校の時歴史の勉強をしていくにつれ、日本の行為にショックを受けました。日本人である事に嫌気をさした時もあります。

大学へ入った後、韓国へ行き天安にある民族博物館へ行きました。が、、、休館日(下準備不足)。翌日にしようと思いましたが、その日知り合った韓国人男性(日本語ぺらぺら)と屋台で飲みすぎ二日酔いでダウン。

日程の関係で結局目的地へは行けませんでしたが、色々な方と接し、訪韓初日、日本人である事がバレないように注意していた(日本人だと分かると生卵をぶつけられると思っていた。本気で)のが馬鹿みたいでした。

日本人が日本人である事は変わりません(国籍ではなく)。歴史も変りません。

在日も日本人も意識する事なく生活できた方がいいのか、それとも、私は在日です。あなたは在日です。と常に意識して生活した方がいいのか。

私は前者であると考えます。
その為にはそれぞれが門戸を開くべきだと思います。

add-artさんの質問は、在日朝鮮人・韓国人等をどのように思っているのか?です。

日本人も在日の方もそれぞれなのは当然ですが、それは状態を説明しているだけであり、個人の意見ではないと思います(理屈っぽくてすいません)。

私自身は、No.14で、好きではない。書いたのは過ぎた感はありますが、民族の殻に閉じこもり、歴史問題を口にしては我々は差別、迫害されていると、日本社会に距離を置いている(ように私には見える)朝鮮系の人には不満があります。

、、、長々と書いて今思ったのは、add-artさんの質問の、在日朝鮮人・韓国人等というのは、在日朝鮮人と在日韓国人の事ですか?在日の方と韓国人の事ですか?

私の文章は在日朝鮮人と在日韓国人の事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 北朝鮮自体には問題があるでしょう。色々、不信な拉致やスパイといったこともあります。
 朝鮮銀行、地下銀行の母国送金等も役員選別もすべて母国の指示であったといってました。
 母国に家族がいて、それを守る為であったり、抹殺を恐れていたり等、理由があるのでしょう。
 でも、そういったことで卑下することは、日本人の犯罪者に対してでも云える事でしょ。「罪を憎んで、人を憎まず」です。共に助け合って、生きている人間同士ですよ。一人として、無駄な人はいないと申します。縁があって、成り立っているのです。
 一部の悪を指して、全てであると判ずるのは、当然、行過ぎています。テロを起こしたパレスチナ憎しとばかり、一国を破壊する思想だけは、間違いであり、我が罪を懺悔し、原因を追求して解決する事こそ、大事だと思います。
 人の命の尊さが分かっていない。殺人者となりさがるだけでしょう。それで、命云々と説いているようなら、身の程知らずもいい加減にしてもらいたいです。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/12 21:12

私は現在韓国語の勉強をしています。

韓国の友人もいます。そのことで日本に住んでいる韓国・朝鮮の人々について興味を持ち始め、以前自分で本を色々買って読んだことがあります。実際のところ、韓国に住む韓国人と、日本に住む在日コリアンには、大きな隔たりがあることが分かりました。『どうのように思うか』と問われると漠然としていて、どのように答えたら良いのかよくわからなくなってしまいますが、思った事を書こうと思います。

今現在、映画等で徐々に在日コリアンへの関心が高まってきているとは思います。人気男性俳優が主演しましたね。しかし現状では、在日コリアンに関する知識というのは非常に低いんじゃないでしょうか。この間会社の知人が在日コリアンに会ったそうですが、その知人が「その人(在日の方)、日本語上手だったよ」と言っていました。日本で生まれて育ってんだから当たり前じゃねぇか、と私は心の中で思ったのですが、興味のない人にとっては、そもそも在日コリアンがどういう人達なのかということも分からないようですね。

odd-artさんの親御さんの世代が在日コリアンに対して偏見を持っているということですが、私の母も年代的に同じくらいです。母が育ったところ(私が育ったところでもありますが)には韓国・朝鮮の方が多く住んでいるところがあり、やはり子供の頃には、聞き慣れない言葉が怖かったそうです。母の同級生にも、また私の同級生にも在日コリアンがいました。母の同級生と私の同級生の状況を比べるとかなり違いますけどね。母が言うには在日の方は本当によく頑張るそうです。周りの人がすすんでしようとしない職業でも、自分が生活していくために必死で働いていたそうです。そういう姿を見てきた私の母親は、在日コリアンに対して偏見は持っていません。

在日コリアンに関する本をいくつか読んできて、やはり日本に住むものとして、今日本で生活している人々の現状は必ず知っておかなければならないと改めて思いました。また、本当の日本人というものが一体どういう人達なのかわからなくなりました。民族と国籍は必ずしも一致するわけじゃないじゃないですか。日本という国が単一民族国家だとは、言えないのではないでしょうか。私の友人が親御さんに「結婚するなら日本人にしてくれ」と言われたそうです。理由を訊くと「文化が違うと色々大変だから」というような返事だったそうですが、では日本で生まれ育った外国籍の人々や、逆に外国で生まれ育った日本国籍所持者はどうなるんでしょうか?「日本人」という枠が、とても曖昧なものに感じました。

書きたい事はたくさんあるのですが・・・。うまくまとまりません。在日コリアンに関する書籍で「コリアン世界の旅(出版/講談社、著/野村進)」という本があります。在日だけでなく在米等のコリアンに関する内容もあり、とても興味深い本です。一読される事をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世間体を気に為さっているんでしょう。
それだけ、忌み嫌っているということにもなります。
食わず嫌いとか、本当は知らないだけなのですが、分からないものに対する恐怖心なのでしょう。
得体の知れないものは、お化けであろうと、幽霊であろうと、揺れる木々を見ただけでも類似性を帯び驚き、恐いものらしい。臆病なんですね。そういうことも、何故、生じたかを考えるべきでしょう。
 本来、人間には差別意識があります。それで、自暴自棄になったり、自信喪失、引け目等を感じます。
 所詮は、虚栄心であり、自己満足なのですが、それに気付くのは容易ではありません。
 清浄な心を持ち、劣るものを哀れみ、救済したいと思う慈悲心を起こす為にも、正法に帰依する必要があるでしょう。でない限り、偽善者の戯言としかなりません。
 巧言令色、美辞麗句を並べても、詮無いことです。
 有り難うございました。

お礼日時:2002/03/08 14:34

何度もすみません。


在日韓国人と在日朝鮮人の団体の温度差も確かにあるでしょう。
けれども、
家族の中でさえ、韓国籍と朝鮮籍とに別れてしまっている在日の方々もいますよ。
ご存じでしたか。
負の感情を最初に持ってきて話をするのは、文化的先進国として取るべき道ではありません。
日本右翼の活動が、日本人の総意であると思うのは間違いですよね?
反日運動を指して、韓国・朝鮮の人を不信感の色眼鏡で見るのは、本当に不幸なことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

右翼は主体性がありません。一様、神道の天皇制を謳ってはいますが、実際には、簡単にお金で転びます。
私自身、偏見が大嫌いなんですよ。
反日というのも国の方針でしょ。選択が許されていない国での話でしょ。
そうなったのは、そうなる原因というものが有る事を知るべきでありましょう。
反日を怒り、その為に卑下されるならば、どれだけのことを日本がやってきたか、論じてもいい位です。七三一部隊とか、慰安婦問題とか。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/07 21:29

『在日朝鮮人・韓国人等をどのように、、、』という事なので、感情論ですが正直に書かせていただきます。



私には在日朝鮮人・韓国人の友人等近くにいませんが、
在日韓国人に対してはそうではないのですが、在日朝鮮人は、はっきり言って好きではありません。

人種的にどうだとか、そんな事はまったく関係ありません(人種的、民族的に朝鮮人も韓国人も同じですから当然といえば当然ですが)。

在日朝鮮人は、(幼稚園?在るのかしりませんが)朝鮮学校、大学と主体思想に基づいた『本国、北朝鮮』と基本的に同じな反日、民族教育を受け、日本の社会になじもうとしていない気がするからです。

もちろん、どんな歴史的な経緯で彼等が何故日本で生活しているのかは知っています。日本や日本人が基本的に好きではないだろう事も想像がつきます。が、日本に住んでいるという現実がある以上、日本社会に溶け込もうとする努力も必要なんではないでしょうか?

それは日本人が我々を差別しているから、民族で団結しているんだ。と反論されそうですが、そうでしょうか?

私には在日朝鮮人は自らの意思で、日本人社会と距離をおこうとしているように見えます。

先の経済犯罪にともなう朝銀への強制捜査の際にも『これは我々同胞にたいする、差別と弾圧だ』等の声明がどこからか出されましたが、ちょっと民族意識過剰な気がします。

これから50年、100年先もこんな問題が続くのでしょうか?在日だろうが何だろうがどっちだっていいじゃないか。そんな日が早くきてほしい。正直ウンザリです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦時中、身体的特徴では日本人とほとんど区別できないにもかかわらず《中国人や朝鮮人・モンゴル人は劣等な民族であり、同じ人間として扱わなくてもかまわない》という「民族差別」が当時の日本社会に遍在していました。これは、たとえば関東大震災の際の朝鮮人虐殺となって表れています。民族差別は人種差別と構造的にはまったく同じであり、ただ、中国人や朝鮮人やモンゴル人が日本人と同じ「人種」であることは否定できないので、差異の根拠を「人種」ではなく「民族」に求めた、という点だけが異なっています。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/06 21:44

日本国内在住で日本人の知り合いしかいない人は、歴史的な問題を大声で主張し、韓国等で多発する一部反日運動に過敏に反応します。


いわゆる「たこつぼ」の中でもだえているのです。
もちろん知らないものに対して不信感を持つのはどの国の人にとっても自然なことです。
今の時代になって、留学生や在日の人と小さい頃から普通に友達になり、まずは「人と人」としてつきあうことのできる若い世代が増えています。
しかるのちに、客観的に歴史的事実を考え、悩む人が日本にもっと増えて欲しいですね。
日本の軍事施策が悪かった、いや、あれは国のために必要だったと、自分の主張の理論付けに一生懸命な西尾はじめ多様な作家等の著作はすでに時代遅れ、幼稚な出版物と映ります。
shunetさん、Islayさんnovarioさん、失礼ですが“生まれたときから日本に住み、日本語しかしゃべることのできない在日の人”が視野に入っていません。もしくは意識的に本国とひとまとめにしようとしていますね。
どうしてでしょうか。それは、やはり人としての生身のつながりが足りないからです。
参政権については地方自治レベルについては長期在住者であれば住民として、すなわち「地方自治体の住民」(憲法93条2項)として、参加する資格はありますね。
国の政策については、帰化しなければ参加できないと私も考えますが。

蛇足ですが、極真空手の大山倍達さんも在日の方で、本名は韓国名と聞きました。ご健在のときには本名を隠しておられたとのことです。日本の経済を支えている巨大会社、遊戯施設等、在日韓国人の人がたくさんいます。有名人にも大量にいます。特に芸能人には多いですね。

右翼活動をしていた人が、実は自分に韓国の血が流れていることを戸籍で知り、自殺したという話を聞いたことがあります。
韓国、朝鮮の人を蔑視する日本人は、大好きな芸能人が韓国人だったら嫌いになっちゃうのでしょうか。悲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も在日のタレントが多い事に驚いております。でも、何等、日本人と変わりがなく、大好きです。
隠さないといけない、プライバシーだとして公にされない、この風潮こそ咎めるべきでしょう。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/06 13:48

odd-artさん及び他の回答者の方々の意見を拝見させて頂きました。



様々な意見があるようですが、恐らくburanさん以外の方々はこのような状況に至った経緯をご存じないのではないでしょうか。

かつて日本は植民に政策(あえてこのように書きます)を行い東アジアの国民に対し日本国籍を強制しました。その証拠の一つとして、日本のオリンピックに於ける金メダル取得者としてJOCのコンテンツにも孫基禎氏の名前が掲載されています(第11回ベルリン大会1936)。ソウルオリンピックでこの方を初めて知った方も多いのではないでしょうか。
この大会は「前畑 秀子」の活躍で有名な大会でありますが、日本陸上男子マラソン史上唯一の金メダルであるにもかかわらずその扱いは不当に低いものであると言えるでしょう。
その割には手柄は韓国ではなく日本にあります。韓国人に日の丸を付けて(比喩ではなく現実に)マラソンのコースを走らせたのが戦中の日本なのです。

戦時中は日本国籍を強要し、日本流の氏名を名乗らせました。
ですが、敗戦後状況は変化しました。

1945年 参政権停止
1949年 最高裁において朝鮮人の日本国籍保有見解表明
1952年 サンフランシスコ講和条約発効,日本独立
      ここにおいて韓国・朝鮮人,台湾人,に対し国籍選択権を与えること
      を,一切せず一律に外国人扱いとしてのです。
      (当時公務員であったごく一部を除く)

世界の潮流として植民地政策を行った国は相手方の国民に対し国籍の選択権を与えるのが普通です。ですが、当時の日本はそれを行わず一律に朝鮮・韓国人を切り捨てたのです。また、朝鮮人と婚姻していた日本人妻も同時に切り捨ててしまったのです。

このような扱いをした日本政府に対し反感を抱くのは当然の感情でありそれを攻めることはできないと考えます。

サンフランシスコ講和条約発行時に日本国籍の取得を望んだ方もおられると思うのですが、そのような方々に対し国籍付与の権利を認めず、後になってから「必要であれば帰化するように」とされたのであれば日本政府に対する好感情を抱くことがそもそも不可能な事であると考えます。

また、もう一つ考えて頂きたいことは、参政権と申されますがそれを考える際には「地方自治参政権」と「国政参政権」とを区別して考えて頂けますでしょうか。

過去にどのような経緯であれ国籍を所持せざるものに参政権を付与することは無理があるのではないでしょうか。
ですが、地方自治参政権は住民であり納税の義務を果たしている限りその税金がどのように使用されるかを批判し、自治に参加する権利があると考えるのは自然なことではないでしょうか。

在日韓国人参政権に関して活動されている方のほとんどは地方自治への参政権を問題にされています。

様々な意見はあるでしょうが、批判をする前に歴史的事実を省みた方が良いのではないかと感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 別に何も批判していないつもりでいます。
 批判するとすれば、差別意識に対してでしょう。
 有り難うございました。

お礼日時:2002/03/06 00:28

同じ人間だと思っていなす。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

人間にも、色々います。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/05 21:36

私の個人的な考えを。



私は大阪の在日人口が多いことで有名な「下町」に生まれ、小学生時代を過ごしました。
まだ偏見が多い時代でもあり、ほとんどの子が通名でしたがクラスの3割以上は在日の子だったと思います。友達の家でおばあちゃんに話しかけられたのに言葉がわからなかったのも今考えると一世の方だったのだな、と思います。
でも、そういうことが日常茶飯事だったので、在日がいるということが普通でした。
小学校高学年のときに、敢えていうと「山手」的なところへ引っ越したところ、在日に対する差別があまりにひどいので驚いたものです。
私自身は歴史的経過もさることながら、今同じ社会に住んでいる現実をまず考えるべきだと思っています。普通に接することだと。きれい事だと思われるかもしれませんが。
国政への参加は難しいと思いますが、地域住民として地方参政権が与えられてもおかしくはないと個人的には考えています。
私の職場に、在日でキャリア採用という子が入ってきて、私の後輩となりました。今でもよくぶっちゃけた話をしますが、在日のメンタリティは在日にしか分かりえないものがあると。それは仕方の無いこととして、もし在日の人と人付き合いをするのなら、単に人対人でいけばいいとそんな話で落ち着きました。
(もちろん、途中経過は大激論でした。埋まらない溝もあります。)
話がとっちらかりましたが、日本人でも在日でも合う人は合うし、合わない人は合わないという感じで私は過ごしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有り難うございました。

お礼日時:2002/03/05 21:33

私の考えをひとつ。



私は韓国に対し非友好的な感覚を持っています。それは韓国国民が日本国民より劣っているとかの優越意識からくるものではありません。しかし日本が文化的、国民的にも韓国に劣っているとも思いません。(国家同士の優劣を考える時点で、私の中に他国を蔑視する傾向がある事は事実です)
もともと私は小・中学校と、朝鮮半島の方々に対し「申し訳ない」と思う傾向でした。現在高専2年ですが、考えは179度転換しています。反韓といってもいいかもしれません。もし今の私に韓国人の友人ができたとしてもこれはかわらないでしょう。「(韓国人でも)君は好き、でも韓国は嫌い。」といった考えしかもてないと思います。現在の日韓両国民の意識では個人間での友好・親睦は可能でも国家間の友好を構築することは不可能でしょう。それは韓国人を蔑視する傾向のある日本「人」にも問題がありますが、国を挙げて反日教育を進めている韓国にも問題があるでしょう。反日政策や反日教育により日本を蔑視する思想レベルを作り上げている韓国を見て、私のような小人が反韓の思想を作り上げる結果となっています。せっかく腰を低くして対応しいるのに、それが当然であるかのように振舞われては、とても相手を好きにはなれません。向こうが蔑視してくるんだからこちらも向こうを蔑視する、単純ないたちごっこです。

お分かりでしょうか。今、韓国の反日行為に嫌気がさして反韓思想を持つ世代が増えてきていることを。
反日行為を、「一部の恥を知らない人たちがやっているだけ」ということができない韓国の思想レベルを。
韓国の思想の現状を知るだけで、反韓意識が生まれることを。


反論等は随時どうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 日本も、反米感情というのがありました。
 どちらが度量が大きいかということでしょう。
 有り難うございました。

お礼日時:2002/03/05 18:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報